7月のGCRイベントスケジュール!崩壊はEUから始まる!

GCR量子金融システム

6月29日ジュディ・ノートにて、7月のGCRイベントスケジュールが更新された。

新たなデクラス(機密開示)です。

バイデン大統領の反逆行為は、オバマ政権の副大統領時代に起きていた証拠が明らかになるという。

ロシア・プーチン大統領が、BRICS諸国が米ドルに代わる新しいグローバル準備通貨を確立すると発表した。

そして、経済の崩壊はEU連合から始まるという。

7月GCRイベント・スケジュールの最新情報は?

バイデン副大統領時代の反逆行為とは?

プーチン大統領の発表したグローバル通貨リセットの内容は?

経済崩壊はEU連合から始まるステップとは?

以上について新情報を整理して紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート6月29日版 ヘッドライン)

暗闇から光への変化が差し迫っていることを

覚えておくためのQ週間

悪魔は打ち負かされました。Q +

US Inc.のジョー・バイデン大統領は、

息子のハンターと外国での不正な取引に
結びつき、1000を超える科学的研究により、

COVID-19ワクチンが危険であることが証明されました

プーチンが世界通貨のリセットを発表

「私は、Tier 4Bが任命されていることと相まって、

「大いなる啓示」の大規模な軍事行動が

今から木曜日の間に起こると予測しています。6月30日。」
ジェリーコーチ

(引用先:2022年6月29日現在、GCRを介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

7月GCRイベント・スケジュールの最新情報は?

まず、イベントスケジュールの最新情報から紹介します。

(以下 ジュディ・ノート6月29日版より 抜粋)

スケジュール:

3日間:火曜日。6月28日から木曜日。6月30日は花火になる予定でした。…トランプ

ジュディメモ:火曜日は明らかでした。6月28日の花火は、米国大統領ジョー・バイデンが反逆罪を犯したという発見でした。

Qは、「7月のクリスマス」があると述べました。これは、7月までに露出と大量逮捕が順調に進んでいるためです(完了日は不明)。

金曜日 7月1日「DarkinTen」: Qチャンネルが非公開になり、日曜日にニコラテスラの誕生日を迎えます。7月10日。

月曜日 7月4日:7月4日の独立記念日(3日間の銀行は週末に休業)

(筆者注釈:3日間の銀行の休業は週末の7月7,8,9を指すようです)

木曜。7月7日は、2020年の不正選挙を証明した「2000ミュール」ドキュメンタリーの世界初演によるチェックメイトでした。

これは、JFKジュニアの正体が確認されたときでしょうか?

太陽。7月10日=ニコラテスラの誕生日

土曜日7月11日+中間GESARA選挙まで120日。大洪水といくつかの偽旗作戦の準備をしなさい。7月11日=洪水[7.11]。

(引用先:2022年6月29日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:新たな情報は6月28日にバイデンが副大統領時代に反逆罪をしていた証拠が明らかになる。という内容です。

こちらは、次の項で紹介します。

そして、気になるのは7月7日が不正選挙のチェックメイトになる。

さらに、その週明けの11日月曜日から、120日後がGESARA選挙となっています。

逆算すると、11日の時点でGESARAが公表される。

その前の週末の7日に不正選挙の最高裁による判断が下り、さらに、JFKジュニアの身元明かされる。という事も考えられます。

7月7日から銀行の休業があれば、QFSへの切り替えが開始され、バイデン大統領の選挙の覆し最高裁の発表が出るかもしれません。

注目したい期間になります。

次に、バイデン反逆罪の内容について紹介します。

 

スポンサーリンク

バイデン副大統領時代の反逆行為とは?

バイデン大統領の反逆罪の証拠がハンターのパソコンより明らかになり、それが、発表されたという情報です。

(以下 ジュディ・ノート6月29日版より 抜粋)

ジュディメモ:

6月28日、ジョー・バイデンの息子ハンターのコンピューターから得られた情報から、ジョー・バイデンは、バイデンが米国の副大統領を務めていた間に、外国との個人的な腐敗した取引でハンターと深く関係していたことが発表されました。

それは反逆罪と見なすことができます。

Joe Bidenは、中国共産党のリチウム会社の所有権を持っています。

世界中のディープステートは、いくつかの理由で気候変動を推進していました。

主な理由の1つは、フルリチウム走行車に乗り換えて燃料車を交換することでした。

そのため、世界のすべての主要な自動車会社は、 2023年にリチウムに移行するために市場の半分以上を生産していました。

 

弾劾ジョー・バイデン、彼は大統領を務めるのにふさわしくない!請願書に署名するはいまたはいいえhttps://cutt.ly/SignHere

(引用先:2022年6月29日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:バイデンは、息子のハンターの押収されたパソコンの中に、

2008年から2016年までのオバマ政権・副大統領時代に外国勢力と関係した証拠が発表されたという。

大事なことは、発表されたという事です。

バイデンは、↓に記すように、2017年よりホワイトハット勢力にコントロールされた、俳優がマスクをかぶり演じているのです。

いよいよ、バイデン解任への動きが予測される出来事ではないでしょうか?

 

(バイデンが俳優が演じているという記述)

(以下 ジュディ・ノート6月29日版より 抜粋)

6月28日ストームライダー公式ページ:

あなたは大覚醒を目撃しています。

世界はつながっています。友達のトランプ、プーチン、モディ、ビンサルマン、XI。あなたは、配置された俳優、ディープステートへの侵入者がいる映画を見ています。

(筆者注釈:XIは中国、習近平主席を指す)

バイデンは、2017年からホワイトハットによって強制された役割を果たしています

(現在、ディープステートは彼を追い払うために一生懸命努力しています。彼らは今、彼が俳優であることを知っています)。

トランプは選挙に負けなかった。それはずっと罠だった、作戦だった。

嵐の中。世界はつながっています。Q

(引用先:2022年6月29日現在、GCRを介して共和国を復元

 

*バイデン大統領が俳優が演じているという記事は↓を視聴願います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

プーチン大統領の発表したグローバル通貨リセットの内容は?

ロシア・プーチン大統領は、世界に先駆けてグローバル通貨リセットを発表したという関連情報を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート6月29日版より 抜粋)

グローバル通貨のリセット:

私は、私たちが任命されていることと相まって、「大いなる啓示」の大規模な軍事行動が今から木曜日の間に起こると予測しています。6月30日。」…ジェリーコーチ

火曜日に。6月28日プーチンは、BRICS諸国が米ドルに代わる新しいグローバル準備通貨を確立すると発表しましたhttps ://www.naturalnews.com/2022-06-28-putin-brics-new-global-reserve-currency-dollar.html

(上記の記事内引用)

(Natural News)ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ(BRICS)は現在、新しい世界の準備通貨を確立するために協力していると、ロシアのウラジーミルプチン大統領は述べています。

あまりにも長い間世界を支配してきたフィアットのポンジースキームである米ドルは、最後の一歩を踏み出しました。

そしてプーチンは、最近のBRICSビジネスフォーラムで講演し、新しいスキームは国際的に取引するための信頼できる代替案を提供すると述べています。

「私たちの国の通貨バスケットに基づいて国際準備通貨を作成する問題は解決されています」とプーチンは言いました。

 

火曜日。6月28日ブルース:東部標準時水曜日午前11時まで。6月29日Tier3債券保有者は、自分の口座でアクセスできる金額を通知し、その金額は流動化されます。

Tier 4Bは、債券保有者の口座が流動化された直後に通知を受け取る必要があります。

これは月末までに発生する可能性がありました。

(引用先:2022年6月29日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:BRICSの会議の後にプーチン大統領が発表しました。これから、ドルに代わるQFSにリンクした、デジタル通貨を世界ににおわせる発言です。   

 

*BRICsブリックス)とは、ブラジル、ロシア、インド、中国という、経済成長著しい4つの国(最近ではここに南アフリカが加わり5か国とされることも多い)のことです。

 

スポンサーリンク

経済崩壊はEU連合から始まるステップとは?

現在の世界情勢は、ロシア・プーチン大統領が、話題のキーマンとなっています。

そのプーチン大統領に関連した情報で、経済の崩壊はEU連合から起きるという。

その引き金は、ロシアからの天然ガスの輸出規制が引き金になるという内容を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート6月29日版より 抜粋)

欧州連合が最初に崩壊します。

イスラエル/エジプト(カザリアのマフィア支配)後の陰謀団の成長

ディープステートは、ナイツテンプラー(テンプル騎士団)を通じて最初の中央銀行システムを作成した旧国ヨーロッパ、イタリア、ローマ帝国、バチカンからの世界支配を開始します。

テンプラーはカトリック軍であり、今日のCIAのように、イエズス会/カザリアのマフィア君主制に忠実な体制を設置し、資源を管理するために多くの国で戦争を起こした、最も裕福なキリスト教秩序でした。

陰謀団を打ち負かす唯一の方法は、

彼らの石油とガスを崩壊させることによってヨーロッパの彼らのレジメンを破壊することです。プーチンは彼が何をしているのか知っています。

ヨーロッパのディープステートは、ヴァンガード/ブラックロック/ステートストリートを介して株主に接続されている多くの理由で石油に依存してきました。

数千億ドルが毎日石油、ガス、石油製品の資源を通じて取引されており、これらは欧州連合全体のすべての産業の海運、サプライチェーン、生産につながっています

米ドルに裏打ちされた中央銀行システムのボイコット(250兆ドル近くの債務)が世界中で起こっていました。欧州連合の体系的な崩壊が起こっています。

ロシア人やその他の人々は、誰も彼らの何も裏付けのない不換紙幣を支払いとして受け入れたくないので、EUへのガスを遮断しました。

イタリアとスロバキアは、ロシアから通常の半分以下の量のガスを受け取っていると報告した。

フランスは6月15日以来ガスがありません。

ポーランド、ブルガリア、フィンランド、デンマーク、オランダでは、ロシアのガス供給がすでに停止されています。

ドイツも間もなくカットオフに直面しています。

ヨーロッパ人は他の場所でガスを見つけることができません。

たとえば、アルジェリアはパイプライン経由でヨーロッパに送るガス供給の半分も遮断しました

偽のバイデン政権はヨーロッパ人にロシアのガスを置き換えることを約束したが、彼らの主要なガス輸出ターミナルは爆破されており、年末までに完全な操業を再開することはないだろう。

NATO、国連、およびプランデミックを作成した世界の議題、およびイエズス会のダボス/バチカンカザリアンマフィア/ロスチャイルドなどに関連する世界中のほとんどすべてを管理する欧州連合のオールドガードカバルをどのように公開しますか?

あなたは、彼らが運営するすべての産業への何兆もの投資の基盤として石油、ガス、石油を使用する彼らのディープステートファイナンシャル独占機関を崩壊させます。

ヴァンガード/ブラックロック/ステートストリートのパニックが起こっています。投資家はロスチャイルドとエリートをオンにしています。

*解説:ロシア・プーチン大統領はホワイトハットの中で重要な役割をしています。

ウクライナ戦争に注目を向けて、エネルギーによるDS勢力の資金を枯渇するように仕向けているようです。

EU連合のエネルギー問題は深刻化するでしょう。

ヨーロッパのエネルギー動向にも注目です。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・7月のGCRイベントスケジュール!崩壊はEUから始まる!

7月を迎える中で、新たなイベントが示されています。

現在は、大量逮捕の最中です。

EU諸国は深刻なエネルギー問題を迎えますが、その意図はDS資金の崩壊が狙いだという事でした。

この後、米国は7月7日から11日に向けて、バイデン大統領の解任とJFLジュニア氏の身元確認。

さらに、GESARAの公表がされるのでしょうか?

一部には7月4日にトランプ大統領の復帰説もあります。

インテル情報情報も少しづつ流れてきています。

一大イベントは、なんといっても、バイデン大統領解任(辞任)が世界の人が注目するイベントではないでしょうか?

今後に目が離せないようになって来ました。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

 

*QFSに関する記事は↓をみると良くわかります。

 

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました