F 35戦闘機が都市攻撃する偽旗事件が発生!内戦勃発を警告!

ディープステート・イルミナティ・カバール

9月19日のジュデイノートが更新されました。

米国ではF35戦闘機が米国の都市を攻撃する偽旗事件が発生しました。

米国はCIA・FBIが内戦勃発のシナリオが開始を警告しています。

通貨リセットではRVの作業完了が10月10日までの情報が出ています。

ディープステートのF35戦闘機が米国の都市を攻撃する作戦を軍は回避した!

RVの作業完了は9月20日から10月10日の可能性!

警告!CIAとFBIによる米国・内戦勃発へのシナリオが開始する!

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 オペレーションディスクロージャー 9月19日版より 抜粋)

私たちは今、嵐のはるか内側にいます。
もう後戻りはできません。
私たちはルビコン川を渡っています。

すぐに、いつでも、事態の好転が信じられない事態を引き起こすでしょう。
私たちの政府全体が無効になります。

バイデン氏、ハリス氏、国会議員、最高裁判所の議員らは解任される。

新たな選挙、新たな始まりを伴う「一時的な」クーデターが起こるだろう。

…ケイリー・ケネディ・マケナニー・ モン。2023年9月18日

我々には、完全に腐敗しており、我が国史上最悪の大統領がいる。彼は認知障害があり、指導できる状態ではなく、現在、ロシアと起こり得る核戦争への対処を担当している…考えてみてほしい…もし我々がこの男に頼るつもりなら、我々はすぐに第三次世界大戦に突入するだろう、そしてそれはどんな戦争よりもはるかに壊滅的なものになるだろう
ドナルド・トランプ大統領 202年9月16日 (筆者により欄外に全文を掲載)

1 か月分の食料、水、現金、必需品を自分用に用意し、他の人と共有するのが賢明です。

 

(引用先:2023 年 9 月 19 日時点で GCR を通じて共和国を回復

 

*トランプ大統領、「認知障害のある」バイデン氏が米国を「第二次世界大戦」に導くだろうと警告

(記事の概要)

ドナルド・トランプ大統領は金曜日、ジョー・バイデン大統領に対する最新の批判を表明し、「認知障害のある」現職が来年再選されれば国を「第二次世界大戦」に導くだろうと警告した。

トランプ大統領は「完全に腐敗した我が国史上最悪の大統領がいる。
彼は認知障害があり、指導できる状態ではなく、現在ロシアと核戦争の可能性への対処を担当している」と述べた。

ワシントンDC祈祷投票スタンドサミットでのスピーチ。
「考えてみてください。この男に頼っていたら、すぐに第二次世界大戦に突入するでしょうし、どんな戦争よりもはるかに破壊的なものになるでしょう。

この提案は、元大統領が演説中に行った数少ない失言の1つであり、演説中にバイデン氏をバラク・オバマ元大統領と呼んでいたように見えたが、その後、考えを変えることにした。

ご存知のとおり、ひねくれ者のジョー・バイデンと急進左翼の凶悪犯たちは法執行機関を武器にして、有力な政敵を逮捕し、オバマ氏を含めて多くをリードしている――何を言ってもいいだろう」と彼は言葉を手探りし、途中で立ち止まりながら言った。

「オバマ氏を見て、彼が行ったことのいくつかを見てみると、これは同じことです。」

この失言は、トランプ大統領がここ数カ月間、バイデン氏の年齢に対する攻撃を強めている中で、特に有権者が現大統領が次の任期に立候補するには高齢すぎるのではないかとの懸念を表明している中で起きた。

再選されれば、バイデン氏は2期目を終える時点で86歳になる。

AP通信とNORC広報研究センターの最近の世論調査によると、民主党員の69%を含む有権者の過半数(77%)が、バイデン氏はもう任期を務めるには高齢すぎると答えている。

さらに、有権者の51%は、バイデンよりわずか3歳若いトランプ大統領も再選するには高齢すぎると答えている。

 

 

スポンサーリンク

ディープステートのF35戦闘機が米国の都市を攻撃する作戦を軍は回避した!

はじめに、9月18日に米国内でディープステートによるF35戦闘機が都市を攻撃するという偽旗作戦が行われた情報が掲載されました。

メディアでもF35が行方不明であり、戦闘機の2日間の飛行停止をした記事が掲載されています。

バイデン政権の戦闘機管理を批判する声明が議員からも出ています。

その、前日の17日には核弾頭がノースダコタ州を陸走されるという核危機の画像も出ています。

米国での軍事的な危機の情報から紹介します。

 

 

(以下 オペレーションディスクロージャー 9月19日版より 抜粋)

ジュディメモ:主流メディアが報道を拒否しているのは驚くべきことです。

9月17日、核弾頭がノースダコタ州を通過し始める中、大統領専用飛行機が離陸した

(筆者挿入:関連情報追加)

9月18日、アメリカ人と特定の都市を攻撃する予定だったパイロットが命令を拒否し、脱出したという偽旗を回避した。
このジェット機は未知の情報源によって自動操縦され、最終的にノースカロライナ州で墜落した。
この事件を受けて海兵隊は世界中のすべての戦闘機を停止するよう命じられた。

(筆者挿入:関連情報追加)

同基地はX(旧ツイッター)で「発見に役立つ情報をお持ちの方は連絡を」と呼びかけ、連絡先の電話番号を掲載する異例の事態に残骸とみられるものは基地から北東に約120キロ離れた場所で見つかった。

9月18日 海兵隊は、行方不明のジェット機を理由に世界中のすべてのジェット機を停止するよう命令した。

本当に何が起こったのでしょうか?

パイロットはアメリカ人および都市を攻撃する予定だったが、命令を拒否して退場した。
ジェット機は自動操縦されていたが、最終的には瓦礫原があるチャールストン北方のウィリアムズバーグ郡に墜落した。私たちは偽旗を回避しました。

Marines order grounding all jets worldwide over missing F-35: Report
OnMonday,theMarineCorpsreportedlyissuedatwo-daystand-downforallaviationunitsoverthemilitary’smissingF-35thatdisappearedafterits

(記事の概要)
9月18日・月曜日、海兵隊はパイロットが「事故」に​​より安全に脱出した後に行方不明となった軍のF-35を巡り、全航空部隊に対し2日間の停止命令を出したと伝えられている。

ABCニュースによると、海兵隊のエリック・スミス司令官は今週、米国内および海外のすべての航空部隊を対象に停止命令を発令したと報道官が述べた。

軍全体にわたる電子メールには、安全手順に関する2日間の協議が完了するまですべての部隊が停止されると記載されている。

スミス氏は、同軍の航空部隊に全幅の信頼を寄せているが、この撤回は「正しく賢明な」行動だと主張した。

チャールストン統合基地のスポークスマン、ジェレミー・ハギンズ氏によると、F-35B ライトニング II ジェット機は自動操縦モードのままであったため、同機はまだ空中を飛行している可能性があると NBC ニュースが報じた。

当局はジェット機の最後に知られている位置に基づいて、ムルトリー湖とマリオン湖付近の捜索に重点を置いている。

チャールストン統合基地はX(旧Twitter)に、海兵隊ビューフォート航空基地と協力して行方不明の航空機を捜索していると投稿した。

「同機の最後に判明した位置に基づき、FAAと連携して、我々はJBチャールストンの北、ムルトリー湖とマリオン湖周辺に焦点を当てている」と付け加えた。

当局者も国民も同様に、行方不明の戦闘機の捜索を支援するという軍の要請に対して衝撃と怒りを表明した。

軍は行方不明のF-35戦闘機を発見するために国民の協力を求めている。私たちは8000万ドルのジェット機について話しています。

これは、軍指導者が実際に有能な軍を運営することよりも、覚醒したイデオロギーに重点を置いているときに起こることだ」とローレン・ボーバート下院議員(共和党、コロラド州)は以前はツイッターだったXに投稿した。

一体どうしてバイデン政権は8000万ドルのF-35戦闘機を見失ったのか?彼らは他に何を失っているのでしょうか?アンディ・ビッグス下院議員(共和党、アリゾナ州)はこう書いた。

「つまり、行方不明のF-35ジェット機がどこかを飛び回っている可能性があります。パイロットが脱出して自動操縦のままにしたためです。

F-35はレーダーで探知できないため、見つけることができません。
おそらく墜落したか、あなたの家に向かっているのかもしれません」軍事にもっと$$$をください」とXユーザーが投稿した。)

 

世界最大の不動産会社である 中国共産党の恒大企業による破産は、今週世界的な住宅と経済の崩壊を引き起こすことになった。

9月18日 Q+ トランプ「アメリカ国民の皆さん、嵐が近づいています!」:ビデオ

9月18日、JFKジュニアがテレグラムで今日は彼らが非常に恐れている日だ。今日、すべてが変わります。多くの人が自らの行いに対して罰せられるだろう。

核弾頭がノースダコタ州で移動中: 速報: 静かな動きと大規模な脅威: ノースダコタ州で核弾頭が移動中! (ビデオ) – American Media Group (amg-news.com   )

9月16日、 ノースダコタ州の中心部を核弾頭を運ぶトレーラートレーラーに率いられた車列を捉えたビデオが公開された。

驚愕の現場には、 地元警察、 憲兵、重武装した軍隊からなる大規模な護衛と、上空をホバリングするヘリコプターガンシップの不気味な存在が特徴的であった。

(筆者挿入:関連情報追加)

2023年9月18日: 米国最高裁判所は、公道で自動車を運転するのに免許は必要ないと述べた。
はい、米国最高裁判所は、公道や道路で自動車を運転するのに免許は必要ないと述べています。

過去 43 年間で世界の温暖化はわずか 0.3 度であり 、誤差の範囲内です。地球温暖化危機など存在しないし、気候危機に関する国連の騒々しいキャンペーンが偽物であることはこれで明らかだ。実際の危機は、西側のエネルギーと社会に対する驚異的な損害です。

米国の政治情勢は、疑惑、秘密工作、そして爆発の恐れのある機密で熟している。物語が展開するにつれて、「 私たちは軍事クーデターの演出を目撃しているのだろうか?」という疑問が生じます。

9月17日 SORCHA 9/17: 「衝撃的な現実がバイデンのアメリカ羊の群れを壊滅させようとしている」 (rumormillnews.com)
(記事の概要)
社会主義者に洗脳された左派メディアが、石油の実際のコストがいくらであるかという衝撃的な現実によってアメリカ国民を滅亡させようとしており、狂った社会党指導者バイデンに屠殺される羊のように従順に従う中、この報告書は、彼らの最後のメディアの一つであると結論づけている。)

9月18日 X22 ライブレポート: これは最大の政治的勝利となり、従来の方法で行うよりも優れたものとなるでしょう! 

(記事の概要)
ディープステートは困難に陥っており、人々は毎日目覚めています。
トランプと愛国者たちは人々をすべてが見える場所に連れて行こうとしている。

それが国を取り戻す唯一の方法です。これは4年後の選挙に関するものではなく、[DS]を暴露し、この国から排除するものです。

トランプ大統領は、今回の選挙はこれまでで最大の政治的勝利となり、従来の方法で行うよりも優れたものになるだろうと述べている。)

(引用先:2023 年 9 月 19 日時点で GCR を通じて共和国を回復

*解説:行方不明のF35戦闘機は墜落したようで残骸が発見されたと報告されています。

また、核弾頭の陸送の画像が投稿されるなど、核危機への信号が出始めています。

米国では国連総会が19日から29日までニューヨークで開催されています。

ウクライナ・ゼレンスキー大統領も19日に演説が予定されています。

緊張が高まる米国で何か起きそうな予感を感じる出来事です。

 

 

スポンサーリンク

RVの作業完了は9月20日から10月10日の可能性!

つぎに、通貨リセットに関する情報の更新です。

新たな情報は、RV(通貨評価替え)の完了日について言及されています。

9月20日から10月10日までに完了すると複数の情報が出ています。

その概要を紹介します。

 

(以下 オペレーションディスクロージャー 9月19日版より 抜粋)

グローバル通貨のリセット:

米国財務次官補:すべてが承認され、彼女がイラクのバグダッドから帰国するまで約96時間かかるはずです。彼女は 金曜日に戻ってきました。9 月 15 日 + 96 時間 = 火曜日 9月19日

9月18日TNT電話:「イラク首相は 水曜日にこう述べた。9月29日 に彼は国連で演説し、その計画を発表する予定だ。」

9月18日 MarkZ:「過去15~20年にわたり、HCL(炭化水素法)が完成し施行されるのを見ると、金利変更まで数日かかるだろうと聞かされてきた。
したがって、私は週末の進歩に非常に興奮しており、それは確かに私の情報源が言っていることと一致しています。

RV 内のすべての作業が完了するのは、9月20日から10月8日か10日の間と聞いています 。
これは、彼らがそれまでにすべての債券グループを完了し、全員に支払いを完了させたいことを意味します。

つまり、はるかに早く開始する必要があります。つまり私にとって、これは 水曜日以降のことを意味します。

今週の9月20日  公平なゲームです。RV 債券取引後の債券コンタクトが多数あります。
彼らは試合に遅れて…列に遅れて…..そしてRVの数週間後に可能な限り後で交換するはずです。
彼らは、1、2週間以内に債券の全額の資金調達が完了するという通知を受け取りました。

それは興味深いと思います。なぜなら、それはRVがすぐに行われる必要があることを意味するからです – おそらく私たちが20日と21日を考えている頃です 。」

9月18日 Zim の MarkZ:  Zim 上で、100 T Zim ごとに 4000 万から 5000 万を自分のポケットに残し、追加分はプロジェクトに使用されると言われました。

9月18日 ひげを生やした愛国者:  MarkZは、今日から 10月8日 か10日 までにすべてのティアを支払い完了させたいと述べた。
これは、私たち Tier4 が直ちに開始しなければならないことを意味します。

シャリ・レイ: 内部情報筋によると、上位100の中央銀行のうち97行が現在、QFS + RTGSシステムの下で完全に運営できるよう変革中であるとのこと。残りの 82 の小規模中央銀行は、この移行に向けて準備を進めています。

10月1日には、すべての銀行がQFSと協力しなければなりません。
そのため、9月30日までに完了する必要があると考えています。

9月16日 テキサス・スネーク: 「前回の投稿から随分と時間が経ってしまいましたが、たった今私の情報筋から聞いたところによると、彼は償還スケジュールが間もなく明らかになるだろうと予想しており、聞いたらできるだけ早くアドバイスするとのことです。

他に障害がなければ、来週には交換センターがオープンし、稼働するだろうと同氏は予想している 。私が読んだすべてのことは、これが月末までに結論づけられる必要があることを示しています。
神の祝福。”

イラク ディナール、ついに準備完了、Frank26、MarkZ インテル、IQD 値を米ドルに更新:https://youtu.be/o0yip3yftow?si=S0hBNdRN6pXAo30x

9月17日: 火曜日 に購入者から誤った警告があったにもかかわらず、 今週は 9月12日、 開始を確認 – オーストラリアによるQFS資金のダウンロードが終了し、イラク中央銀行による資金受け取りの準備が完了するまで待たなければなりませんでした。

その後、作戦の開始は先週の水曜日の夕方か木曜日の朝に行われることになった 

しかし、米国 QFS の社長は正式な購入者に対し、営業開始のための契約を待っているだけであると伝えました。

今朝、米国のすべての公的金融機関に対し、開始日が今日 (9月17日日曜日)から明日(9月18日月曜日)の間にあるとの通知があった。

それ以来、これが現在両国の間で起こっていることを裏付ける他の確認が入ってきました。
日曜日の夜と月曜日。 デビッド A. (4A) 午後 2 時 22 分 EDT (日曜日) 9月17日: 銀行はたった今電話で、今夜か明日 月曜から開始する予定であると伝えた。 9月18日

9月15日 ミリシアマン:「私たちはとても良い空間にいるので、この96時間で見たものを見て興奮を抑えることができません。アル・スダニからの強力な情報以外何もありません。米国財務次官が現れています…大企業…ステラ・エナジー…合計…協定に署名したためにバルザーニはピンク色にくすぐられています。私たちはペースを変える必要があるのです。」

9月14日 ブルース:  3 人の優れた情報筋によると、Tier4b (米国、インターネット グループ) は 月曜までに通知を受ける必要があるとのことです。

9月18日 私たちはいつでも、どんな時間でも対応します。債券売り手へのリリースも 月曜までに行われるはずだ。

9月18日 Tier4b は債券保有者に通知後、または来週の 火曜日までに通知されます。

9月19日 軍関係者と債券保有者は交換を行ったが、まだ資金にアクセスできていない。

9月12日、
 米国財務省は償還センターに対し、すべてが承認され準備が整っているとの通知を出した。

(引用先:2023 年 9 月 19 日時点で GCR を通じて共和国を回復

*解説:まず、注目すべきはイラクディナールのレートの発表が米国・財務省が19日までに承認して発表がされるかどうかです。

そして、20日から10月10日までにRVの作業が完了すると予告しています。

その動きに注目していきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

警告!CIAとFBIによる米国・内戦勃発へのシナリオが開始する!

最後に、米国を内戦に陥れる作戦をCIAとFBIが仕掛けるという警告です。

MKウルトラ作戦という、CIAによるマインドコントロールとして核の危機、銃撃の脅威を国民に植え付けようとしています。

その概要を紹介します。

 

(以下 オペレーションディスクロージャー 9月19日版より 抜粋)

回復された共和国:

9月18日 SGAnon: お気づきでない方もいるかもしれませんが、私たちは現在、「静かな戦争」段階を過ぎ、私たち自身の運命をコントロールするためのこの戦いの「開かれた紛争」段階に入っています。

次の目的地:世界同時の大衆ポップ覚醒。MKウルトラに対する「核」攻撃。

私たち国民、ディープステートMIC、裏切り者、反政府勢力、信頼される立場の愛国者、Mil-Civ Alliance。

ここからはでこぼこになります。しっかりつかまる。次のファイルは間もなく公開されます。私たちは歴史を作っています。

CIA、FBI、内戦シナリオで内乱を引き起こす偽旗事件
電報で私たちは神を信頼する 9月18日

トランプの逮捕を受けて、  CIAとFBIは偽旗事件銃撃事件を作成し、内戦シナリオにつながる暴力的な市民不安のシナリオを作成しようと懸命に努力している。

愛国者の皆さん、気をつけてください。ディープステートが米国内で大量の致命的な銃撃サイクルを開始し、トランプ支持者、Qアノン、愛国者、またはトランスジェンダーいじめを非難し、右派を彼らの行為のスケープヤギにしているからです

彼らは第 4 世代と第 5 世代の戦争の第 3 段階にあり、致命的な 人的悲劇のシナリオで人間と人間を戦わせながら、政治的反対派のせいにし、国連の介入につながる米国内乱の戦争イベントを死に至らしめる結果を探しています。アメリカ。

これは常にディープステートの国防総省CIA、オバマ、ロックフェラー、ロスチャイルド計画でした。 彼らのアイデアは、国連を導入し、大規模な南北戦争の不安シナリオで迅速な法律を制定し、米国とその軍隊に対する権限を国連に与えることでした。

ディープステートの最終手段は、 憲法に忠実な米軍司令官、共和党​​支持者、トランプ支持者、あるいはディーステートのアジェンダを支持しない一見ならず者と思われる司令官を逮捕することであった。

(引用先:2023 年 9 月 19 日時点で GCR を通じて共和国を回復

*解説:米国を内戦へと導こうとするディープステートの作戦が起きることを警告しています。

ただし、これは偽旗作戦であり、脅威を植え付ける作戦としておきます。

裏側ではホワイトハットがコントロールしているものと、そうでないものがありますので注意を促しているようです。

いよいよ、ディープステートが計画した陰謀が顕在化して、記録がとられる段階になってきたようです。

バイデンの排除も近いように感じます。

 

*MKウルトラ作戦に関する記事はこちらです。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・F 35戦闘機が都市攻撃する偽旗事件が発生!内戦勃発を警告!

緊張が高まる米国の情報でした。

国連総会のタイミングでの軍事的な危機の情報です。

ある情報では、9月23日大きなイベントが起きるという噂もあります。

9月21日のバイデンとゼレンスキーの会談も注目です。

これからの9月後半に動きが出そうな気配を感じます。

最終的には、EBSも通貨リセットもゴールではありません。

ネサラ・ゲサラ後に新しい社会制度を構築しながら、私たちが物質に囚われた意識から精神的に成長していくことが重要です。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

タイトルとURLをコピーしました