ギャビン・ニューサムカリフォルニア州知事が軍事裁判で絞首刑執行

軍事裁判

2021年1月30日に軍事法廷で有罪となり死刑判決を受けていた、ギャビン・ニューサムの絞首刑が1月24日の朝に執行されました。

ニューサムは最後まで、検察側を批判した。

自分の罪を謝罪する言葉は語らなかった。

その、ニューサムの最後の様子とは?

ニューサムの最後の言葉について紹介します。

記事元はREAL RAW NEWS 1月24日版より抜粋しました。

ギャビン・ニューサムがGITMOに吊るされた

 

キャビン・ニューサム カリフォルニア州知事

 

スポンサーリンク

ギャビン・ニューサム絞首刑の様子とは?

ギャビン・ニューサムは、未成年者への性犯罪と反逆罪で軍事裁判にかけられていた。

12月30日木曜日に2回目の法廷で、有罪が確定し死刑が宣告された。

死刑が予定されていた1月24日の様子を紹介します。

(REAL RAW NEWS 1月24日版より抜粋)

不名誉なカリフォルニア州知事のギャビンニューサムは午前6時30分にキャンプデルタの独房を去り、「ホワイトハット」の管理下にある軍用飛行場でありディープステイターの終点であるリーワードポイントフィールド近くの基地の南隅に建てられた絞首台に追いやられました。

絞首台の縄に直面する運命にある。

ニューサムは、お世辞のない被拘禁者のジャンプスーツに身を包み、足には大きすぎるローファーを着て、ダースE.クランドル後部提督と、恐ろしい装置の前に半円形に集まって立っていた軍の真鍮の代表団の両方に威嚇するような嘲笑を投げかけました。

RRNは彼らの身元を隠すように求められたが、終身共和党の知事と別の著名で保守的な政治家も出席した。

ニューサムのMP警備員が彼を絞首台の基地に護衛したとき、米陸軍工兵隊のメンバーがプラットフォームの上に立ち、フレームワークの最終的な構造的完全性チェックを実行しました。

絞首台が正常に機能していることに満足し、彼はプラットホームを出発し、ニューサムの頭を縄に滑り込ませ、首が折れるまで彼を落とすボタンを押す責任のある匿名の兵士に取って代わられた。

ニューサムは躊躇したり警備員からのプロンプトを出さずに階段を上った後、編みこみの縄が首に締められている間、じっとしていました。

*解説:ニューサムは絞首刑台に上り、縄を首にかけられるまで取り乱すこともなく、静かにしていたとのことである。

これまでの、死刑人は取り乱したり、暴言を吐いたりするものも多くいたが、ニューサムは覚悟をしているかのような態度だったという。

その落ち着きの根拠は何なのかは、次の最期の言葉がヒントになります。

 

スポンサーリンク

ニューサム・絞首刑執行直前の最期の言葉とは?

ニューサムの絞首刑台のボタンが押される前に、検察側のクランドル少将の、最後の典礼を受けるか最期の言葉を話すかの問に語りだしました・・・

(REAL RAW NEWS 1月24日版 抜粋)

クランダル少将は、次のように述べています。

「いつものように、最後の典礼をしたいですか、それとも最後の言葉を話してもらいたいですか?」

筆者注釈)

以下 ニューサムの言葉・・・

「ええ、クランダル、あなたも含めて、あなたはすべてここのポーンです。あなたは自分が間違っていることを正しているという信念を養います。

あなたは、ある種の権力の立場にあり、何が黒で何が白であるかを判断する権限を何も与えていません。

あなたは私が何を食べているか知っていますか?私は恐れと喜びを食べます。

私が支配するように選ばれました。

あなたは私が冒涜だと言いますが、私がしたことは、私ができること、そしてそれが気分が良いことからです。

今日は私を殺していると思いますがそれは幻想です」とニューサムはシューッという音を立てました。

「狂気の弁護には遅すぎる」とクランダル少将は叫んだ。

「準備ができたら、クランダル」ニューサムは唾を吐き、彼の英語は突然、異言のリズムとしてしか説明できないものになりました。彼の舌は彼の口の内外をはじいた。

「Vermesetvermiculi comedent animam tuam」と、ニューサムはラテン語で言いました。

大まかに英語に翻訳されたこのフレーズは、「ワームがあなたの魂を食べる」という意味です。

出席した政治家の一人は、「彼が大いに夢中になっていることを知っておくべきだった」と述べた。

クランダル少将は、プラットホームの上の兵士にボタンを押すように指示し、しばらくして、ニューサムの生命のない体がロープからぶら下がった。海軍の医師は脈拍を感じ、聴診器をニューサムの胸の上に動かしました。

「彼は去った」と医師は言い、ニューサムは午前7時35分(東部標準時)に死亡したと宣言した。

ニューサムの死体はポリウレタンバッグに密封され、未知の場所に運ばれました。

*解説:ニューサムは最期の言葉で、「私が支配する選ばれし者である」と言ったのである。

これは、よくある狂信者と同じような人間の言う言葉である。

自分が正義だという考え方に泥酔しているのである。

救いようがない精神状態であるのです。更生する余地のない人物であったようです。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・キャビン・ニューサムカリフォルニア州知事が軍事裁判で絞首刑執行

カリフォルニア州の現職の知事が1月24日に絞首刑になった。

まだ、表のメディアはその報道は出ていません。

州知事としては、ニューヨーク州前知事のクオモに続いて2人目の死刑である。

2人の共通点は、パンデミック初期にCovid19の犠牲者数を含まらせて報告して、国民に恐怖を煽ったことである。

そして、2人共自分が正しいという屈折した思考である。

犠牲になる人の痛みがわからない者が権力を握ると、恐ろしいことが起きることを立証しました。

こういった愛のない者がリーダーにならない社会の訪れに期待したいものですね。(^o^)

 

ニューサムの軍事裁判を詳しく知りたいかは👇の記事を視聴願います。

ギャビン・ニューサム知事・軍事裁判で死刑宣告!罪状と法廷の概要

 

クオモ前知事の軍事裁判を知りたい方は👇の記事を参照願います。

狂気じみたクオモのやったことは、行きた人を冷凍庫に入れたのである。

軍事裁判クオモ前知事は殺人罪で死刑・パンデミック初期に大量殺人

タイトルとURLをコピーしました