トランプへの召喚状は撤回された!2023年Q作戦の展開を考察!

トランプ大統領

12月29日のジュディ・ノートでのトピックスは、1月6日委員会がトランプの召喚を撤回したという。

他にはブランソン提訴の進展と今後の展開につながる出来事がいくつか掲載されています。

最高裁にブランソン提訴に5万通の手紙が届く!トランプ召喚を取り消した!

本当のニュース12月28日から読み解く、Q作戦2023年1月の展開?

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート12月29日 ヘッドライン)

「ええ、私はカルトにいます。

私たちは人々を自分で考えるように洗脳します。」

…電報のアメリカの王子

私たちは自由の国です

勇者のせい

 

(引用先:2022 年 12 月 29 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

トランプ召喚を取り消した!最高裁にブランソン提訴に5万通の手紙が届く!

まず、1月6日下院委員会がトランプの召喚を取り消した記述とブランソン提訴に賛同する市民の手紙が最高裁へ50,000通が届いたという。

その他、関連情報を合わせて概要を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート12月29日より 抜粋)

ジュディ注:

SCOTUSには、2020 年の選挙を承認する前に 100 人を超える議会の人々の不正選挙の申し立てを調査しなかったことを議会に告発する、ブランソンの請願を支持する 50,000 通以上の手紙が寄せられました。

有利な判決が下せば、議会とバイデン政権は解散するだろう。

グローバル通貨リセットと NESARA/GESARAの実装期限は、2023 年 1 月 1 日であると疑われていましたが、VISA がハーバード大学と協力してデジタル法定通貨 (CBC) を開発したことを特許が確認しました (ディープ ステート向け?)。 .

クリスマス休暇中に巨大な吹雪と前例のない寒さが国を覆ったため、サウスウエスト航空は 4,500 便以上をキャンセルし、数千人が立ち往生しました。

グローバル通貨リセットに関するすべてのインテルは静かになりました。

緊急放送システムは長くはありません。それはあなたの心のための戦争です 。

エピソード 165 with HonestWalterWhite:

トランプ氏: 「政治的悪党の無選択委員会が、2020年1月6日の曲がった2020年大統領選挙への抗議に関する私の召喚状を撤回したと知らされました。

彼らはおそらく、私が何も悪いことをしていないことを知っていたか、法廷で負けそうになっていることを知っていたのでそうしました。

おそらく、選挙の不正操作への FBI の関与が、彼らの決定に影響を与えたのでしょう。いずれにせよ、召喚状は死んだ!

「白人のリベラルは、偽旗射撃攻撃の保守派として描かれていました。」…ジョン・ダーラム

「オムニバス法案でアメリカの主権を放棄することに投票した人々は、外国の代理人である可能性があります。すべては中央銀行カルテルにまでさかのぼります。」…ロイス・ホワイトhttps://forbiddenknowledgetv.net/royce-white-republicans-have-voted-to-hand-americas-sovereignty-away/

「ファウチは何度も暴露したのに、人道に対する罪で誰も彼を逮捕しないのですか? よく考えてください。すべての逮捕は公開されていません。戦争では、軍事法廷は秘密にされます。」… イーロン・マスクhttps://www.congress.gov/117/meeting/house/114270/documents/HHRG-117-GO24-20211201-SD004.pdf

「ブッシュ・シニアがCIA長官になり、CIAが実際にJFKを殺害したのは単なる偶然だと確信しています。

これは、新世界秩序について公然と語ったのと同じ人物です。

すべてがつながっています。それが人々が理解する必要があることです。

腐敗の網は非常に邪悪で、神だけが私たちを真に救うことができます。

それでも、特に目覚めにおいては、すでに途方もない進歩を遂げています。」

CIAはロナルド・レーガンを殺そうとしましたか?

彼らがJFKを殺したからです。

CIA/Feds はマーティン・ルーサー・キングを殺しましたか?

ディープステートが彼を黙らせたかったように見えたからです。

MKウルトラとCIAについて私たちが知っていることを知って、すべての単独の銃撃者の射撃を再分析し、質問する必要があります. …JFK Jr.

(引用先:2022 年 12 月 29 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:短い記述ですが、注目は1月6日委員会がトランプの召喚を取り下げたことです。

2021年1月6日の暴動をトランプ大統領が扇動したということの召喚でした。

これは、最近のイーロン・マスクがtwitterファイルでFBI、CIA、国防省が結託してtwitterに圧力をかけていたことが暴露されたことが影響しているようです。

ブランソン提訴の請願書が50000通も最高裁に届けられたといいます。

最高裁がこの50000件の意見を無視するようであれば、軍事的な展開に移行するのではないでしょうか?

最後は軍隊しか方法がなかった。という言葉をトランプ大統領は過去から何度も発しています。

最近はインテル情報がほとんど停止しているようです。

きっと何かの作戦にGoサインが出ているのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

本当のニュース12月28日から読み解くQ作戦2023年1月の展開は?

ジュディ・ノート12月29日版では、28日時点の情報がいくつか掲載されています。

最近の米国の寒波で飛行機4500便の欠航が出た。

2023年1月1日ブラジル・新ルナ大統領就任式には、ボルソナロ前大統領はトランプのマー・ア・ラゴで休暇を過ごし欠席するという。

その他最近のニュースが掲載されています。

その情報から、2023年1月の展開はどうなるのでしょうか?

(以下 ジュディ・ノート12月29日より 抜粋)

水曜日の本当のニュース。2022 年 12 月 28 日:

西は雪の足で叩きつけられる:

An 'Atmospheric River' Is About To Slam The West With Feet Of Snow | From the Trenches World Report
Unofficial Networks – by Matt Lorelli Our guy, meteorologist Chris Tomer, is forecasting DEEP snowfall totals across the American west thanks to an atmospheric ...

ブラジルのボルソナロは、新年にマル・ア・ラーゴにいると伝えられている。https://www.yahoo.com/now/report-brazils-bolsonaro-skip-successors-183513014.html

Spacex が次世代の Starlink 衛星システムを発表:

SpaceX Launches Next-Gen Starlink Satellites Into Low Earth Orbit | ZeroHedge
ZeroHedge - On a long enough timeline, the survival rate for everyone drops to zero

 

特許は、VISAがハーバード大学と協力して、 XRP / XLMを使用するデジタル法定通貨(CBC)を開発していることを確認しています。

「私たちは彼らに自分たちの終焉を設定させています。既知のプレイブック」 …Q

アメリカ/イギリス/NATO テロリストはNordStream パイプラインを爆破し、そうすることで、ドイツが大悪魔アメリカ政権から離れて自由で主権国家になる可能性を阻止しました。彼らの政治家はそれについて何も言うことがなく、人々は苦しんでいます。

旅行地獄: さらに 2,500 便がキャンセルされました…今、荷物が失われています:

Travel Hell: Another 2,500 Flights Cancelled... Now Luggage is Lost
Southwest cancelled more than 2,000 flights on Wednesday after a meltdown over the Christmas holiday weekend amid a Polar vortex. Stranded passengers are now le...

CHEMTRAILS(ケムトレイル) 気象操作 新世界秩序ロバート・フレッチャーは、新世界秩序が何百万人ものアメリカ人を飢えさせ、残りを支配できるようにするために、アメリカ政府が気象制御技術を開発したと説明しています。

この文脈で、彼はベトナム戦争にも言及しています。

教皇フランシス暴露、パート1:パチャママスキャンダル、共産主義の支持:

https ://www.lifesitenews.com/episodes/pope-francis-exposed-part-1-pachamama-scandal-revisited-pope-francis-support-of-共産主義/

(上記記事の概要を抜粋)

教皇フランシスコ暴露 – パート 1: パチャママ スキャンダルの再訪と教皇フランシスコの共産主義支持

パチャママ・スキャンダルは世界中に衝撃を与え、教皇フランシスコが異教徒でグローバリストの傀儡政権であることを暴露し、プロライフと親家族の指導者が疑った。

これは、西洋世界が直面している脅威の必見のレビューであり、地球上で最も強力な宗教指導者である教皇フランシスの妥協した政治的および文化的イデオロギーを暴露しています。

生命の文化は、「大地の母」や、グレート リセットの支持者が崇拝する他の異教の神に負けることはありません。

また、教皇フランシスコと歴史上最も抑圧的で反人間的なイデオロギーの 1 つである共産主義との驚くほど緊密な関係を深く掘り下げます。

共産主義は教皇フランシスコに根付いており、生活文化は迅速に行動し、共産主義が世界の舞台で台頭するのを阻止しなければなりません。

ジョン・ヘンリー・ウェステン・ショー2022 年 12 月 28 日

(引用先:2022 年 12 月 29 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:気になるのは、ブラジル・ボルソナロ前大統領が2023年1月1日のルナ新大統領の就任式を欠席する内容です。

これは、2021年1月6日の米国・議事堂襲撃事件と同じことが起きる予感がします。

その暴動が起きたときに、ボルソナロ前大統領は現場にいない。それでも、ルナ政権はその暴動の責任をボルソナロ前大統領の責任ということをするのでしょうか?

この、裏にはお大きな駆け引きがあると思われます。

もう一つのポイントは、VISAがデジタル通貨をハーバード大学と開発しているという情報です。

DS勢力は、本物のデジタル通貨が発行される前に、QFSとリンクしていない通貨の発行をしようとしています。

その、偽のデジタル通貨が出てきそうです。

あとは、フランシス教皇の権威が失われているニュースも出ていることから、辞任は近いのかもしれません。

そうなると、米国・バイデン大統領も辞任へのタイミングが迫っているかもしれません。

2023年の新年1月は、大きく世界中がひっくり返るような出来事が連続的に起きる可能性があるように思えます。

今後の情報に注目です。

 

*ボルソナロ前大統領は1月1日の大統領就任式を欠席する

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・トランプへの召喚状は撤回された!2023年Q作戦の展開を考察!

Q作戦では、トランプ大統領の起訴または逮捕は起きると言われていました。

その、召喚が取り消されたということは、そのイベントは終わって、次の段階に入るということではないでしょうか?

気になるのは、ブラジルの2023年1月1日の新大統領の就任式です。

最近のtwitter情報では、ブラジル大統領選挙にtwitterが関与したという内容が出始めています。

混乱が予想されルブラジルに注目です。

そして、1月は中央銀行の紙幣は1月31日までの召喚が期限との噂もあります。

そうなると、一気にQ作戦のイベントが展開されていくはずです。

注目の2023年1月になりそうです。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*2023年1月1日より ベーシックインカム開始に関する記事

タイトルとURLをコピーしました