石川新一郎・ワシントンからの伝言VOL21トランプ反撃開始!

国際

2021年1月8日午前9時・石川新一郎氏へトランプ関係者より、短いメッセージが入りました。トランプは勝つ!と。

 

1月6日に起きたアメリカ上下合同議会は、トランプ指示者の1人の女性が議事堂内で警察により射殺されるという痛ましい事件となりました。(亡くなられた方のご冥福をお祈りします。)(その後死者は4人と発表)

 

彼女は武器は所持していませんでした。至近距離からの発砲なのです。これは、正当防衛とは言い難い状況です。

 

暴動の実態は、トランプ支持者になりすましたアンティファ組織の先導で議会が中断し発砲事件まで起きるというクーデーターです。

 

これで、トランプ陣営の仕掛けた罠に、中国共産党左派に傾いた国家反逆者が明らかになった。ワニが正体を現した。ペンス副大統領・マコーネル上院院内総務・ペロシ議長、そして、地元警察の面々である。

 

再開した会議は、暴動後の審議では選挙不正の異議申し立ては却下され、ペンス副大統領はバイデン大統領を新大統領として承認した。

 

トランプ支持者の方は落胆とアメリカの未来に失望を抱いていることでしょう。しかし、これは平和的に憲法を遵守するトランプ大統領の計画的な作戦でした。

 

これから、トランプ大統領はいよいよ準備していた反撃を遂行する。

その、反撃の準備を進めてきた内容とは?考えられる作戦を考察します。

*石川新一郎氏のYouTubeを見られていない方は、ご覧の上、記事を視聴いただくとわかりやすいいと思います。

【第66弾】21回目のワシントンメッセージといよいよ反撃開始です‼️

スポンサーリンク

ワシントンからの短いメッセージは?

ワシントン、トランプ関係者によるメッセージは2回入りました。

1回目のメッセージ・解説

<石川新一郎氏YouTube 引用>

トランプ大統領は勝つ!ペンス(副大統領)なんてどうでも良い。

バイデン、ハリスは大統領になる資格はありません。なぜなら、アメリカ合衆国の憲法に内容が記載されています。その内容に沿って彼らは成れません。

*解説:アメリカ合衆国憲法には、有罪判決を受けたものは、大統領、副大統領の職を解かれる。と記されています。

つまり、バイデン大統領候補、ハリス副大統領候補は、この後に証拠があげられる反逆罪で有罪の判決を受ける。事を指したものです。

第 4 条[弾劾] 大統領、副大統領および合衆国のすべての文官は、反逆罪、収賄罪その他の重大な罪ま たは軽罪につき 弾劾の訴追を受け、有罪の判決を受けたときは、その職を解かれる。 

*解説:バイデン氏の疑惑はいくつかありますが、ハンターバイデン氏のスキャンダルや中共スパイとの関係が暴露されています。

 米メディアがひたすら隠蔽してるので話題のハンターPCがどのようにジュリアーニに渡ったかを解説します!

2回目のメッセージ・解説

<石川新一郎氏YouTube 引用>

 石川様、合同議会で亡くなっ方に、お悔やみ申し上げます。

あれは、警察が議会に流れ込み、わざとトランプ大統領のために集った集団が危険なやからとさせた為です。

先導したのは、アンティファの数名です。

*解説:議事堂内への潜入はアンティファのメンバーである。

スポンサーリンク

トランプ陣営のこれまでの準備とは?

トランプ大統領は11月以降に閣僚の人事を敢行していた。それは、またにアメリカ大統領選挙が憲法により平和的に解決されないであろうことを想定しての準備であった。

軍による統制となる、戒厳令を予期しての準備だと思われる。

11/9  エスパー長官解任   そして、ミラー長官 長官代行が就任ミラー長官代行はテロ専門の経験を持つ)

12/3 ジーナハスペルCIA長官を昨日解任、

   クリストファーレイFBI長官を先週解任していたと語った。

(ジョージア州ストップザスティールラリー)(演説集会)

リンウッド弁護士 ジーナCIA長官、クリストファーFBI長官は解任された トランプ大統領は選挙人410以上獲得 1776年以来の戦いだ

12/23 バー司法長官は辞任、現在は司法長官代行ローゼン(ローゼン氏は軍事裁判の経験を持つ)

スポンサーリンク

反撃は18日までに決着する!

<石川新一郎氏YouTube 続き 引用>

 何日か掛かりますが、トランプ大統領は再選します。それだけで、他には何もありません。ただ、我々人間は、自分たちで勝ち取らなければならないことがあります。

今回もいろいろ右往曲折しながらですが、トランプ大統領は必ず勝ちます。

なぜなら、その先のタイムラインは少し早まりました。彼がいなければ、何年も伸びますが、全くそのようなお話は出ません。

断言しますがトランプ大統領は勝つ!

追伸)トランプ大統領が勝つまで数日かかります。おそらく15日から18日までの間に終わります

*解説:ワシントンからのメッセージは、トランプ勝利まで15日〜18日と伝えいています。1月20日の大統領就任式までに決着する。と断言しています。

1月9日、10日に大きな動きが予測されます。

国家反逆罪に該当する証拠を機密解除する。

その根拠を元に、大統領令または反乱法の執行をして、関係した首謀者を逮捕する。多くの逮捕者が出るのではないでしょうか?その中に、バイデン氏・ハリス氏も含まれるのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ・・・石川新一郎・ワシントンからの伝言VOL21トランプ反撃開始!

今回の選挙は異常なアメリカ大統領選挙です。

トランプ大統領は、沼のワニの姿を出させる為の作戦でした。

あれだけの不正が、議会・司法・政府で内容を審議されない、動けない。

その事を、示す為のワナに掛かった、大量のワニを知らせる為だったのでは無いでしょうか?

1月6日に100万人とも言われる人がワシントンに集結したのはなぜでしょうか?

トランプ大統領は、自分の保身のために大統領職に執着しているのでしょうか?

アメリカの建国の精神を守ために、崩れてしまった意識を修正し再び強くしたいのでしょうか?

筆者は、トランプ大統領陣営は、共産主義が主導する情報操作に傾いてしまったアメリカを再び建国の精神のアメリカに戻すために戦っていると感じています。

MAKE AMERICA GREAT AGAIN 偉大なアメリカを再構築する!

ご視聴ありがとうございました。

*1月8日のトランプ大統領のツイートです。

 




タイトルとURLをコピーしました