GCR・資金のリリースが開始された!ブランソン訴訟の結末が迫る!

GCR量子金融システム

12月26日のジュディ・ノートにて、GCR・NESARAの開始についての新情報が掲載されました。

そして、注目されるブランソン兄弟の提訴の案件についても結末が近づいている内容の掲載もありました。

GCR・資金がリリースが開始!NESARAは12月26日までに開始された!

ブラン訴訟の結末が迫る最新情報!

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート12月26日版 ヘッドライン)

Judy Note:

資金はグローバル通貨リセットのためにリリースされており、

元に戻すことはできません。

Tier4B (私たち、インターネット グループ) は、

近い将来の予定について通知を受けるために列に並んでいました。

2023 年 1 月 1 日から聖年が始まります。

 

(引用先:2022 年 12 月 26 日の時点で GCR を介して共和国を復元

スポンサーリンク

GCR・資金がリリースが開始!NESARAは12月26日までに開始された!

12月26日版のジュディ・ノートを注意深く読むと、そこにはGCR・NESARAのリリースが開始されたという記述がありました。

その関連する部分を抜粋して紹介します。

(以下 ジュディ・ノート12月26日版より 抜粋)

ジュディ・ノート:

NESARA/GESARA は一部の組織が支払いを受け、一部の組織が社会保障の小切手を大幅に引き上げたことから始まったと考えられています。

グローバル通貨リセット:先週は次のように考えられていました:

ドバイ 1 および 2はソブリン バイヤーに支払われます。

コードと資金のリリースとともに、イエロー、ゴールド、レッド ドラゴン ボンドとドイツ ボンドがリリースされました。

いくつかのより高いアップが支払われました。

NESARA/GESARAは12 月 26 日、25 日、26 日の日曜日に開始するように設定されました。

国内のニュース発表によると、イラク国民は再評価を祝っている。

ブルースによると、Tier4B は今週通知を受け取るように設定されていました。

2023 年 3 月までに世界のすべての通貨を 1 対 1 で交換することが目標でした。

この状況は最大 5 年間続くと予想されています。

ゴルディロックス:イラクは、電子バンキング メカニズムの導入を進めています。

彼らはKYCのプロセスを開始しました。

KYCはKnow Your Customerの略です。

これは、人々を銀行に接続するために電子的に記入されるフォームです。

また、個人のリスク要因を特定して、不正行為の一部であったかどうかを判断します。

KYC 手順は、個人情報の盗難、マネー ロンダリング、金融詐欺、テロ資金供与、およびその他の金融犯罪の防止に役立ちます。

イラクは、これまでに見たことのない方法で明らかに国際舞台につながっています。

KYC プロセスにより、ボタンを押すだけで銀行システムの通貨やその他の取引を利用できるようになります。

1 月初旬、OCC はオフィスをデジタル トランザクションに開放し、新しいスタッフを採用して、この新しいデジタル資産に支えられたグローバル トランスフォーメーションの監督を支援します。

(筆者注釈:OCCとは・《Office of the Comptroller of the Currency》国法銀行や連邦貯蓄金融機関の認可・規制・監督を行う、米国財務省の外局。米通貨監督庁。)

(引用先:2022 年 12 月 26 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:12月25日〜26日に開始されるように設定されたという。

おそらく、GCRのリリースのメデイアによる公表は、もう少し先行うと思われます。

しかし、完全移行されると従来の紙幣は取引ができなくなることから、交換に間に合うギリギリのタイミングとなるのかもしれません。

噂では、ドル紙幣の交換期限は2023年1月31日とも言われています。

日本円紙幣については、米国の切り替えの後になる可能性が高いようです。

 

*NESARA-GESARAはすでに世界中で実施されており、国に支払われたすべての違法な税金に対して、各人を金で返します

 

スポンサーリンク

ブランソン訴訟の結末が迫る最新情報!

ホワイトハットによる、作戦のお大きなイベントはブランソン訴訟に絞られてきました。

388人もの議員が起訴されるわけですから、議会も閉鎖される事態となります。

ブランソン訴訟に対する進展の情報を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート12月26日版より 抜粋)

ジュディ・ノート:

壁は、バイデン、オバマ、クリントン、FBI、CIA (ロックフェラーの連隊) に迫っていました。彼らは、最高裁判所がブランソンの事件を調査し、軍事作戦が近づいていることを知っています。

ディープ ステートの最後のチャンスは、選挙が国家安全保障上の脅威であるという SCOTUS の主張を回避するための主要な世界的危機でした。

ブランソン・ブラザーズはプロのトランペット奏者であっただけでなく、バ​​イデン、ハリス、ペンス、ペロシを含む 388 人の連邦議会被告に対する訴訟で、最高裁判所で SCOTUS ビルのドアを吹き飛ばす準備ができていました。

2020年の選挙を証明する. 憲法について話すロイ・ブランソン

再建された共和国:

ショファルは、独特の音色を持つトランペットです。聖書にはさまざまな文脈で72回言及されています。ジョシュアとイスラエルの人々の征服の説明では、ショファルを吹き飛ばした後、ジェリコの壁が崩れ落ちました。「その日、大きな角笛が吹かれる」。(イザヤ 27:13)。

この国に正義をもたらすためにショファー奏者が必要だったとしたら、それは今日です。

ありがたいことに、ブランソン ブラザーズはプロのトランペット奏者であるだけでなく (ジョニー カーソン ショーにも出演しています)、現在最高裁判所で SCOTUS ビルのドアを吹き飛ばす準備ができています。

ブランソン夫妻は、バイデン、ハリス、ペンス、ペロシを含む 388 人の連邦議会の被告に対して、2020 年の選挙を承認する前に不正選挙の申し立てを調査しなかったとして、国を目覚めさせるための衝突の道を歩んでいました。

バービーとケン・クロマーは、ロイ・ブランソンから7軒の家に住んでいて、ブランソンに4つのショファーを贈る手配をしました。

ブランソン・ブラザーズに義務はありませんが、私たちのほとんどは、ロイ、ラランド、デロン、ゲイナーに「ブラウズ・ブラザーズ・ブランソンを吹き飛ばしてください、吹き飛ばしてください!」と言うだけです。

ブランソン氏の請願を支持し、最高裁判所判事にこの件について有利な判決を下すよう依頼する手紙を書くことで、憲法を守るための戦いを支援することができます。

手紙の宛先は、アメリカ合衆国最高裁判所、1 First Street, NE, Washington, DC 20543 です。

コピーを Brunson Brothers に送信します(これにより、SCOTUS への手紙の数を追跡できます)。最高裁判所の費用として 1 ドルを添えてください。住所は Loy & Raland Brunson, 4287 South Harrison Blvd, #132, Ogden, Utah 84403 です。

ソファー – ブランソンの唇に吹く天国のトランペット: www.CedarHillsCitizens.org/Shofar-a-Heavenly-Trumpet-the-Voice-of-God-on-the-Lips-of-the-Brunsons/

2022 年 12 月 18 日、Brunsons に関する Mike Huckabee の記事: https://www.publicnow.com/view/3E3844F9BA83F1CEC2C3E5B47731B3DC47A5DC21?1671379168

憲法に関するロイ・ブランソン: https://www.youtube.com/watch?v=vnSgPkbaDqk

マスクはツイッターCIA、ペンタゴン、FBI、バイデンズを暴露していた。

議会は、フェイスブック、グーグル、マイクロソフトがディープステートの機関に大きく浸透していることを追及していました。

MUSK は現在隠蔽されている主要な証拠を保持しているため内部の諜報機関は、ペンタゴン、CIA、FBI、DOJ のトップ内部告発者と共にパブリック ドメインにヒットする大量の情報を漏らしています。

ドロップする何百ものストーリーの強力な猛攻撃は、MSM では隠蔽できず、報告を余儀なくされます。

MSM は間もなく選挙の暗示のキルボックスに入り、隠蔽 も CIA FBI DOJ からの指示を受けており、議会は 2023 年に MSM を追跡することを目指しています

(筆者注釈:MSMとはメインストリームメディア 別名:主流メディア

【英】mainstream media, MSM)

2020年の選挙のこの大規模な嵐が、バイデン、FBIなどを追及するSCOTUSと議会によって再浮上するにつれて。

パンデミック、ワクチン、ファウチは、世界規模で大規模に明らかにされていました。

すべてを明らかにする大規模な嵐が来ていました。

陰謀団が邪悪なゲームの中に自分自身を閉じ込めるために巧妙な計画が設計されており、人々はこれらのイベントがお金の崩壊を通じて展開するのを見る必要があります。

(引用先:2022 年 12 月 26 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:ここまでの情報では、ブランソン訴訟に関連する現在のバイデン政権、民主党による2020年選挙不正の操作、 FBI・国防省・CIAを使ってのtwitterやSNS関連組織の検閲行為もイーロン。マスク氏により暴露されました。

残るところは、MSM(メデイア)の偏向報道に対する追跡があるようです。

次に、2020年大統領選挙の不正を最高裁が裁定を遅らせてきたのは、ホワイトハッ軍の作戦だったとい愛内容が掲載されていますので紹介します。

(以下 ジュディ・ノート12月26日版より 抜粋)

ホワイト ハット インテル:

Roe 対 Wade の判決を覆した後、米国最高裁判所は実際に Brunson Brothers の訴訟を求めました。

最高裁判所のロバーツ首席判事はターンコートでした。2019年、彼は将来の同盟計画に参加することを余儀なくされました。

(筆者注釈:ターンコートとは裏切り者を指します。ロバーツ判事はDSを裏切りホワイトハットの協力していた)

不正選挙後の2020年、米国にとって国家安全保障の脅威であった選挙への外国の干渉を含む選挙の汚職をSCOTUSが追及するのは時期尚早でした。

アライアンスはSCOTUSにディープステートの崩壊が始まり、Twitterファイルが削除され、FBIがキルボックスに入り、バイデン一家が人身売買の捜査を受けるまで待つように言いました。

これらの主要な転換点には、バイデンの米国経済の破壊とインフレが含まれており、何百万人もの米国市民が民主党に反対し、議会が下院を取り戻すことになる。

これらのイベントが発生するまでは、SCOTUS に青信号が与えられ、外国の干渉を含む国家安全保障の脅威に関連する選挙詐欺、ドナルド・トランプに対する軍事クーデターに関連する反逆罪を追跡することができました。

(引用先:2022 年 12 月 26 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:最高裁の最高判事であるロバーツ裁判官はターンコートとしてホワイトハットに協力しているという。

これまでの段階では、最高裁が2020年選挙不正を認定しても米国内の民主党支持層と共和党支持層で分断が起きてしまうことを懸念して意図的に最高裁の裁定を遅らせてきたようです。

最高裁がブランソン訴訟を裁定するタイミングはいつか?

それは、この後に行われる、MSMの報道がバイデン政権と民主党と政府組織の情報操作が暴かれて、一般民衆が議会から民主党を追放する時であると言います。

その時は近いのではないでしょうか?

これから、1・2週間で起きてくるように推測されます。

その起爆剤の投下も、マスク氏が暴露するのでしょうか?

イーロン・マスク氏には注目ですね。

*twitterファイル・1〜9の関連記事は下を視聴願います。

*パート1 twitterの検閲は一部の上級幹部によって行われた。バイデン・民主党が関与!

 

*パート2 twitter社内に検閲対象者のブラックリストが存在していた!

 

*パート3 twitter2021年1月6日から1月8日のトランプアカウント停止に至る社内メモ!

 

*パート4、5 twitter社内の判断はポリシー違反無し・しかしトランプアカウント停止

 

*twitterファイル・パート6・FBI 80人が検閲に関与!

 

*twitterファイル・パート7・FBI はハンターのPCを隠蔽!

 

*witterファイル・パート8・twitterは国防省を支援!

 

*twitterファイル・パート9・twitterとその他政府機関

 

スポンサーリンク

まとめ・・・GCR・資金のリリースが開始された!ブランソン訴訟の結末が迫る!

2022年のXmasが終わり、26日のジュディ・ノートでの最新情報から読み取れる出来事を紹介しました。

GCRは水面下ですでに行われて、11月の中央銀行閉鎖からDS資金を枯渇するためのウクライナ紛争が続いています。

この紛争では、DS資金だけでなくNESARA社会では不要な軍事兵器も消耗させています。

残されたのは、急進左派勢力と呼ばれるこれまでの不正の暴露に一般民衆が目覚める段階に入ったいます。

米国では、バイデン、民主党、政府組織のFBI、CIA、国防省とメディア、SNSの言論統制とプロパガンダです。

残された、主流メデイア(MSM)の言論統制の暴露が行われれば、いよいよ最高裁が動くGoサインが出されるタイミングとなりそうです。

また、これまでにDSの逮捕された人物が、クローン、またはマスクをつけてボディ・ダブルとしてメデイアに登場しているのも暴かれる日は近いようです。

噂される2023年1月31日のドル紙幣の無効化のタイミングがリミットになると良いですね。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*クローンに関する記事はこちらを参照願います。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました