米国・緊急放送流れる?偽放送か?緊張するアメリカ情勢!

世界緊急放送

日本時間1月19日午前2時すぎにランブル(Rumble)で緊急放送のTwitterが拡散されました。

早速、ジャーナリスト(軍事評論家)の篠原常一郎氏が、この情報はフェイクであると解説されました。

その内容を解説していますので紹介します。

スポンサーリンク

緊急放送の概要

緊急放送の内容は以下です。

緊急警報情報!!

スポンサーリンク

ジャーナリスト篠原常一郎氏の解説

篠原氏によると、上の緊急警報情報は偽情報です。と話されています。

その翻訳と概要をまとめます。

偽物であるというポイント

いろんなでも画像を交えて流していますが翻訳してみました。

緊急放送としては偽物です。その根拠について・・・

・音楽をバックに流すことがすでにおかしい!

・未確認の情報が混在している。

<目的は2つ考えられる>

・過激な右派が刺激を与えようとしている。

・民主党と共和党の衝突を煽る。

<翻訳の概要と解説>

<以下、篠原常一郎氏のYouTubeより引用抜粋>

みんなが怒りと忍耐が限界にきています。誤解しないでください、間違いなくトランプ大統領は、憲法を守るためにしなければしないことをしています。

 

25000人の軍隊がワシントンDCと就任式の暴動鎮圧ために集結したと言いいますが、それは真実ではありません。

 

民主党が大半を占める州では軍隊がスタンバイしています。キューバをテロリスト国家と指定しました。なぜならCCPの会社が選挙の妨害をこの国を通じて行ったからです。

*解説:いかにもトランプ大統領が行っているように書いてあるが、州兵の数については未確認です。

最近あったイタリア、バチカン、パキスタン、イランの停電はアメリカ宇宙軍より、宇宙から送電網を麻痺させる攻撃をしました。

 

これはC国とイランとの戦争の為の準備でした。パニックにならないでください。

 

一般的な、戦争のような戦車や爆弾、銃弾によるサイバー作戦です。人工衛星を使っての作戦です。宇宙軍はこうして作戦おために作られました。

*解説:停電はイタリア、ローマ、バチカン、パキスタンなど確かにありました。テレビネットワークが切れる、CNNやABCがあったようですが、これが宇宙軍がやっているように誘発している。これは光回線トラブルでも起きる。宇宙軍というとトランプ大統領が関係していることを誘発している。

*次のことが重大です・・・

現在25万人のC国軍が私たちをとり囲んでします。75000人がカナダ、残りはメキシコにいます。我が軍はもし一歩でも彼らが侵入してこれば、速やかに撃退すると言ってます。

*解説:カナダ75000人がいることは確認されていません。残りがメキシコにいて、総勢25万人もの軍隊が秘密裏に送り込むことは不可能である。今、C国軍は太平洋インドシナ海の緊張で大変です。C国にそんなことができる状態では無い。これは、論理的にできる事では無いであろう。

 

メディアを信じないでください。ただ言っているだけです。邪悪で卑怯な人々をみてください。彼らは正体を表しています。

 

ボス(トランプ大統領)は良いものと悪いものを仕分けています。この2週間に渡ってそうしてきました。

 

この選挙は私たちの国にとって一種のサイバー戦争でしてた。選挙の日に4つの激戦州でC国のサイバー攻撃により票がトラさんから梅さんにすり替わったと報告があり証明されました。

外国による妨害である認識に達しました。

*解説:この内容は大事な論点です。ドミニオンの会社は取締役が三人がC国人であり中国の関与は事実です。外国が選挙に関与することを伝えることでトランプ指示派は同調するであろう。

以下省略・・・

篠原氏は、これから、このような情報が溢れてきますので、情報に一気一憂せづに慎重に判断してくださいと話しています。

詳しくはYouTubeをご視聴してください。約32分です。

<篠原常一郎氏のYouTubeは以下です>

スポンサーリンク

【緊急放送】の内容についてのメッセージです

SNA(アメリカ国家安全保障局)アースアライアンスからの元情報の緊急放送内容が発信されていましたので紹介しておきます。

興味ある方は、読んでみてください。(引用先:Takuya Angelさん)

【緊急放送】の内容についてのメッセージです  

 

スポンサーリンク

まとめ・・・米国・緊急放送流れる?偽放送?緊張するアメリカ

いかがでしたか?

篠原氏の素早い翻訳と解説を聞いて皆様はどう感じられましたか?

軍事評論家の篠原氏の25万人の人民解放軍はあり得ない!という経験値は信頼できますね。

そして、安心します。ありがとうございます。

これから、緊急放送がトレンドとなっており数々の情報が発信されてきます。

今回の緊急警備情報とのタイトルで動画が流れました。

 

今後も良く情報を確認して、表情報と裏情報を自分で調べる作業をしてみることが大切ですね。

最後までご視聴ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました