300人委員会のリスト公開!GITMO軍事裁判6月から公開か?

EBS世界緊急放送

4月22日のジュディ・ノートから、イルミナティ・300人委員会のリスト公開とGITMO軍事裁判が6月から公開されるという情報が掲載。

ジュディ・メモから300人委員会のリストが公開!

EBS・世界緊急放送の最新情報・コード7最終操作

GITMO軍事裁判は6、7月から公開される!

以上について最新情報を紹介します。

 

 

 

 

(以下 ジュディ・ノート4月22日版 ヘッドライン)

「私は神がいることを知っており、

嵐が来るのを見ることができます。

彼が私に居場所を与えてくれるなら、

私は準備ができていると信じています。」

…ジョンF.ケネディ

「嵐は私たちを襲い、最高のものはまだ来ていません。」
“ネバーギブアップ。で決してあきらめない。”
「私は逮捕されました。私は懲役136年の可能性があると脅されました。

私自身の家が襲撃されました

…そして私たちはまだ2024年になっていませんが、

彼らに勝つことはできません。」
「目が覚めたものはすべてたわごとに変わります。」
…ドナルド・J・トランプ大統領

緊急放送システム起動の準備:
EBS では、電話、インターネット、クレジット/デビット カード、

ATM が機能しない 10 日間のコミュニケーション ダークネスが発生し、

テレビとラジオで 24 時間年中無休で 3 つの 8 時間のドキュメンタリーが放送されます。

少なくとも 1 か月分の食料、水、現金、必需品を手元に用意しておくことをお勧めします。

(引用先:2023 年 4 月 22 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

ジュディ・メモから300人委員会のリストが公開!

4月22日のジュディノートでの新情報は、イルミナティの13血族の支配の下に存在する300人委員会の完全なリストが公開されました。

欧州の王族が30%ほど含まれています。そして、イギリス、フランス、イスラエル、バチカンなどの宗教指導者、国家元首、重要な働きをした関係者、ロスチャイルド系の金融機関のCEO、石油会社のCEOと続き、富豪家のビル・ゲイツ、ジョージ・ソロスがいます。

日本人の名前はありません。

このリストは、完全に支配する側の人物のようです。

300人委員会のWikipediaの情報

三百人委員会とは陰謀論のひとつ。論者によると、イギリスに本部を置く影の世界政府の最高上層部とされる組織。

批判的論者によると、三百人委員会はオリンピアンズ(オリュンポス十二神)とも呼ばれ、根本思想をイルミニズムや悪魔主義におくとしている。

その超国家的組織は超選民主義の究極的な形態であり、その組織構成は、イルミナティと悪魔主義者を頂点にした巨大なピラミッドであるとする。

この陰謀はイルミナティ他、様々な名称の団体によって遂行されていると言う。

 

 

(以下 ジュディ・ノート 4月22日版より 抜粋)

ジュディ・メモ:

The Elite Network:300人委員会メンバーのリスト!

(以下 上記記事の抜粋)

政治、宗教、商工業、銀行、保険、鉱業、麻薬取引、石油産業などのあらゆる側面を支配する、すべての国の法律を超えて、国境を知らない強力なグループを想像できますか?

メンバー以外の誰にも答えられないグループ?

私たちの大多数にとって、そのようなグループは、特定の組織の可能性と能力の範囲を超えているように見えます。

それがあなたが信じるものなら、あなたは多数派です。私たちの生活のあらゆる側面を支配する秘密のエリートグループの概念は、私たちの理解を超えています。

アメリカ人は、 「ここでは起こりえない。憲法で禁止されている」と言いがちです 。

「300人の委員会」と呼ばれるそのような団体があること 。

 

 

 

 

ほとんどの人が私たちの問題に対処しようとするとき、彼らは「彼ら」について話したり書いたりします。

この記事は、「彼ら」が誰であり、「彼ら」が私たちの将来のために何を計画しているか、「彼ら」が50年間アメリカ国民とどのように戦争をしてきたか、私たちが負ける瀬戸際にある戦争、どのような方法かを正確に伝えています。

「彼ら」は、「彼ら」が私たちをどのように洗脳したかを正確に使用します。

もしあなたが、私たちが国として好んでいないのに防ぐ力がないように見えることがなぜ起こっているのか?

なぜ米国がいつも間違った馬を支持しているように見えるのか?

なぜ米国が不況に陥っているのかについて当惑し、困惑しているならなぜ私たちの以前の社会的および道徳的価値観が脇に追いやられ、一見埋もれてしまったのか。

多くの陰謀論に混乱している場合は、共謀者のヒエラルキー:300 人の委員会が、これらの条件が意図的に私たちを屈服させるために作成されたことを明確に証明します。

 

300人の委員会のリストは次のとおりです。

 

Abdullah II King of Jordan  – 中東の重要な皇帝傀儡、イギリスで教育を受けたアメリカ人の妻

Roman Abramovich  – ロシアのオリガルヒ、純資産 120 億ドル、主要な英国とのつながり

Josef Ackermann  – スイスの銀行家兼 CEO ドイツ銀行

エドワード・アディーン – 英国の管財人、イートン卒業生、プリンス・オブ・ウェールズの個人秘書

マーカス・アギウス – 英国系マルタ人の投資家、バークレイズ銀行のグループ会長、BBC の取締役、エドマンド・ド・ロスチャイルドの娘と結婚

Martti Ahtisaari  – フィンランドの元大統領、2008 年ノーベル平和賞、コソボでの国連の行動に関与

Daniel Akerson  – ゼネラル モーターズの CEO、MCI、ゼネラル インスツルメント、ネクステルの前 CEO は、2003 年にカーライル グループに加わりました。

ベルギー王アルベール2世 – ベルギー王、ウィンザーと同じ王朝 (ザクセン-コーブルク-ゴータ)

ユーゴスラビアのアレキサンダー皇太子 – ユーゴスラビア国王の相続人

Giuliano Amato  – イタリアの元首相、EU 憲法草案を作成した会議の副社長

カール A. アンダーソン – 第 13 代「コロンブス騎士団の最高騎士」、バチカン銀行の評議会に出席

ジュリオ・アンドレオッティ – イタリアの元首相、暴徒とのつながりと殺人で告発された

ヨーク公アンドリュー – エリザベス 2 世の次男、16 カ国の王位継承順位第 4 位、小児性愛者のジェフリー・エプスタインと関係

アン プリンセス ロイヤル – エリザベス 2 世の娘

ニック・アンスティー – アーサー・アンダーセンの会計スキャンダルに関連する第 682 代「ロンドン市長」、国際法律事務所 SJ バーウィンのディレクター

ティモシー・ガートン・アッシュ – 英国の歴史家、オックスフォード大学教授、欧州CFR、「ジョージ・オーウェル賞」受賞者

ウィリアム・ウォルドーフ・アスター – 第4代アスター子爵、アスター王朝の相続人、イートン卒業生、貴族院に座る

Pyotr Aven  – 英国との緊密な関係を持つロシアの寡頭政治家

Jan Peter Balkenende  – オランダの元首相、ビアトリクス女王の傀儡、ビルダーバーグ家の長であり、エリザベス 2 世のいとこ

Steve Ballmer  – Microsoft の CEO、純資産 157 億ドル、Jerusalem Post の「世界で最も裕福なユダヤ人」で 5 位

Ed Balls  – イギリスの政治家、ファビアン協会

Jose Manuel Barroso  – 欧州委員会委員長、元ポルトガル首相、元マオイスト

オランダのベアトリクス女王 – オランダの女王、ビルダーバーグ グループの責任者、ローマ クラブ

マレク・ベルカ – ポーランドの元首相、元IMF、ポーランド国立銀行の元総裁、

Fred Bergsten  – 米国のエコノミスト、作家、政治顧問、グローバリストのシンクタンクのメンバー、元米国財務省

Silvio Berlusconi  – イタリアの元首相、純資産 59 億ドル、マフィアの共謀、虚偽の会計、詐欺、汚職、贈収賄で裁判所に告発

ベン・バーナンキ – 米国連邦準備制度理事会

ニルス・バーンスタイン – デンマーク国立銀行

ドナルド・バーウィック – 米国のメディケアの責任者、メディケイド、オバマケア関連、ハーバード・メディカル・スクールの教授、いくつかの英国の称号

カール・ビルト – スウェーデンの元首相、バルカン諸国に関与、グローバリストの扇動者、マドリッドクラブ

ウィンフリード・ビショフ卿 – ロイズ・バンキング・グループの会長、シティグループの元CEO

Tony Blair  – 元英国首相、イラクとアフガニスタンへの不法侵略に関与、戦争犯罪で告発

ロイド・ブランクファイン – ゴールドマン・サックスCEO、ロックフェラーと関係

Leonard Blavatnik  – ロンドンに住むロシアの寡頭政治家、純資産 101 億ドル、Access Industries の所有者、ハーバード大学とテルアビブ大学に接続

マイケル ブルームバーグ – ニューヨーク市長、純資産 220 億ドル、ブルームバーグ メディアの所有者

Frits Bolkestein  – EU指令とグローバリズムイニシアチブに関与するオランダの政治家

Hassanal Bolkiah  – ブルネイのスルタン、純資産 200 億ドル、英国の高等教育、ロイヤル ダッチ シェルに接続、英国王立海軍の名誉提督

Michael C Bonello  – マルタ中央銀行総裁

エマ・ボニーノ – EU大臣、元EU議会

David L. Boren  – 米国大統領顧問、元オクラホマ州知事、元米国上院議員、元上院情報委員会委員長

メクレンブルク公ボーウィン – メクレンブルク公爵

Charles Bronfman  – シーグラム酒の所有者、純資産 20 億ドル、カナダ系ユダヤ人、シオニスト慈善団体の創設者

エドガー・ブロンフマン・ジュニア – ワーナー・ミュージック・グループの元CEO、ブロンフマン王朝のメンバー

ジョン・ブルートン – アイルランドの元首相

Zbigniew Brzezinski  – 三極委員会の責任者、元米国大統領顧問、グローバリストのシンクタンクとプロパガンダに関与、911 に接続、ビンラディンに接続、アフガニスタンでの違法な戦争に接続、元ハーバード、CFR のメンバー、アムネスティ インターナショナルの元責任者

ロビン・ブデンバーグ – 救済を監督した英国政府機関の長

ウォーレン・バフェット – バークシャー・ハサウェイの所有者、純資産 440 億ドル、アメリカの貧困からの利益、911 に接続された、湾岸にまだ投棄されている毒素である Corexit を製造したナルコの所有者として、メキシコ湾の災害に関係している

ジョージ HW ブッシュ – 元米国大統領、元米国副大統領、父親はナチス、国際銀行、大規模な石油と麻薬密売、元 CIA、JFK と RFK の暗殺、911 と両方のイラク戦争、国際的なテロ犯罪一家であり、頭蓋骨と骨で知られ、フリーメーソンの 33 度

David Cameron  – 英国の首相、イートンとオックスフォードの卒業生、エリザベス 2 世の傀儡、ロスチャイルド家とのつながり

コーンウォールのカミーラ公爵夫人 – プリンス オブ ウェールズの 2 番目の妻

フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ – 元ブラジル大統領

ピーター・カリントン – 英国の政治家、貴族院の男爵

カール 16 世グスタフ スウェーデン王 – スウェーデン王、エリザベス 2 世のいとこ

パルマのカルロス公爵 – 多くの称号を持つオランダの王族、およびいくつかの騎士団の長、マルタの騎士

マーク カーニー – カナダ銀行総裁、ゴールドマン サックスで 13 年間勤務

シンシア・キャロル – Anglo American プラチナ鉱山の CEO

ハイメ・カルアナ – 国際決済銀行 (BIS) 総裁、元スペイン銀行総裁

サー ウィリアム カステル – Wellcome Trust の会長、General Electric および BP の取締役

アンソン・チャン – 英国の香港統治に関与した中国の政治家

マーガレット・チャン – 世界保健機関の事務局長、元香港政府

ノーマン・チャン – 香港通貨庁の最高経営責任者

ウェールズのチャールズ皇太子 – イギリス連邦の王位継承者であり、「持続可能な開発」のグローバリストと第 3 世界の国々の金融操作、特に国連と何百もの NGO での資源の抽出と人口管理、フリーメイソンを推進し、最初の妻プリンセスの殺害に関連しています。ダイアナ

リチャード・シャルトル – ロンドンの聖公会司教

Stefano Delle Chiaie  – 「ネオファシスト」のイタリア人活動家、フリーメイソン、コンドル作戦に関連してテロ法廷で告発

ジョン・チップマン博士 – グローバリストのイギリスのシンクタンク、国際戦略研究所の所長

パトク・チョディエフ – ロンドン在住のウズベク人オリガルヒ、純資産 33 億ドル、鉱業、石油、ガス、銀行業に携わる

シュレスヴィヒ=ホルシュタイン公クリストフ王子 – シュレスヴィヒ=ホルシュタイン公

Fabrizio Cicchitto  – イタリアの政治家、マルクス主義者、フリーメーソンのロッジ P2 に所属し、イタリアの EU 加盟に関与したことを認めた

ウェスリー・クラーク – 米国の将軍、NATO の元欧州連合軍最高司令官、ロードス学者、バルカン半島に関与し、ウェーコとつながり、米国大統領に立候補

ケネス・クラーク – イギリスの政治家、官僚

ニック・クレッグ – 英国副首相

ビル・クリントン – 元米国大統領、元アーカンソー州知事、ロードス学者、バルカン諸国に関与、ビン・ラディンの保護に関与、ブッシュ家とつながり、国際麻薬密売とつながり、ロックフェラーとロスチャイルドとつながり、フリーメイソン、技術移転につながり中国へ

アビー・ジョセフ・コーエン – 米国のエコノミスト、ゴールドマン・サックス、元連邦準備制度理事会、アメリカのユダヤ神学校の会長、コーネル大学の評議員

ロナルド・コーエン – オックスフォードで教育を受けた、エジプト生まれのイギリス系ユダヤ人のベンチャーキャピタリスト

ゲイリー・コーン – ゴールドマン・サックスの社長兼COO

マルカントニオ コロンナ ディ パリアーノ パリアーノ公爵 – パリアノ公爵

オランダのコンスタンティン王子 – オランダのベアトリクス女王の三男

ギリシャのコンスタンティヌス 2 世王 – ギリシャの最後の王

David Cooksey  – 英国のベンチャーキャピタリスト、イングランド銀行の元取締役、ベクテルの会長、エリザベス 2 世から騎士の称号を与えられた

Brian Cowen  – アイルランドの元首相で、IMF と EU にアイルランドを降伏させるのに貢献した

サー・ジョン・クレイヴン – ロイターの取締役、ドイツ銀行の元取締役、ドイツ・モルガン・グレンフェルの元会長

アンドリュー・クロケット – 英国の銀行家、国際決済銀行の元総裁、元イングランド銀行、JP モルガン・チェースに勤務、グループ 30 のメンバー、エリザベス 2 世から騎士の称号を与えられた

Uri Dadush  – カーネギー国際平和基金のシニア アソシエイト、元世界銀行、ヘブライ大学とハーバードで教育を受ける

Tony D’Aloisio  – オーストラリア証券投資委員会の委員長、世界証券取引所連盟の元理事、グローバリストのイニシアチブを推進

アリステア・ダーリング – スコットランドの政治家、国会議員

ハワード・デイヴィス卿 – 英国の経済学者、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンスのディレクター、グローバリストのイニシアチブとプロパガンダ

Etienne Davignon  – ベルギーの政治家、欧州委員会の元副社長、ビルダーバーグの会長、ブリュッセル航空の会長

デビッド・デイビス – 英国国会議員

ベンジャミン・ド・ロスチャイルド – スイスの銀行家、ロスチャイルド王朝のフランス支部の子孫

David Rene de Rothschild  – Rothschild Continuations Holdings、ロスチャイルド王朝のフランス支部の会長

Evelyn de Rothschild  – 英国の投資家、NM Rothschilds and Sons のパートナー、De Beers の元取締役、IBM UK の元取締役、Daily Telegraph の元取締役、エリザベス 2 世から騎士の称号を与えられた

レオポルド・ド・ロスチャイルド – 英国の投資家、クーン・ローブの元従業員、モルガン・スタンレー、NMロスチャイルド・アンド・サンズのパートナー

Joseph Deiss  – スイスの経済学者、政治家、元国連総会議長、グローバリスト

Oleg Deripaska  – ロシアのオリガルヒ、純資産 168 億ドル、Basic Element の CEO、United Company RUSAL アルミニウムの CEO、ロスチャイルド家とつながりがある

マイケル・ドブソン – 英国の実業家、シュローダー・インターナショナル・アセット・マネジメントのCEO、ロックフェラー家とつながりがある

マリオ・ドラギ – 欧州中央銀行総裁、元イタリア銀行総裁、元ハーバード大学教授

Jan Du Plessis  – 南アフリカのビジネスマン、ブリティッシュ アメリカン タバコの CEO、ロイズ TSB グループのディレクター、リオ ティント マイニングの会長

ウィリアム・C・ダドリー – ニューヨーク連邦準備銀行総裁、元ゴールドマン・サックス

Wim Duisenberg  – オランダの政治家、欧州中央銀行の元総裁、オランダ中央銀行の元総裁、元 IMF、故人

エドワード・デューク・オブ・ケント – ケント公爵、エリザベス2世のいとこ、イングランドとウェールズのフリーメイソンのグランドマスター、スカウト協会の会長

ウェセックス伯エドワード – エリザベス2世の三男

イギリスのエリザベス 2 世女王 – イギリス連邦の君主、イングランド国教会の最高知事、国際フリーメーソンの頭、ガーター騎士団の頭、300 人委員会の頭、世界の陸地の 6 分の 1 を所有し、世界で最も多くの犯罪と詐欺

ジョン・エルカン – イタリアの実業家、フィアットのオーナー、クライスラーのオーナー、エクソールのCEO、ブルッキングス研究所のメンバー

ヴィットリオ エマヌエーレ ナポリ王子 – ナポリ王子、サヴォイア公、P2 フリーメーソン ロッジのメンバー、殺人罪で起訴

Ernst August Prince of Hanover r – ハノーバーの王子であり、モナコの王位継承者と結婚

マーティン・フェルドスタイン – アメリカの経済学者、ハーバード大学教授、レーガン大統領の元顧問

マシュー・フェスティング – マルタの主権軍事秩序の英国グランドマスター、大英帝国勲章の役員

フランソワ・フィヨン – フランス首相

ハインツ・フィッシャー – オーストリア大統領

ヨシュカ・フィッシャー – ドイツの政治家、元外務大臣、ドイツ副首相

スタンリー・フィッシャー – アメリカ系イスラエル人エコノミスト、イスラエル銀行総裁、元世界銀行チーフエコノミスト、ビルダーバーグ

Niall FitzGerald  – アイルランドのビジネスマン、Unilever の元 CEO、世界経済フォーラムのメンバー、Merck、Bank of Ireland、Prudential とつながりがある

Franz Duke of Bavaria  – バイエルン公、テュアルト家の共同相続人

Mikhail Fridman  – ユダヤ系ロシア人オリガルヒ、純資産 151 億ドル、ロシア CFR のメンバー、ロシア ユダヤ人会議の創設者

オランジュ ナッソーのフリソ王子 – オランジュ ナッソーの王子、オランダのベアトリクス女王の次男

ビル・ゲイツ – マイクロソフトの元 CEO、純資産 610 億ドルは、MS Windows に対する自由な監視を許可し、ワクチンによるグローバリストの人口減少の取り組みに関連していました

Christopher Geidt  – エリザベス 2 世の私設秘書、オックスフォード大学で教育を受ける

Timothy Geithner  – 米国財務長官、元大統領ニューヨーク連邦準備制度理事会、TARP ベイルアウト窃盗に関連

プロイセンのゲオルク・フリードリヒ王子 – プロイセンの王子

クリス・ギブソン・スミス博士 – ロンドン証券取引所会長

ミハイル・ゴルバチョフ – 元ソビエト連邦首相、マドリッドクラブ、グローバリスト・イニシアチブ

アル・ゴア – 米国の元副大統領、元米国上院議員、ハーバード大学で教育を受けた、父親はアーマンド・ ハマーとつながりのある上院議員だった – 共産主義のソビエト、地球温暖化詐欺を推進したことでノーベル平和賞を受賞

アラン・ゴットリーブ – カナダの官僚、三極委員会のメンバー、カーライル グループのメンバー、サザビーズ カナダの会長、北米連合を推進するグローバリスト

スティーブン・グリーン – 英国男爵、貿易投資担当大臣、元 HSBC 会長、オックスフォード大学と MIT で教育を受ける

アラン・グリーンスパン – 米国連邦準備制度理事会の元議長、大英帝国のナイト・コマンダー

ジェラルド・グロブナー 6 代ウェストミンスター公爵 – ウェストミンスター公爵、純資産 73 億 5000 万ポンド、英国で最も裕福な不動産開発業者

Jose Angel Gurria  – NGO OECD の事務局長、メキシコ国立開発銀行の元 CEO、Foreign Trade Bank の元 CEO

ウィリアム・ヘイグ – 英国の外務大臣、オックスフォードで教育を受ける

サー フィリップ ハンプトン – ロイヤル バンク オブ スコットランドの会長、ロイズ、BT グループ、BG グループ、ブリティッシュ スチールの元財務部長

Hans-Adam II リヒテンシュタイン王子 – リヒテンシュタイン王子、LGT Banking Group の所有者、純資産 $7.6B

ハラルド V ノルウェー王 – ノルウェー王

Stephen Harper  – カナダ首相、シオニスト、グローバリズム推進者、北米連合

François Heisbourg  – ロンドンを拠点とするグローバリストのシンクタンク、国際戦略研究所の所長

アンリ・ルクセンブルク大公 – ルクセンブルク公爵、ロイヤル・ヴィクトリア勲章のナイト・グランド・クロス

Philipp Hildebrand  – スイス国立銀行の元頭取、オックスフォードで教育を受けた

カーラ・アンダーソン・ヒルズ– 外交問題評議会の共同議長、三極委員会の執行委員会のメンバー、元HUDの秘書、北米連合を推進、

リチャード・ホルブルック – アメリカの官僚、大統領補佐官、ベトナムとつながり、故人

パトリック・ホノハン – アイルランド中央銀行総裁

アラン・ハワード – 260 億ドルの資産を管理する英国のヘッジファンド マネージャー、元ソロモン ブラザーズ

アリジャン・イブラギモフ – キルギスタンのオリガルヒ、カザフスタンの鉱業、石油、ガス

Stefan Ingves  – スウェーデン中央銀行総裁

ウォルター・アイザックソン – グローバリストのシンクタンクであるアスペン研究所のCEO、タイム誌の編集長、放送理事会の会長、カトリーナとつながりがある

フアン カルロス スペイン王 – スペイン王、その他多くの称号

ケネス M. ジェイコブス – ラザードの CEO

DeAnne Julius  – チャタムハウス (RIIA) の会長、元世界銀行、元 CIA、イングランド銀行の金融政策委員会の創設メンバー

Jean-Claude Juncker  – ルクセンブルク首相、元欧州理事会議長

ピーター・ケネン – CFR、フォード財団、グローバリスの国際経済学シニアフェロー

ジョン・ケリー – 米国上院議員、大統領候補、スカル・アンド・ボーンズ、ハインツ・ケチャップとそれ以前のアヘン取引から得た家族の富、フリーメーソン、ベトナムでの偽の英雄、

マーヴィン・キング – イングランド銀行総裁、大英帝国勲章ナイト・グランド・クロス

Glenys Kinnock  – 欧州外交評議会の評議員、元欧州議会、貴族院

ヘンリー キッシンジャー – 元米国務長官、ビルダーバーグ、CFR、ボヘミアン クラブ、ノーベル平和賞、ベトナムとカンボジアにつながり、チリの大量殺戮に関与、バルカン諸国につながり、戦争犯罪とテロの法廷で告発された

マルコム・ナイト – ドイツ銀行のカナダ副会長、元国際決済銀行、ロンドン教育

ウィリアム H. クーン II  – テンプル騎士団、薔薇十字団、リンクなし

ポール・クルーグマン – アメリカのエコノミストでグローバリストのプロパガンダ、エール大学とロンドン スクール オブ エコノミクス (CFR) で教育を受けた

ジョン・クフォー – ガーナの元大統領、アフリカ連合の元議長

Giovanni Lajolo  – バチカン市国政府の大統領、名誉枢機卿、バチカン市国教皇委員会の委員長

アンソニー・レイク – 国連児童基金 (UNICEF) 事務局長

リチャード・ランバート – CBIの元局長、英国ウォリック大学の学長、エリザベス2世から騎士の称号を与えられた

Pascal Lamy  – 世界貿易機関事務局長

Jean-Pierre Landau  – 元IMF、国際決済銀行の元取締役、元フランス銀行

ティモシー ローレンス – エリザベス 2 世の一人娘の夫

James Leigh-Pemberton  – 英国の銀行家、コーンウォール公国 (プリンス オブ ウェールズ) の管財人、イートンで教育、元 SG Warburg and Co.、Credit Suisse のマネージング ディレクター

レカ アルバニア皇太子 – アルバニア王子、アルバニア国王の相続人

マーク・レナード – 英国のシンクタンクのグローバリストであり、プロパガンダ、欧州CFRの共同創設者およびディレクター

Peter Levene  – 英国男爵、NBNK Investments の会長、ロンドン市の元市長

Lev Leviev  – ブハーリア系イスラエル人オリガルヒ、純資産 120 億ドル、アンゴラでのダイヤモンド採掘、パレスチナ入植地

Arthur Levitt  – SEC の元会長、Carlyle Group の顧問 CSV ユダヤ人ケア、ユダヤ人フリー スクール、および JLGB のプレジデント

ジョー・リーバーマン – アメリカ系イスラエル人上院議員、911 につながり、愛国者法につながり、多くの暴君法につながりました

Ian Livingston  – BT (British Telecom) の CEO

Lee Hsien Loong  – シンガポールの首相、英国で教育を受け、

ベルギーのローレンツ オーストリア=エステ大公 – ベルギー王族

ルイ・アルフォンス・アンジュー公 – アンジュー公、亡きフランス国王の主張者

Gerard Louis-Dreyfus  – Louis Dreyfus Energy Servicesの会長、純資産29億ドル

オランジュナッソーのメーベル王女 – オランダのベアトリクス女王の次男の妻

ピーター・マンデルソン – イギリスの官僚、議員、元欧州貿易委員会、ロスチャイルド家と関係

サー・デイビッド・マニング – 元駐米英国大使、イラク侵攻に関与、元イスラエル駐在英国大使

マルゲリータ オーストリア エステ大公 – オーストリア エステ大公の妻

デンマークのマルグレーテ 2 世女王 – デンマークの女王

Guillermo Ortiz Martinez  – メキシコ官僚、元IMF大使

アレクサンダー・マシュケビッチ – ハザク・イスラエルのオリガルヒ、カザフスタンの金属とガス、ENRCに接続

ステファノ・マッシモ ロッカセッカ・デイ・ヴォルシの王子 – マッシモ王朝の末裔であり、イタリアの王族

アルソリとトリッジャーノのファブリツィオ・マッシモ・ブランカッチョ王子 – マッシモ王朝と王族

ウィリアム・ジョセフ・マクドナー – メリル・リンチの副会長、ニューヨーク連邦準備銀行の元総裁、シカゴの元ファースト・ナショナル銀行、CFR

Mack McLarty  – クリントン政権下の元ホワイトハウス首席補佐官、McLarty Companies の CEO、取締役会の Arkla Gas、National Petroleum Council、キッシンジャーと関係

Yves Mersch  – ルクセンブルグ中央銀行総裁、欧州中央銀行理事会メンバー、BIIS 関係者

マイケル プリンス オブ ケント – 英国王室、エリザベス 2 世のいとこ、2 つのフリーメーソン ロッジのグランドマスター

ルーマニアのマイケル王 – ルーマニアの王、エリザベス 2 世の 3 番目のいとこ、共産主義に関連

David Miliband  – イギリスの官僚

Ed Miliband  – 英国の官僚および国会議員、オックスフォードおよびロンドン スクール オブ エコノミクスで教育を受けた、父はマルクス主義者

Lakshmi Mittal  – インドの鉄鋼王、ArcelorMittal の CEO – – 世界最大の鉄鋼会社、Goldman Sachs とつながっている

グレン・モレノ – 英国政府の銀行の株式保有を管理する UK Financial Investments Limited の会長代理、元シティグループ、Fidelity International の取締役、Pearson の会長、Lloyds Banking に接続

Moritz Prince and Landgrave of Hesse-Kassel  – プリンス オブ ヘッセン カッセル

ルパート・マードック – オーストラリア系アメリカ人のメディア王、NewsCorp と Fox の所有者、贈収賄、盗聴、名誉毀損、嘘、インサイダー取引、フリーメーソン、ノルウェーの銃乱射事件、911、違法なイラク戦争との関係で告発された

シャルル・ナポレオン – フランス皇室の首長

Jacques Nasser  – BHP Billiton のレバノン会長、JP Morgan Chase、Sky Corp、Ford Motors とつながりがある

ロビン・ニブレット – チャタム・ハウス (RIIA) の館長 – 1920 年以降のすべての戦争、大量窃盗、残虐行為に関連

ヴィンセント ニコルズ – ウェストミンスター大司教、イングランドとウェールズのローマ カトリック教会の首長、少年虐待に関与

アドルフォ・ニコラス – 第30代黒人教皇、イエズス会総長、バチカン最大の男性教団長

Christian Noyer  – 国際決済銀行会長、フランス銀行総裁、欧州中央銀行の元副社長

Sammy Ofer  – イスラエルの海運王、純資産 103 億ドル、兄 Yuli と死亡

アレクサンドラ・オグルビー レディ・オグルビー – 英国王女、エリザベス2世のいとこ

David Ogilvy 13th Airlie 伯爵 – アレクサンドラ王女と結婚し、チェンバレン卿、イートン校で教育を受け、アザミの騎士、元シュローダーの館長

ヨルマ・オリラ – ノキアの会長、フォード・モーター・カンパニーの取締役会、ロイヤル・ダッチ・シェルの非常勤会長、元シティバンク、ビルダーバーグ

ニッキー・オッペンハイマー – 南アフリカのデビアス ダイヤモンド マイニング会長、アングロ アメリカン マイニングの株主、純資産 60 億ドル

ジョージ・オズボーン – 英国官僚、英国財務長官、元国会議員、オックスフォードのブリングドン・クラブ、ロスチャイルド家と関係

Frederic Oudea  – CEO ソシエテ ジェネラル

サー ジョン パーカー – ナショナル グリッドおよびアングロ アメリカン鉱山の元会長、元イングランド銀行、エリザベス 2 世から騎士の称号を与えられる

クリス・パッテン – BBCトラストの会長、英国が所有する香港の最後の総督、元国会議員、法王ベネディクトとつながりがある

Michel Pebereau  – パリ国立銀行会長

Gareth Penny  – AMG Mining の CEO、元 De Beers と Anglo American の採掘会社で世界第 1 位の採掘会社、Oxford、Eton の Rhodes Scholar

シモン・ペレス – イスラエルの大統領、イスラエルの元首相、Y. Rabin の暗殺に関与、偽りの和平工作者、911 に関与

エジンバラのフィリップ公爵 – エリザベス 2 世の夫、ドイツ系デンマーク王室、800 以上の組織のパトロン、グローバリスト、人種差別主義者で、大量虐殺と過疎化を支持して公に発言しているフリーメーソンは、孫の母親の王女を殺害する命令を出したと主張しているダイアナ

Dom Duarte Pio ブラガンサ公爵 – ブラガンサ公爵

Karl Otto Pohl  – ドイツの経済学者、ドイツ連邦銀行総裁、元中央銀行評議会議長

コリン・パウエル – 元米国国務長官、退役将軍、元統合参謀本部議長、元レーガン国家安全保障顧問、両方のイラク戦争に関与

ミハイル・プロホロフ – ロシアのオリガルヒ、ノリルスク・ニッケルの元所有者、ポリウス・ゴールドの元会長、ONEXIM GROUPの元社長 $17B投資ファンド、純資産$13.2B

Guy Quaden  – ベルギー国立銀行総裁、欧州中央銀行理事会メンバー

Anders Fogh Rasmussen  – NATO事務総長、元デンマーク首相、元欧州連合大統領、イラク戦争に関係

ジョセフ アロイス ラッツィンガー (教皇ベネディクト 16 世)  – 第 265 代教皇、元ヒトラー ユーゲント、第 2 バチカン公会議に参加、バチカンの異端審問所長、膨大な数の虐待事件を隠蔽して継続を可能にし、加害者は処罰されないまま、カナダ先住民を隠蔽ホロコースト (英国とバチカンによる) の発見

David Reuben  – 英国のユダヤ人オリガルヒ、90 億ドルの兄弟の純資産、Reuben Brothers の CEO、Trans-World Metals の所有者、Global Switch の所有者、その他多くの事業利益

Simon Reuben  – 英国のユダヤ人オリガルヒ、90 億ドルの兄弟の純資産、Reuben Brothers の CEO、Trans-World Metals の所有者、Global Switch の所有者、その他多くの事業利益

ウィリアム R. ローズ – CEO ウィリアム R. ローズ グローバル アドバイザー、元シティグループおよびシティバンク、南アメリカの国際銀行スキームに関与、プライベート エクスポート ファンディング コーポレーションのディレクター、CFR、グローバリストなど

スーザン・ライス – 米国国連大使、元国家安全保障会議、ローズ奨学生、クリントンとつながりがある

グロスター公リチャード– グロスター公、エリザベス2世のいとこ

サー マルコム リフキンド – 英国官僚、元スコットランド国務長官、国防長官、外務長官、元国会議員

サー・ジョン・リトブラット – British Land Company の元 CEO、いくつかの英国王室組織の長

スティーブン・S・ローチ – モルガン・スタンレーの上級幹部、イェール・アンド・ジャクソン国際問題研究所の教授

メアリー・ロビンソン – アイルランドの元大統領、元国連人権高等弁務官は、人権について言及するとき、話すときと話さないときを知る自由のために大統領メダルを受賞しました

デビッド・ロックフェラー・ジュニア – デビッド・ロックフェラーの長男、ロックフェラー王朝の第4世代のメンバー、ロックフェラー財団は、善を装って世界中、特に米国で悪を縫うために使用されました

デビッド・ロックフェラー・シニア。– ロックフェラー家の家長、純資産 29 億ドル、チェース マンハッタン銀行の所有者、エクソン モービルの所有者、CIA と関係があり、キッシンジャーと関係があり、グローバリスト陰謀団の首長であることを認め、米国メディアの多くを厳格に管理している、三極委員会

ニコラス・ロックフェラー – ロックフェラー王朝、アーロン・ルッソに 911 について警告、リンクなし

ハビエル・エチェヴァリア・ロドリゲス – スペインのローマ・カトリック司教、オプス・デイの頭

Kenneth Rogoff  – ハーバード大学経済学教授、元 IMF、連邦準備制度理事会

Jean-Pierre Roth  – 国際決済銀行の会長、スイスの IMF 総裁、元スイス国立銀行会長、ネスレとスウォッチの取締役

ジェイコブ・ロスチャイルド – 4代ロスチャイルド男爵、RITキャピタル投資会長、イートン教育、NMロスチャイルド・アンド・サンズの元会長、プリンス・オブ・ウェールズのコーンウォール公国評議会、ブラックストーン・グループの諮問委員会、BSkyBテレビの元会長、取締役RHJインターナショナル

David Rubenstein  – Carlyle Group の共同創設者、純資産 26 億ドル、CFR、大統領顧問 To Carter

ロバート ルービン – 元米国財務長官、元ゴールドマン サックス、元シティグループ、CFR の共同議長、ハーバード大学の執行委員会、NYSE の元取締役会、カーネギー社および米国証券取引委員会の理事会、エンロンにつながった

Francesco Ruspoli 10th Prince of Cerveteri  – イタリア王室

Joseph Safra  – シリア系ブラジル人のユダヤ人銀行家、Safra Group のオーナー、純資産 114 億ドル

Moises Safra  – シリア系ブラジル人のユダヤ人銀行家、Banco Safra 共同創設者

ピーター・サンズ – 英国の銀行家、スタンダードチャータードの CEO、オックスフォードおよびハーバードで教育を受けた、理事会 – 国際金融研究所

Nicolas Sarkozy  – 元フランス大統領 (2012 年 5 月 15 日)、官僚

アイザック・サスーン – ロンドンのサスーン王朝生まれ、セファルディ・ラビ、作家

ジェームズ・サスーン – 英国財務省商務長官、貴族院、英国首相デビッド・キャメロンの顧問

サー ロバート ジョン ソーワーズ – 英国秘密情報局 (MI6) のチーフ、国連の元英国代表、トニー ブレアの元外務顧問

Marjorie Scardino  – ピアソン PLC の CEO、Nokia の非常勤取締役、Economist Group の元 CEO

クラウス・シュワブ – 世界経済フォーラムの創設者、ジュネーブ大学の元教授

カレル・シュヴァルツェンベルク – シュヴァルツェンベルク公、チェコ共和国外務大臣、三極委員会、ビルダーバーグ

Stephen A. Schwarzman  – Blackstone Group の共同創設者、純資産 47 億ドル、エール スカル アンド ボーンズ、ハーバード大学卒業、元リーマン ブラザーズ

シドニー・シャピロ – ユダヤ系アメリカ人、帰化した中国人、中国人民政治諮問委員会のメンバー

Nigel Sheinwald  – イギリスの官僚、元駐米イギリス大使、トニー・ブレアのアドバイザー、ナイト・グランド・クロス

ジギスムント トスカーナ大公 オーストリア大公 – トスカーナ大公兼オーストリア大公、聖ヨセフ勲章グランドマスター

ザクセン=コーブルクとゴータのシメオン・ボリソフ – ブルガリア首相、元ブルガリア皇帝、エリザベス2世のいとこ(ザクセン=コーブルク=ゴータ王朝)

オリンピア・スノー – 米国上院議員、ウィリアム・コーエンの下で働き、ロックフェラーと関係があり、弾劾中にビル・クリントンを無罪にするのを助け、コソボ戦争、アフガニスタンとイラクを支持し、妊娠中絶を支持した

スペインのソフィア女王 – スペインのフアン カルロス国王の妻、ギリシャとデンマークの王女、エリザベス 2 世のいとこ

ジョージ・ソロス – ユダヤ系ハンガリー系アメリカ人の寡頭政治家、ソロス・ファンド・マネジメントのヘッジファンド会長、純資産200億ドル、オープン・ソサエティ・インスティテュートの会長は、ナチスによるハンガリー占領と、ユダヤ人の資産を押収する役人に同行したことを「私の人生で最高の時」と表現した、ロンドン スクール オブ エコノミクスに出席し、グローバリストでハゲタカであり、特に東ヨーロッパでの数多くの経済的激変と人為的な革命に結びついていた

アーレン・スペクター– 米国上院議員、ユダヤ人、イェール大卒、元連邦判事、ウォーレン委員会で「単一弾丸理論」を考案 JFK 暗殺の隠蔽工作、ペンシルバニア大学法科大学院の教授、イラク戦争と愛国者法の 推進に貢献 

アーネスト・スターン – 世界銀行の元マネージング・ディレクター、元JPモルガン取締役、Group of 30のメンバー、グローバル開発センターのディレクター、国際経済成長センターの監督委員会

デニス・スティーブンソン – 英国男爵、貴族院、大英帝国勲章の司令官、エリザベス 2 世の騎士、英国技術グループのディレクター、Tyne Tees Television、Manpower Inc.、Thames Television、J. Rothschild Assurance、英国のパートナーシップ、 BSkyB、Lazard Bros、St. James Place Capital、Maocap および Aldeburgh Music の会長、Western Union のディレクター、Loudwater Partners および the Economist、HBOS の会長、元 Halifax plc および Bank of Scotland の会長、ロンドン芸術大学の総長

Tom Steyer  – ファラロン キャピタル マネジメント ヘッジ ファンドの創設者、スタンフォード大学理事会、ウォーレン バフェットとつながり、イェール大学で教育を受けた元ゴールドマン サックス、ロバート ルービンとつながり、元モルガン スタンレー、ヒラリー クリントンとつながり

ジョセフ・スティグリッツ – ユダヤ系アメリカ人の経済学者であり教授、上級副社長兼世界銀行のチーフ エコノミスト、別の経済主体から個人情報を抽出するために使用されるスクリーニングと呼ばれる技術に対するノーベル経済学賞、グローバリストのシンクタンク、Initiative for Policy Dialogue の創設者、コロンビア大学の教授、教皇庁社会科学アカデミーのメンバー、マサチューセッツ工科大学の元教授、イェール大学、スタンフォード大学、デューク大学、オックスフォード大学、プリンストン大学、クリントン大統領の下で大統領経済諮問委員会の議長を務めた

Dominique Strauss-Kahn  – フランスの政治家、国際通貨基金 (IMF) の元専務理事、元経済財務大臣、元産業貿易大臣、共産主義者、性的暴行の法廷で告発された

ジャック・ストロー – 英国の政治家、国会議員、元内務長官、元外務長官、元下院議長、元最高議長、元司法長官、元シャドウ ロード最高議長、引き渡しと拷問

ピーター・サザーランド – ゴールドマン・サックス・インターナショナルの会長、EU委員、元アイルランド司法長官、元世界貿易機関(WTO)総局長、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドの元取締役、元ABB取締役、運営委員会ビルダーバーグ大学、三極委員会の名誉委員長、実業家欧州円卓会議の元副委員長、アイルランドの EU 加盟に関与、グローバリストの英国のシンクタンクである連邦教育研究トラストの会長、英国の親欧州およびグローバリストの思想のメンバー新しいヨーロッパのタンク ビジネス、UNIDO (国連) の親善大使、ロンドン スクール オブ エコノミクス評議会の議長、バチカンの財務顧問、ハイレベル グループの共同議長、ロックフェラーとつながり、エリザベス 2 世から名誉ナイトの称号を授与されました。

メアリー・タナー – 英国国教会、世界教会評議会の会長、大英帝国勲章のデイム・コマンダー

Ettore Gotti Tedeschi  – イタリアの銀行家、バチカン銀行総裁

マーク・トンプソン – BBC の事務局長、イエズス会の教育を受け、オックスフォードの教育を受け、一般大衆の偏見の告発

Dr. James Thomson  – RAND Corporation の元社長兼 CEO、元国家安全保障会議、CFR、グローバリストのシンクタンク International Institute for Strategic Studies のメンバー、AK steel Corporation、Encysive Pharmaceuticals、および Object Reservoir のディレクター

Hans Tietmeyer  – 国際決済銀行 (BIS) の取締役会副会長、ドイツ連邦銀行の元総裁、ロンドン ビジネス スクールの元総裁、教皇庁社会科学アカデミーの会員、アイヒシュタット カトリック大学の教授-インゴルシュタット

Jean-Claude Trichet  – フランスの元欧州中央銀行総裁、グループ 30 のメンバー、フランス銀行の元総裁、ヨーロッパ統合の推進、ブリューゲル会長、欧州航空防衛宇宙会社の取締役

ポール・タッカー – イングランド銀行のエグゼクティブ・ディレクター、イングランド銀行の副総裁

Herman Van Rompuy  – 欧州評議会議長、レオポルド勲章大コルドン、元ベルギー首相

Alvaro Uribe Velez  – コロンビア大統領、ハーバード大学で教育を受け、イギリスの Chevenin Scholarships の Simon Bolivar 奨学金を授与され、オックスフォードの St. Antony’s College のシニア アソシエート メンバーであり、共産主義の主要な支持者であり、IMF と世界に接続されている Medellin Drug Cartel との関係を主張しています。銀行、ブッシュ大統領から大統領自由勲章を授与 43

Alfons Verplaetse  – 元ベルギー国立銀行総裁、欧州通貨研究所理事会、欧州中央銀行理事会

Kaspar Villiger  – スイスの銀行 UBS (スイス連邦銀行) の元取締役会長、スイス連邦評議会の元メンバー、ネスレおよびスイス再保険の取締役会、グローバリスト グローバル リーダーシップ財団のメンバー

マリア・ウラジミロヴナ ロシア大公爵夫人 – ロシア大公爵夫人、オックスフォードで教育を受け、ロシア皇后とロマノフ王朝の長、マルタ大十字ソブリン軍事
勲章の相続人として争われている

ポール・ヴォルカー – 連邦準備制度理事会の元議長、オバマ政権下の経済回復諮問委員会の元議長、プリンストン、ハーバード、ロンドン スクール オブ エコノミクスで学んだ、ロータリー財団のアンバサダーフェロー、米国のドル金本位制の終焉につながる、Wolfensohn & Co. の元会長、Group of Thirty の評議員会会長、Trilateral Commission、ロックフェラー グループ Inc. の Trust Committee のメンバー、ex-Chase Bank

オットー・フォン・ハプスブルク – オーストリア大公、元オーストリア・ハンガリー皇太子、元ハプスブルク家元首、ゴールデン・フリース騎士団元国王、元国際汎欧州連合副会長、元欧州議会議員共産主義の支配に反対する東ヨーロッパの革命での役割, DECEASED

Hassanal Bolkiah Mu’izzaddin Waddaulah ブルネイのスルタン – 2回リストされた

デイビッド ウォーカー卿 – モーガン スタンレー インターナショナルの元会長、英国財務省の元次官補、証券投資委員会の元会長、イングランド銀行の金融および産業担当エグゼクティブ ディレクター、ロイズ TSB の元副会長、グループのメンバー30 人中、元ロイター ホールディングス、ロンドン投資銀行協会会長

Jacob Wallenberg  – スウェーデンの銀行家および実業家、Skandinaviska Enskilda Banken の元社長兼 CEO、Atlas Copco、SAS Group、ABB group、Coca-Cola Company の取締役会、投資家、Stockholm School of Economics、Seraphim 騎士団の騎士

ジョン・ウォルシュ – 元米国通貨監督官、グループ・オブ・30の元エグゼクティブ・ディレクター、米国上院銀行委員会の元スタッフ、元米国財務省、米国でのバーゼルIIIの実施を支援、故人

マックス ウォーバーグ – MM ウォーバーグ アンド カンパニーのオーナー、ユダヤ人のウォーバーグ銀行王朝の末裔

Axel Alfred Weber  – ドイツのエコノミストおよび銀行家、UBS の取締役会長、ドイツ連邦銀行の元総裁、欧州中央銀行理事会の元メンバー、シカゴ大学の教授、国際決済銀行の元取締役会

Michel David-Weill  – フランスの投資銀行家、Lazard Freres の元会長、Groupe Danone Foods のディレクター、レジオン オブ オナーの司令官、Ordre des Arts et des Lettres の司令官

ヌート・ウェリンク – オランダのエコノミストおよび中央銀行家、オランダ銀行 (DNB) の総裁、国際決済銀行の理事、欧州中央銀行の理事会のメンバー、国際通貨基金 (IMF) の総裁、金融安定のメンバー理事会 (FSB)、元オランダ財務省、三極委員会、銀行監督に関するバーゼル委員会の元委員長、オランダのライオン勲章の騎士

マリナ・フォン・ノイマン・ホイットマン – 元外交問題評議会 (CFR) 理事、ミシガン大学教授、ジェラルド・R・フォード公共政策大学院、ピーターソン研究所理事、元ゼネラルモーターズ社副社長経済諮問委員会、前プリンストン大学評議員会

ウィレム-アレクサンダー オレンジ王子 – オレンジ王子、オランダ王子、オランダ王国の王位継承者、ベアトリクス女王の長男、アムスベルク家の首長、エリザベス 2 世のいとこ、世界銀行が設立したグローバル ウォーター パートナーシップのメンバー、国連とスウェーデン、ラード ヴァン州のメンバー、多くの国際秩序のメンバー

ウィリアム プリンス オブ ウェールズ – プリンス オブ ウェールズ、ケンブリッジ公爵、イギリス連邦の王位継承順位第 2 位、イートン カレッジで教育を受けた、最も高貴なガーター騎士団のロイヤル ナイト コンパニオン、いくつかの強力な王朝の子孫

ローワン・ウィリアムズ 博士 – カンタベリー大主教、全イングランドの霊長類、英国国教会の名誉ある首長、オックスフォード大学で教育を受け、オックスフォード大学教授

シャーリー・ウィリアムズ – 王立国際問題研究所 (RIIA) の会長、英国男爵、貴族院議員、元国会議員、ハーバード大学教授、オックスフォード大学、CFR、ビルダーバーグで教育を受け、多くのグローバリストのシンクタンクや組織のメンバー

デイビッド・ウィルソン – ティリーヨーンのウィルソン男爵、元香港総督、元スコティッシュ・ハイドロ・エレクトリック会長、ブリティッシュ・カウンシルの理事、アザミの騎士、エジンバラ王立協会の会長

James Wolfensohn  – 元世界銀行グループ総裁、ハーバード大学卒、J. Henry Schroder & Co 投資銀行元取締役、元 Salomon Brothers 役員、Wolfensohn & Company 創設者、Citigroup 国際諮問委員会会長、International中国投資公社の諮問委員会、グローバリストのブルッキングス研究所の管財人、ロックフェラー財団の管財人、CFR、ビルダーバーグ、世界経済フォーラム、グローバリストのアスペン研究所、大英帝国勲章の騎士団、ロスチャイルド家とつながりがある

ニール S. ウォリン – 米国財務省副長官、クリントン政権下の国家安全保障会議、イェール大学で教育、3 人の CIA 長官の秘書、ブルッキングス研究所のメンバー、ハートフォード金融サービス グループの CEO、CFR

ハリー・ウルフ – ウルフ男爵、ユダヤ系イギリス人、イングランドおよびウェールズの主席判事、元ロールス・マスター、香港の元判事

James Jr. Woolsey  – 元 CIA 長官、オックスフォードのローズ奨学生、イェール大学の教育も受け、多くのグローバリスト財団、シンクタンク、NGO のメンバー、フリーダム ハウスの元会長、ブーズ アレン ハミルトンの上級副社長、プロジェクトのメンバー9.11 とイラク戦争、地球温暖化詐欺、Lux Capital の従業員、米国エネルギー安全保障理事会の共同創設者、イラク戦争から利益を得ていると非難され、イスラムとの紛争に対する十字軍のような熱意を持った新しいアメリカの世紀のために

ロバート・ウースター卿 – マーケット・アンド・オピニオン・リサーチ・インターナショナル (MORI) の創設者、イプソス・グループの国際取締役、大英帝国勲章のナイト・コマンダー、シティ・オブ・ロンドンのフリーマン、マグナ・カルタ・トラストの理事、多くのグローバリストのメンバー組織

Sarah Wu  – 香港通貨庁長官 (ロンドン)

Robert Zoellick  – 世界銀行総裁、ハーバード大学卒業、元米国財務省、ファニーメイの元副社長、米国海軍兵学校の元教授、ブッシュ 41 の下で元ホワイトハウス副参謀長、PNAC のメンバー9.11 とイラク戦争に関連し、グローバリストの国際研究センターの元所長、元諮問委員会のエンロン、ブッシュ 43 の下での行政府の元メンバーは、中国を WTO に参加させるのを助け、中米自由貿易協定 (CAFTA) を大いに推進しました。 、欧州連合で遺伝子組み換え食品を強制するWTOによる法的試みに関連して、グローバリズムを促進します。

 

(引用先:2023 年 4 月 22 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:300人委員会のリストでした。イギリス、オランダなど欧州の王室が多く含まれています。

そして、ビル・ゲイツ、ジョージ・ソロスなど圧倒的な富豪家が関与していたのです。

日本人は全く含まれていないのです。

これから、300人委員会の支配的な活動も暴露されていくのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

EBS・世界緊急放送の最新情報・コード7最終操作

次に、EBSが起きる時の最終操作の概要が掲載されていますので紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート 4月22日版より 抜粋)

コード 7: 最終操作

切断される前に、世界中のすべての携帯電話に大統領からの 7 つのメッセージが送信されます (これは長くは続きません)。

(筆者注釈:切断されるものはインターネットを指すと思われます)

ブルガリア語、中国語、チェコ語、デンマーク語、英語、エストニア、フランス語、ギリシャ語、ハンガリー語、イタリア語、リトアニア、ポルトガル語、ルーマニア語、スロベニア、スペイン語、スウェーデン語の 10 か国と言語の緊急放送システム

世界的な停電テスラ フリー エネルギーへの切り替え

クォンタム システムはメディアと 34 の建物とダムを破壊するためのサイバー攻撃を実装します:

ホワイト ハウス、LA のジャン ポール ゲッティ美術館、バチカン、バッキンガム宮殿、スイスの CERN、3 つの峡谷ダム、モサド メディア サテライトの破壊

水イベント:三峡ダムが停止した 24 基の原子炉とアドレノクロム ラボ を破壊し、住民が避難した武漢に水が降り注ぐ。

ブラックスワンイベント:株式市場の崩壊につながる偽旗世界大戦(暗号通貨の価値の95%はすでに失われています)

壊滅的な出来事は緊急事態を引き起こし、軍隊は世界中に食料や重要な製品を配達します。

(引用先:2023 年 4 月 22 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:緊急放送が流れる前には、トランプ大統領からメッセージが送信されて、それからインターネットが遮断されてEBSの放送が開始となります。

EBS放送言語が17言語が示されており、日本語がありませんが17という数字に意味があり、日本語も放送されると良いですね。

仮に、英語の放送だとしても自動翻訳または日本語翻訳版が準備されると思います。

停電中にフリーエネルギーへの接続、そして悪魔施設の破壊と続くようです。

水のイベントとして中国の武漢は水害にあうようです。

通信停止により、経済活動が停止しますが、その間の食料は軍により支給する体制を整えているようです。

これらの、イベントの順番などについては言及されていません。

 

*悪魔施設34と聖書イベントの記事はこちらです。

 

 

*テスラ・フリーエネルギーの関連記事はこちらです。

 

 

スポンサーリンク

GITMO軍事裁判は6、7月から公開される!

次に、ファン・オ・サビン氏のインテル情報から、GITMO軍事裁判が一般公開されるという情報です。

これまで、2017年よりホワイトハットによる軍事裁判が行われてきましたが、その内容が公開されっるという内容です。

今年の6月、7月に開始されるという内容を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート 4月22日版より 抜粋)

Intel、フアン・オ・サビン、Jaco:新しいマイケル・ジャコ: GITMO 巨大なインテル

New Michael Jaco: GITMO Huge Intel | Prophecy | Before It's News
Navy Seal Team Six operator and CIA security operative with expert intuitive abilities developed over 35 years of extensive combat experience. With over 20 year...

インテルの機関は互いに戦争状態にあります。

ヨーロッパでの大規模な軍隊の移動。

NATOはすでにロシアと戦争をしているので、彼らはそれを次のレベルに引き上げようとしています。

Mar-a-Lago での急襲は、核コードを取得する目的で、ホワイト ハウスの指示の下で行われました。

トランプはコード付きのカードを持っています…彼らはそれを「フットボール」と呼んでいます。彼はそれを自分の身につけています…だから彼らはばかげたロバでした。

デレク・ジョンソン は6 月か 7 月に開催される軍事法廷で記者になるために Gitmo に行きます。

(筆者注釈:Derek Johnson (デレク・ジョンソン)というカントリー・ミュージックを演っておられる退役軍人の男性です。)

デレク・ジョンソン氏

ライブビデオは、GITMO で撮影され、午前中に法廷、午後に処刑が行われました。Gitmo は現在、ライブ配信の準備ができています。

LA、シカゴ、ニューヨークなどの路上にいるチンピラは午前中に軍事法廷にかけられ、午後に処刑されます。数十万人が処刑されます。

Covid19の間、病院はアメリカと世界中で殺戮場に変わりました。彼らは、親戚が入ってきて、患者を捕まえたり、逮捕すると脅迫したりすることを許可しませんでした。多くの愛する人が亡くなりました。

彼らはまだ無効な投票方法を使用しています 2022年に再び行われました。

副大統領のカマラ・ハリスのような多くの選出および任命された人々は、就任宣誓書に署名していません。そのため、彼らが権力を握って以来、何も言われませんでした。

(引用先:2023 年 4 月 22 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:ファン・オ・サビン氏によるとGITMOは、軍事裁判のライブの準備ができていると言います。

これまで、REAL RAW NEWS(RRN)が軍事裁判の掲載をしていましたが、処刑された人物のダブルが生存しているように振る舞っており、また、メディアも報じないためにRRNはエンタメだと言われてきました。

しかし、これからはRRNの情報が真実だと証明されるのかもしれません。

その時が近づいているようです。

 

*2023年4月時点での軍事裁判・処刑者リストの最新版はこちら

 

*GITMO軍事裁判で処刑されたリストと裁判・処刑の記事はこちらです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・300人委員会のリスト公開!GITMO軍事裁判6月から公開か?

300人委員会のメンバーに関する情報はこれまで開示されていませんでした。

ついに、そのリストが公開されたのでした。

つまり、そのメンバーの軍事逮捕、裁判、処刑がほぼ終了したことを意味しています。

GITMO軍事裁判がいよいよ、公開される準備が整っているようです。

最近は、RRNの記事も裁判の記事よりも政府組織の犯罪の掲載が目立っています。

DSの犯罪の首謀者たちの裁判がある程度終了しているのかもしれません。

これからは、DSの実行組織の大量の犯罪者の処刑がされていくというのです。

世界で数十万人以上に及ぶのかもしれません。

また、EBS世界緊急放送の最終操作も興味深い内容でした。

悪魔施設の代表的な破壊リストにある、ホワイト ハウス、ゲッティ美術館、バチカン、バッキンガム宮殿、スイスの CERN、3 つの峡谷ダム、モサド メディア サテライトには注目です。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

*NESARA2023最新情報はこちらです。

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました