バイデン息子ハンター画像がメディア流出!崩壊するカバール政府!

イルミナティ

 7月13日から16日まで、米・バイデン大統領は中東を歴訪する。

目的は2つ、サウジアラビアの石油の増産の依頼と敵対するイランに対抗するために、イスラエルとサウジアラビアの関係改善の仲介だという。

インテル情報では、間もなくバイデン政権をはじめとしたカバール政府の崩壊の情報も出ました。

バイデン大統領の息子のハンターのスキャンダル画像も大量に流出しました。

バイデン大統領が帰国する頃には、支持率は30%を下回ることも考えられます。(6月の支持率39%)(最新情報では7月9日支持率29%)

バイデン大統領・中東歴訪が失敗する危険とは?

ハンター・バイデンのスキャンダル映像とは?

崩壊するカバール政府の最新情報!

以上について紹介します。

 

NHK国際ニュースより転載

 

*バイデンの承認率が史上最低の29%に達する

-Civiqs世論調査 バイデンの仕事の承認 29%を承認する 58%を不承認

無所属 19%を承認する 67%を不承認

ヒスパニック 36%を承認する 48%を不承認 07/09

 

スポンサーリンク

バイデン大統領・中東歴訪が失敗する危険とは?

アメリカのメディアは、7月13日からのバイデン大統領の中東の歴訪は、「悪い選択ししかない」と報道しています。

そう答えるのは、NHK国際ニュースナビの7月13日の記事で紹介されました。

その概要を紹介しておきます。

(以下 NHK国際ニュースナビ7月13日版より 抜粋)

「悪い選択肢しかない」。
アメリカのバイデン大統領が今週、サウジアラビアを訪問することについてアメリカのメディアはこう報じました。
なぜ「悪い選択肢しかない」のでしょうか?
にもかかわらず、なぜ訪問に踏み切るのでしょうか?

各地で取材する記者たちがわかりやすく解説します。

(ワシントン 辻浩平・ドバイ 山尾和宏・エルサレム 曽我太一)

なぜ「悪い選択肢」しかないの?

原油価格を抑えるために産油国に生産を増やしてもらうのは、自然なことのように思えます。
なぜこれが「悪い選択肢」なのでしょうか。

主な理由は2つです。

1つは今回の訪問でガソリン価格を引き下げるほどの増産につなげられるかどうかは不透明だからです。

アメリカのシンクタンク、ブルッキングス研究所のサマンサ・グロス研究員は次のように説明します。

ブルッキングス研究所 サマンサ・グロス研究員
「中東の産油国の増産だけでウクライナ情勢を受けたロシア産の原油の影響の分を補うのは難しいだろう。さらに産油国は原油の高騰で潤っているために増産の動機は生まれにくい」

グロス研究員は、訪問しても成果が得られなければ「弱い大統領」と見られるリスクを負うと指摘しています。

もう1つの理由は、人権状況をめぐる対立です。バイデン大統領はこれまでサウジアラビアの人権状況に厳しい目を向け、サウジアラビアを世界の「のけもの」にするとまで発言してきました。

そんな中でサウジアラビアを訪問するとなれば、バイデン大統領は「原油を得るために人権問題を棚上げした」と批判されかねません。

産油国は増産するの?

バイデン大統領は訪問先でサウジアラビアやUAE=アラブ首長国連邦、それにクウェートなどの産油国に対して増産を呼びかける予定です。

ただ、産油国側からすれば、アメリカの要請とは言え、原油需要を読み間違えて、原油価格の暴落だけは避けなければならず、増産については慎重に判断するものとみられます。

カギを握るのはサウジアラビアの意向です。

その理由は、サウジアラビアが世界最大の原油輸出国であるからだけでなく、「OPECプラス」と呼ばれる、主な産油国による生産調整グループを主導する立場にあるからです。

サウジアラビアが、原油の増産と自国の思惑をどう天秤にかけていくか、その対応が注目されそうです。

ほかには中東のどこを訪問する?

イスラエルにも行きます。

これは一言で言えば中東で影響力を拡大させるイランに対抗するためにイスラエルとアラブ諸国の関係を強化するということです。

イスラエルはすでに2020年以降、長年対立してきたアラブ諸国のUAE=アラブ首長国連邦やバーレーンなどと国交を正常化していますが、今後最大の課題とも言えるのが、サウジアラビアとの将来的な国交正常化です。

バイデン大統領は何をしようとしている?

イスラエルとサウジアラビアの間を取り持とうとしています。

サウジアラビアは「アラブの盟主」とも言われ、湾岸地域を含む中東地域において経済的にも地政学的にも大きな影響力を持っています。

イスラエルとしても、UAEやバーレーンに加え、サウジアラビアとも関係を改善できれば、敵対するイランに対する包囲網を築くことができると考えているのです。

仲介がイスラエル・パレスチナに与える影響は?

“アラブの盟主”サウジアラビアは、同じアラブの同胞であるパレスチナについて「パレスチナ問題の解決なくしてイスラエルとの国交正常化なし」というスタンスを取ってきました。

ただ、イランの台頭など、めまぐるしく国際情勢が変化し、アラブ諸国が次々とイスラエルと国交正常化するなかで、パレスチナ問題は置き去りにされているのが現実です。

バイデン大統領は今回、パレスチナ暫定自治政府のアッバス議長とも会談をする予定です。

(引用先:アメリカ バイデン大統領 なぜいま中東訪問? 思惑は?

*解説:今回の中東歴訪は、バイデン大統領は大失敗に終わるようです。

サウジアラビアのビル・サンマン王子はトランプ前大統領と精通しています。

したがって、今回のバイデン大統領の要請には答えないでしょう。

そして、イスラエル政府も現在は。辞任している状態な為、交渉できる相手はいないのです。

今回の歴訪は、バイデン大統領の外交政策の失敗により、大統領支持率の失墜を確定するモノになるのではないでしょうか?

 

カザリアのマフィアとエストニア、イスラエル、スリランカ、英国、アイルランドの政府は崩壊しました。

(ジュディ・ノート7月13日版より抜粋)

 

スポンサーリンク

ハンター・バイデンのスキャンダル映像とは?

7月11日よりハンター・バイデンのパソコンからスキャンダル画像が大量流出している。という情報が拡散されています。

今回は、Mail Online NEWS 7月11日版の記事を紹介します。

警告:グラフィックコンテンツ

DailyMail.comが入手した文書、テキスト、ビデオは、ハ​​ンターバイデンが5か月間に護衛に驚異的な3万ドルを費やしたことを示しています

ハンターは、疑わしい活動のために銀行による赤旗報告で指名されたエカテリーナ・モレバという名前のウクライナの女性に小切手を書いた、と文書は明らかにしている

JPモルガン・チェースが提出した疑わしい活動報告(SAR)は、ハンターの会社から数万ドルを受け取った後、モレバが関与する取引にフラグを立てました。

ハンターのiPhoneショーの写真は、モレバが提供する売春婦への医療サービスを装った小切手を書いたもので、そのウェブサイトは「ガールフレンド体験」を提供しています。 

ビデオと写真は、ハンターがボストンからニューヨークにこれらの女性を輸送するのを手伝って、彼と一緒に堕落した夜を過ごしていることを示しています–潜在的な連邦犯罪 

 

(筆者挿入:バイデン流出画像の一部)

pic.twitter.com/INrvgyb25h

 

*解説:記事によるとハンターは、3万ドル(日本円405万円)もの大金を3ヶ月間で護衛に支払ったという。

ハンターが売春婦たちとボストンからニューヨークまで旅行し、堕落した夜を過ごす護衛の費用のようです。

画像は100枚近く記事内に添付されています。

興味ある方はご視聴してみてください。

Mail Online NEWS

ハンターバイデンは、州の境界を越えて売春婦を輸送し、「医療サービス」の支払いとして小切手を偽装したことで売春罪に直面する可能性があります。長男は「ガールフレンドエクスペリエンス」に5か月で3万ドルを費やしました

 

 

スポンサーリンク

崩壊するカバール政府の最新情報!

今回の情報はQアノン・キャット氏の投稿です。

7月12日時点での世界のカバール政府の崩壊の裏情報を報じています。

日本の安倍総理は、イスラエル(カバール)による、福島地震から中国を侵略する計画を知り、その情報をホワイトハットへ提供していたと思われる記述もあります。

安倍総理は、ホワイトハットに協力しており、今回の暗殺はどうも偽装の可能性が高いように感じます。

内容を紹介します。

(以下 Kat氏更新 : Q嵐のライダー、カバルの落下より 抜粋 2022年7月12日  KatIstheSea3@katisthesea3)

*カバルが陥落しました*

ディープステートの没落がますます明らかになり、私たちは嵐の中にいます!

>軍事作戦>環境に配慮してください。>

*24時間監視下にあったジョージア・ガイドストーンの破壊は、

爆弾によって破壊され、セキュリティ会社から完全なビデオが消えています…。

数時間後、ガイドストーンは重機を使用して完全に解体されました。

(筆者画像挿入)

 

*英国の没落[DS]軍としての政府
Ops.White HATS FBIの攻撃/コンピュータ/ハードドライブ/サーバの支援でスタンバイ

数人の閣僚が辞任し、ボリス·ジョンソン首相が辞任する前の早い時間にロンドンを通じていくつかの作戦が行われました。

 

女王の死の発表が明らかになり

国民によって新たに設置された政府につながるという陛下の計画により、ロンドン橋は完全に崩壊しています

現在、2021年にイギリスは、アメリカ軍によってシャイアン山脈の軍事基地から22兆ドルの金を提供していました////

 

*バチカン深層地下基地UNDERGROUND D.U.M.B.は、

セルンのスーパーコンピュータCERN SUPER COMPUTERに接続されています

Worldwide LHC Computing Grid(WLCG)のSC「Tier0」は、LHC Optical Private Network(LHCOPN;LHC光プライベート・ネットワーク) データは、LHCOPNを介してCERNからアジア、ヨーロッパ(VACITA)、北米の11の「Tier1」学術機関に専用の10ギガビット/秒リンクを介して送信されると報告されています。

翻訳:注文はジュネーブ湖の下にあるCIA本部から世界中の11のCIA変電所に送られます。

そのうちの1つはバージニア州ラングレーにあります。

その後、150を超える「Tier2」機関がCIAの11の「Tier1」に接続されます。

 

1000年以上前のバチカントンネルには、

世界中のマネーロンダリング・システムをCIA第4帝国レジメン/イエズス会/ロスチャイルド一族/ロックフェラーファミリーに接続する2台のスーパーコンピュータが収容されていました(アジアに接続したデジタルマネーロンダリングシステム)。

アメリカとヨーロッパ全体です。

 

2つの異なる火災が街中で発生しました
一部のレポートでは3つのエリアと記載されていますが、メインストリームメディアは矛盾するレポートがある1つの火災だけを報告します。

(筆者注釈:バチカンの火災を指す)

 

*暗殺された日本の総理大臣は、

全ての報告書を知り、福島の事件と計画された中国侵略の真実を明らかにするために、軍事作戦にサーバー/コンピューターを引き渡しました。

北朝鮮、ロシア、台湾、日本、米国(しかし、ロシアと台湾はブッシュ/オバマの計画意図に関与することを拒否しました)。

情報筋によると、安倍首相はトランプと密接に接触していました……

彼の死は偽の/計画的な/メッセージでしたか?

 

スリランカが陥落しました
(主要な計画はスリランカを使用する予定です。
ゴールドベースのGESARA デジタル通貨(D-CURRENT)を使用して
ベーターBettaテストの場として、レジメンの落下と迅速な再構築を確認します。

 

レバノンは現在メディアでブラックアウトしています
その国は現在、都市や村で停電しています。
メディアがブラックアウトします
通信が失われます
_軍事作戦は国中で行われています。 逮捕者および[DS]将軍に接続されています。

エストニア、イスラエル、スリランカ、イギリス、アイルランドを経由するハザールマフイア(KAZARIAN MAFIA)と政府は没落しました。

米国、フランス、カナダ、イタリアで最大のKAZARIAN Mafia政権…現在、崩壊の軍事作戦中です..マクロン犯罪シンジケート政権が跳躍し始め、マクロンに対する犯罪捜査としての彼の立場を放棄することでフランスが陥落しました。

 

米国のバイデン·レジメンは自由落下中です。

 主流メディアが、彼に不利になるにつれて。

ワシントンポスト、ニューヨークタイムズはリベラル派を非難し、彼の権威と政権全体に疑問を投げかけました。

主流メディアMSM NEWSがバイデンについて報道し、米国大統領の地位に疑問を投げかける中、ハンター・バイデンのノートパソコンのリークと電話のリークは世界的な舞台に達しました

(引用先:Q嵐のライダー、カバルの落下

*解説:最近起きたガイドストーンの爆破から記述されています。

イギリス、スリランカ、エストニア、イスラエル、アイルランドが崩壊した。

そして、日本の安倍総理暗殺は、安倍総理の祖父から始まる、日本のDS政府の崩壊を示しているようです。

米国バイデン政府は、自由落下中という表現をしています。

6月支持率39%となり、そこにエネルギー危機、最高裁による大統領選挙の不正により無効化が宣告されています。

さらに、息子ハンターのスキャンダル画像がメディア流出が始まりました。

バイデン大統領は中東から帰国する17日は、かなり厳しい状況が予想されます。

アメリカのメディアにより、陥落するストーリのようです。

大統領職の辞任後に逮捕となりそうですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・バイデン息子ハンター画像がメディア流出!崩壊するカバール政府!

バイデン大統領の辞任が迫っているようです。

そして、世界もカバール政府(グローバル政府・DS政府)の崩壊も加速しています。次はフランス、カナダ、アメリカとの噂が出ています。

安倍総理の暗殺は、偽装の可能性が高いようです。

安倍総理への追悼のメッセージを送る、世界の首脳がどれほどいたか。

喪に服す国がいくつもありました。

その理由は、今回の投稿にあったように、福島から中国侵略の情報をサーバーから渡した。という内容が物語っています。

トランプ大統領と特別な関係。という意味が、ここにあるようです。

今は、安倍総理暗殺事件は、日本の宗教にメスが入りつつあります。

旧統一教会の献金のシステムが話題になっています。

ハンター・バイデンのスキャンダル画像のメディア解禁が始まり、一気に話題となり、マスコミがバイデンを叩くというシナリオのようです。

このペースでいけば、7月中のトランプ大統領の復帰とGESARAの公表もあるかもしれません。

インテル情報でのメッセージは、

7月は大いなる啓示の月。

8月は新しい建造物や施設の立ち上げ。

9月は新しい金融システムの立ち上げ。

10月建物の計画再設計と学習。となっていました。

これから起きる情勢をしっかりと見届けていきましょう。

 

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*日本のDSの闇に興味ある方は↓の記事を参照願います。

秘密結社イルミナティとは?わかりやすく解説!日本の黒幕は?

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました