2020大統領選挙不正の首謀者・ロン・クライン首席補佐官を逮捕

軍事裁判

1月22日のREAL RAW NEWS(RRN)で、WH軍による新たな暴露につながる逮捕劇が報告されました。

2020年大統領選挙の不正を仕掛けた重要人物、ロン・クライン首席補佐官の逮捕です。

クラインの軍事法廷で、不正の証拠と真実が暴露されるでしょう。

2020年大統領選挙の不正の首謀者・クラインの犯行とは?

クラインのワルシャワ逃亡前に特殊部隊が逮捕した!

以上について紹介します。

(以下 RRN1月22日版より 抜粋)

ホワイトハットは1月21日・土曜日、

ホワイトハウスのロン・クライン首席補佐官を

個人的な理由で数週間以内に

非合法な政権を去ると発表した直後に逮捕した。

(引用先:ホワイトハウスのロン・クライン首席補佐官が逮捕された

ホワイトハウスのロン・クライン首席補佐官

 

ロナルド・アラン・クレイン・・・ウィキペディアより

(Ronald Alan Klain、1961年8月8日 – )は、アメリカ合衆国の政治コンサルタント、弁護士。

副大統領首席補佐官としてアル・ゴア、ジョー・バイデン両副大統領に仕えた

2021年1月20日よりジョー・バイデン政権にて大統領首席補佐官を務めている。

(引用先:ホワイトハウスのロン・クライン首席補佐官が逮捕された

 

 

スポンサーリンク

2020年大統領選挙の不正の首謀者・クラインの犯行とは?

バイデン大統領のロン・クライン主席補佐官が軍に逮捕された。

クラインは、グローバリストであるクリントン政権から副大統領補佐官としてホワイトハウス入り以来ホワイトハウスに精通した人物でした。

その、クラインの犯罪の疑惑について紹介します。

 

(以下 RRN1月22日版より 抜粋)

価値の高いターゲットであるクラインは、2019 年後半にバイデン陣営に加わる前に、グローバリストのアル ゴアとバラク フセイン オバマの下で働いていました。

2020年の選挙を盗むことに成功しました。

ホワイトハットは、クラインが2020年の盗みを首謀する上で重要なプレーヤーであったと主張しています。

彼らは、2020年初めにクレインがバイデンに、たとえトランプが選挙の夜の早い段階で多くの選挙人票を獲得したとしても、トランプ大統領を倒すための絶対確実な計画があると語ったと言います。

クレインは、投票機を不正に操作し、土壇場で投票用紙を投棄するために「ミュール」を雇うというアイデアを出した諮問グループのメンバーだったと、私たちの情報筋は言いました。

「勝っていれば、素晴らしい。あなたが負けているなら、私たちはあなたを勝たせます。

いずれにせよ、あなたが勝ち、トランプが負けます」と、

クラインは2020年6月のバイデンへのテキストメッセージで言ったと伝えられています.

クレインは、バイデンが盗みを封印するのを手伝った。

クレインの意見がなければ、トランプは 2016 年に魔女のヒラリー・クリントンを殴打したのと同じように、バイデンを打ち負かしただろう、と私たちの情報筋は付け加えた。逮捕する。

(引用先:ホワイトハウスのロン・クライン首席補佐官が逮捕された

*解説:クラインの犯罪は2020年選挙不正の、投票機の不正、投票用紙を盗むミュールの登用のアイデアを出した首謀者だといいます。

クラインがいなければ、バイデンは大統領選挙に勝てなかったという。

罪状としては、詐欺罪、反逆罪が適用されるでしょう。

軍事法廷では、クラインの選挙不正のアイデアと実行についての詳細が暴かれるでしょう。

次項では、クラインがワルシャワに逃亡する直前での逮捕の様子を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

クラインのワルシャワ逃亡前に特殊部隊が逮捕した!

ロン・クラインは1月21日に突然の辞任を発表しました。

理由は激務が続いているとの理由でした。

2月7日に退任すると報道されていました。

逮捕劇を紹介します。

 

*クライン補佐官の突然の辞任のニュース

 

(以下 RRN1月22日版より 抜粋)

彼が発表した辞任の動機 (個人的な理由) は煙幕でした。

クレインは、ホワイト ハットが自分の尻尾についていることを発見し、自分の命を恐れて、すぐに米国から逃げる準備をしました。

ホワイトハットは、クラインがポーランドのワルシャワへの片道切符を持っていたため、メリーランド州警察を装った米国の特殊部隊が、ディープステートの飛び地であるメリーランド州チェビーチェイスの自宅の近くでクラインの車を止めたために、情報提供を受けたと考えています。

クレインが停車した理由を尋ねたとき、「私が誰であるか知っていますか?」と尋ねました。

特殊部隊のリーダーは「確かにそうです」と答え、彼を車から引っ張りました。

胸ポケットの航空券には翌日の出発日が記されていた。

「私たちは、クラインが安全のためにワルシャワに飛んでウクライナに向かったと確信しています。最近、多くのディープ スターターが、特に軍の逮捕の標的であることがわかった場合に、そこに行きます。

この男は主要なプレーヤーであり、私たちは彼を手に入れました。

私たちは、軍事法廷で彼に対して使用するための証拠をたくさん持っています」と私たちの情報源は言いました。

最後に、彼は、2021年1月に米軍がバイデンの実際のホワイトハウスへの入場を拒否した後、タイラーペリースタジオのホワイトハウスの複製を使用するのはクラインの独創的なアイデアであると述べました。

(引用先:ホワイトハウスのロン・クライン首席補佐官が逮捕された

*解説:クラインの辞任は、WH軍によるとワルシャワ逃亡のためだったようです。

クラインは、最近はバイデンの相次ぐ機密文書保持のスキャンダルで相当の激務だったようです。

しかし、クラインは逃亡の航空券を保持した状態で、メリーランド州の自宅近くで、特殊部隊により逮捕された。

ホワイトハウスに入れないバイデンのスタジオ作りなどもクラインのアイデアだったようです。

WH軍がクラインを軍事法廷にかけるということは、2020年選挙不正の新たな真実の証言を入手するためでしょう。

そして、精査した上でMSMでも流す可能性が出てきました。

バイデンの選挙不正を実行者から、証拠を取り、事実を明らかにしていく段階になったのでしょう。

そして、バイデン解任の日が近くなっているようです。

 

*2020年選挙不正を暴いた映画・2000ミュールに関する記事はこちらです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・2020大統領選挙不正の首謀者・ロン・クライン首席補佐官を逮捕

バイデンの首席補佐官の逮捕でした。

このあと、2020年選挙不正をどのように行ったのか?

そして、トランプ陣営を敗北させた不正の内容が明らかになるでしょう。

DS、グローバリストの犯罪の暴露が加速されています。

バイデン解任が一刻も早く行われることを待ち望む人々も多いと思います。

世界中には、1000万人を超える覚醒された人がいますが、まだその数は数%です。

75%の覚醒者になるまで、真実を捕らえた方々の拡散する力が必要です。

多くの方が目覚めるように、あと少しの歴史的な時を真実の拡散をしていきましょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

タイトルとURLをコピーしました