ゲサラGESARA緊急放送はいつか?発効後の日本を解説!

nesaragesara

ネサラゲサラNESAR/ GESARA緊急放送の最新情報が入りました。

2021年7月18日付けのジュディノートです。

木曜日715NESARAGESARAが発効しました。とのことです。

日本のGESARA発効はどうなるのでしょうか?

概要と解説をまとめてみます。

スポンサーリンク

【最新情報更新】NESARAは7月15日発効されている!

2021年7月16日付けのジュディのーとの最新情報です。

<グローバル通貨リセット(GCR)を介して7月15日版>によると・・・

NESARAGESARAは本日木曜日 715日にアクティブ化されました。 

USNは昨日の水曜日714日の時点で外国為替と取引を行っていました。 

連邦準備制度とIRSは米国財務省に吸収されました。

GCRの期間中、23の通貨の価値が上昇しました。

ペイマスターは罰金を支払いました。 CMKXなどの他のグループも支払われていました。ネイティブアメリカン、ファームクレーム、教会グループなどのソブリンが支払われました。一部の債券保有者と売り手は支払われており、他の債券保有者と売り手は金曜日 716日バリューデーに支払われます。 

 715日または金曜日716日から通知されるはずだった。 ただし、一部の債券保有者がレビューに合格しない可能性があるため、これは発生しない可能性があります。これにより、Tier 4Bの通知が23日遅れて翌週の初めになります。

 

*解説:いかかがですか?

延長されてきたNESARAが7月15日に発効されたとの情報です。

ついに、1963年ダラスで暗殺された、JFK大統領の死から60年の時代を経た戦いの終焉が公表される。

通貨発行権を取り戻そうとした為に暗殺された。

イギリス王室・バチカン市国のDS支配からの歴史が、平等の社会に変革していく姿が現実となります。

DS権力の支配による、戦争・ウイルス・検閲・情放操作・ベーシックインカム・金融支配から卒業が目の前に見えてくるといううことですね。

(^_-)-☆

 

 

スポンサーリンク

保留中の緊急放送システムのアクティブ化

<グローバル通貨リセット(GCR)を介して7月15日版>によると・・・

金曜日2021813、国防総省のホワイトハットはトランプが米国大統領として就任することを期待していました。

現在、米軍は米国政府を担当し、アライアンス*の権限の下で、グローバル通貨リセットのために世界中の法執行機関の監督を務めていました。

大規模な危機が起こっていましたそのすべてがすぐに緊急放送システムの活性化につながるように見えました:

アリゾナでの監査の結果、ペンシルベニアとミシガンでの監査組織の始まり、

トランプの集会、ビッグテックに対する訴訟、グーグルとユーチューブに対する数百万ドルの罰金、

ジョージアでの選挙詐欺の証拠、

ヨーロッパ、インドでの洪水、中国とロシア、カナダと中央アジア諸国の異常な暑さ、

森林火災と教会の焼却(カナダ)、

地震、火山噴火、UFO、南アフリカの内戦、

キューバでの大規模な抗議、

ヨーロッパでのワクチン接種に対する何千もの行進、

厳しい制限の強化、ワクチン接種による副作用と死亡の数の増加、

アフリカの大統領の殺害、有名な訴訟に関する秘密文書の公開、

俳優の恥ずかしさ-BidenBidensに対する調査、

 GETTRの立ち上げ、「新株」、G7サミット、世界中の何百もの不思議な爆発と火災、

匿名のハッカーによる多数の攻撃、強制ワクチン接種。グローバリストはパニックに陥り、人々は目を覚まし、地球人の意識に大きな変化があります。

我々は今年の夏を思い出すでしょう。

 

*解説:世界中で多くの事件、災害が起きています。

日本では東京オリンピックが間近にひかえています。

緊急放送は8月になりそうです。

なぜなら、トランプ大統領が8月13日に就任する情報が出ています。

待ち遠しいですね。

トランプ大統領の就任のあとに緊急放送が流れる運びでしょうか?

“8時間のビデオが1日3回 (24時間)・10日間連続で再生されるとのこと。

軍事作戦が延期されているようです。

 

スポンサーリンク

緊急放送の概要は?

<引用:TAKUYA Angelさん ブログより>

EBSでの受信を許可されたデバイスでは、8時間のビデオが1日3回(24時間)、10日間連続で再生されます。

人道に対する罪で捕まった著名エリート達の軍事法廷での個々の告白ビデオが放送されます。

映画が上映されている間に50万人以上の人々が世界中で逮捕されます。

繰り返し流れるこの映像は、私たちにとって非常に苦痛なものです。

*解説:放送と同時に戒厳令→大量逮捕が開始される。

” メッセージと共に…..全世界が戒厳令になります “

” 映画が上映されている間に50万人以上の人々が世界中で駆逐されます “

50万人以上(!!)が 本文では[will be take daown] 倒されるとあるので

確保の逮捕もあるようです。

スポンサーリンク

その後の展開は?

世界はNESERA・GESERA(世界経済安全保障改革法)へ移行していく

<引用:TAKUYA Angelさんブログより概要>

 放送と同時に『ネサラ・ゲサラ』(世界経済安全保障改革法)へ移行すると明言しています。

これはもう確実に来るようです!

昨年からこの準備は着々と進めていました

NESARA・GESARA法案とは?

<引用:TAKUYA Angelさんブログより概要>

この法律は人類黄金時代の幕開けと言っても過言ではありませんついに来ます!

NESARA(ネサラ)は米国内対応用。

JESARA(ジェサラ)は日本国内のみ対応用です。JはJapanのJです。

GESARA(ゲサラ)は全世界対応(206の加盟国/共産主義国家は除く)

 

 

[ GESARA法 ]

1: 銀行からの借金をリセットし債務免除とする

2: 所得税廃止

3: IRS(国税庁)の廃止

4: 14%付加課税(食品、医療品、中古品など除外)

5: 年金の増額

6: 憲法の最強化

7: 貴族称号を剥奪 [ピラミッド社会(封建社会)の崩壊]

8: *宣言後120日以内に総選挙を実地 [旧政府の解体。不正政治家排除へ]

9: 選挙監視委員設立と不法選挙活動禁止 [不正選挙の撲滅]

10: 虹色通貨の発行(金銀プラチナに裏付けされた)[金+銀の金本位制へ]

11: 出生証明書の販売禁止 [不正移民の停止]

12: 憲法に基づく財務銀行システムの構築 [不正送金の撲滅 : QFSシステム]

13: 国際銀行の廃止 [金融マフィアの撲滅。RV]

14: 金融のプライバシーの回復 [個人情報保護 : QFSシステム]

15: 判事検察官の再教育

16: 世界的軍事行動禁止 [戦争行為の撤廃 : 軍産複合体制崩壊へ]

17: 世界平和の確立

18: 人間性確保の為の膨大な金額の資金の放出 [BI導入。生活費の保証。貧困撲滅]

19: 隠蔽されていた6000件以上のフリーエネルギー装置、反重力装置、音響医療ヒーリング機械(MED BED)を含む特許の解放

 [西洋医療の崩壊。薬の消滅。病気の根絶。コロナ(詐欺露呈)撲滅へ]

20: 全ての核兵器の撤廃

*解説:ネセラ・ゲセラ法案については、概要だけ知っておいてください。今後詳しい内容を紹介していきます。

これまでの、経済システムが大きく変わる内容です。これまでの一部の支配層の支配がなくなり、富の正い再分配が行われるシステムなのです。

スポンサーリンク

政権の移行はどうなるのか?

トランプ政権の完全勝利確定

『これはトランプ大統領からバイデンへの移行ではありません』

仮に1/20までにバイデン、ハリス、ペロシなどが逮捕された場合

大統領不在となり、(株)アメリカ合衆国』はこの場合でも倒産となります。(*(株)アメリカ合衆国については下段で説明しています。)

 

 

(株)日本政府も同時に倒産する?かもしれません。

GESARAにもNESARA8項:宣言後120日以内に総選挙を実地とあります。

2020年11月3日から120日以内ですから、

→ 2021年3月3日までにもう一度選挙を実施し、

2021年3月4日 新『アメリカ共和国』大統領就任式が行われます。

 

さて、だれが新大統領になるのでしょうか?トランプ 大統領でしょうか?

もしかして、JFKジュニア(ヴィンセント・フスカ)は副大統領でしょうか?

これまでのアメリカの歴史の真実とは

<引用:TAKUYA Angelさんブログより概要>

米国は独立した『アメリカ共和国』でした。

1871年 『(株)アメリカ合衆国』という法人会社として英銀行の占領地となる。

1913年 28代大統領トマス・ウッドロー・ウィルソンは、通貨発行をも奪われ、詐欺まがいな借金体制を強いられてきた。

1963年 ケネディー大統領の念願だったNESARA導入は暗殺により頓挫する。

1999年  息子のJFKジュニア(ヴィンセント・フスカ)は自殺に見せかけて身を隠した。

2017年  トランプは軍とJFKジュニアチームのバックアップで見事大統領就任をはたす。

JFKジュニア(ヴィンセントフスカ)はQとしてサイバーソルジャーとして真実の伝道者として活動。

2020年11月2日 トランプ大統領GESARA設立の大統領令にサイン

『(株)アメリカ合衆国』は実質倒産していました。

この日は『アメリカ共和国』の復活のスタートでした。

*解説:アメリカ合衆国歴代大統領を記載します。

歴代アメリカ合衆国大統領の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
*解説:JFKジュニア(ヴィンセント・フスカ)に関する記事については下記を参照してください。

<引用:TAKUYA Angelさんブログより概要>

 実は2020年11月3日の大統領選挙は全くの茶番劇でした。

不正選挙に加担する人々をあぶり出し、何も不正を正そうとしないメディア、裁判所、そして議員たちを国民の目に晒す事で、国の腐敗ぶりを完全露呈させ国民に知ってもらうためでした。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・アメリカ緊急放送時間が特定する!その後に衝撃の内容が!

速報でまとめましたので、解説での関連情報が少なくなっています。

とにかく、視聴者の皆様はご自身で緊急放送の内容を確かめてください。

そして、衝撃の内容もあると思いますが、時間をかけて調べていきましょう。

 

この変化は、人々の生活が良くなる大変革です。

400年、500年の価値観を変えていくような、新しい社会秩序と経済システムなのです。

 

前向きに、じっくりと確認していきましょう。

今後も新情報が入り次第、記事にしていきますのでよろしくお願いします。

 

ご視聴ありがとうございました。

【関連記事】

ネサラ・ゲセラ法施行・日本人一人当たりの一時金支給はどうなる?

緊急放送後のネサラ・ゲサラNESARA・GESARA簡単解説




 

タイトルとURLをコピーしました