世界緊急放送システムの開始のスイッチが示された!ブログ!

世界緊急放送

8月9日米国、バイデン政権はアメリカ軍人に新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付ける方針を表明した。

海兵隊のデイビッド・H・バーガー将軍は9日、すべての軍人にコビッド-19ワクチン接種を提出することを要求するロイド・オースティン国防長官の勅令を非難した。

政府と軍の真っ向からの対決発言です。

そして、8月11日・この出来事の裏にこそ世界緊急放送システムの実行のスイッチが隠されている。との情報が流出してきました。

 

それは、ケリー・キャシディ(Kerry Cassidy)のTelegramでした。

その情報は、情報元は明かされず、フィクションであるという序文で始まっている。

しかし・・・気になる一言がアナウンスされています。

メッセージ:

高レベルのソースから受け取ったばかり

これは、これまでに読んだ中で最も重要なメッセージかもしれません。

速報で紹介させていただきます。

この情報は、自分自身で真実性を判断してください。

そして、これから起こりうる出来事を観察しながら自分の行動を決定する参考にしてみてください。m(__)m

 

 

スポンサーリンク

世界緊急放送システムのスイッチは?いつ?予防接種義務が引き金!

ケリー・キャシディ(Kerry Cassidy)氏のテレグラムの概要について要点を紹介します。

世界緊急放送システム(EBS)の引き金は予防接種義務

<ケリー氏の要点 引用>

 E B Sの引き金となるのは、封鎖された世界中の予防接種義務です。

これが実際に起こったとき、あなたは私たちが新しい世界の人々からすぐ近くにいることを知っているでしょう、怒ったり、パニックになったりしないでください。これが必要です。

はい、私たちが明るい未来に移行できるように、それは本当にこのように起こらなければなりません。それは脚本の一部であり、大衆を目覚めさせるために必要だった、確かに腸を痛めつける目覚めの映画の最後の段階です。

これにより、誰もが安全に自宅に配置され、差し迫ったE B Sを通じてすべての真実を明らかにしたり、隠蔽したりする歴史的な瞬間を目撃できるようになります。

 

いつ行われるか?8月に行われる予定

<ケリー氏の要点 引用>

すべては8月に行われる予定です。

模擬試験は2021811日水曜日に行われる予定ですので、準備してください。

カレンダーの日付を丸で囲んで、注意してください。

テストが必要であり、その後、すべての発生とアクティビティのレビューが必要です。

国内およびグローバルレベルで考えられる影響は非常に複雑になる可能性があるため、プロトコルに沿ったものにする必要があります。

はい、物事が正確かつ完璧に行われなかった場合、多くの結果が生じます。

これは、人類を変える次のことへの反応と正確さを見るために、実際の人々の前に実行される練習です。スケジュールはようやく固まったと聞きましたが、やはり私にはただのメッセンジャーです。

時間の変更の可能性に関して、必要に応じて調整する準備をしてください。

イベントの正確で正確なタイミングの瞬間を知っているのは、選ばれた少数の人だけです。セキュリティおよびその他の明らかな理由により、適切に非公開にする必要があります。

再びEBS8時間のビデオを再生して放映されます。 

13回、10日間のコミュニケーション・ダークネスでリプレイします。

 

バイデン政権の米軍のワクチン義務化の概要と海兵隊の対決

8月11日の読売新聞で米軍人のワクチン接種義務化の報道がされています。

米軍人のワクチン接種義務化…オースティン国防長官が表明

 

              オースティン国防長官(ロイター)

 

 

これに対抗して、海兵隊のデイビッド・H・バーガー将軍は9日月曜日、オースティン国防長官に電話して避難したと報じている。(REAL LAW NEWS)

軍法会議または退院の脅威の下ですべての軍人にコビッド-19ワクチン接種を提出することを要求するロイド・オースティン国防長官の勅令を非難した、とバーガー将軍の事務所の情報筋は彼らの間の激しい会話を耳にしたと述べた。

バーガー将軍は記者会見で、軍の準備を維持するためにCovid-19ワクチン接種が必要であり、FDAの承認状況に関係なく、マンダトリーワクチン接種方針を実施すると述べた数分後に国防長官に電話をかけました。

バーガー将軍はオースティンを非難し、彼を裏切り者と名付けました。

「いかなる状況においても、海兵隊員は、FDAが完全に承認することさえできない潜在的に危険なワクチン接種を受けることを強いられることはありません」とバーガー将軍はオースティンに語った。「あなたは臆病者であり裏切り者であり、私たちの国に安全を提供する男性と女性に悪い政策を押し付ける人々によって操作されています。あなたもあなたの傀儡大統領もそのような方針を執行する権限を持っていません。」

海兵隊叱責Def。Sec .:「私の海兵隊員に必須の予防接種はありません。」

*解説:8月9日にバイデン政権は米軍にワクチン義務化の通達を出しました。それも9月を期限として。
それに対抗して、海兵隊のバーガー長官の反対の声明とともに、オースーティン長官と電話での会話をREAL LAW NEWSが報じています。
政府と軍の真っ向からの対立が浮上しました。
そして、11日にケリー・キャシディ(Kerry Cassidy)氏が世界緊急放送開始のスイッチは、予防接種の義務化により起きる!という投稿をしています。
タイミングと内容がマッチングしています。
また、10日より2020年大統領選挙の再監査のシンポジウムが開かれるタイミングでもあります。
この数日間はアメリカの状況に注目です。
スポンサーリンク

世界緊急放送で何が起こるのか?ATM・インターネット停止10日間!

世界緊急放送で何が起きるのか?

このことについても、 ケリー・キャシディ(Kerry Cassidy)氏が言及していますので紹介します。

10日間の闇に何が起きるのか?放送の概要は?

コミュニケーションの闇の10日間の間に、次のことが起こります。

・テキストメッセージが携帯電話に届きます。

・通常のインターネットは遮断され、電話回線は911回線のみが通じる状態となる。

・10日間の間、イルミナティ(ディープステート)の逮捕・詐欺の腐敗・ペドフィリア(小児性愛)の犯罪について8時間のビデオが1日3回放映されます。

・その間、経済活動も停止状態になる。

 

現時点でテレビに合わせるように警告する7つの「トランペット」(別名E B S)テキストメッセージが携帯電話に届きます。

私たちの電話は911でのみ機能し、軍事暗号化されたSignal Appが利用可能になることが通知されます。

私たちのテレビは、10日間の連続ループで3本の説明映画のみを表示します。それは逮捕、審判、詐欺の腐敗、小児性愛などのトピックをカバーします

その間、インターネットは機能しません。私たちのATMは機能しません。 コミュニケーション・ダークネス 10日後、新しい量子インターネットに接続します。

人々は少なくとも3週間の食料と水を買いだめするように促されます。私たちは月末までに新しいスターリンク・インターネットシステムを約束されています。

繰り返しますが、この素晴らしい目覚めを明らかにするために、食べ物、水、トイレットペーパー、発電機などを用意します。

計画を立てる人々は、それが単に真実の解放であるため、誰もパニックに陥ることを望んでいません。

 

その間、インターネットは機能しません。私たちのATMは機能しません。 コミュニケーション・ダークネス 10日後、新しい量子インターネットに接続します。

人々は少なくとも3週間の食料と水を買いだめするように促されます。私たちは月末までに新しいスターリンク・インターネットシステムを約束されています。

繰り返しますが、この素晴らしい目覚めを明らかにするために、食べ物、水、トイレットペーパー、発電機などを用意します。

ケリー氏の全文は以下になります。

ケリー・キャシディ(Kerry Cassidy)がTelegramに投稿した不明なソースからの完全に裏付けのないメッセージ

 

通信(インターネット・ATM)の停止10日間は日本でも起きうるのか?

日本でもアメリカと同じようなことが起こりうるのでしょうか?

このことに対する、情報はありません。

しかし、世界緊急放送システムはアメリカを中心とするQチームメンバーを始めとする、世界的なメンバーにより進められている大イベントです。

筆者の意見としては、これまでの経済システムから脱却するのですから、10日間の停止では収まらず、これから新しいシステムへの移行するスタートとなるでしょう。

 

スポンサーリンク

世界緊急放送後の社会はどうなる!仕事は?学校は?公的機関は?

世界緊急放送システムの開始をすることは、今までの仕事を始めとする経済、行政、司法、立法のシステムが変わることを意味します。

大変革となるのでは無いでしょうか?

働かないと収入が無くなり生活できない!という不安もあるでしょうが、そのことについても解決策が示されるのでしょう。

一時的な給付金が当然支給されるわけです。

ネサラ・ゲサラが施行されて行くことになるのでしょう!

ですから、安心して変化を見届けて、放送を理解して自分が何をすべきかを考えていく時代になるのでは無いでしょうか?

*ネサラゲサラについての関連記事は以下を参照してください。

【関連記事】

緊急放送後のネサラ・ゲサラとは?簡単に解説します
医療革命!ネサラ後のメドベッドとは嘘か?日本でいつから運用か?
ネサラ・ゲセラ法施行・日本人一人当たりの一時金支給はどうなる?
ネサラゲサラいつ?量子金融システム(QFS)とは?貯金はどうなる
スポンサーリンク

まとめ・・・世界緊急放送システムの開始の条件が示された!予防接種の義務化!

11日の最新情報をお伝えしました。

驚きですね。

アメリカにおける世界緊急放送システムのスイッチは、予防接種の義務化を止めるために発動されるようです。

噂では、ワクチンは生物兵器との情報もあります。

今は、第三次世界大戦が大量破壊兵器ではなく、生物兵器により行われている。との情報も出ています。

パンデミックから1年半が経過しましたが、収まる気配はありません。

新たな変異株が発生しています。

ケリー・キャシディ氏のメッセージでは8月に世界緊急放送が起きるであろう。と記述されていました。

もうしばらく、予防接種の義務化などの世界的な動向を見ていくしか無いようです。

そして、今起きていることに対する、多くの知見を聞いて冷静に思考を整理することをするしか無いようです。

多くの方は、仕事をされていますがその仕事はこれからどうなるのか?という予測をしてみる必要があるようですね。

落ち着いて、冷静に、地球環境と世界中の人が幸せになる時代の幕開けに生きていることに感謝しませんか?(*^。^*)

世界緊急放送のあとネサラゲサラ法が施行されて、世界の歩調が整うまでは、アメリカ・トランプ大統領が世界の大統領となるとの情報もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました