EBS世界緊急放送・10月5日開始か?闇の10日間がついに開始!

世界緊急放送

米軍からの情報によると、10月5日にEBS世界緊急放送が開始するとの情報が入りました。

情報元は10月1日付けの花子のブログです。

10月4・5日より、闇の10日間が開始し、米軍が引き継ぎ逮捕が実行される。

最新情報を紹介します。

image

 

スポンサーリンク

10月4日·5日から10日間の闇がはじまる・・・

1963年、JFK大統領=Qがイルミナティの支配構造を打破するために戦いを挑みはじめてから、約60年、いよいよその戦いが終わり、世界中の人々を目覚めさせるためのアクションが始まります。

そして、その時がいよいよ開始するとの情報が流されました。

早速、その概要を紹介と解説をします。

 

(以下 花子のブログ10月1日版より抜粋)

第三次世界大戦だと判断する大きな聖書シナリオがありますが、実際には軍隊を活性化させ悪魔のルシフェルのランドマークを爆撃しています。
GESARAファンドとWe The Peopleの再構築。
イベント。 聖書です。
世界の非常に大きなサタニック・イルミナティのランドマークは何ですか? Qさんが見せてくれました。
バチカン、バッキンガム宮殿、ホワイトハウス×2(アメリカ、ドイツ)、中国では3GD。 スイス・フランス国境のCernが可能です。
武漢のビッグファーマ=イスラエル
イスラエル・カザリアはCCP(中国共産党)を支配している。
メディアなど34悪魔の建物とダムが崩壊する。
ロッド·オブ·ゴッド・デュー
世界中で飛行機と列車が接地されるライト電源オフ
Tesla Free Energyへの切り替えビットコイン・サーバデータ・センターがヒットし、永久にオフになりました。
暗号の99.5%が中国コインを使い果たしました。 貴金属で裏打ちされたISO20022コインを入力します。
第3次世界大戦の恐怖イベント。
核サイレン
水のイベント
株式市場の暴落
国際戒厳令
キャッスルロック-シナリオジュリアン·アサンジ。
量子システム 、プロジェクトオーディンがオンになりました。
ネサラ/ゲサラ/RV
軍事裁判所を通じた選挙の逆転-FISA
軍事裁判所自白10日間の映画–3時間×8時間のセッション。
10カ国がEBSを運営し、世界中をカバーします。
公開します。
就任式
*解説:聖書にある第三次世界大戦を思わせる内容は、核サイレン・水のイベント・株式市場の暴落
・国際戒厳令を指すようです。
そうすると、洪水は世界で起きました。残りは、核のサイレン(三峡ダムの地下にある核を指すようである)、株式の暴落は、現在騒がれている中国の恒大集団のデフォルトで起きるようです。
そして、戒厳令が発動するというように、世界の情勢が整いつつあるようです。
ポイントは三峡ダムの決壊ではないでしょうか?
歴史のある学生が投稿した、過去の世界恐慌は10月に起きている。
という投稿を引用します。
ここに面白い事実があります:
1907年恐慌は10月に発生しました
1929年の株式市場の暴落は10月に発生しました
1987年のブラックマンデーは10月に発生しました
現在、米国財務長官は、デフォルトが10月に発生する可能性があると警告しています。
スポンサーリンク

世界は軍が引き継ぎ逮捕が実行される!

10月4日・5日から起こりうる20項目が記述されています。

その、20項目とは?

(以下 花子のブログ10月1日版より抜粋)

1. 三峡ダム崩壊~チャイナ
2. エバーグランデとDSマネー帝国の崩壊~Chyna(中国)
3. XRP訴訟は、貴金属に裏打ちされた「安全な」デジタルマネーの検証をSECに迫り、BTCのようなChynaの偽コインを全て無効にする。
4. イランは核世界協定に違反し、イスラエルは国連に報告する
5. 新型コロナウイルス(CV)詐欺とニュルンベルク違反に関与したすべての人々、機関、および関係者のグローバルな計画
6. 悪い警官の軍、警察、保安官、諜報機関の粛清
7. 50州すべてで投票プロセスの背後にある無効と腐敗。 上から始めて下に働く。 具体的な内容は次のとおりです。 司法長官、50人の知事、民主党、共和党、IT部門、支援犯罪組織。 
8. 10月10日ワシントンDC社の崩壊
9. 人形政府の崩壊と9月29日の資金不足
10. 児童人身売買に関わる地下トンネル、航路、航空機の撤去
11. 有害化学会社、製油所、医薬品及びガソリン産業のすべての除去
12. HCQとイベルメクチン(Ivermectin)を拒否し、代わりに毒のあるバイオ兵器を撃った全てのオペレーター。
13. 銀行家は資金処理、保管、預金を通じて人々から資金を盗む。
14. 有害食品産業とその毒製品の除去
15. 質の高い教育ツールを若者に教え込んでいない有害な学校
16. 児童人身売買を担当したすべての児童保護サービスおよび組織の除去
17. アドレナクロームのすべての血液駆動センターの除去(製造工場でありクローンセンターである南極を監視)
18. ハンター·バイデンのノートパソコンは、近くと遠くの政府高官全員とバイデンを倒すだろう。
19. C_A古いシステムのインターネットと銀行システムのコンピュータをフライングするソーラーフレア!!!!!
20. 10月1日金曜日、アメリカ議会が閉鎖され、資金提供なし!

 

*解説:具体的な20項目が示されました。ここでも第一に三峡ダムが掲げられています。
いよいよ、三峡ダムが崩壊する時が来ているようです。
そして、DS(ディープステート)の資金による中国が崩壊する。
中国の習近平主席は、トランプ前大統領、プーチン大統領と光側勢力の同士です。
中国共産党を内部から崩壊させる司令塔なのです。
ワシントンDCの崩壊も記されています。(株式会社アメリカのこと)
米国は、バイデン大統領と政府高官全員が倒れ、ホワイトハウスが閉鎖されるということです。
スポンサーリンク

中国は戦争の準備をしている・軍用機が警戒態勢にある

(以下 花子のブログ10月1日版より抜粋)

内部消息筋によると、中国は米軍がCOVID-19バイオ兵器攻撃に対抗するための切迫した瞬間が近づいていることを知っているという。(国防総省内の最高司令官たちはストライクの完璧な瞬間を待っている。彼らの軍序列は反逆スパイを逮捕する。)
中国は現在、世界60カ国以上に軍事艦艇を配備しており、近いうちに台湾を占領する計画だ。
すべての軍用機が警戒態勢にある。
DEEP STATE CABAL どの国でも32の国家同盟軍が介入し、金融システムのリセットに関連する人口減少アジェンダを阻止するために懸命に取り組んでいます。
ディープステート計画は多くのレベルで崩壊している。
*解説:米軍の情報では、32の同盟軍の軍用機が厳戒態勢にあり、中国の軍事鑑定に備えているという。
表のニュースでも、16日にインド太平洋地域での軍事演習を英・豪・米が開始しています。

また、岸防衛大臣は9月15日より11月下旬までの大規模な自衛隊による軍事演習を発表したのである。

関連がありそうですね。

陸上自衛隊の総力で挑む最大演習  (9/17 ヤフーニュース)

スポンサーリンク

緊急放送システムが差し迫っている!闇の10日間に起きることとは?

緊急放送がいよいよ開始するとの情報です。

具体的に10月4日〜15日迄が示されています。

image

 

(以下 花子のブログ10月1日版より抜粋)

 もう祖国を取り戻す時だ。軍隊しか方法がない! 彼らは今、位置に移動しています。
合法的な投票システムが確立され、DSプレーヤーが完全に排除されるまで、どの州も軍隊に引き継がれます。
皆さん、聞いてください。軍隊は現在、50州全てで全ての投票手続きを進めています。
彼らはすでに誰が背後にいたかを知っており、それを証明するカメラ映像と各コンピュータの足跡を持っている。 捜査官は頭脳明晰で、DS泥棒を捕まえるのが得意だ。
人道に対する犯罪に関与した人々の逮捕とともに、封印されていない起訴状は、グアンタナモ基地(GITMO)大学で出会い、挨拶しようとしている。
逮捕まであと150万人くらいで、知り合いかもしれませんか? 皆さん、落ち着いてください。
黄金時代の新しいフォークが進行中です。
ほとんどの場合、トランプとホワイトハットはNWOの議題と児童人身売買に関与するほとんどのビジネスを引き継いでいます。 彼らを潰すのではなく、新しい世界のために改修されている。
*解説:いよいよ、軍が出動するしかない時が近づいているようです。
そして、逮捕者はあと150万人とのことです。
日本の横須賀に来ている、米軍の監護船にも多くの日本人が収監されていくようです。
これも、大覚醒の必要な現象のようです。
落ち着いて緊急放送に備えたいものですね。(´・ω・`)

10日間の闇に起きることを解説します。

1.3日間のイベントはトランプ大統領のメッセージのようです。
これは、JFK大統領暗殺された謎とアメリカと世界がイルミナティによって支配されてきたことが説明されるのかと推測します。
2.次に世界緊急放送として、ネット・テレビ・ラジオが遮断されて緊急放送用のビデオが世界中に流れる。
10日間に渡って8時間の教育ビデオを24時間放送される。
3.同時に世界中で、米軍主導による、米大統領選挙に介入した中国などに協力した政治家、企業におCEO、メディアのCEOなど関係者の大量逮捕が始まるというのです。
日本からも400人ほどの逮捕者リストが対象のようです。
4.その後、量子コンピューターによる総選挙が開始される。その政府は、現在の10%という縮小された規模のようです。
日本の自民党総裁選や衆議院の解散は中止となり、次元の違うことが起きます。
5.インタネット、ATM、放送などがすべて量子コンピューターによって、ブロックチェーン化されていくようです。
日本のデジタル庁の構想は仕切り直しになりますね。
6.これまでの世界の諜報機関は解体されて軍事用の機関だけとなる。
米軍がアフガンから撤退した理由は、戦争をしている当事は、NESARA/GESARAに参加できない。ということからの撤退であったと記載されています。
*解説:今回は、緊急放送の開始から、具体的な記述が多くあります。
はじめの10日間が、ネット・通信が遮断しますから、2週間くらいの食料や水分の確保は必要のようです。
当然、経済活動は停止してしまうと思われます。
特に10月4日〜15日は注目ですね。(@_@;)
変化する情報に耳を傾けながら生活が必要ですね。
スポンサーリンク

まとめ・・・EBS世界緊急放送・10月5日開始か?闇の10日間がついに開始!

ついに、具体的な緊急放送開始のXデーが示されました。

10月5日に注目です。!

今回は起きる可能性が高いようですね。

日本も自民党の総裁選挙が終わり、岸田内閣が発足します。今回の選挙も安倍元総理が誘導したような選挙結果でした。

8月末に日本に、トランプ前大統領が極秘に来日していたという情報もあります。

その後の菅総理の総裁選不出馬が発表されました。

世界緊急放送が始まり、GESARA法が公表されると120日以内に、総選挙を行うということになっています。

日本も衆議院選挙のタイミングとなっています。

どうなるのでしょうか?

一部の支配者の時代から、平和で平等で言論統制がない社会。

生活に必要な資金は国から支給される社会が実現することを祈ります。

ご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

引用先:花子のブログ

元記事:EBHクラブ

 

世界緊急放送に関連した記事は👇をタップしてご視聴願います。

世界緊急放送

タイトルとURLをコピーしました