戒厳令が発動の条件が整いつつある!Q作戦2274日の作戦とは!

GCR量子金融システム

9月5日のジュディ・ノートにて、戒厳令の発動が迫っている兆候がいくつか掲載されています。

8月31日にトランプ大統領は公にQをリツイートしているという。

戒厳令が近づいているその兆候とは?

GCRの進展状況は?

Q・2274日の作戦とは?

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート9月6日版 ヘッドライン)

ブーム!!!
火曜日 9 月 6 日午後 6 時(EST):
「私は影から抜け出す準備ができています。今がその時だ!”
…(JFK Jr.?)

「今までにないものを欲しがるなら、

やったことのないことをしなければならない。」
…トーマス・ジェファーソン

 「働く特権は贈り物です。働く力は祝福です。仕事への愛は成功です。」
…デビッド・O・マッケイ

(引用先:2022 年 9 月 6 日の時点で GCR を介して共和国を復元

スポンサーリンク

戒厳令が近づいているその兆候とは?

8月6日のジュディ・ノートに、これまでの投稿では見られない、断定的な投稿が目立ちました。
つまり。
戒厳令までの条件が整ったかのような内容です。
(以下 ジュディ・ノート9月6日版より 抜粋)

ジュディメモ:

ブーム!!!2020年の選挙は無効です。米国最高裁判所は、不正選挙を理由に 2020 年の選挙を無効にしました。…リン・ウッド、チャーリー・ウォード

ブーム!!!グローバル通貨リセットはすでに発生しています!!! 

209 か国のすべての金/資産担保通貨が、Sun の Forex バックスクリーンで取引を開始しました。8月28日

ブーム!!!月曜日 9 月 5 日、トランプは公に Q を確認し、戦争法第 11 章による軍の乗っ取りを示唆した。

ブーム!!!「商取引が完全にストップする瞬間が来ているので、できるうちに買い物をしたいと思うかもしれません。」…Juan O Savin

(筆者注釈:9月11日の暴落を意味しているのか?)

 

フルフォード:「今月ハザール・マフィアによって計画された、新しい9/11またはフクシマ型のイベント – 彼らのUS Inc.の支払い期限は今です。」

フルフォード:バチカンによるマルタ騎士団のトップランクの解任は、 NATO の指導者全員が解雇されたことを意味する、と P3 フリーメーソンの情報源は言う。

「シオニスト陰謀団」のメンバーが排除されているため、バチカン市内でも粛清が行われている、と情報筋は言う。

これにより、経済/社会システム全体が崩壊するにつれて、G7グループの国でリーダーシップの空白が生じています。」

英国政府テスラ フリー エネルギー テクノロジーの使用を開始

 

大規模なデモがヨーロッパ中で続いており、特にチェコ共和国とフランスで顕著です。

ドイツは、大規模な暴動と社会不安を見越して、通りをパトロールし、 10月1日( 9月30日 のカバール支払い期限の翌日)から戒厳令を施行するための新しい軍事ユニットを作成しました。

(引用先:2022 年 9 月 6 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

(トランプ大統領がQアノンの投稿を50件ほどリツイートした)

*解説:9月3日のトランプラリー頃から、トランプ大統領のバイデン、民主党、司法省、メディア批判はヒートアップしていました。

そして、今回のジュディ・ノートでも、2020年選挙無効の確定、GCR(グローバル通貨リセット)は開始した。

トランプ大統領のQアノンの公認ツイート、噂される経済危機の到来。

マルタ騎士団のトップの解任情報も出ています。

驚きは、ロシアからのガス供給が制限されて、電気料金が80%値上げされたイギリスでは、フリーエネルギーを使いだしたと言います。

さらに、ドイツでは10月1日から戒厳令の準備に入ったという情報もあります。

DS資金の尽きる9月30日。

その翌日が戒厳令の開始なのでしょうか?

そうなると、9月30日までに、世界中が危機的状況の演出がされていくことになります。

インテル情報を捉えてきた賢明な読者の皆様はご存じと思いますが、これらのニュースは映画ですので、安心して観ていてください。

一部には反抗するDSの残党組織による暴動が起きるかも知れませんが、ホワイトハット軍が情報を察知して犠牲が最小限となるようにしていると思われます。

日本では、政治、利権者の腐敗が新たに報じられていくでしょう。

これは、米軍による逮捕者の選別の為の作業であると思われます。

軍による逮捕は、日本の警察や自衛隊は関与していないとのことです。

 

(参考情報:baumさんテレグラム 9月5日より 引用)

雑談:日本の逮捕劇

コメント欄で「日本国内での逮捕劇」に関する話がありましたので、少々取り上げてみたいと思います😊

コメント欄では「適切な情報判断」が語られていましたので、喜ばしい限り😆なのですが、日本国内では大抵この手の話は…

✔️検証不足の勘違い

が多いので注意が必要です😅

日本国内でもアライアンスによるDS残党の逮捕は

✔️米軍(一部自衛隊も参加)

が実施しています😆

「軍法」に沿って逮捕劇が進められているということ。

実は半年以上前から世界各国にて「限定的な戒厳令(DS逮捕に限定?)」が施行。

それに基づいて逮捕が行われているのです。

日本では「戒厳令」の規定はありませんが、米国主導(米軍)の戒厳令下にて逮捕が進められています😊

故に、そもそも

✔️警察機関

はDS逮捕に直接的に関わっておりません😅

ですから、「警察車両」では…逮捕したDS残党を搬送はしていないのです。

搬送は原則、「米軍のヘリ」を主体に「軍車両(自衛隊車両が使われることもあるようです)」で行われています👍

ですから頻繁に「軍のヘリ」が飛行しているわけです。

これは「米国内」でも同じこと。DS逮捕劇(搬送)は米軍が実施。警察組織(ポリス)は関与していません😊

 

 

スポンサーリンク

GCRの進展状況は?

次に、先に報じられている、GCRが開始されたことに関連する記述を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート9月6日版より 抜粋)

9 月 5 日 MarkZ:

「火曜日まで起こらないと言う人もいます。9 月 6 日Tier 3 の口座にお金があり、見ることはできますが、RV が発生するまで触れることはできません。」

「彼らはイラクで腐敗した人々を逮捕し始めま​​した。途中、大掃除があります。腐敗した政治家の逮捕で事態は落ち着きを取り戻しているようだ。彼らはちょうど入ってきて、手錠をかけ始めました。」 https://www.youtube.com/watch?v=JMnV-zSEjvs

「イラクの国会議員は仕事に戻った。これはすべての書記官、用務員、秘書、および議会の役人であり、選出された役人ではありません。彼らは、政府を座らせるために前進することを期待しています。現在、イラクから多くのポジティブなニュースが出ています。」

「今週末、他のサイトで 3.71 ドルのディナール レートがあるというニュースが流れました。請負業者は、今月 15 日頃にこのレートを実際のディナールで受け取る必要があると言われました…..他の通貨ではありません。」

「銀行側は週末にかけて静かだった。私はまだ償還側に連絡していませんが、ほとんどの人は、次の 24 時間以内に活動が開始されることを期待しています。

うまくいけば、明日の朝までに、共有できる確かなニュースがたくさんあるでしょう。

Tier 3 と 4a で準備が整い、準備が整ったため、グループ内での活動についてはまだ多くのおしゃべりがあります。」

 

「ユーロは今日、公式に市場外取引で米ドルと同等以下で取引を終えた。私たちはユーロの崩壊を見ています

ユーロを放棄することについて、アイルランドやスコットランド、その他の国からも多くの話題があり、ドイツからも多くの話が飛び交っています。

また、英国には新しい女性首相がいます。」

Fleming: 「彼らは、レイバー デーの週末の後、火曜日の間のどこかで、Tier4B 通知を送信していました9月6日・金 9月9日」

(筆者注釈:Tier4Bの該当層は、インターネット事業者や人道支援事業者です。厳しい審査がありました。)

ブルース: 「Tier 5 の一般大衆は、木曜日に銀行で外貨を両替できるはずです。9月15日。

…「 Tier 4B 外貨両替/償還センター (1 日 18 時間営業) でのより高いレートの債券償還は、10 ~ 15 日間行われます。」

ホワイト ハット アライアンスは、Tier4Bが外貨を交換し、Zim Bonds を特別レートで引き換えるのに 10 日間の猶予があると述べました。

ハイアップソースは、トランプの逮捕が11月までの遅延を引き起こさない限り、 GCR / RVは今から10月中旬までいつでも発生する可能性があると感じました。

「ホールドアップ」は、より多くの軍事ロジスティクスと地下トンネルの抵抗でした-それは完成の過程にありました。

(引用先:2022 年 9 月 6 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

Q・2274日の作戦とは?

 

(以下 ジュディ・ノート9月6日版より 抜粋)

Q ニュース:

2017 年 10 月 28 日の Q の最初の投稿に 2,274 日を追加すると、2024 年 1 月 19 日になり、次期大統領 (PRESIDENT Q) が就任する数時間前になります。偶然ですか?

行われている Q 軍事作戦は 2,274 日間のイベントです。

クリントン。オバマ、暴露された世界のエリート; EPSTEIN WORLD CORRUPTION RINGが公開されました。

バチカンの腐敗が暴露されました。世界保健機関が暴露。人身売買の暴露; 911露出; WORLD FAKE MEDIA MSM が公開されました。

世界の医療機関/システムが公開されました。世界の通貨システムが公開されました。

諜報機関における最高レベルの腐敗が暴露された。

世界の諜報機関と世界の腐敗システムに接続

 

Q を通じて世界で最大のオープン INTEL ドロップが行われた時期に、ディープ ステート CABAL がバイオテロ生物兵器をリリースしました。

 

ワクチン生物兵器は世界のロックダウンで大規模な文明絶滅イベントを開始しました.

食料の成長と流通の体系的な破壊。

サプライチェーンの混乱

気象兵器を使用するDEEP STATE CABALは、世界中で洪水と干ばつの混乱を引き起こし、この組織的な CABAL の破壊を通じて、人間と社会の完全な制御につながる気候変動アジェンダをもたらそうとしています。

Q が Declasを開始し、World イベントにドロップして以来、非常に多くのことが起こりました。

パトリオット、ANONS、FREEDOM FIGHTERS は、ついに戦争がどれほど深刻になるかを目の当たりにしました…そして、私たちは嵐の中にいます!

ディープステートによって現在起こっていることはすべて、世界軍事法廷、人道に対する罪につながります。

この軍事同盟作戦は、物事を起こさせ、各国のすべての犯罪を記録しなければなりませんでした。

それは闇を暴露する唯一の方法でした: カバル、ディープ ステート。

9月5日、トランプは公にQを確認し、軍の乗っ取りに関連する非常に説得力のある投稿を再投稿しました:戦争法第11章。

強い愛国者でいてください

(引用先:2022 年 9 月 6 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:2017 年 10 月 28 日の Q の最初の投稿から、2274日目が2024年1月19日、大統領宣誓式の前日になります。2274の数字の意味は不明です。

Qの投稿から計画された作戦だったようです。

Q作戦の2024年1月19日完結が示されました!

現在は、2022年9月です。

2024年1月19日までは、今から1年4ヶ月あります。

そのまで、これから起きる戒厳令からEBS(世界緊急放送)で真実の証拠の公表がされます。

その後GESARAの公表と説明がされ、120日程度の間に世界中で、総選挙が行われます。

GESARAに摘要するための、税務署の解体、裁判官、弁護士の認定、メデイアの切り替えと体制整備、銀行システムの解体とQFSへの切り替え、など社会制度が再構築となります。

さらには軍隊や自衛隊、警察の仕組み、医療体制も新たな医療機器の導入で変化していきます。

その概要の整備に相当な時間と教育が必要になると思われます。

その社会体制の推進する間、Q作戦として捉えているのでしょうか?

1年4ヶ月すぐに来てしまいます。

現在のところ、GESARA後の経済、社会体制の切り替えの具体的な取り組みまでは情報がありません。

今後の情報を待つしかありませんね。

 

(トランプによるQアノン投稿のメデイアのニュース)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・戒厳令が発動の条件が整いつつある!Q作戦2274日の作戦とは!

いよいよ、世界的な戒厳令が敷かれる準備が整いつつあるようです。

9月11日が経済的な暴落が起きるのでしょうか?

エネルギー危機も欧州は深刻です。電気代が2倍まで上昇しているようです。

そして、DSによる気候兵器により、水害、干ばつも深刻です。

軍事的な緊張も、イラク、イラン、イスラエルそして、中国、台湾でも起きています。

世界各地で暴動が起き始めています。

ドイツが言うように、10月1日からの戒厳令の発動が起きるのかも知れません。

日本は政治腐敗と利権者の腐敗の暴露が続くと思われます。

新時代が始まる準備をしていきましょう。

いよいよ、今後の情報には目が離せなくなってきました。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*Q作戦の関連情報は↓になります。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました