金融危機のイベントがGCRグローバル通貨リセットを決定する最新情報!

GCR量子金融システム

6月30日のジュディ・ノートでGCRの決定は、これから始まる世界の金融危機が関係するという。

イベント・スケジュールの新たな更新はありません。

世界の金融危機とGCRの決定に関する最新情報とは?

GCRグローバル通貨リセットの進展は?

世界が直面する金融崩壊の事例とは?

以上について紹介していきます。

(ジュディ・ノート6月30日版 ヘッドライン)

偽旗作戦の核戦争を迎える核恐怖イベント。
怖いイベントが必要です。
みんな家が必要です。
軍隊が唯一の方法です。
WWG1WGA

「私は中絶のためにいるすべての人が

すでに生まれていることに気づきました。」
…ロナルド・レーガン

(引用先:2022年6月30日現在、GCRを介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

世界の金融危機とGCRの決定に関する最新情報とは?

ジュディ・ノートでの世界の金融危機が、GCRグローバル通貨リセットを決定づけると記述されています。

(以下 ジュディ・ノート6月30日版より 抜粋)

ジュディメモ:

グローバル金融危機に関連する大規模なグローバルイベントは、

グローバル通貨リセットの最終決定を伴います。

世界的な金融危機が発生していました–それは世界的な通貨のリセットをもたらすでしょう。

世界通貨のリセットは火曜日にロシアによって発表されました。6月28日。

(筆者注釈:プーチン大統領は、BRICS諸国が米ドルに代わる新しい世界の準備通貨を確立していると述べています 

プーチンは、最近のBRICSビジネスフォーラムで講演し、新しいスキームは国際的に取引するための信頼できる代替案を提供すると述べています。

「私たちの国の通貨バスケットに基づいて国際準備通貨を作成する問題は解決されています」とプーチンは言いました。

債券保有者に支払いがあったということはわかりませんが、支払いがあった場合は、秘密保持契約に基づくことになります。

すべての情報源は、Tier 4Bが7月中のある時点で、おそらく初期の部分で予定を確認することに同意しているように見えました。

離乳食の不足ホワイトハットが汚染されていることが判明した食品の破壊を命じたことによるものでした。

したがって、幼児の予防接種に合わせた乳児死亡の危機を回避しました。

土曜日 7月11日は中間選挙まで120日であり、GESARA/NESARAが発表されてから新しい選挙が行われるのに必要な日数です。

過去数日以内に、最高裁判所は、

胎児の保護に賛成票を投じました。学校での憲法修正第2条の権利、祈り、言論の自由、および非市民は選挙に投票できません。

明日木曜日。6月30日彼らはさらに多くを発表します。

(筆者注釈:最近の最高裁判所の発表した内容は以下です)

  • 胎児を保護–中絶の決定は州の義務であり、無数の赤ちゃんを中絶から救いました
  • 保護された修正第2条の権利–隠された武器を運ぶために特別な理由は必要ありません
  • 保護された祈りと言論の自由–学校での祈りは大丈夫です
  • 保護された学校の選択
  • 保護された選挙の完全性–非市民は選挙に投票できません

食糧、燃料、商品の不足

  • スリランカの危機は、政府が市民に家にいるように指示し、7月10日まで燃料供給を不可欠なサービスに制限し、地域間の公共交通機関を停止することを提案したため、月曜日に悪化しました。
  • オーストラリア:農家が買い物客に緊急の警告を発しているため、オーストラリアでは卵が不足しています:https ://www.dailymail.co.uk/news/article-10963355/Eggs-short-supply-Australia-farmers-issue-urgent -警告-shoppers.html
  • オランダ:オランダは、窒素を30%削減するために、数十の農場と牧場を閉鎖しています。怒っている農民は通りに連れて行きます!農民だけでなく、食べる人全員がそこにいるべきです!
  • カナダ: ケンブリッジ食品加工工場での火災後の負傷なし
    https://kitchener.ctvnews.ca/no-injuries-after-fire-at-cambridge-food-processing-plant-1.5965503
  • 米国、マウント: FDAは、存在しなかったサルモネラ菌の製品をリコールした後、昨年承認された「潜在的な」ラベル表示エラーのために2トンの食品を廃棄しました。FDAは、サルモネラ菌の発生が8回あったと主張しましたが、そのうちの1つを証明することはできません。

 

今後の高齢者のホームレス危機

プランデミックの最中に、カバルのブラックロックは全国のアパートとトレーラーハウスを購入しました。

彼らは家賃を大幅に引き上げており、6月、7月、8月の間に主に高齢者を中心に約1,000万から2,000万人の家賃を払う予定です。

国勢調査局は、2,000万人の住宅所有者が支払いと家賃を滞納していると推定しています。年間25,000ドル未満の収入の場合、年間10万ドルの収入よりも追い出される可能性が高くなります。

政府での生活に慣れていた人々は、家賃を払っていませんでした(コビッドのパンデミックのため)。今、それはすべて期限が来ています。

Covidの拡張が行われている間に、ブラックロックは集合住宅を購入しました。人々は家賃を払っていませんでした、そして、彼らが崩壊したので、所有者は売らなければなりませんでした。

4月1日、誰もこれ以上Covidのお金を手に入れませんでした…。つまり、4月、5月、6月…7月1日が終わりました…。それは3ヶ月以上の家賃の支払い期限です…。そしてほとんどの州は所有者が人々を追い出すことを許可しています。私は250人の複合施設を知っています…すべてが追い出されます。

Cabal Blackrockは、モバイルホームパークの多くも購入しました…人々はCovidのために家賃を延期しました…。公園はエリアに行きました…そして買収されました…それで計画は都市コードを満たすためにインフラストラクチャを解体して再建することです…そして家賃を月額350ドルから月額1,000ドルに上げることです。

つまり、あなたが高齢者であり、モバイルホームパークで賃貸するために家を売却し、退職者として社会保障から月額1200ドルを受け取っている場合、彼らが月額1000ドルに家賃を引き上げると、先輩は完全にねじ込まれています。

それは、全国の何千ものモバイルホームパークで起こっていることです。

推定では、6月、7月、8月に約1,000万〜2,000万人が立ち退きます。

(引用先:2022年6月30日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:世界の金融危機がGCRを決定づけることになるという事です。

先日のBRICSでのプーチン大統領の発言は、米ドルに代わる新しい通貨への準備ができていることをj公表したものでした。

そして、エネルギー不足がEU連合に押し寄せて、経済がマヒし物価の上昇していくことでしょう。

プーーチン大統領天然ガス輸出規制にから、EUから経済崩壊が起きるという内容は↓の記事を視聴願います。

離乳食不足は、有害物質の含まれた食料品加工所の相次ぐ火災が影響してたようですが、これはホワイトハット軍による有害食料品の排除かつDS勢力の資金枯渇につながるようです。

今後、世界中での食料品不足、そして、米国の高齢者の家賃の高騰を狙うDSにより、家賃の滞納者が増加し立ち退きを2000万人がするという危機的な状況が来ています。

 

*プーチン大統領の発表したグローバル通貨リセットの内容に関する記事です。

 

*米国の食料品加工所の相次ぐ火災の記事はこちらになります。

 

スポンサーリンク

GCRグローバル通貨リセットの進展は?

GCRグローバル通貨リセットの進展に関する情報です。

(以下 ジュディ・ノート6月30日版より 抜粋)

グローバル通貨のリセット:

火曜日に。6月28日ロシアは、BRICS諸国がグローバル通貨リセットを確立すると発表しました。

「私は、「大いなる啓示」の大規模な 軍事行動が、私たちの任命に参加していることと相まって、今から土曜日の間 に起こると予測しています。7月30日。」…ジェリーコーチ

中国の長老たちは、「リーダーシップにはもっと時間が必要だった」と言って、グローバル通貨リセットの完了が遅れたことをお詫びしました。

ブルースによると、日曜日の午後9時。6月26日の夜、イラクディナールは58セントで外国為替のバックスクリーンに置かれ、月曜日までに最大$5.50で取引されました。朝。

それは価値が上がり続け、月末までに約17ドルに達すると予想されていました。

(引用先:2022年6月30日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:GCRについては、進展はしていますがTier4Bの支払いのところで、調整が続いているようです。

GCRのインテル情報は、依然少なく、情報の制限がされているようです。

そして、これから7月30日土曜日にかけて、大きな軍事行動が予定されているようです。

きっと、核による戦争危機の偽旗作戦ではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

世界が直面する金融崩壊の事例とは?

今後、予想される金融危機の事例がいくつか紹介されています。

(以下 ジュディ・ノート6月30日版より 抜粋)

世界的な金融危機:

株式、資産、債券、暗号通貨は大幅な下落に直面している、オーストラリア財務管理局のCEOは警告します:

https ://www.abc.net.au/news/2022-06-29/aofm-public-servant-warns-of-重要な資産市場への転落/101193682

(上記記事の一部を抜粋)

上級公務員は、今後数か月で資産市場が大幅に下落する可能性があると警告しています。

大手エコノミストは、これらの資産には、株式、不動産、債券、ビットコインのような暗号通貨が含まれる可能性があると述べました。

 

暗号市場が暴落すると、不動産支払いのためのビットコインのグローバルな使用は「蒸発」します:

https ://finbold.com/global-use-of-bitcoin-for-real-estate-payments-shrinks-as-crypto-market-crashes/

(上記記事の一部抜粋)

過去数年間で爆発的な成長が見られた後、不動産の支払いに暗号通貨を使用することは、デジタル資産の価値が急激に低下した後、事実上停止しました。

 

ハッカーが1億ドルのブリッジエクスプロイトをロンダリングし始めた後、イーサリアムの 価格は下落します:

https ://www.fool.com.au/2022/06/29/ethereum-price-falls-after-hackers-begin-laundering-100-million-bridge-エクスプロイト/

(上記記事の一部を抜粋)

イーサリアム (CRYPTO:ETH)の価格は過去24時間で4%下がり、現在1,145米ドル(1,655豪ドル)で取引されています。

一夜にして下落すると、時価総額で世界第2位の暗号通貨が1月1日から70%減少します。

 

台湾中央銀行は、デジタル通貨に取り組んでいると述べていますが、時刻表は不明です:

http: //www.reuters.com/article/taiwan-economy-cenbank-idUSKBN2OA0CB

(上記記事の一部を抜粋)

ヤン氏は、デジタル通貨に関するフォーラムで、閉ループ環境での中央銀行デジタル通貨(CBDC)の使用をシミュレートしていると述べました。「これには少なくとも2年はかかるでしょう。それから、もう一度評価する必要があります。」

(筆者注釈:中央銀行のできたる通貨はDS勢力の通貨なので、QFSとリンクする通貨にはならないと言おう事を示唆しています)

 

景気後退、インフレ懸念によるアジア市場の損失:

https ://www.msn.com/en-au/money/markets/asian-market-losses-driven-by-recession-inflation-fears/ar-AAYYENS

(上記記事の一部を抜粋)

ディーラーらによると、水曜日の米国・地方株式市場は、暴走するインフレへの取り組みを目的とした急激な利上げが景気後退を引き起こす可能性があるとの懸念から、急落を余儀なくされた。

 

アエロメヒコ航空の株主が破産リストラでメキシコ証券取引所の出口を支持:http://www.reuters.com/article/mexico-aeromexico-idUSKBN2OA063

(上記記事の一部を抜粋)

メキシコシティ、6月28日(ロイター)-アエロメヒコ航空は火曜日、株主の過半数が航空会社の破産リストラの一環としてメキシコの主要証券取引所から撤退する提案を承認したと述べた。

 

(引用先:2022年6月30日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:世界の金融危機を表す事例です。

これから、起きることは中央銀行側の暗号資産はQFSとリンクできない為に暴落の道をたどるという事です。

それと、同じく株式市場もDS・グローバリスト企業の資産は崩壊する方向に向かうという事です。

日本であれば、日本はDS・グローバリストに支配されていますので、政府が推奨するモノは暴落していくと考えた方が良いっという事です。

企業なら、その企業を支配しているのは誰かをみれば判断できるという事になります。

今から投資を考えている方は、様子を見ることが望ましいでしょう。

又は金、銀への投資が無難だと思われます。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・金融危機のイベントがGCRグローバル通貨リセットを決定する最新情報!

GCRグローバル通貨リセットの準備は進められて、インテルからの情報は制限しています。

今回のジュディ・情報ではTier4Bの支払いが確認できるのは7月中旬という記述がありましたので、まだ、しばらくかかりそうです。

金融危機の兆候はあちらことらで、発生しています。

株式の暴落、不動産業界の危機、そして、米国では2000万人もの高齢者が家賃の支払いができないというのです。

ロシアの天然ガスの供給が停止しているEU連合諸国も、経済が停滞して、物価が高騰しているようです。

いずれ日本にも影響は出るでしょう。

先に出るのが、EU連合かもしれません。

株式市場のの暴落、仮想通貨の暴落も始まれば一気に世界を駆け巡るでしょう。

DS・グローバリスト資金の解体が狙いですから、しばらくは忍耐するしかないでしょう。

今は、無駄な動きは止めて、必要最小限の移動やお金の運用をする時かもしれません。

私が注目しているののは、GESARA選挙になると言われる、11月8日の米国・中間選挙120日前の7月7日頃に何が起きるのかです。

最高裁判所の動向がカギを握るような気がしています。

冷静に情報を観察していくしかないでしょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

 

*QFSに関する記事は↓をみると良くわかります。

 

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました