【速報】トランプ・ラリー・イリノイ州の概要!選挙不正にコロナを使った!

トランプ大統領

2022年6月25日土曜日(米時間)イリノイ州メンドンでドナルドJ.トランプ大統領のセーブアメリカラリーが開催されました。

(日本時間:6月26日AM9時ころ)

トランプ大統領は何を語るのでしょうか?

前日のロー対ウエイド判決への意見は?

選挙不正にどこまで言及するのか?

ラリー概要をRSNB・サマンサフロム氏の記事より紹介します。

 

RSNBのラリー動画はこちらです。

President Trumps Full Speech at The Save America Rally in Mendon, IL 6/25/22 - Rumble

 

 

イリノイ州トランプラリーの翻訳情報より概要を掲載します。

 

トランプ:子供はすべて、神からの神聖な贈り物であると信じています

まず、25日の最高裁判所のロー対ウエイド判決の覆しを話し子供たちは神様の贈り物だといい。「トランプ ありがとうの」の大観衆のコールを受ける。

(引用先:RSNB 群衆は最高裁判所の人生を肯定する判決のために「ありがとう、トランプ」を唱えます

ドナルド・トランプ大統領は金曜日の米国最高裁判所(SCOTUS)で、ロー対ウェイド事件計画的親子関係対ケーシー事件の転覆で歴史的なプロライフの勝利を宣伝しました。

第45大統領は、共和党を「生命の党」、「すべての人の党」と誇らしげに呼んだ。

群衆は「ありがとう、トランプ!」の情熱的な詠唱に噴火しました。

「この長く分裂している問題は、州とアメリカ国民によって決定されるでしょう」と彼は言いました。「私たちは、生まれた子供と生まれていない子供はすべて、神からの神聖な贈り物であると信じています」と付け加えました。

トランプ氏はさらに、今週の憲法修正第2条に関する裁判所の判決に触れ、ニューヨーク州の銃規制を6対3の確固たる判決で打ち破った。

*解説:ラリー冒頭のスピーチでロー対ウエイドの判決覆しを訴えて、観衆から喝采を浴びるところから開始しました。

子供は神様の贈り物という観点から、人工中絶に待ったをかけると同時に、銃規制についても6:3で打ち勝ったことを観衆は評価したようです。

(「ありがとう、トランプ!」トランプ大統領がロー対ウェイド事件に関する最高裁判所の判決を祝うと、聖歌が鳴り響きます。)

 

トランプ:選挙を盗むためにコビッドを使った!

次に、トランプ大統領は選挙不正の話題に入っていきました。

(引用先:RSNB「彼らは選挙をリグし、盗むためにコビッドを使用しました」)

ドナルド・トランプ大統領は、土曜日の夜にイリノイ州メンドンで開催された集会で行われた大胆な新しい発言で、2020年の「不正な」選挙を非難しました。

「彼らは不正選挙やすべての不正行為について言及することを拒否している」と彼は群衆に語った。

「2020年に起こったことのようなものはありませんでした。彼らは選挙を仕掛けて盗むためにCovidを使用しました。」

大統領の発言を聞くために猛暑に勇敢に立ち向かった何千人もの支持者でいっぱいでした。

トランプ大統領は次のように続けています。

「それはすべて、偽のロシア、ロシア、ロシアの詐欺、弾劾のデマナンバー1、

弾劾のデマナンバー2、および偽のミューラーの調査の続きです。

共謀はありません。共謀は見つかりませんでした。

18人の怒っている民主党員、すべての検察官。彼らは共謀を発見しませんでした。」

彼はまた、「ご存知のように、選挙は結果をもたらす」と述べた。

「私は2回走った」とトランプはさらに述べた。

「私は2回勝ちましたが、2回目ははるかに上手くいき、1回目よりも何百万もの票を獲得しました。」

*解説:民主党の選挙不正は、Covid19を利用した。そして、その不正に協力したのは偽のロシアという表現をした。(偽のロシア=CCPでしょうか?)

今回は、明確に選挙詐欺はCovid19を蔓延させて、不在者投票をすることで大量の不正が成立することを明言したのです。

これは、映画2000ミュールで2000人の運び屋という証拠映像が大量に暴露されたからできるのでしょう。

これで、選挙不正による選挙無効化の波が拡散していくでしょう。

(トランプ大統領は、「彼らは選挙をリグし、盗むためにコビッドを使用した」と述べています。)

 

トランプ:2000ミュールが暴かれた!

トランプ大統領は、映画2000ミュールを取り上げて、運び屋を行った人の行動をアピールし、Covid19を蔓延させて、不在者投票が成立した。と主張した。

(引用先:RSNBトランプは「偽のニュース」をリッピングし、「2000ミュール」が暴かれたと主張している

トランプ大統領は、ドキュメンタリー「2000ミュール」で提示された2020年の不正選挙の証拠が反証されたと主張して、土曜日の夜に偽のニュースメディアを破った。

イリノイ州メンドンで開催されたセーブアメリカの集会で、トランプ氏は、記者が映画の証拠を「暴かれた」として却下したのを見たフォックスニュースのインタビューについて語った。

「[犯人]がテープに載っている場合、どうすればそれを暴くことができますか?」彼は挑戦した。

「2000ミュール」はリリース以来、政治的通路の両側の聴衆に衝撃を与え、2020年の大統領選挙中に行われたとされる精巧な投票用紙の人身売買計画の証拠を明らかにしました。

大統領は、出席者全員が映画を見たことを望んでいると付け加え、監視映像に捕らえられて映画に含まれる投票用紙の人身売買業者、つまり「ミュール」は通常の有権者のように振る舞わなかったと述べた。

「平均的な有権者、彼らは入って投票します」と彼は投票しました。

「[しかし]この男は天井を見上げています。彼が何を探しているか知っていますか?カメラと呼ばれるもの。」

民主党が選挙に勝つことができる唯一の方法は不正行為であると主張し、大統領はしたがって、選挙の完全性改革を通過させることが重要であると述べた。

トランプ氏は、普遍的な投票者ID、市民権の確認、投票用紙のドロップボックスの削除、紙の投票用紙による同日投票を提案しました。

そのような改革の助けを借りて、大統領は次のように付け加えました。

今年は私たちが下院を取り戻す予定であり、上院を取り戻すつもりであり、アメリカを取り戻すつもりです。そして2024年に、最も重要なことに、私たちは壮大なホワイトハウスを取り戻すつもりです。」

*解説:映画2000ミュールの運び屋の行動を解説して、不在者投票を成立させたのは背後にCovid19を利用したという主張をしました。

これまで、明確にスピーチしたことはありませんでした。

もう、ここまで語っても、反対する人たちが少なくなってきたこちを示唆しているように感じます。

アメリカ国民の意識レベルが、トランプ大統領の主張を受け入れられる状況に近づいている感じがします。

 

(トランプ大統領:「テープにある場合」、「2000ミュール」をどのように暴くことができますか?)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・トランプラリーイリノイ州の概要!選挙不正にコロナを使った!

6月25日のイリノイ州トランプ・ラリーでのトランプ大統領のメッセージはロー対ウエイド判決の覆し、銃規制で始まりました。

子供の命を神の授かりもの、人の命を守ために銃を規制する。

そのことで、神の国アメリカ建国の精神に立ち返る法案に勝利したラリーでした。

選挙不正には、映画2000ミュールを引用て、不正の背後には不在者投票を成立させた、Covid19が意図的に利用されたと発言しました。

選挙不正・Covid19・パンデミックの繋がりを明言したラリーであったと言えます。

あとは、2020大統領選挙を覆す最高裁の意見を待つような状況になってきました。

テキサス州、ウィスコンシン州、アーカンソー州は、2020年選挙の認定取り消しを州議会で決議しています。

今後に注目ですね。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*過去のトランプラリーはこちらで視聴できます。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました