大量逮捕が開始された!今後の戒厳令発令へのアプローチと備えとは?

トランプ大統領

6月12日にいくつかの、インテル情報で32ヶ国で大量逮捕を開始した。という情報が出ました。

そして、逮捕対象者は、国連/ゲイツ/ビッグファーマ/ビッグテック/バチカン/ロスチャイルドなどに関連していた者だという。

6月14日のジュディ・ノートで戒厳令までの起きることの情報が断片的であるが記述され出しました。

戒厳令発動への今後起きうる事は?そのアプローチとは?

戒厳令へ向かう経済・食料・金融危機の中で我々の備えとは?

という内容で最新情報を紹介していきます。

(以下 ジュディ・ノート6月14日版 ヘッドラインより)

32を超える主要国で進行中の世界最大の軍事おとり捜査。

世界中の合法的な文民政府を回復するための軍隊

米国憲法を保護するために、米国の裁判所が2020年の選挙での

外国の介入の事例を聞くことを拒否したため、

軍隊はまもなく活性化されました。

カナダ、英国、EU、アイスランド、南米

、メキシコ、アフリカ地域、マレーシア、およびその他の80か国以上が、

独自の軍事法に従う可能性がありました。

「株式市場(暗号を含む)は文字通り崩壊している」
…ドナルド・J・トランプ、月曜日。2022年6月13日

(引用先:2022年6月14日現在、GCRを介して共和国を復元

 

(米国 株式市場の20%の暴落にトランプ前大統領のメッセージ)

 

スポンサーリンク

戒厳令発動への今後起きうる事は?そのアプローチとは?

大量逮捕は開始されました。ということは戒厳令の発動は近いうちに発動されれると予測できます。

戒厳令発動に向けてこれから起きうることがジュディ・ノートに記述されています。

記事より、関連部分を抜粋して紹介します。

ジュディ・ノートの見出し別に分けて引用します。

(以下 ジュディ・ノート6月14日版より 抜粋)

ジュディメモ:

軍は、2020年の選挙への外国の介入により、戒厳令をまもなく呼び起こすでしょう。

軍は、公式の透かし入り投票用紙の数から、トランプがすべての州で2020年の選挙に80%以上の差で勝利したと判断しました。

その戒厳令の間、そして正式に選出された米国大統領として、トランプは彼の大統領職に足を踏み入れるでしょう。

現在の連邦政府、州政府、地方政府の政治家は正式に選出されていないため、戒厳令の下で最大120日間の移行期間があり、ブロックチェーン選挙で国民のために1つのグループの政治家を選出します。米国では、政府は現在の10%の規模になります。

2021年12月10日最初のイベントが支払われ2023年3月4日から6日に予定されました。

(筆者注釈:2023年の3月4~6日が選挙なのでしょうか?)

32を超える主要国で進行中の世界最大の軍事おとり捜査。

世界大戦のエスカレーションは、バイデンとNATOによって積極的に推進されていました。これらの暴君は、世界的な過疎化のマイルストーンに到達するために食糧不足の危機を必要としているからです。

Whiplash347によると、GESARAを起動するために中国の長江三峡の下で撤去しなければならない24基の原子炉は、大洪水が長江三峡を脅かしているため、すでに撤去されています。

ペンタゴンとインテルの機関内で大きな対立がありました。

兵士たちは、指揮系統が混乱していることに気づき始めていました。

 

復元された共和国:

32を超える主要国で進行中の世界最大の軍事おとり捜査。

犯罪はすべて国連/ゲイツ/ビッグファーマ/ビッグテック/バチカン/ロスチャイルドなどに関連していました。サンのホワイトハットインテル2022年6月12日

「私たちは大量逮捕を開始しました。」太陽白い帽子2022年6月12日

世界大戦のエスカレーションは、バイデンとNATOによって積極的に推進されていました。

全国的なクレジットカードの停止https ://www.uspresidentialelectionnews.com/2022/06/breaking-nationwide-credit-card-outage-affecting-chase-payment-processing-at-several-retailers/

月曜日 6月13日、米ドルが上昇している間、ニューヨーク証券取引所は暴落していました。

中国は大洪水に見舞われ、人々はより安全な地域に移されていました。通りは海に変わった。

新疆ウイグル自治区長江三峡3で数千人が避難:https ://www.youtube.com/watch?v = LCej8BZi91M

今日月曜日6月13日ワシントンDCの最高裁判所ビル周辺で大きな動きがありました。

Whiplash347によると、GESARAを起動するために長江三峡の下で撤去しなければならない24基の原子炉は、 2019年12月と2020年1月にイランの核施設が神の棒で攻撃されたように、すでに撤去されています。

世界中のインフレ率は、ここ数年で最高のピークでした。

特に運動選手の天文学的な死者数は、主に血栓が原因でワクチンに起因している。

ディープステート諸国は、人権を侵害するための宣伝キャンペーンを続けました。

 

次のディープステートアジェンダ:

完全なサイバー攻撃とブラックアウト、ATMのシャットダウン、不足、プラットフォーム解除、プロパガンダ、混乱を引き起こすためのグリッド、大規模な抗議、暴動、パニック、ディープステート戒厳令。

結局、ホワイトハットは大量逮捕をするでしょう。

(筆者注釈:ディープステートは、ほぼ壊滅しておりサイバー攻撃、ATMダウン、半導体不足、抗議、暴動が計画されているが、ホワイトハットが逮捕するということのようです)

*解説:一番重要と思われることは、2020年大統領選挙の無効化を最高裁判所が覆そうとするが、これをDSが最高裁判事の暗殺という行動を起こすというようです。

最高裁判所のブレット・カバノー裁判官は、ホワイトハットに保護されたようです。

SCJクラレンス・トーマスは彼を毒殺するためのディープステートの動きを生き延びました

(筆者注釈:上の詳しい記事を知りたいかは、クリックして元記事を視聴してください。RRNさんの記事です)

 

戒厳令が出された後に、トランプ前大統領は表向きにわかる様に、大統領職に復帰する。

その後、120日の移行期間を経て、現在の10分の1の総選挙が行われる。

世界32ヶ国での大量逮捕を続けながら、世界が過疎化する経済、エネルギー、その他インフラなどの危機状況が作られるようです。

その理由は、人類の大半の人の意識が、混乱を回避、正義の国のあり方、言論の自由、不平等の回避、暴力爆滅、人身売買撲滅などを求める波動意識が必要だと思われます。

その意識が小さいと、具現化が起きないからだと思われます。

私たちに必要なことは、6000年にも及ぶ、DS(支配的高次元生命体)の支配を脱却して、今が新地球の進化の時という認識をもって、これからの起きることを、前向きに受け止めていく準備が必要ではないかと思われます。

 

 

スポンサーリンク

戒厳令へ向かう経済・食料・金融危機の中で我々の備えとは?

では、次にこれから起きうる、世界が過疎化する為に必要な出来事を紹介します。

このことを紹介する意図は、読者の皆様を不安にするためではなく、起きうる出来後を事前に察知して、備えるためですので誤解のないようにお願いいたします。

(以下 ジュディ・ノート6月14日版より抜粋)

世界の食糧、燃料、商品の不足:

天然ガス不足の危機に瀕しているドイツ

英国レッドゾーン[クラッシュ]ガス不足

第二のガス不足/株式市場の危機に瀕している米国

中国のシステム崩壊株式市場[クラッシュ]世界の商品の生産に十分な電力がない/石炭が不足している

米国の政治家議会は他の米兵への到達を開始している。軍の脱出が始まった。

(筆者注釈:軍による逮捕を指すと思われる)

医師、兵士、警察、科学者、医療従事者は政府からの大量の脱出を行い、システムに対して一緒に禁止し始めます。

(筆者注釈:Conid19/ワクチン疑惑に正論を主張する人が出始める)

ペンタゴンとインテルの機関内での大きな対立。兵士たちは、指揮系統が混乱していることに気づき始めています。

FBIは偽の暴動1月6日の報告で嘘をつき、戦争の中で民主主義を開始します。

ランドポールがファウチを暴露し、議会の公聴会で機能を獲得したことは、民主党指導者の耳に届きます。

秋にヒットするウイルスの作成に関するトム・コットン・レポート(Mil INTEL)。

多くの知事と上院議員は、Gates CDC、NIHと共謀して、機能獲得と900ページのFauciレポートに気づき始めています。

大量在庫ダンプは、世界的な不足が始まるにつれて、ビッグテックと消費財のエネルギーへの送金で始まりました。

中国は、現金余剰で米国EUの商品と肉を購入し、大量のインフレを引き起こしています。

より多くの肉や商品を要求する中国の下位階級は、CCPを完全崩壊の危機に瀕させている[CRASH]。

中国の12の州での2か月間の洪水は、世界の生産、商品、アルミニウムのチェーンに大きな混乱を引き起こします。建設業における世界のインフレは中小企業を破壊します。

南米の農業産業は、トウモロコシ、大豆、コーヒーの混沌とし​​た中で、高温と季節の食品の輸出に見舞われました。

ベトナムが輸出を遅らせる/南米の干ばつと霜がコーヒー生産に影響を与えるため、コーヒー不足が予想されます。

多くの国は、市場の暴落が到来するのを見て、輸出を減らし、準備と保管を開始し始めます。これは市場に影響を及ぼします。

(筆者注釈:食料を輸入に依存する日本は大打撃を受けるでしょう)

LAとニューヨークの港は、何百万もの米国の商品、農産物、物資を輸送する貨物をバックアップしており、配達の時間が見えず、保険会社はパニックに陥り始めました。

中国による米国の自動車産業での300億近くの損失と雇用、およびマイクロチップ/チップ不足の保持。

中国は通貨の切り下げを予想しており、これは世界の株式市場に22%以上の影響を及ぼし、最初の4か月で25億を超える中小企業を破壊します。

予備役と陸軍は、米国、カナダ、英国、EU、アイスランド、南米、メキシコ、アフリカ地域、マレーシア、および80か国以上で活性化されると予想されています。

強制ワクチン接種/ワクチンパスの義務その市民の間の政府の脅威は、暴力と暴動に向けられた抗議で、いくつかの国で史上最高の反乱に達しています。

食糧とエネルギーの喪失はカタパルトであり、社会は世界中の路上で暴動を引き起こします。

世界的な崩壊に気づかなかった人々は目を覚ますでしょう。

近死文明イベントの到来。

*解説:これから、世界的にエネルギー不足、食糧不足、部品不足による工場の停止、物価上昇とインフレ、中小企業の破産、暴動、抗議が起きてくるということです。

その事により、世界の崩壊に気付かなかった人達も目を覚ますでしょうと記述されています。

政治や経済に無関心ではなく、関心を持ち、なぜこのようになってきたのか?国民が調べることが必要です。

調べることで、これから、戒厳令の後に説明される緊急放送が受け入れられるというストーリだと思われます。

日本人なら、日本が明治以降に何が起きて、戦争へ向かい、敗戦の後に米国のGHQ管理のもとに、植民地のように管理されて、日本の優良企業が分社化・解体されて、外資系の資本参加により、利益が海外へ流出し、20年間も収入が停滞している理由にに気付くのではないでしょうか?

食料危機は、2023年12月まで続くと言われています。食料の物価の上昇は驚くべきものになると予測されます。

少量でもいいから、食料を調達するルートづくりをしておくとよいです。

近郊に農業従事者の知り合いがいるなら、その方の手伝いをするのが一番良いです。

首都圏在住で、近郊に農業菜園がないのであれば、田舎などの人脈をたどり、食料の調達が可能になる様に行動しておく。

ご自身で家庭菜園をしてみるのも良いと思います。

とにかく、食料の調達に関して行動を起こしておくことが必要と思われます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・大量逮捕が開始された!今後の戒厳令発令へのアプローチとは?

いかがでしたか?

大量逮捕が開始された。その事は私たちの生活と直接は関連が少ない方が多いと思います。

これから、世界が戒厳令を受け入れる意識になるための、過疎化の現象が起きてて来ます。

エネルギー・食料・経済・金融の危機です。

そして、その危機は、今年の秋から2023年12月まで続くようです。

中でも、食料を輸入に依存する日本は食糧不足が深刻になると予測されます。

食料調達の開拓が最重要な課題になりそうです。中でも野菜の確保ができるかどうかで、経済的に大きな差が出るかもしれません。

ぜひ、直接、間接的に家庭菜園や事業菜園をしている方を探してみると良いかもしれません。

私は、隣が畑で家庭菜園している方が見えますので、これから、手伝いをするなど友好を深めたいと思います。(*^▽^*)

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*大量逮捕に関連する記事は↓になります。

 

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

*GESARA後に開示されるメドベッドについてはこちらになります。

 

 

*DSのグレートリセットとホワイトハットのグローバル通貨リセットの違いは、↓の記事を参照ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました