トランプ重大発表を放送しないメデイアは通信法違反!EBSの開始か?

トランプ大統領

12月15日のトランプ重大発表の1つ、スーパーヒーロー・トレーディングカード(NFT:Non-Fungible Token代替不可能なトークン)の発表は、米国の主流メデイアは、その報道に飛びついた。

それは、日本も同じである。

12月16日のジュディ・ノートでは、トランプのトレーディングカード報道の直後にトランプ大統領は、言論統制を壊滅させる5つの施策を発表したが、主流メデイアはその報道をしていない。

その事実は、主流メデイアの通信法違反に該当し国家非常事態宣言・EBS製緊急放送に繋がる可能性があるという。

トランプ重大発表のスーパーヒーロートレカの作戦とは?

主流メデイアの通信法違反の後何が起きる?世界緊急放送開始か?

ブランソン提訴を最高裁が12月23日に裁定する可能性がある?

以上について最新情報を紹介します。

 

ドナルド・J・トランプ大統領・特別発表
2022年12月15日

 「言論の自由がなければ、自由な国がありません。それはそれと同じくらい簡単です。

この最も基本的な権利が消滅することを許せば、私たちの残りの権利はドミノのように 1 つずつ崩れていきます。

だからこそ、私は今日、左翼の検閲体制を打ち砕き、すべてのアメリカ人の言論の自由の権利を回収する計画を発表します。

この場合、回収は非常に重要な言葉です。

「ここ数週間、衝撃的な報道が、ディープ ステートの官僚、シリコン バレーの暴君、左翼活動家、堕落した企業ニュース メディアの不吉なグループが、アメリカ国民を操作し、沈黙させようと共謀していることを確認しました。

彼らは協力して、選挙から公衆衛生まで、あらゆる重要な情報を隠蔽してきました。

検閲カルテルは解体され、破壊されなければなりません。

それはすぐに起こらなければなりません。

 ゲームオーバープレイして
くれてありがとう
…ドナルド・トランプ

 

トランプ大統領の言論の自由に関する発表 | 2022 年 12 月 15 日 – YouTube
(引用先:2022 年 12 月 16 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

トランプ重大発表のスーパーヒーローカードの作戦とは?

12月16日のジュディ・ノートで重大発表についての掲載がありました。

その概要を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート12月16日版より 抜粋)

12 月 15 日、トランプ大統領の発表:

トランプ大統領の言論の自由に関する発表 | 2022 年 12 月 15 日 – YouTube

12 月 14 日、Telegram のトランプ大統領: 「アメリカにはスーパーヒーローが必要です。明日木曜日に重大発表を行います。12月15日!

1978 年 12 月 15 日にオリジナルのスーパーマン映画が公開された記念日でした。

12 月 15 日トランプはTelegram でのトランプ トレーディング カードの販売を発表しました。

カードには、スーパーヒーローのスーパーマンとしてのトランプのイメージが描かれていました。

(筆者挿入画像:トランプ氏のトレーディングカード)

12 月 15 日・朝インターネットの主流メディアは、「今日のトランプの大きな発表は、彼のトランプ トレーディング カードの販売でした」という見出しを付けました。

(筆者挿入画像:トランプ氏のトレカを報道する米国メデイア)

 

米国東部標準時の午後 1 時にトランプは Bitchute と YouTube で彼の「言論の自由の発表」をリリースし、主流メディアが言論の自由をどのように抑圧したかについて話しました。

私たちに言論の自由がなければ、自由な国はありません。

それはそれと同じくらい簡単です。

この最も基本的な権利が消滅することを許せば、私たちの残りの権利はドミノのように 1 つずつ崩れていきます。

だからこそ、私は今日、左翼の検閲体制を打ち砕き、すべてのアメリカ人の言論の自由の権利を取り戻す計画を発表します。

この場合、回収は非常に重要な言葉です。

「ここ数週間、衝撃的な報道が、ディープ ステートの官僚、シリコン バレーの暴君、左翼活動家、堕落した企業ニュース メディアの不吉なグループが、アメリカ国民を操作し、沈黙させようと共謀していることを確認しました。

彼らは協力して、選挙から公衆衛生まで、あらゆる重要な情報を隠蔽してきました。

「検閲カルテルは解体され、破壊されなければなりません。それはすぐに起こらなければなりません。」

トランプの言論の自由宣言がYouTubeに登場した後「今日のトランプの重大発表は彼のトランプトレーディングカードの販売でした」という記事が突然インターネットから姿を消しました。

この記事を書いている時点で、トランプの言論の自由に関する発表は、インターネットやメインストリーム ニュースのどこにもありませんでした。

(引用先:2022 年 12 月 16 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:ジュディノート12月16日版では、トランプ氏が12月15日に重大発表をすると予告して、

12月15日の朝にトランプ氏がヒーローに扮したトレカの発表を行い、その直後の午後1時に言論の自由を回復するメッセージを発しました。

米国、日本の主流メディアはトレカ発表を競うかのように発表したのです。

その後に、言論の自由を復帰するメッセージを流した後、主流メデイアはとトレカの発表記事を削除したと言います。

その理由は、ほぼ数時間の差で発表したトランプ氏の情報を主流メデイアは、トレカの情報のみ掲載して、言論統制の禁止に関する発表をしないという検閲をしたことが分かるからです。

つまり、ホワイトハットは同時に2つの情報を流して、主流メデイアの検閲した事実を捉える目的だったようです。

今後はどのような展開になるのか?

次項にてジュディ・ノートの紹介と解説をしていきます。

 

 

スポンサーリンク

主流メデイアの通信法違反の後何が起きる?世界緊急放送開始か?

12月15日の2つのトランプ氏の発表のうち、片側のトレカ発表を流し、トランプ氏をあざ笑うかの様な主流メデイアの報道は、まさに検閲であり、通信法違反に該当するというのです。

通信法違反となることで何が起きるのでしょうか?

ジュディ・ノートと他の関連情報を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート12月16日版より 抜粋)

12 月 15 日 は、FCC(連邦通信委員会 )がメインストリーム メディアに対し言論の自由を抑圧しないという義務に準拠するように指示した期限でした。

彼らが木曜日にトランプの言論の自由の発表を公開しない場合。

言論の自由に関する通信法に違反していることが判明する可能性があります。

Telegram の Kennedy TV:トランプは、これらすべてのピエロに彼の「重要な発表」に銃を突きつけさせ、彼らは皆、彼のデジタル カードにトランプの混乱したヒット作品をたくさん書きました。

今、彼らは尻尾を両足の間に挟んで、アメリカでの言論の自由を回復するための段階的な計画である REAL の発表について報告しなければなりません。

DJTは毎回これらのばかをプレイします、そして彼らはいつもそれに夢中になります

主流メディアが通信法に違反していた場合、軍はそれを国家緊急事態と見なし、新しいスター リンク衛星システムを介して緊急放送システムを解放している間、主流メディア衛星を破壊する可能性があります。

チェックメイト!

(引用先:2022 年 12 月 16 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

(以下 感謝のソールヒーラー氏のブログ12月16日版より 抜粋)

SGアノン氏の見解より

それでは連邦通信委員会の”12月15日の期限”とは何かをご説明します。

今日は連邦通信委員会 が主流メディアに与える「コンプライアンス」の期限です。 彼らが

最高司令官の「発表」を共有しなかった場合、通信法に違反している可能性があります。 あくまでも私見ですがこれだから緊急放送も近い内にあるのではないでしょうか。

トランプがすることはすべてチェスの動きです。

A.  今日12月15日までの木曜日は、連邦通信委員会 が主流メディアに対し、言論の自由を抑圧しないという命令に準拠するように命じた期限でした。

彼らが、木曜日にトランプの言論の自由に関する発表を公表しなければ、言論の自由に関する通信法に違反していると見なされる可能性があります。

B. 主流メディアが通信法に違反していた場合、軍はそれを国家の緊急事態と見なし、新しいスターリンク衛星システムを介して緊急放送システムを解放しながら、主流メディア衛星を破壊する可能性があります。

 

そして雑誌や新聞に関してはこの様な記事が出ていました!本当に笑えます。

トランプは、これらの考えていないマスメディアに彼の “重大発表 “に飛びつくように仕向け、彼らは皆、トランプのデジタルカードにトランプを揶揄するヒットピースを書き連ねた。

今彼らは皆、尻尾を巻いて、本当の発表について報告しなければならない。

それはアメリカの言論の自由を回復するための段階的な計画である。

ドナルド・J・トランプは毎回この手のバカを翻弄し、彼らはいつもそれに騙される。

(引用先:今日のトランプ大統領の重大発表は近い内に戻って来るヒントも含めて話していました!

*解説:12月15日は、連邦通信委員会 が主流メディアに与える「コンプライアンス」の期限だったのです。

トランプ氏は主流メデイアを罠にかけて、2つの重大発表のうち片側だけの報道するメデイアをまんまと罠にはめたという事です。

主流メディアは、トランプ氏の2つ目の重大発表を報道しないといけない状況に追い込まれました。

その報道をしないと、主流メディアは、通信法違反が問われます。通信法違反となれば非常事態宣言の発令、EBS世界緊急放送に繋がり、主流メデイアは衛星を破壊される事態もあると言います。

これから、主流メデイアの手のひら返しの、トランプ氏の言論の自由を取り返す発言報じられる可能性が高くなりました。

 

スポンサーリンク

ブランソン提訴を最高裁が12月23日に裁定する可能性がある?

次にビッグニュースです。

1週間ほど前から、話題となっているブランソン兄弟の提訴が、来週の金曜日・12月23日に最高裁が裁定する可能性があるという内容です。

そうなれば、バイデン政権の解任だけでなく、米国議会も解散となり新たな選挙が行われるまで、軍の介入がされることになります。

つまり、戒厳令が表立って公表されて、トランプ氏が最高司令官として統制をとることになります。

その概要を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート12月16日版より 抜粋)

次にビッグニュースです。

2020年選挙の100人以上の不正の訴えを、調査しなかった388人の議員を罷免する可能性のある、最高裁の裁定が12月23日

米国市民であろうと他国の市民であろうと、ブランソン兄弟の #22-380 緊急国家安全保障上訴を支持して米国最高裁判所に手紙を書くことにより、公正で自由な選挙で投票する自由のために戦うことができます。

嘆願書は、ジョセフ・バイデン、カマラ・ハリス、マイク・ペンス、ナンシ・ペロシ、および米国議会の 384 人の議員が、「国内外の敵」から米国憲法を保護するという誓いを破り、2020 年の米国選挙を拒否することで、外国の敵の支配を危険にさらしたと告発しています。

2020 年の選挙が有効であると認定する前に、不正選挙の容疑を調査するため。

奇跡が起こった
私たちは、アメリカが歩調を合わせているという自信を持って裁判官が動くことができるように、裁判官の翼の下に風を送る必要があり、憲法、アメリカ国民、および投票のために正義が行われることを望んでいます。

私たちは、この不法に認定された選挙を覆し、外国と国内のすべての敵からアメリカを守ろうとしない人々をオフィスから排除する必要があります。

12 月 12 日、ブランソンの #22-380 米国最高裁判所への緊急国家安全保障上訴に関するフアン O サビン:約60分の動画です。

SCOTUS がブランソン事件のようにワイルドなことをした場合、国は安堵のため息をつくでしょうか?

単純すぎるように聞こえるかもしれませんが、たった 2 文字です

SCOTUS への 1 通で、この件を好意的に検討するように求めます。

宛先は米国最高裁判所、1 First Street, NE, Washington, DC 20543 です。

Brunson Brothers への 2 通目の手紙(SCOTUS への手紙の数を追跡するのに役立ちます): あなたの手紙のコピーを Loy & Raland Brunson, 4287 South Harrison Blvd, Apt. 132、オグデン、ユタ州84403。

(引用先:2022 年 12 月 16 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:ブランソン兄弟の提訴を最高裁が認定する可能性が12月23日金曜日になるという内容です。

GCRは既に準備ができています。その前にバイデンの排除が必要だと言われています。

年末のクリスマス前に良いことが起きる!と言われていましたが、この件だとすれば、世界は大きく転換することになるでしょう。

米国議員535議席の議員のうち388人が罷免(認定取り消し)になるのです。そして、二度と議員になれないというものです。

議会は閉鎖するしかない事態となるのです。

EBS・戒厳令・ネサラゲサラ(NESARA/GESARA)の公開が近くなるのです。

今後に注目です。

 

*ブランソン兄弟の提訴の関連記事はこちらを視聴願います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・トランプ重大発表を放送しないメデイアは通信法違反!EBSの開始か?

12月15日のトラン重大発表は、主流メデイアを言論統制の罠にはめる作戦だったことが分かりました。

罠にはまった主流メデイアはどうすのでしょうか?

選択に余地はありません。

トランプ大統領の2つ目の重大発表である、言論統制を禁止するというメデイアへの挑戦状をメデイアが発表することになるのです。(笑)

そうしなければ、通信がこの先できなくなる可能性があるのです。

これまで、検閲がされる中、SNSで拡散されてきたインテル情報が、今後は主流メデイアが報じることになるのです。

Covid19、ワクチン、人身売買、各界での検閲などの犯罪が暴露されていくことになりそうです。

いよいよ、新しい社会の構築の前の、悲鳴を上げるような歴史の真実が暴露されていきます。

覚醒された読書の皆様が、目覚めていない人たちを受け入れて、優しく未来を見つめさせる時がやってきます。

準備は良いでしょうか?

正しい真実を吸収して、GESARA制度を構築するという新たな取り組みに向かう時のようです。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*12月15日トランプ・重大発表に関する記事はこちらを視聴願います。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました