6月18日GCR最新情報は?迫りくる住宅市場の崩壊が始まる!

GCR量子金融システム

6月18日のジュディ・ノートで6月18日は大暴露の日だという。

6月初旬より、20日頃まで情報停止されている、GCRグローバル通貨リセットに関する情報が流れだしました。

Tier4Bの支払いが、6月20日から開始される噂も出ました。

6月17日の中国の不動産開発大手のエバーグランデ(恒大集団)の株式上場停止から、不動産市場への崩壊に関する情報が出てきました。

米国は30年の住宅ローンの金利が急騰し、わづか半年で3%から6%を超える事態となっています。

そして今回、グローバリストの総本山と言える、英国王室、ワシントンDC、バチカン、中国共産党の崩壊を示す情報も出されました。

グローバル通貨リセット最新情報とは?

迫りくる不動産市場の崩壊とは?私たちの備えは?

英国王室、ワシントンDC、バチカン、CCP崩壊の情報とは?

以上について、最新情報を紹介します。

 

 

(以下 ジュディ・ノート6月18日 ヘッドラインより)

世界的な金融危機が始まった、

住宅市場の崩壊差し迫った

金融危機=世界的な通貨のリセット

トランプとJFKジュニアによると、

6月18日土曜日は「ビッグリビール(大暴露)」の日でした。

6月19日日曜日は奴隷解放の日でした。

6月20日月曜日はその年の171日目でした
最高裁判所の意見発表の日でした

(引用先:2022年6月18日現在、GCRを介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

グローバル通貨リセット最新情報とは?

6月の初旬より、インテル情報でGCR関連の情報は、一斉停止の状態が続いています。

6月18日のジュディ・ノートでは、少しだけ、GCRの進展を示唆する情報が出されましたので紹介します。

(以下 ジュディ・ノート6月18日版より 抜粋)

6月17日MarkZ:

多くの債券関係者は、今後48時間ほどで銀行業界の流動性に関する励ましのメッセージを受け取っています。

私の推測では、週の最初です。

私はCKMXの連絡先の1人と話をしましたが、彼らは配達がSunを開始すると信じています。6月19日。

他の2つの大陸には、月曜日に資金を調達することを求めている債券関係者(グループとペイマスター)がいます

6月20日。それがそこで起こった場合、それは私たちが火曜日に目を覚ます良い指標です。

6月21日の朝。サドルが辞任したイラクからの重要なことがいくつかあります。

彼らがブラフと呼んだと聞きましたが、それは非常にうまく機能しました。彼らは彼らの政府を週の初めに二乗させることを計画している。

また、昨日の後半の2つの記事では、ブロックがなくなったため、ホワイトペーパーと通貨改革を進めていると述べています。

 

2022年6月16日ブルースのビッグコール Thebigcall.net 667-770-1866 pin123456#

株式市場の大幅な下落は、私たちが非常に接近していたことを示しています。

リップルとステラクリプトコインは金で裏打ちされていました。

世界中の通貨の価値は変動していました。いくつかは価値が下がっていましたが、27は価値が上がっていました。

Tier 4Bは、数日以内に通知される可能性があります。

償還センターのスタッフは、月曜日の東部標準時午前10時45分から予約を設定します。6月20日。

(筆者追記:Tier1~Tier5B の分類について ↓に記します)

MarkZ:交換する人々の5つの層があります。

Tier1-政府と王族;

Tier 2-クジラ-通貨、企業などのプラットフォームを備えたエリート。

Tier 3 -Admirals Group、American Indians、CMKX、大規模な教会グループ(Mormonsなど)など。

Tier 4 – Intelに注意を払っている数十万人すべて–インターネットグループ(私たち全員)。

Tier 5 – attnを支払ったことがない人–一般の人々

*解説:6月10日頃の情報では、Tier4Bの支払いは6月15日頃の開始とのことでした。

イラクのディナールの切り替えに時間を費やしているようで、5日間位遅れて20日に開始するとの情報です。

仮想通貨のリップルとステラクリプトコインは金で裏打ちされた。という記述もあり、電子化への切り替えも進んでいるようです。

QFS(量子金融システム)については、今後、わかりやすくまとめていきますので、明日以降の新記事で紹介します。

 

スポンサーリンク

迫りくる不動産市場の崩壊とは?私たちの備えは?

6月17日の中国不動産開発大手のエバーグランデ(恒大集団)の株式上場の廃止から、中国国内だけでなく不動産バルブの崩壊が近いとの噂です。

不動産市場崩壊に関する情報と、日本に住む私たちは、どう備えるのかについて情報の紹介と考察をまとめます。

(米国などの住宅ローン金利の急騰)

(以下 ジュディ・ノート6月18日版より 抜粋)

世界的な金融危機:

Evergrande Report自体が、世界の住宅市場を80%崩壊させる責任があります。

彼らは、米国だけでなく、世界中のすべての不正な選挙に資金を提供するために、モサド/ CIA /Mi5/ソロス/ロードマロックブラウンの前線として使用されてきたものであることを忘れないでください。(ドミニオンだと思う)

 

世界的な金融危機が始まった:ゲームオーバー!彼らはプラグを引っ張っている–ビル・ホルターとグレッグ・ハンター(ビデオ)(rumormillnews.com)

 

住宅の崩壊が差し迫っており、 30年の住宅ローン金利は過去最高のペースで急上昇し、住宅バブルが崩壊する直前に最後に見られたレベルの6%を超えました。

住宅ローンの中央値に対する平均住宅ローンの支払いは、過去6か月で約800ドル増加し、住宅は歴史上最も手ごろな価格になり、Covid危機のピーク以来最も速いペースで新しい住宅販売が急落しましたhttps://www.zerohedge .com / Economics / Housing-crash-imminent-mortgage-rates-explode-price-cuts-soar-and-buyer-demand-collapses

*解説:注視すべきは、エバーグランデ(恒大集団)の利益は、世界中の選挙に不正加入するために利用されてきた。ということを強調しています。

現段階では、DS(グローバリスト)の団体は、ホワイトハットにより、解体へと誘導されています。

したがって、中国不動産市場の崩壊はDS勢力への資金枯渇の目的があります。

住宅市場の崩壊は、まもなく起きると専門家はみています。

私たちの備えは?どうしたいいでしょうか?

現段階では、既存の仕組みは一旦解体されていくようです。これから、新たに不動産売買を考えている方は、できるなら保留にするのが良いでしょう。

田舎に実家があるか方などは、人口が減少傾向が大きな場所の不動産は、不動産価値が低下していきますので、早めに売却する方がよいと思われます。

QFSへの切り替え後に始まる、GESARA法では、固定資産税、所得税は廃止になります。

消費税のみが14%ほどに設定されるようです。

過去に支払った、住宅ローンなどの違法なものは、返済されるという情報もあります。

しばらく、不動産などの購入は、できるだけ控えておいた方が良いと思われます。

 

スポンサーリンク

英国王室、ワシントンDC、バチカン、CCP崩壊の情報とは?

6月18日のジュディ・ノートにて、DS(ディープステート)の総本山と言われる、英国王室、ワシントンDC、バチカン、CCPが崩壊している根拠の情報の記述がありましたので紹介します。

(以下 ジュディ・ノート6月18日版より 抜粋)

ホワイトハットインテル:

彼らが女王の死を2年近く隠していた方法は驚くべきものです。アノンズはずっと前に真実を知っていました。

王室、CCPおよび米国のエリート、有名人、軍人、CIA、FBI捜査官には多くの人が行方不明でしたが、報告されていませんでした。

DCはゴーストタウンでした。

お金がなく、地区が壊れ、中央DCの建物の10平方マイルが閉鎖されました。空の。

英国陛下の主要な城の地所は閉鎖されました。

バッキンガム宮殿は歴史上初めて閉鎖され、博物館とセルフガイドツアーとして再開されました。かつては禁じられていた宮殿を通り抜ける人々が歩き回ることができます。

中国共産党のエリート要塞と王朝の家屋と団地は空っぽで、中国が支配する22の州で無人状態でした。

バチカン市国は資金を使い果たしました(1929年以来、世界の5大陸でカトリックシステムを管理し、管理された寄付、銀行システム、恐喝、恐喝、マネーロンダリング、イタリアのマフィアが管理する帝国を通じて、数千億ドルを集めた世界最小の国ラスベガスのシステムにまで及ぶ)。

国土安全保障省(DHS)のサイバーセキュリティおよびインフラストラクチャセキュリティエージェンシー(CISA)と協力している、エリートハリウッドのトップ企業およびエージェンシー。

2010年7月、州全体の相互運用性コーディネーターの全国評議会(NCSWIC)

NCSWICは、現在、ハリウッド/ CIA / CPの有償所有企業の人身売買に使用されている重要な資産、映画スター、ミュージカル(ブリトニー・スピアーズ)などを保護している国土安全保障省によって設立されました。

(筆者追加補足:2010年7月に国土安全保障省(DHS)のサイバーセキュリティおよびインフラストラクチャセキュリティエージェンシー(CISA)によって設立された、NCSWICについて(National Council of Statewide Interoperability Coordinators)の目的の中心は、全国で最高レベルの公安通信を確保するために設計された活動の促進と調整です。)

これらの重要な証人は小児性愛、悪魔的儀式、アドレノクロム薬業界の売上高、および人身売買に関するハリウッドの120年間の統治に関する完全な情報と、ボヘミアングローブロックフェラーに接続された悪魔的カルトへのFBIの完全な関与への接続に関する直接の説明と証拠を持っています/Rothchildsの世界的な事業。

 

PLANは誰もが想像できるよりもはるかに大きく、そのルーツはJFKJRに関連していました。

特殊部隊を作成したのは、米国政府(中央銀行)が全体主義国家を創設しようとした場合に備えて、米国市民を保護するために作成されたものです。

*解説:メディアでの放送はありませんが、英国王室の宮殿の閉鎖、ワシントンD.Cのゴースト化、中国共産党CCPエリートの団地が空であるようです。

NCSWICに関連した多くの証人たちが、これから、人身売買などの犯罪を証言するのでしょう。

(バチカンに保管されていた金塊は米軍により運び出された)

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・6月18日GCR最新情報は?迫りくる住宅市場の崩壊が始まる!

迫りくる不動産市場の崩壊。それは、避けられないDS資金の解体のために必要な出来事のようです。

そして、DSの総本山と言われる、英国王室、ワシントンDC,バチカン、中国共産党CCPが崩壊しているという情報がありました。

6月18日は「ビッグリビール!大暴露の日」と言われています。

もう、フェイクニュースは無い!というトランプ前大統領のメッセージもあります。

どのような、陰謀が暴露されるのでしょうか?

エリザベス女王死去の公表でしょうか?

バイデン大統領のスキャンダルでしょうか?

もう、まもなく情報が出てくるでしょう。

覚醒している読者の皆様は、心のシートベルトを締めて、その情報を受け止めて、これから始まる大覚醒のイベントに備えてください。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

 

 

 

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました