イベントは7月5日に始まる!スイスCERNとCIAの陰謀が暴露!

イルミナティ

ジュディ・ノート7月5日では、イベントは7月5日に始まります。と記述されています。

そして、7月5日・CERNの大型ハドロン衝突型加速器粒子加速器が陽子を粉砕する!という。言葉で表現されています。その意味とは?

CERNとCIA本部の秘密のデクラスです。

スイスにあるCERNの関する投稿が中心の内容となっいています。

スイス・CERN(欧州原子核研究機構)の正体の暴露!

CERNはCIAの本拠地だった!CIAとCERNの関係とは?

以上について情報を紹介していきます。

 

(ジュディ・ノート7月5日版 ヘッドライン)

ダークからライトへのQ+を覚える1週間

アメリカは臨死体験をしています。
今後数日、数週間、数か月にわたって、もっと多くの地獄を見ることができます。

それはまだ終わっていない。ガッツパンチが来ています。先にドラマがあります。
…フアン・オ・サヴィン

 

イベントは7月5日に始まります。

 

「私たちの名誉のために。私たちの子供たちのために。
私たちの組合のために。私たちは私たちの歴史、遺産、

そして偉大な英雄を保護し、保存しなければなりません…
私たちは暴君化されることはありません。
私たちは侮辱されることはありません。
そして、私たちは悪い、邪悪な人々に脅かされることはありません…
私たちは独立宣言の理想を宣言し、

1776年7月4日の精神と勇気と大義を決して放棄しません。」

…トランプ大統領[2020年7月4日]、ラシュモア山

 

(引用先:2022年7月5日現在、GCRを介して共和国を復元

 

トランプ大統領独立記念日式典 2020年7月4日ラシュモア山

 

スポンサーリンク

スイス・CERN(欧州原子核研究機構)の正体の暴露!

今回のジュディ・ノートではスイスのあるCERN(欧州原子核研究機構)に関する投稿が中心となっています。

CERNは、地下トンネルを通じてスイスから、中東、ウクライナ、バチカン、スウェーデン、北極にまで通じていました。

そのCERNの正体と7月5日に解体を示すような内容です。

DSの最終兵器を完全に解体するイベントなのではないでしょうか?

内容を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート7月5日版より 抜粋)

ジュディメモ:

スイスのCERN本部のうちCIAは、薬物、武器、人間、子供の人身売買に加えて、過去1世紀以内にすべての偽色革命につながる世界中の大統領、首相、世界の指導者の殺害を実行しました。

7月5日、CERNの大型ハドロン衝突型加速器粒子加速器が前例のないエネルギーレベルで陽子を一緒に粉砕し始めます。

大型ハドロン衝突型加速器は前例のないエネルギーレベルまで回転します

7月4日投稿記事 ピエール・セレリエ氏

 

CERNは、理論的に惑星地球を破壊する可能性のある将来の終末論的な出来事(たとえば、小惑星攻撃、生物学的パンデミック、核テロ攻撃、第三次世界大戦など)の最終的な責任を負いました。

これは、まさに中央情報局に期待されることです( CIA)。

ジュネーブトンネルシステムは、CERNをヨーロッパから中東、ウクライナ、バチカン、スウェーデン、そして北極の地下基地まで接続しました。

バチカンのトンネルシステムは、かつて社会から隠された60マイル以上の本/地下図書館を収容し、元々は大聖書の一部であった54冊の隠された本を含んでいました。

すべてはホワイトハットによって奪われ、同時にバチカントンネルから650プレーンロードの金を取り出し、グローバル通貨リセットのために、さまざまな国の正当な所有者に返しました。

2012年の初めに、ホワイトハット軍事作戦はCIA CERN施設に侵入しめ、超高速リニアモーターカーを使用して世界中のヨーロッパ大陸を接続する地下トンネルシステムの広大なネットワークを標的にして破壊しました。

2014年までに、300人を超える軍事オペレーターがディープステートCERNオペレーションに侵入しました。

2017年までに、CERN内および原子力エネルギーを収容していたトンネル回廊の外からの妨害は、特殊部隊によって解体されました。

ジュネーブ湖の下で短い戦いが起こり、真夏までにスーパーコンピューターがミルの手に渡った。ホワイトハット。

2019年までに、ホワイトハットはCERNを完全に管理していました。

CERN内の技術は、ロズウェルクラッシュとテスラ技術に深く関係していました(どちらもタイムトラベルを接続します。ロズウェルUFO技術は、地球の地殻から400マイル下のポータルへの扉を開きます)。

*解説:この投稿では、CERNが原子炉の研究エンジニアの養成だけではなく、DSによる最終兵器として世界中の破壊行為の巣窟であったと説明しています。

そして、地下トンネルはスイスから北極までにおよび建設されていたというのです。

ホワイトハット軍は、2012年からCERNに侵入を開始して、2017年までに解体し、完全管理下に置いていたというのです。

バチカンを経由する地下トンネルには、封印された隠された書物とバチカンが盗んでいた金を押収して正当な国に返還したようです。

次の項では、CERNを支配していたCIAがスイスに本部を置きCERNを隠れみのとしてきた、秘密が暴露されています。

(CERNの地下トンネル)

 

スポンサーリンク

CERNはCIAの本拠地だった!CIAとCERNの関係とは?

CERNを支配していたのはCIAであるという。

米国のCIA(中央情報局)の本部はなんとスイスにあったのです。

それも、CERNのすぐ近くに存在し、レマン湖の海底に存在しているのです。

CIA=CERNの本部であるという内容を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート7月5日版より 抜粋)

CIAのCERNホーム:

一言で言えば、Cernはエンジニアの作成をリバースエンジニアリングする試みでした。

うまくいきませんでした。

それが原因で起こったことは別の次元からのものでした。CERNが終了しました。

このビデオは数年前のものです。素晴らしいビデオ。https://www.youtube.com/watch?v=Kk0Ax6Mlw4w

CIA本部: CERNは世界で最大かつ最先端の核および素粒子物理学研究所であるため、極秘施設のセキュリティは地球上で最も厳格です。

したがって、それは唯一の中央情報局(CIA)への入り口を隠すのに最適な場所です。

2015年3月31日に最初に描かれたように、「スイスがCIAの本拠地である10の理由」と題されたTruther.orgのレポートは、スイスが実際にCIAを収容していることを確固たる証拠として示しています。

しかし、CIA本部がスイスのどこにあるのかは、今まで謎のままでした。

要するに、CERNは、レマン湖の水中アルパイン峡谷にあるCIA本部への秘密の入り口として機能します。この湖は、潜水能力で知られるロシアの潜水艦であるミール1とミール2が探検しなければならなかったほど深い湖です。 〜6,000メートル(19,685フィート)。

(筆者注釈:「スイスがCIAの本拠地である10の理由」の記事と関連情報を集約した記事を解説の後に記載ておきます)

 

レマン湖の下にあるCIA本社には、CERNからの地下鉄と、イタリアのジェノヴァで始まりジュネーブ湖で終わる275 km(170マイル)の地下トンネルを通過する潜水艦を経由してのみアクセスできます。

サブバイオスフィア2は、ジュネーブ湖の下にあるCIA本部をモデルにしているようです。この概念は、サブバイオスフィア2が、明らかに中央コマンドセンターとして機能するビッグヨーロピアンバブルチャンバー(BEBC)を模倣しているという事実に基づいています。

長さ26.659キロメートル(16.6マイル)のCERNのLEPトンネルは、確かにスイスとフランスを通過し、おそらくCIA本部に向かう途中です。偶然にも、CERNは、CIA本部が明らかに位置するジュネーブ湖の中心から約27 km(つまり、北緯46度27分19.8インチ東経6度36分01.9インチ)にあります。

したがって、CERNのLEPトンネルは、スイスのジュネーブ郊​​外からジュネーブ湖の真下にあるCIA本部まで毎日通勤電車がCIA個人をシャトルする地下トンネルの政治的カバーであるように思われます。

CIA本部は、CERNのいわゆる実験サイトの1つである「ノースエリア」として明らかに知られています。

伝えられるところによると、北エリアは、SPS加速器での非衝突実験のターゲットステーションであるとされるプレベシンサイト内で最大の実験サイトです。

ジュネーブは本質的にCIAの要請で冥界を運営しており、「グローバルシティ」のニックネームが付けられています。

CERNがジュネーブ湖の下のCIA本部への秘密の入り口であるという考えは、2013年の時点でCERNには2,513人のスタッフと、12,313人のフェロー、アソシエイト、見習いがいて、その大部分がCIA個人であるという事実によって裏付けられています。

バージニア州ラングレーのCIA本部の空中写真に見られるように、CERNには主要な駐車場がないため、毎日約15,000人がCERNおよび/またはCIA本部に通勤していることを考えると秘密の地下鉄で通勤する必要があります。

CERNのスーパーコンピューターが武器として使用されているという概念は、バチカンに対する武器で使用されているCERNで作成された反物質を描いたダンブラウンの小説「天使と悪魔」(2000)で予見されています。しかし実際には、CERNはすべての人類に対する武器として使用されています。

CERNが冥界の混乱と恐怖を調整する責任があるという考えは、差し迫った終末論的な人工小惑星攻撃が「CERNの大型ハドロン衝突型加速器によって開始される」と述べた2015年6月7日のレポートによって裏付けられています。

2015年6月8日付けの二次報告では、CERNの科学者は「ブラックホールを引き起こす」可能性があり、「CERNロゴは666 –獣の印」は、理論的には「終末」イベントを引き起こす可能性があると述べています。ローマカトリック教会の黙示録の本の中で。

要するに、CERNは、理論的に惑星地球を破壊する可能性のある将来の終末論的な出来事(例えば、小惑星攻撃、生物学的パンデミック、核テロ攻撃、第三次世界大戦など)に最終的に責任があります。インテリジェンスエージェンシー(CIA)。

CIAが最も多くの薬物、武器、人間、子供の人身売買、大統領、首相、世界の指導者の殺害を過去1世紀以内に偽色革命に導いたことで、社会がまだFacebookや多くの社会を理解していないのは不思議ですメディアネットワークは、CIAおよびDARPAプロジェクトによって作成されました。

ジュネーブトンネルシステムは、社会から隠された60マイル以上の本/地下図書館を収容するバチカントンネルシステムに接続し、元々は大聖書の一部であった54冊の隠された本を含みます。

これらのトンネルシステムは、ヨーロッパを経由して中東に、ウクライナを経由してスウェーデンに、そして北極の地下基地に接続します。

2014年の初め以来、軍事作戦は地下トンネルシステムの広大なネットワークを標的にして破壊してきました。

2017年に、完全な操作が世界のトンネルシステムを破壊し、暗闇の中で生まれたものを解放し、何千年も前に生まれた悪魔、悪魔、蛇の人々の聖書の記述にまでさかのぼるディープステート帝国に終止符を打ち始めましたアンダーワールド。

これは、ジュネーブ湖の下にあるCIA本部が過去715年間に冥界で目撃された暗殺、テロ攻撃、戦争の事実上すべてを実行する責任を負っていたのは偶然ではありません。

正確にはCIAデススターが何であるか、またはCERNの上にどのように到着したかはまだわかっていませんが、Trutherに示されているように、2015年3月31日に歴史上初めて吹き飛ばされたスイスCIAの表紙と偶然に一致しました。

「スイスがCIAの本拠地である10の理由」と題された組織レポート。

推測に過ぎませんが、惑星地球の唯一の力(つまり、グリーンランドのローマ帝国)は、地上のCIAミニオンが発見するのを防ぐために、CIA本部の司令部をCERNの上のCIAデススターに昇格させることを決定したようです。

彼らが実際に担当していないこと。

言い換えれば、スイスのCIAは、グリーンランドのギリシャローマ帝国の要請で冥界を運営しています。

その結果、CIAの運用上のカバーが歴史上初めて吹き飛ばされた後、CIAの本部は危害を加えることなくCIAデススターに移されました。

2019年までに、ホワイトハットの軍事作戦がCERNを完全に支配しました。

CERN内の技術は、ROSWELLCRASHおよびTESLACLASSIFIED技術と深く関連しています(どちらもタイムトラベルを接続します。RoswellUFO技術は、別の海と隠された社会を収容する地球の地殻とマンテルの400マイル下のポータルへの扉を開きます)

JesuitsArmyとNapoleonの血統の子孫でFBIを作成するのを手伝うフランスのROTHSCHILDsEliteファミリーは、1900年代に米軍から技術を盗みました…。長さは17マイルで、時間を再現する力があり、癒しの特性があり、宇宙全体と地球の最も内側の惑星の秘密を通して文明を結び付けます。

*解説:スイスCIA本部は、はるか昔のローマ帝国からの要請を受けて作られたという説である。

そして、過去715年の戦争や暗殺に関与してきたという。

確かに、海底に建設して、専用の地下鉄でしか往来のできないことが既に怪しいです、

そして、その存在をも秘密にしていたのです。

2513人ものスタッフが勤務するCIA本部。

その世界最大のDSの巣窟がこれから、表に出てくるのでしょう。

その前に、7月4日の独立記念日の後にインテル関連のサイトから情報発信したようです。

なぜ?CIA本部がスイスに作られたのか?その疑問は↓の記事を視聴してみてください。

 

*スイスCIA本部解体の記事は下記になります。驚愕の事実が公開!

イルミナティ・スイスCIA本部を解体!CERNレマン湖海底で地震!

 

スポンサーリンク

まとめ・・・イベントは7月5日に始まる!スイスCERNとCIAの陰謀が暴露!

スイスCIA本部がレマン湖の海底にあり、秘密の地下鉄でしか往来できないという。

そして、CIA本部を隠すように建設されたCERN。

7月5日CERNの大型ハドロン衝突型加速器粒子加速器が陽子を粉砕する!という表現。

その意味とは?

アメリカ独立記念日の翌日である7月5日に、ローマ時代からの要請を受けて建設されたCERN(悪を象徴する施設)が作戦が失敗して、自らを自爆するように粉砕された。

という意味ではないでしょうか?

キリストの時代から、DS勢力は金貸し業を廃止したイエスを十字架につけた。

その後、金融制度を利用して金利という利権をむさぼる。

世界を分断と戦争により、戦争兵器による利権でさらに私腹を肥やし、メディア戦略も併用してきた。

ウイルス兵器による、恐怖とパンデミック詐欺により、医療利権を得てきた製薬業界と医療業界。

1963年のJFK暗殺移行、一部の軍による有志が集まり、ホワイトハット軍が創設されて、通信技術を利用したDS勢力の陰謀の察知しての正義の逆転劇が展開されてきた。

人工削減というNWO作戦が失敗したのである。

ついに、DSの採取兵器の象徴ともいえるCERNの大型加速器による陽子の粉砕のメッセージです。

皆様はどのように感じましたでしょうか?

これから、起きる出来事に目が離せません。

記念すべき2022年7月を体感していきましょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

 

*QFSに関する記事は↓をみると良くわかります。

 

タイトルとURLをコピーしました