GCRイベントスケジュールの進展とは?トランプ7月4日復帰説!

GCR量子金融システム

6月24日・ジュディ・ノートで6月初旬よりインテル情報が封鎖されていましたが、一部の新情報が更新されました。

そして、Qアノン・フィル氏の最新情報では、6月中にEBS世界緊急放送、7月4日にトランプ大統領の復帰があるという。

7月24日時点のGCRイベントスケジュールの進展情報とは?

Qアノン・フィル氏の7月4日トランプ大統領復帰説とは?

について情報をまとめて紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート6月24日版 ヘッドラインより)

世界史上最大の富の移転に向けて

準備を進めている量子金融システム

それは数日以内に起こる可能性が高い

最高裁判所の賞銃の権利の歴史的勝利

最高裁判所のロー対ウェイド判決の発表は、

金曜日に移されました。または土曜日。

カバールは、現在起こっている高警戒の大量逮捕で、

40の主要都市の軍隊の暴動を計画しました

(引用先:2022年6月24日現在、GCRを介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

7月24日時点のGCRおよびイベントスケジュールの進展情報とは?

それでは、まずはじめに、ジュディ・ノートから、GCR関連の情報更新とイベントスケジュールの更新情報を紹介します。

GCR切り替えの情報更新

GCR・RVに関する情報は、22日時点では、世界の契約が終了して、Tier4Bの支払い待ちをしている状態という。

(以下 ジュディ・ノート6月24日版より抜粋)

2022年6月23日ブルースのビッグコール:

Thebigcall.net 667-770-1866 pin123456#

暗号またはデジタルコイン(チャーリーワードはトークンと呼ばれます)には、それぞれ1グラムの金が含まれていました。

今朝木曜日の午前5時から11時の間に電話がありました。6月23日、102カ国と米国財務省の間で、暗号コインの量子金融システムへの統合について。

クジラは暗号通貨をデジタル通貨に交換しました。

一部の債券保有者は連絡を受け、流動性を受け取っています。

債券保有者の50%は、今夜木曜日から金曜日に一晩通知を受け取り、明日金曜日に流動性を受け取ります。6月24日。

債券保有者の他の50%は、6月26日日曜日に資金を利用できるようになります。

今朝の電話で、彼らはTier4Bが債券保有者の直後に行くと言った。

Tier 4Bは、6月25日土曜日から日曜日に一晩通知を受けることができます。6月26日。

大量逮捕はまだ行われていました。

5〜6分かかります。プロジェクトのプレゼンテーションを行います。

 

6月22日・QFSTier4B切り替え作業のハイライト

6月22日RVハイライト、Goldilocks:

https ://dinarchronicles.com/2022/06/23/full-speed-rv-gcr-update-from-goldilocks-6-22-22/

仮想資産を銀行セクターに接続する競争は、水曜日に全速力で行われました。6月22日。

世界中のこれらのつながりの多くは、各資産を何らかの形の商品または商品によってサポートされる別のデジタル資産で助成していました。

単一の資産が放置されることはありません。それらはすべて相互接続され、商品市場に支えられたより大きな枠組みに織り込まれました。

QFSではまだいくつかのアップグレードが行われています。まるで朝日に目覚めた花のようでした。

現時点では、クジラのグループがデジタルコインを恒久的な財布から一時的な交換機に預けています。

お金はデジタル交換センターから簡単かつ迅速に行き来することができます。デジタルエクスチェンジシステムにはいくつかのコインがあり、あるコインから別のコインへ、そしてあるウォレットから別のウォレットへの送金をすばやく行うように設計されています。

いつでも売れる彼らを探してください。このダンプは、仮想資産市場に修正を加えるでしょう。多くの投資家は、このシナリオによって作成された低価格でコインを取引します。

これは、これから起こった富の最初の大きな移転です。ほこりが落ち着くと、デジタル市場で平準化プロセスが行われるのがわかります。

これにより、エリートと新しいデジタルバンキングシステムが処理されます。そして、ThePeopleにつながる次のステップを監視します。

(引用先:2022年6月24日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:Tir4Bの通知は、6月23日に206カ国のQFSとの統合の契約が終了して、6月24日(金)までに初めの50%、残りの50%は6月26日(日)に資金が利用可能となるようです。

206カ国のデジタル通貨のQFSへの接続作業が行われたようです。

QFSと連携をとる金融機関とQFS関係者が相当数の人が作業したと推測されます。

(日本への資金移動はいくら支払われるのでしょうか?30京円との噂も!)

ジュディ・ノート、イベントスケジュールン更新情報

6月17日に記載されたイベント・スケジュールを掲載し、その後に24日時点の更新情報を紹介します。

*6月17時点のイベント・スケージュール

(以下 ジュディ・ノート6月17日版より 抜粋)

イベントのカレンダー:

6月17日金曜日:トランプイベント「これ以上のフェイクニュースはありません」

6月18日土曜日:世界は変わるでしょう。」…JFKジュニア

6月19日日曜日:奴隷解放=解放される、解放エイブラハムリンカーン

(筆者注釈:バイデン米大統領は2021年6月17日、6月19日の「奴隷解放記念日」を新たな国の祝日にする法案に署名した。)

6月20日月曜日:今年の171日目

6月21日火曜日:夏至+最高裁判所の意見

6月22日水曜日: StellarHorizo​​nTestnetリセット

(筆者注釈:仮想通貨 Stellarのテストリセットでしょうか?)

6月23日木曜日:最高裁判所の意見

6月24日金曜日:焚き火と花火で祝われる聖ヨハネの日

(筆者注釈:6月23日の日没から始まる聖ヨハネの前夜は、洗礼者聖ヨハネの饗宴の前のお祝いの前夜です。ルカの福音書(ルカ1:26–37、56–57)は、ヨハネはイエスの6か月前に生まれたと述べています。)

 

*次に24時点の更新情報を紹介します。

(以下 6月24日ジュディ・ノートより抜粋)

 

変更内容=最高裁判所のロー対ウェイド判決の発表は金曜日に移されました。

復元された共和国:

土曜日 6月25日:イリノイ州のトランプラリーと、土曜日に個人的に質問に答えるライブストリームイベント。6月25日午後1時ESThttps ://t.me/magapatriots20

木曜。7月7日チェックメイトワールドプレミア「2000ミュール」。

JFK Jr.の身元を確認しましたか?

イスラエル政府は崩壊しました

テキサス州ウィスコンシン州アーカンソーは、2020年の選挙の認定を取り消しました。

テキサスが連合からの離脱に投票する

教皇が辞任するだろうという憶測が高まっている

トランプはディープステートに対して民事訴訟を起こす

カバールが所有し、IRSの嫌がらせを実行します:IRSの嫌がらせ:高齢者のケンとバービーは自分の家に住んでいるために投獄されます| 犯罪オールスターズ| ニュースの前に(beforeitsnews.com)

(引用先:2022年6月24日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:6月24日時点での更新情報では、21日と23日の最高裁判所の意見日が延期されています。

暴動の警戒態勢などで時間を必要なのか?

裁判所側での遅延の問題が出ているのかは不明です。

その他のGCR関連は予定通り進んでいるようです。

 

スポンサーリンク

Qアノン・フィル氏の7月4日トランプ大統領復帰説とは?

次にQアノンのフィル氏の情報では7月4日にトランプ大統領の復帰があると言います。

チャーリー・ウォード氏によると、ホワイトハット軍の計画が遅いのは、一般市民の目覚めの意識のスピードが遅いためだと言います。その意識が低い中での、戒厳令発動は分断を招き、内戦状態になることを防ぐ必要があると言います。

*チャーリー・ウォード氏の見解

(以下 感謝のソールヒーラーさんのブログ6月23日版より抜粋)

1.現在デープステート(悪魔軍)が崩壊する事をゆっくりしたペースで起きている事を私達は見ています。

なぜホワイトハッツ(天使軍)が、ゆっくりしたペースで崩壊させているかと言うと、未だに殆どの世界の市民がまだまだ目覚めていないからです。

 目覚めていない人達には一気に色々な事を見せれば信じない可能性が高いからです。

(引用先:チャリーウオード氏が国々がトーケンの契約書にサインが終了、そして後は支払いを待つのみ!

 

*次にQアノン・フィル氏のコメントを紹介します。Q&A形式の記述になります。

(感謝のヒールソーラーさんの意見)

今度は今日動画でフィル氏が質問コーナーで話した事を書かせて頂きます。

先に皆さんに言いたい事は、彼の情報はウオード氏、と比べて通貨リセット以外は、とてもポジティブなので書く事にしました。

今まで彼が言った事はならなかった事も多いですが、逆に言えば殆どの人達が、今まで言ったことが実際に起きていない事も分かっていてください。

但し、遅れて実際に起きた内容もあるので時期や日付だけは誰も当てにはなりません。

(引用先:チャリーウオード氏が国々がトーケンの契約書にサインが終了、そして後は支払いを待つのみ!

 

*ここからがフィル氏のQ&Aになります。イベントの関連部分のみ抜粋します。

16.トランプ大統領は独立記念日の7月4日まで復帰しますか?

はい。僕が聞いている限りではこの計画は変わっていないので7月4日までは復帰を信じます。

17.7月4日まで州によっては2020年の選挙に関しては認証の取り消しすると思いますか?

はい。一つの州でも認証の取り消しをした場合、最高裁判所が新たに判断する必要があります。三つの判断から決める事になると思います。

A)認証の取り消しはしない。

B)新たに90日以内に補欠選挙をする事を命じます。

C)それか選挙に負けた相手の候補者に勝利を認める。(この場合はトランプ大統領です。)

18.現在イスラエルは何か大変な事が起きていますか?

はい。現在イスラエルは現政権を解散させ、新たに選挙が行われている最中です。これが”イスラエルが最後です”と言うQPOSTに書いていた事の一部です。

21.緊急放送は一度に世界で稼働しますか?

多分最初はアメリカのみで、その後世界中で緊急放送が稼働すると思います。

22.世界で大不況は来ると思いますか?

いいえ。その前にネサラゲサラ法の発表があると思います。

23.もし緊急放送が稼働される場合、どの様な事が起きますか?

例えば、電源やバッテリーが入っていれば、テレビやラジオを勝手にスイッチオンになり、緊急放送が流れて来る様になります。

 

24.緊急放送は6月中に稼働されますか?

僕は6月中にあると思います。

25.中国は台湾を近い内に侵略すると思いますか?

はい。実際にもう少しづつ始まっていますが、世界が分かるのは今週中か来週中には報道されると思います。

 

26.エリザベス女王の死去の発表は来週中にあると思いますか?

はい。今週中か来週中にはあると思います。

27.フリン将軍が第19代の副大統領になると思いますか?

はい。僕は思います。

(引用先:チャリーウオード氏が国々がトーケンの契約書にサインが終了、そして後は支払いを待つのみ!

*解説:Qアノン・フィル氏は6月EBSがアメリカだけで起きて、7月4日にトランプ大統領が復帰する。という事を信じると言っています。

中国の台湾進攻が間もなく公表される。そして、エリザベス女王の死去の公表も来週には起きると言います。

チャーリー・ウォード氏のようにゆっくり進むのか?

フィル氏の言うように、今月にEBSが米国は始まるのか?

アメリカでは、歴史的な出来事が間もなく起きようとしています。

まずは、最高裁の意見の発表と25日のトランプラリーに注目ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・GCRイベントスケジュールの進展とは?トランプ7月4日復帰説!

いかがでしたか?

GCR・Tier4Bへの世界206カ国の切り替えは進んだようです。

あとは、イベント・スケジュールの進展です。

米国・最高裁の意見が、21日と23日から24日or25日へ延期されています。

その後で、どのような暴動が起きるのでしょうか?

ロー対ウエイド判決の覆しは偽旗で、実際の最高裁の意見は2020年大統領選挙の認定取り消しとも言われています。

仮に大統領選挙の覆しになれば、米国のすべての州に波及して、バイデン政権は辞任となるでしょう。

そうすれば、暫定の軍事政権下に移行し、戒厳令が出る可能性は高いと言えます。

ただし、戒厳令は米国のみで起きるようです。

世界の他の国は、その国の国民意識がこれまでDSまたはカバルにより、支配されてきたという事の目覚めの意識の強弱で決まるのかもしれません。

読者の皆様は、どのように考察又は感じられたのでしょか?

いずれにせよ、米国がこれから先行していくとしたら、米国で起きることを良く観察しておくことが後に参考になると思われます。

イベントスケジュール期間の7月1日まで、アメリカの動向に注目していきましょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

 

*QFSに関する記事は↓をみると良くわかります。

 

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました