GCRグローバル通貨リセット|10日間の沈黙の舞台裏情報とは?

GCR量子金融システム

6月12日もジュディ・ノートの投稿が大幅に遅れて10時間遅れでした。

何か情報の確認作業があったのでしょうか?

チャーリー・ウォード氏が12日にメンバー限定の動画で、6月初旬より10日間のGSR情報が停止された理由を語り一部情報が出ています。

GCR グローバル通貨リセット情報の停止の裏側とは?

ジュディ・ノートGCR最新情報について

以上の最新情報を紹介します。

 

(ジュディ・ノート6月12日版 ヘッドライン)

ドナルドトランプライブストリーム
ディープステートがダウンしています。

これ以上のフェイクニュースはありません。
トランプに質問して答えを受け取ります。
月曜日 6月11日午後6時EST
ここに参加:https ://t.me/TrumpArmyUS

弾劾ジョー・バイデン請願彼は米国大統領のサイン
を務めるのにふさわしくない

 https ://cut.ly/SignHere

(引用先:2022年6月12日現在GCRを介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

GCR グローバル通貨リセット情報の停止の裏側とは?

6月12日に投稿されました、チャーリー・ウォード氏の語るGCR情報の10日間の停止の裏側情報について紹介します。

引用先は、感謝のソールヒーラーさんのブログです。

(以下 感謝のソールヒーラーさんのブログより  抜粋)

みなさん、こんばんは。

今日のチャリーウオード氏のメンバーオンリーの動画で、ウオード氏はなぜ、この10日間クワンタム経済システムチームと連絡を取らなかったことを告白してくれました!

そして、これはグローバル通貨リセットの始まる為には、とても重要なプロセスだったのです!

それは6月1日から、クワンタム経済システムチームはクワンタム銀行システムの負荷テストとをしていて、6日の月曜日からは世界209ヶ国のクワンタムシステムにトーケンーTOKEN(デジタル通貨)を搭載し始めましたと話していました!

そして、動画の最後には、口を滑らして世界全部のトーケンを搭載して完了したと話していました!

そして、そのTOKEN(トーケン)一個づつが金と繋がっています。

1トーケンは1グラムの金の価値があります。

209ヶ国で1トークンがその国の通貨の1となります。

例えば1トークン=アメリカだったら$1、そして日本であれば1トーケン=1円になります。

但し、現在国々にどの様にすれば、全部の国々のトーケンが同じ価値になるかを任せているそうです。

但し、どの様にすれば良いかの説明書を国々に渡しているそうです。

ジェーソンQ氏は数秘術や占星術で読むと、確率的に言うと7月25日当たりがあり得ると話したそうです。

その理由は、25日が太陽圏と月圏の中間に位置する中立的な日だからだそうです。

そして、その発表の日に関しては前にも話した様に、

先にこの二つの”ザ・イベント”が起きないと発表されないと言っていました。

1)偽バイデンが解任されること。

2)エリザベス女王様の死去の発表です。

*さらに、詳しく知りたい方は、下のURLから試聴してみてください。

引用先は以下です。

 

*解説:6月初旬のGCR 情報が停止された理由は、GCRを取り組む209カ国が新しいQFS(クオンタム量子経済システム)移行するための、銀行システムの負荷テストをしていた為だというのです。

そして、トーケン(トークンともいう=暗号資産を示す)を搭載しており、完了したとのことです。

1トークン=1円で10gの金の価値ということらしいです。

(現在の金の相場は10g=60,000円台ですから、1円で10gの価値とは金の価格は変化します。現在、金を保有している人は保護されると思いますので情報を待ちましょう。)

そして、その公表は2つの出来事が必須条件との事です。

偽バイデン大統領の解任とエリザベス女王の死去の公表です。

GCRの準備も整ったようです。

占星術からの予測は、7月25日月曜日頃との事です。

以上の点を考慮して、次の項で12日のジュディノートを見ていきたいと思います。

(米時間 12日AM11:22 バイデンNO!の報道始まる!)

 

 

スポンサーリンク

ジュディ・ノートGCR最新情報について

6月12日もジュディ・ノートが投稿時間が遅れました。

きっと、今後の情報の中で、発信可能な内容の確認作業が長引いたのではと推測します。

12日の投稿で、新たに追加された、GCR 関連の情報に着目して紹介していきます。

(以下 ジュディ・ノート6月12日版より 抜粋)

ジュディメモ:

リマインダー:誰も、つまり、グローバル通貨のリセットが完了する正確な日時を誰も知らないことを意味します。

償還/交換の予定を設定するためにTier 4B(私たち、インターネットグループ)に通知するためのコードが入力されています

人生が変化し、地球を破壊する出来事が起こったとき、最終的には世界経済を崩壊させるでしょう。

その期限は、彼らの量子コンピューターの計算から、そして人々の安全への懸念に基づいて、軍によって決定されるでしょう。計画を信頼します。

土6月11日MarkZ:「銀行、債券、教会のグループは、週末に資金を解放し、使用可能な流動性のある現金を使うことを約束しました。

シャビ氏は、ディナールは14ドルから​​17ドルの間になる可能性があると述べた。

銀行側は、タイミングと、誰が、いつ、どこに行くのかを黙らせるために、誰もが懸命に傾倒していました。

銀行の出納係は、ベトナムドンとイラクディナールを検証する方法について訓練を受けていました。

債券保有者は、今後数日以内に流動性を期待していましたが、イラクは、新しいディナールレートが今後8日以内に公開されると信じていました。

今週、償還センターの人々は、交換の準備のために多くの電話会議を行いました。」

償還委員会の責任者であるチャーリーワードは次のように述べています。

「QFSチームからグリーンライトを受け取ったら、すぐにお知らせします。トークンが移動したら、グリーンライトを取得します。現在、動員を提供するために動いているのはFIATだけです。」

土 6月11日フレミング:銀行システムでは、Tier 1、2、3で表される巨額の資金移動が見られました。

(筆者注釈:フレミング氏=ニック・フレミング記者を指す、インテル情報に精通した一人です)

Tier1、2 + 3はすべて、ここ米国を含む世界中に流動性のある資金が分散しています。

これは、ダウンラインへの配布と人道的プロジェクトのサポートのためのものです。

これは切実に必要です。

このお金は、1つのコードが入力されるのを待っているアカウントにロードされます。

GCRの完成は7月に延期され、今月は起こらないというのがフレミングの個人的な意見でした。

 

2022年6月9日 ブルースのビッグコール:

Thebigcall.net 667-770-1866 pin123456#今週、米国財務省、ウェルズファーゴ、償還センターの間で電話会議があり、次のことが示されました。

Tier3債券保有者の流動性 6月10日の夜。

Tier 4Bは、6月11日、12日、13日の土、日、または月に通知しました

Tier 4Bは、来週初めに予定を設定する可能性があります。

 6月10日と土曜日。6月11日銀行の出納係はグローバル通貨のリセットについて訓練されます。

6月8日イラクは新しいディナールレートを発表しました。これは、償還センターで約8ドルになると予想されていました。

Tier 5一般市民は、火曜日から銀行に行き、新しい料金で交換することができます。6月15日。

 

 

土曜日 6月11日フレミング:舞台裏

3週間前の時点で、何かが大きく変化しました。これは私たちに代わっての軍事運動でした。

ISO 18 19および20は、デジタル通貨の真の説明責任と取引能力を確立します。 

米国には現在使用されているデジタル通貨があり、USDT –テザーと呼ばれる米ドルを表しています。「TETHER」は実際に香港からアメリカにやってくる。

これは、米国政府の債券と資産を使用し、世界の舞台で検証および妥当性確認された香港のエンティティです。

テザーには、現在資産担保通貨を使用している国との貿易のために米ドルを表す機能があります。

待ちに待った橋です。

 

銀行システムでは、Tier 1、2、3に代表される巨額の資金移動が見られます。

Tier1、2 + 3はすべて、ここ米国を含む世界中に流動性のある資金が分散しています。

これは、ダウンラインへの配布と人道的プロジェクトのサポートのためのものです。これは切実に必要です。

このお金は、1つのコードが入力されるのを待っているアカウントにロードされます。

交換センターは少人数のスタッフで運営されていますが、それでも友人と家族だけです。人々は1%で去っていますが、支出はできません。

1つのコードだけを待っています。 それがいつになるかは誰の推測でもあります

*解説:イラクは8日に新しいディナールレートを公表した。

6月11日から銀行は、GCR人ついての訓練を開始する。

Tier5一般市民の交換は15日からできる。

確実に進歩していることが伺えます。

フレミング氏の個人的なGCR の完成は7月になるだろうという内容は、前項での占星術からの内容を考慮しての発言なのかも知れません。

人間の進化の流れは、宇宙の全体の波動の変化に影響をしているようです。

一般の私たちには感じられない法則があるようです。

いずれにせよ、ジュディ・ノートの情報でも一般の両替が6月15日から可能となる。というようにもう間も無く完成は近いということです。

通貨のQFSへの移行もほぼ完了ということです。

あとは、バイデン大統領の辞任、エリザベス女王死去の公表を待つばかりにようです。

 

*GCRの進捗にイラク、ディナールが重要な鍵を握るとうことに興味ある方は、下の記事を試聴願います。感謝のソールヒーラーさんのブログです。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・GCRグローバル通貨リセット|10日間の沈黙の舞台裏情報とは?

チャーリー・ウォード氏のGCR 情報の停止の理由が、209カ国へのQFS切り替えのテスト運用であったとの情報でした。

そして、GCRの準備は、ほぼ整いつつあるようです。Tier5の支払いも6月15日にはできるようです。

あとは、世界的な金融、軍事、経済危機的状況がいつ整うかのようです。

トリガーは2つ。

バイデン大統領の辞任。アメリカではバイデン大統領の支持率低下が著しく30%台になりそうです。

もう一つのトリガー、エリザベス女王の死去の公表。こちらは、70周年イベントも終了して、いつでも可能な状況です。

日本は、これから参議院選挙が22日に公示されて、7月10日に投票のようです。

この参議院選挙が終わると、戒厳令が出されて、Covid19関連の医療、製薬関係、メディア関係、行政関係者の逮捕が行われて、緊急放送を見ることになるのでしょう。

しばらくして、総選挙が120日以内位に行われて10分の1の議員となるようです。

緊急放送で多くの方は、ショックを感じるでしょう。

何が起きていたか?何ということなのか?整理するのに時間がかかるでしょう。

早くから覚醒されている読者の皆様は、周りの方を支える役割があるのだと思います。

さぁ、もう少しのようです。

これから、地球全体が争いのない社会を構築していくのです。

自分自身が、どんな役割をして、GESARA社会の構築のために何をするかを探すことになります。

そして、見つけた人から、その役割を行動することになるのでしょう。

最後まで、ご試聴ありがとうございました。

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

*GESARA後に開示されるメドベッドについてはこちらになります。

 

*DSのグレートリセットとホワイトハットのグローバル通貨リセットの違いは、↓の記事を参照ください。

 

タイトルとURLをコピーしました