9月11日トランプ逮捕の噂|ロンドン橋作戦・西側欧州に革命迫る!

イルミナティ

9月13日・ジュディ・ノートでは情報戦が繰り広げられている様子がいくつか投稿されました。

9月11日にトランプ大統領が逮捕された?というような記事が英国Mail Onlineより出されました。

そして、FBIによるトランプ邸マーアラゴ家宅捜査の不法性を調査する特別マスターの調査機関が11月8日の中間選挙までに終わらないという内容もあります。

さらに、ベンジャミン・フルフォード氏のレポートでは、エリザベス女王の国葬のイベント、ロンドン橋作戦が進むにつれて、西側欧州に革命が迫るという投稿もされました。

9月11日トランプ大統領がダラスで逮捕された噂とは?

FBI家宅捜査の特別マスター調査の進展は?11月8日中間選挙までに完了しない!

ロンドン橋作戦の進行とともに西側欧州の革命が迫る!

以上について最新情報を抜粋して紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート9月13日版より抜粋)

再建された共和国:

何世紀もの間、世界の人々は権力に飢えたサタン崇拝者の

制御システムに閉じ込められてきました。

グローバルエリートは、恐怖、腐敗、憎悪、貪欲、

戦争と戦争の噂、児童売買、腐敗した

メディアプロパガンダ、うつ病、奴隷経済を

広めることで権力を維持することができました.

世界的な同盟は、人々に新しく公正な政治、経済、司法制度を

与えるように設計されたグローバル通貨リセットを通じて、

共和国の回復に向けて順調に進んでいました。

(引用先:2022 年 9 月 13 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

9月11日トランプがダラスで逮捕された噂とは?

まず、トランプ大統領が逮捕、起訴された噂の情報です。

情報元は英国のmail onlineの記事です。

ジュディ・ノートに掲載されてたものです。

 

(以下 ジュディ・ノート9月13日版より 抜粋)

大覚醒へようこそ。

トランプはホワイトハウス・サンに戻った。

9 月 11 日夕方 (9/11)あの大きくて美しい白い家に戻ってきました!!!

WE'RE COMING HOME!!!
Subscribe to il Presidento's rumble channel here: Join our Amazing Patrioto Familia at

 

 

オペレーション ロンドン ブリッジがお近くの劇場に登場します。

しかし、彼らの計画通りに進むとは思えません。

代わりに、3 日間の暗闇の後に 10 日間の黙示録が続きます。…大覚醒Q+トランプ

 

女王の死の発表は世界を英国の海事規則から解放し、世界カバールのディープ ステート体制の崩壊を保証します。

 

(引用先:2022 年 9 月 13 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

(筆者により 上記のトランプ起訴の噂の記事より抜粋)

ドナルド・トランプ氏はゴルフシューズとポロシャツを着たままワシントンDCに飛び、予告なしの訪問が司法省による起訴の可能性があるという噂を巻き起こした

ドナルド・トランプは日曜日の夜6時頃にダレス国際空港に着陸した。

前大統領は約30分後に黒いSUVで連れ去られた。

画像は、彼が司法省によって起訴される可能性があるという主張を引き起こしました。

それは、司法省が機密文書の取り扱いについて爆発的な調査を行っている最中です。

1つの説明は、トランプのホワイトハウスの遺産の基礎であるアブラハム合意の通過から月曜日の2周年のお祝いである可能性があります.

彼の義理の息子であるジャレッド・クシュナーが基調講演者になる予定です。

ドナルド・トランプ氏 は、ゴルフシューズとポロシャツを着たままワシントンDCに飛び込み、司法省による起訴の可能性があるという噂を巻き起こしました。

元大統領は、日曜日の夜、スポーツ用品を身に着けたままダレス国際空港に着陸し、黒い SUV に乗って連れ去られました。

シーンが展開するのを見たYouTuberアンドリュー・ライデンによると、彼の車列が空港を出発する前に、彼の飛行機は約30分後に午後6時頃に到着した。

この画像は、辞任後の機密文書の取り扱いに対する法務省の爆発的な調査の中で、彼が起訴される可能性があるという主張を引き起こした。

しかし、雨天にもかかわらず、元大統領は後に、ダレスから車ですぐのバージニア州のコースでゴルフをしている写真が撮られました。

憶測と曇りの予報にもかかわらず、トランプ氏は月曜日の朝、バージニア州のゴルフコースで目撃された。

スターリングのトランプ ナショナル ゴルフ クラブは、ダレス空港から車で 30 分以内です。

 

*解説:トランプ大統領が9月11日ダラス空港で連れ去られたような記事になっていますが、翌朝のダラス近郊のゴルフ場に姿を現しています。

謎めいた記事です。

記事元が英国のmail onnlineですから、DS側のかく情報かく乱作戦のような気もします。

実際に俳優バイデン大統領がトランプ大統領を逮捕すれば、直ちに米軍が救助に入り、バイデン政権は解体されてしまいます。

ダラスでの逮捕の噂を、各メディアがどの様に報道するかを試しているのかもしれません。

今回の11月の逮捕の噂の米国メディアはABC、NBC、CNN、CBSなど報道していません。

 

スポンサーリンク

FBI家宅捜査の特別マスター調査の進展は?11月8日中間選挙までに完了しない!

Mail Onlinの9月13日版の記事によると、FBIによるトランプ邸マー・アー・ラゴ家宅捜査の攻防の記述もありましたので紹介します。

結論は特別マスターの調査は11月8日の中間選挙までに完了しない状況だという。

 

(以下 Mail Online 9月13日版より 抜粋)

DailyMail.com は、トランプ氏の広報担当者にコメントを求めました。

FBIが先月彼の自宅から押収したファイルをレビューするための特別なマスターに対するトランプの要求を認めた以前の判決を覆すよう裁判所に求める司法省の控訴に、彼の法務チームが反論する期限に直面するまでに、24時間もかかりませんでした。

トランプ氏の弁護士は、アイリーン・キャノン判事の決定が国家安全保障に「取り返しのつかない損害」をもたらすと司法省が木曜日の裁判所文書で警告した後、21ページの文書で対応した。

「その中心にあるのは、手に負えなくなった文書保管紛争であり、政府は、第45代大統領が自分の大統領および個人の記録を所有することを不当に犯罪化しようとしています」とトランプの弁護士は反論した。

連邦検察官はまた、特に「機密」とマークされた記録に関して、キャノンの捜査停止の取り消しを求めています。

裁判官は、FBI に対し、特別マスターが特権主張の審査を完了するまで、押収された機密文書の使用を停止するよう命じました。

司法省とトランプのチームの両方からの金曜日のフォローアップは、彼らが特別なマスターレビューがどのように見えるかについてさえ対立していることを示しています。

双方はその夜、2人の候補者を提出した。

司法省は、マイケル・コーエンとルディ・ジュリアーニの捜査で特別マスターとして主宰した元ニューヨーク州南部地区判事のバーバラ・ジョーンズを提案した.

また、引退した DC 巡回控訴裁判所の Thomas Griffith 裁判官を提訴しました。

トランプ氏のチームは、ニューヨーク東部地区連邦地方裁判所の元首席裁判官であるレイモンド・ディアリー氏を 2 人の候補者の 1 人に指名しました。

ディアリーはトランプにとって驚くべき選択である – 外国情報監視裁判所にいる間、彼はトランプの2016年のキャンペーン補佐官カーター・ペイジを監視するための捜索令状を承認した。

彼らはまた、共和党のフロリダ州知事だったチャーリー・クリスト民主党議員の元顧問であるポール・ハック・ジュニア弁護士を提案した.

反対側は、レビューにかかる時間についても意見が一致しませんでした。

司法省は、10 月 17 日までに 1 か月強で完了するよう求めました。

ビジネスマンとしてのキャリアの中で、法的異議申し立てを遅らせ、混乱させようとする試みで知られているトランプ氏は、90日間の猶予を求めました。

つまり、11 月の中間選挙が終わるまでは完成しないということです。

(引用先:ドナルド・トランプ氏はゴルフシューズとポロシャツを着たままワシントンDCに飛び、予告なしの訪問が司法省による起訴の可能性があるという噂を巻き起こした

*解説:FBI家宅捜査の違法性を調べるために、司法省がトランプ邸より押収した文書を調査する第三者の特別マスターを選定する段階のことです。

問題は、その調査完了期間をめぐり、トランプ大統領は90日の猶予を求めたのです。

11月8日の中間選挙までに終わらない選択をしたのはなぜでしょうか?

考えられることは、11月8日より早い時期に、バイデン政権と司法省は2020年選挙不正で解任されることが見えているからではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

ロンドン橋作戦の進行とともに西側欧州の革命が迫る!

ベンジャミン・フルホード氏のレポートをジュディ・ノートで一部、掲載されています。

その内容は、西側欧州はイギリスに支配されてきました。

エリザベス女王の死去により、西側欧州に動きが出てくるようです。

その内容を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート9月13日版より 抜粋)

女王エリザベス 2 世が前進するにつれて、10 月革命が西部に迫っています、フルフォード:

エリザベス 2 世女王の死去はこの 10 月に西側である種のメガ ブラック スワン イベントがやってくることを示す多くの兆候の 1 つです。

(筆者通釈:ブラックスワンイベントとは金融危機を表しています)

 

これが血まみれの革命、無政府状態、または平和的な移行になるかどうかは、まだ分からない.

QEII (クイーン・エリザベス2世)の死は、西側世界の秘密の指導者として多くの人に知られている 300 人の委員会の委員長の死も意味します。

これは、西側の軍事指導者であるマルタ騎士団の最高ランク全体の削除に続くものです。

グノーシス・イルミナティの情報源は、西側勢力の3つのエジプトのオベリスクがすべて倒される予定であると言います。

ロンドン市にある最初のオベリスクは、財政力が存在する場所です。

QEIIの死により、それは崩壊したと彼らは言います。

ワシントン DC にある 2 番目のオベリスクは、軍事力が存在する場所です。

それは、マルタ騎士団の貴族のリーダーシップの実力主義に取って代わられ、衰退しました。

霊的な力を象徴する 3 番目のオベリスクはローマにあります。

ですから、今、すべての目が教皇に向けられています。

イルミナティの情報筋は、教皇フランシスが、今後数日のうちに壮観かつ公的な方法で解任されることを約束しています。

大きな変化は欧米に限ったことではありません。

中国共産党は、5 年に 1 回の全国大会で 11 月から 10 月に大きく前進しました。

そこでは、「統治の新しい戦略」につながる憲法の修正が行われます。https://t.me/Conspirology1/12   https://english.news.cn/20220910/ba7f7502953142e5b1303cd54dd47176/c.html

アジアの秘密結社の情報筋によると、台湾との合併と共産党の改名は、会議で取り上げられるトピックです。

また9 月には、世界の指導者や権力者の前例のない集まりが行われます。

 

今週、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、中国の習近平国家主席、インドのナレンドラ・モディ首相が9月15日と16日に会談する。

その後、9 月 19 日に女王の葬儀が行われます。

これは、最近の世界史上最大の世界のパワーブローカーの集まりの 1 つです。

たとえば、いわゆる米国大統領のジョー・バイデンと日本の天皇は、出席する多くの人々の中にいます.

また、9 月 30 日の支払い期限が、米国法人、国連、世界銀行、IMF、およびその他の西側権力の柱を所有する家族に迫っているときに、これらすべてが起こっていることを心に留めておく必要があります。

特にロックフェラー家の運命は決まっている。この一族のメンバーには、ヒラリーとビル クリントン、マーク ザッカーバーグ、ジョン ポデスタ、デビッド ロックフェラー ジュニア、その他多数が含まれます。

多くの種類のエネルギー技術を抑圧することで、この家族は世界史上、他のどのグループよりも人類を後退させました。

ゴム製の仮面をかぶったバイデンの俳優は、おそらく現在教皇フランシスのふりをしているゴム製の仮面をかぶった詐欺師と同じように、彼らのしもべです。

世界経済フォーラムクラウス・シュワブ(ロスチャイルド)が率いる ロスチャイルド家のフランスとスイスの支部の運命も、今年の秋に決定される可能性が高い.

ロスチャイルド家、ロックフェラー家、および彼らの不正な法定通貨に対する世界的なボイコットがあるので、彼らは確実に崩壊するでしょう。

バチカン銀行が9 月 30 日の時点で彼らとのすべての関係を遮断しているという事実は、その最も明確な兆候です。問題は、それらを何または誰が置き換えるかです。

グノーシス・イルミナティと英国王室との間には、まだ決定されていないより大きな戦いもあります。

エリザベス女王が亡くなった今、彼女を取り巻くいくつかの秘密と大きな謎を明らかにすることができます.

デービッド・ロックフェラー:「私たちは米国の最善の利益に反する秘密結社の一員であり、私の家族と私を「国際主義者」と見なし、より統合されたグローバルな政治経済体制を構築するために世界中の人々と共謀していると信じている人さえいます。構造—もしそうなら、1つの世界。もしそれが罪なら、私は有罪であり、それを誇りに思います。

(引用先:2022 年 9 月 13 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:英国王室はディープステートの最上位に位置する権力です。

そのエリザベス2世の死去は、300人委員会、マルタ騎士団、バチカンの崩壊につながると言います。

欧州諸国はロシアからのガスの停止など、エネルギー危機が深刻化しており、ドイツから国民の非難が拡大していくとのことです。

そして、ローマ教皇フランシスが数日以内に解任される。と断定しています。

9月15,16日にロシア プーチン大統領、インド モディ首相、中国 習近平主席とQアライアンス軍の有志が会談を開きます。

さらに、イルミナティ ロックフェラー家も崩壊に追いやれることが示唆されています。

エリザベス女王の死去によりこれまで隠されてきた真実が明らかにもされると言います。

これからの、メディアのニュースにも注目です。

デビッド・ロックフェラーの言葉、支配する政策を最善な政策として信じ切っているようです。

グレートリセット政策が罪なら誇りに思う!と言っています。

悪魔主義の表れではないでしょうか?

 

*グレートリセットとグローバル通貨リセットの違いについての記事はこちらです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・9月11日トランプ逮捕の噂|ロンドン橋作戦・西側欧州に革命迫る!

9月13日の段階で、様々な情報が飛び交っています。

そんな中での9月11日トランプ大統領、逮捕、起訴の噂が流れました。

こちらは、DS勢力のデマのようです。

エリザベス2世の死去により、西側・欧州がこれから英国からの支配からの解放に向けた抗議が殺到していくという内容でした。

気になるのは、エリザベス女王の国葬9月19日がそのまま実行されるのか?

それとも、大きな事件が起きて延期となるのか注目です。

フルホード氏のレポートでは、ローマ教皇のフランシスが数日以内に辞任する書かれていました。

英国王室の象徴のエリザベス2世の死去。

次にバチカンの崩壊。

そして、ワシントンDCのバイデン政権の崩壊。

これが、英国が経済、バチカンが宗教、ワシントンDCが政治の腐敗のビッグスリーが崩壊していく作戦のようです。

これから9月30日までの出来事が、今後数千年間語り継がれる、歴史の瞬間なのかも知れません。

事実を整理して観察していきたいですね。

最後までご視聴ありがとうございます。m(__)m

 

*Q作戦の関連情報は↓になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました