BRICSが金本位制通貨を議論!ブリンケン国務長官の死去情報!

GCR量子金融システム

7月11日のジュディノートが更新されました。

ドル崩壊に大きな影響を与えるBRICS会議が8月行われ、金本位制通貨が議論されると言います。

その他、CBDCは実現しない、Qプランの最新情報が掲載。

ブリンケン国務長官の死去情報が再度浮上しています。

8月開催のBRICS会議で世界通貨の金本位制を発表!

ディープステートは資金がない!CBDCは実現しない!

Qプラン・タイムランの更新!ブリンケン国務長官は処刑か?

以上について最新情報を紹介します。

 

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー7月11日版より 抜粋)

メキシコ、米国、カナダにまたがる「ホットスポット」
に配備された軍隊、緊急放送システムが作動したら配備へ

2023年は計画が復活する年であると信頼

すべてのBQMBSはフィアット米ドルの死を
暴露されるだろう。
世界通貨再評価による金/資産担保世界通貨の導入
VICTORY

少なくとも 1 か月分の食料、現金、水、必需品を手元に用意しておくことが賢明です

(引用先:2023 年 7 月 11 日付けで GCR を通じて共和国を回復

 

*ブリンケン国務長官の処刑の情報!2023年6月6日のRRNの情報。

「A」アントニー・ブリンケンは先週北京を予告なしに訪問中に

人民解放軍によって処刑されたが、

ホワイトハットは死者が本物のブリンケンなのか、

影武者かクローンなのかは不明だ。・・・

海兵隊サイバースペース司令部関係者

(引用先:「A」アントニー・ブリンケン、極秘訪中中に処刑される

 

 

 

 

スポンサーリンク

8月開催のBRICS会議で世界通貨の金本位制を発表!

はじめに、BRICSの新たな代表国連盟が金本位制のデジタル通貨を決める会議を8発9日に南アフリカ・ヨハネスブルグで行うと発表しました。

その会議には、国際刑事裁判所(ICC)から国際逮捕状を請求されているプーチン大統領も参加すると言います。

その他、バイデン大統領に代わる候補にマッカーシー議長の動向の内容も紹介されています。

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー7月11日版より 抜粋)

ジュディメモ:

7 月 10 日 BRICS:

ゴルディロックス現象 インテル: RV/GCR 最新情報、金、銀、石油、通貨戦争、バーゼル 3、バーゼル 4、OPEC、BRICS 諸国、CBDC および世界経済 – 知恵の種! 

(記事の概要)

OPEC は石油輸出国機構を指し、世界の石油埋蔵量のかなりの部分を管理する連合です。一方、BRICSは、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの5つの主要新興経済国の強力な同盟を代表しています。

ここが決め手だ。OPECは、石油の支払いにおけるドルの使用を削減することで、石油貿易のまさに根幹を揺るがし始めている。

そうです、皆さん、長年にわたるドルの統治が脅かされています。

OPECはドルの代わりに、新たな競争相手、つまり金に裏付けされた人民元をこの分野に迎え入れている。

BRICS諸国が主導するこの戦略的動き、この金融クーデターは、ドルを大幅に失墜させる恐れがある。

ロスチャイルド&カンパニーは、フランスとイギリスのロスチャイルド家が合併して誕生しました。

18 世紀後半から 19 世紀初頭にかけて、 メイヤー アムシェル ロスチャイルド (1744 ~ 1812 年) はヨーロッパで最も強力な銀行家の一人に成長し、英国王室の主権都市ロンドンに拠点を置きました。

1823年、ロスチャイルド家はカトリック教会(バチカン銀行)のすべての金融業務を引き継ぎました。

1913年までに、彼らはロックフェラー家とUS Inc.と協力して、米国連邦準備制度、IRS、および米国財務省を設立し、その所有権を取得しました。

7 月 9 日 DC のパニック: DC と DNC のパニック: ソーシャルメディアとネットワークを通じて軍事クーデターがホワイトハットによって推進されている

(記事の概要)

バイデン大統領が差し迫った解任の可能性により、権力階層に計り知れない空白が生じる。DNC の機構を内部から覗いてみると、候補者候補について熱狂的な議論が行われていることが明らかになり、有力な後任候補者を懸命に探していることがわかります。

しかし、カマラ・ハリス副大統領は、そのルーツのせいでバイデンの後継者になることも、大統領就任を妨げる米国の特定の法律を回避することもできない立場にあると思われるため、物語はさらに複雑になっている。

ケビン・マッカーシーが大統領の後継者候補として注目されている。しかし、軍事クーデターでトランプ大統領が復帰する可能性があるとの見方もあり、事態は依然として不透明だ。

また、マッカーシー氏が選挙が覆されるまで一時的に大統領の座に留まるか、あるいはトランプ氏が下院議長に選出されるよう辞任し、大統領復帰への道が開かれる可能性があると示唆する者もいる。

れは迷宮のような政治チェスのゲームであり、最終的な勝者は依然として不透明だ。)

2023年8月9日 BRICS首脳会議、世界通貨の金本位制を発表:

南アフリカはプーチン大統領に対する令状にもかかわらず、次回のBRICS首脳会議は「物理的」なものになると発表 | 2023年8月9日 世界的イベント ニュース (republicworld.com)

(記事の概要)

南アフリカ大統領は、来月8月9日にヨハネスブルグで開催されるBRICS首脳会議が対面式で開催されると発表した。

ラマポーザ首相は自身の発表動画を自身のツイッターハンドルで共有し、「我々は物理的にBRICSサミットを開催する予定だ…バーチャルなものではない」と述べた。

注目すべきことに、BRICS首脳はほぼ3年間、直接の首脳会談を開催していない。

ラマポーザ大統領はツイートの中で、「多くの国が #BRICS のメンバーとしての参加を求めており、来たる #BRICS サミットへの関心は圧倒的であり、これは私たちが #BRICS リーダーとして反映する項目の 1 つです。

また、地政学的状況、大陸での開発努力を支援するための財政支援の必要性、気候変動についても反映する予定です。

南アフリカ大統領は、ロシアのウラダミール・プーチン大統領がサミットに出席するかどうかについては特に言及しなかった。

プーチン大統領は、ロシアがウクライナの子供たちを不法に国外追放した疑いで、国際刑事裁判所(ICC)から国際逮捕状を請求されている。

注目すべきことに、令状の発行以来、南アフリカはこの問題に関して中立の立場を維持している。

しかし、国際法に反して、南アフリカ政府はプーチン大統領に対し、BRICS首脳訪問の可能性を理由に逮捕や拘留を免れる外交特権を与えた。

ニュース速報: ロシア、金裏付け「BRICS」通貨の導入を確認 – BRICS 金裏付け通貨は世界経済への衝撃波か、それとも米ドルの時限爆弾か? (ビデオ) – American Media Group (amg-news.com)

(記事の概要)

ロシアはBRICS諸国と連携して、金を裏付けとした取引通貨を導入するという画期的な計画を発表した。

国営ロシアテレビ(RT)は、金を裏付けとした新たな取引通貨の導入を確認し、国際金融界に衝撃を与えた。

公式宣言の全文は、今年8月に南アフリカで開催されるBRICS首脳会議で中心的な舞台となる予定だ。この大胆な動きは単なる外交議題ではありません。

それは世界の金融情勢を再定義するために設定された壮大なデザインです。それは、信頼のみに裏付けられた法定通貨である米ドルの覇権に挑戦します。

リビアでは、金を裏付けとした汎アフリカ通貨を創設するというモハマル・カダフィ氏の野心的な計画の直後に暴動が起こり、その結果、カダフィ氏は非業の死を遂げた。

同様に、サダム・フセインのドル以外の通貨で石油を売ろうとした動きは、第二次イラク戦争と最終的な彼の失脚につながる極めて重要な要因となった。

ウクライナ紛争をめぐって米国とロシアの間で緊張が高まっているにもかかわらず、この最近の発表は、すでに不安定な状況にさらなる複雑さを加えている。

金を裏付けとしたBRICS通貨の発足は、米国に手袋を脱ぎ捨てる最後の藁になる可能性がある。

流出したデータベースは、新型コロナウイルス感染症の予防接種後に米軍の病気が急増していることを示している。

完全にワクチン接種を受けた人々が引き続き感染率、入院率、死亡率を支配している。

記録によると、新型コロナウイルス感染症で死亡した人のほとんどがワクチン接種を受けていた。

7 月 9 日 化学ロケット弾が盗まれ、回収される: ケンタッキー州の陸軍兵器庫から化学ロケット弾が盗まれる | Real Raw News 

Update 7月9日日曜日午後: 米国特殊部隊と化学兵器の専門家が60発のロケット弾をすべて回収した。

(筆者挿入:関連記事)

 

(引用先:2023 年 7 月 11 日付けで GCR を通じて共和国を回復

*解説:BRICSが新しい金に裏打ちされた共通の通貨を決定すれば、米ドルは国際通貨としての地位を失うことになります。

いよいよ、脱米ドルの動きが表のニュースでも話題となってきました。

今後の動向に注目です。

 

*8月のBRICS会議を伝えるSNS

 

 

スポンサーリンク

ディープステートは資金がない!CBDCは実現しない!

次は、中央銀行が昨年10月に破綻してからのディープステートの現状を伝える概要です。

中央銀行デジタル通貨導入への試みは失敗したようです。

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー7月11日版より 抜粋)

7 月 5 日のジャレドの電話会議「これはどうですか」

-)現在の銀行システムはこれ以上長くは維持できません。彼らには流動性がなく、本当に破産しているだけです。

これには、イルミナティの中央銀行システム、BIS(国際決済銀行)、世界銀行などがすべて含まれます。

ジャレッドは、それらは持続できない、QFSを開始する必要があり、準備はできていると言いました。

彼らが金や銀を買い占めているという噂がありますが、それは真実ではありません。彼らにはお金がありません。

-)イルミナティは、「国民のお金」を盗んで奪うことだけを目的として、この中央銀行システムを作成しました。彼らはいつでも好きなときにお金を盗むことができました。

-)ニクソンが「金本位制」から外れると、詐欺師たちは際限なく紙幣を印刷できるようになります。したがって、彼らはさらに強奪し、「インフレ」を引き起こして「人民」をさらに貧しくすることができます。インフレは偉業のお金によって引き起こされます。

-)ブラックロックや他の非常に腐敗した企業も破産しています。彼らが何兆ドルも持っているとは信じていないのに、あれこれやっていると主張しているのです。それは真実ではありません。

-) CBDC (中央銀行デジタルコイン) は、イルミナティが「人類を奴隷化」し、私たちが買いたいもの、または買えるものすべてをコントロールするために実装したいものです。

これは起こらず、善の側のQFS(量子金融システム)が実装されるでしょう。

現在、86か国が「CBDCを検討」しているが、209の主権国のほぼすべてが、非常に公平で「国民」のためのシステムであるQFSシステムの一部となることに同意している。

それは非集中型の制御になります。

-)多くの国や州では、CBDC システムを持たない法律がすでに制定されています。

-)これが実施されるというのはMSMやソーシャルメディアでは良くないことのように見えますが、ホワイトハットがより多くの人々を目覚めさせようとしているため、これは単なる「サイドショー」にすぎません。

-)メインイベントは、QFS を実施し、この惑星に新しい地球と真の自由を開始することです。

-) EBS が開始されると、予想される「ホットスポット」に 特殊部隊が配備されます。

(引用先:2023 年 7 月 11 日付けで GCR を通じて共和国を回復

*解説:イルミナティ(ディープステート)の銀行破綻が進行して、資金調達先の人身売買組織の解体もあり、資金不足が深刻化しているようです。

CBDCには賛同しない国や米国の州が出ているようです。

間も無くEBS緊急放送のタイミングが迫っており、そのための軍事配備でもあるようです。

*中央銀行をQFSが引き継ぐことに関する記事はこちら

 

 

 

スポンサーリンク

Qプラン・タイムランの更新!ブリンケン国務長官は処刑か?

最後にQプランに最新情報を紹介します。

8月のBRICSサミットが追加されて、カナダの2023年秋から2024年初めに大規模な抗議と暴動が掲載されています。

その関連記事の中に、ブリンケン国務長官は死亡していると言う情報が再び掲載されています。

その概要を紹介します。

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー7月11日版より 抜粋)

タイムライン

フルフォードによれば、7月の第1週に軍は大量逮捕を開始した。

2023 年 7 月 9 日BRICS サミットが世界の通貨の金本位制を発表。

7 月 12 日は、 NEER 計算を使用した新しいディナール レートのリリースに指定されたバック デートでした。

7月23日は、大統領の就任式となる可能性がある。

世界保護計画の関係者が出席する祝賀会に出席したドナルド・J・トランプと副大統領のJFKジュニア。

JFKジュニアによれば、7月25日はダイアナ女王の戴冠式の日だったという。

2023 年秋 大規模な抗議活動と暴動がカナダの中枢を揺るがし、2023 年後半から 2024 年前半にかけて不満の冬を迎えると予測されています。

2026年: 2026 年に予定されている米国(公的)法廷はカナダ法廷および世界法廷と同時開催され、ディープステートの人身売買から世界プランデミックディープステートの作戦、ウイルスの作成まであらゆるものを結び付けることになる。

 

本当のニュース。2023 年 7 月 10 日:

2023年7月4日 バイデンは太陽を遮り、地球を破壊する、グレッグ・ハンター:

気候工学の研究者デーン・ウィギントンは、気候工学の地球に対する危険の増大について警告することに人生を捧げてきた。

したがって、バイデン政権が今週発表し、「地球温暖化を抑制するために太陽光を遮断する」ことを検討していると述べたのは、確立された環境政策のせいで太陽光を遮断することが何十年も続いているという事実を隠すための全くの嘘だった。

地球工学と呼ばれる科学。

太陽を遮るために使用されている技術は、実際には地球を破壊しています。

その兆候には、現在ニュースで見ている大規模なひょうや有毒な山火事など、ますます奇妙な気象現象が含まれています。

Biden Blocking Sun & Destroying Earth – Dane Wigington | Greg Hunter’s USAWatchdog
By Greg Hunter’s USAWatchdog.com Climate engineering researcher Dane Wigington has dedicated his life to warning about the increasing dangers to the planet of c...

7 月 9 日 BPEarthwatch : カナダからの煙、サハラ砂漠からの塵の流入 – 米国での二重の影響: https://www.youtube.com/watch?v=rmMu9P-sI_A

巨大な砂塵雲が米国南部を襲う。カナダの不審煙の別のラウンドがカバーされる予定: 

Massive Dust Cloud to Hit South US; Another Round of Suspicious Canadian Smoke Will Cover Northeast
- NOAA's weather satellites have spotted two dust plumes. The first is over the eastern Caribbean Sea and the southern Gulf of Mexico. There's an even larger...

アンソニー・ブリンケン(本物)が処刑された(中国訪問中に暗殺された)。

彼はダブルスと交代した。

つまり、ビクトリア・ヌーランドは単なる国務次官ではなく、事実上の国務長官である。

彼女は、明日から第三次世界大戦が始まると言いました!

平和を祈ってください。…R・パターソン

(筆者挿入:ブリンケン処刑に関する記事はこちらです)

(引用先:2023 年 7 月 11 日付けで GCR を通じて共和国を回復

*解説:Qプランでの、2023年秋から2024年始めに、カナダでの大規模抗議活動が起きると言いう内容が追加されています。

最近、カナダの災害などの情報が浮かび上がってきています。

カナダには隠された大きな陰謀があるのかもしれません。

そして、2026年の米国の法廷は世界法廷となり、人身売買、ウィルスの陰謀などの全てが暴露されると言う内容も追加されました。

現在のQプランでは、間も無くEBSとの噂もありましたが、緩やかなMSMでの暴露へ変更されたのでしょうか?

7月23日のトランプ大統領、JFKジュニア副大統領誕生するのか注目されているところでした。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・BRICSが金本位制通貨を議論!ブリンケン国務長官の死去情報!

今回はBRICSサミット8月開催の話題が掲載されました。

銀行破綻の情報などメディアは報じていません。

BRICSのブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカが主導する規模は世界人口の40%を超えています。

その影響力は無視できないものとなります。

金本位制通貨の発表がされる可能性は高いのではないでしょうか。

そして、Qプランのタイムラインも変動してきているようです。

米国・ブリンケン国務長官の死去の情報は、RRNでも伝えられており可能性は高いかもしれません。

カナダ情勢と合わせて今後に注目です。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*BRICS、米ドル崩壊に関連する記事はこちらです。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました