HM最後の作戦・疫病と飢饉!HM壊滅へのカウントダウンが開始!

イルミナティ

7世紀に創設されたHM(ハザールマフィア)。

現在のウクライナを拠点として、世界の金融を支配してきた。

その、HM(ハザールマフィア)が、崩壊を迎えようとしている。

ハザールマフィアの最後の2つの作戦である、疫病と飢饉についての作戦が終わろうとしている。

ロシア、中国がHM壊滅をバイデン政権に通告した!

ハザールマフィアとは簡単に解説!

ハザールマフィア崩壊のカウントダウンの情報とは?

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート6月6日版より 抜粋)

ベンジャミンフルフォードレポート

中国とロシアは、ハザリアン·マフィアを破壊するか、

全面的な核戦争に直面するかのいずれか、

という最後通牒を米軍に突きつけた。

ハザリアン·マフィアの既知のメンバー

全員の殺害が始まった。

(引用先:2022年6月6日現在のGCRレポートによる特別復元共和国

 

スポンサーリンク

ハザールマフィアとは?簡単に解説!

2022年2月24日にロシアがウクライナに攻撃を開始した。ウクライナの地は7~10世紀ごろにトルコ系の遊牧国家であるハザール帝国が栄えていた。

ユダヤ教を信仰し、10世紀にロシア・ビザンツ帝国の同盟軍に征服されたのち、1947年のイスラエル建国に加わったとされる。

ハザール帝国は、世界的な金融マフィア・ハザールマフィアの発祥の地という黒い闇のある国である。

ロスチャイルド、ロックフェラー家の財閥は世界の金融を支配している。

金融ユダヤと言われる祖先がハザール帝国につながるという。

 

*さらに、詳しくハザールマフィアについて知りたい方は↓の記事を参照願います。

 

スポンサーリンク

ハザールマフィア崩壊のカウントダウン

ハザールマフィアの解体への軍事作戦が極秘に開始されたという。

フルフォード氏のレポートによると、ロシアと中国はアメリカに最後通告を出したという。

その内容は、ハザール・マフィアを破壊するか、全面的な核/スカラー戦争に直面するかのいずれかである。と通告した・・・

詳しくは↓の記事の引用より紹介します。

3つの項を組み合わせて、読み取ることで全体が見えてきます。

(ジュディ・ノート6月6日特別版より 抜粋)

ベンジャミンフルフォードレポート:

ハザールマフィアを破壊するか、核戦争に直面するロシアと中国国防総省に伝える

先週、中国とロシア は米軍に最後通告を出した。

ハザール・マフィアを破壊するか、全面的な核/スカラー戦争に直面するかのいずれかである、といくつかの情報筋は同意している。

それに応じて、米国はロシアに大規模な代表団を派遣し

国防総省とMI6の情報筋によると、

その場でKMのすべての既知のメンバーを殺害することで合意に達した。

これはすでに始まっており、今週加速するだろう、と情報筋は言う。

ドラゴンファミリーのメンバーから送られてきた、

これを引き起こした原因の要約は次のとおりです。

 

アメリカの生物兵器の開発に関してロシアの要請で安全保障理事会で騒々しい会議がありました:

世界36か国(前回のセッションより12か国多い)で生物兵器を製造およびテストしているアメリカの研究所の場所。

病気と流行、その蔓延の仕方、それらがテストされている国そしてこれらの国の政府の知識の有無にかかわらず、いつどこで実験が行われたか。

実験や遺物の中には、現在のパンデミックの原因となっているウイルスと、このウイルスを感染させるために使用された膨大な数のコウモリがいます。

アメリカ、フランス、イギリスの人々は心理的な圧力の下で洗脳され、起こっていることの架空のバージョンを信じることを余儀なくされました。

世界保健機関は、その代表者が世界中の疑わしいアメリカの研究所を定期的に訪問し、連絡を取り合ったというロシアからの証拠にもかかわらず、生物学的実験に関する情報を否定しています。

中国は、特に文書と反駁できない証拠を考えると、なぜ米国と国連が真実を見つけるために専門家による調査を行うことを必死に拒否しているのかと尋ねます。

 

 

(ジュディ・ノート6月6日特別版より 抜粋)

月曜日の実際のニュースの見出し。2022年6月6日

中国とロシアは、ハザールのマフィアを破壊するか、全面的な核戦争に直面するかのいずれかで、米軍に最後通告を出しました。

ハザールマフィアのすべての既知のメンバーの殺害が始まりました。

 

フルフォード:人類の新たな黄金時代の到来を告げるアジアと西洋の長老たちの間のハイレベルな話し合いは順調に進んでいます。

主な合意は、すべての公的および私的債務の完全な取り消し、資産の1回限りの再分配、および貧困を根絶し、環境の悪化を止め、宇宙に地球上の生命を定着させるための大規模なキャンペーンを規定しています。

この計画は、300人の西側委員会、ロシア政府、インド政府、そしてとりわけ中国、アジア、韓国、日本を支配するアジアの秘密結社によって支えられています。

私たちは、WHO、CDC、カナダ保健省、および世界中の100以上の他の関連当局に、Covid19の存在を証明するように依頼しました。

彼らはそうすることができませんでした。このいわゆるウイルスのサンプルは、世界中のどの研究所にもありません。

使用されたPCRテストは科学的ではなく、証拠と見なすことはできません。

これは、適切な安全性試験に合格しなかったDNA改変物質を含むワクチンを強制する言い訳としてこれを使用することは戦争犯罪であることを意味します。

ジャスティン・トルドーとクリスティア・フリーランドはすでに削除されており、コビッドに関する誤った情報を広め、ワクチン接種を推進している職員は引き続き削除されます。私たちは、このように行動し続けるカナダ政府関係者、医療専門家、製薬業界を追跡し、起訴し続けます。

いずれにせよ、パンデミック計画が失敗していることを知っているHMは、現在、大量の飢餓を推進しています。

「ロスチャイルド家とアンジェリス家が所有するエコノミストは、何が来るのかをすでに知っています。

彼らはこれを実現することに関与しています」とモサドの情報筋は言います。

TheComingFoodDisasterのこの最近のカバーストーリーをご覧ください。

 

(ジュディ・ノート6月6日特別版より 抜粋)

本当のニュース。2022年6月6日:

ロシア人は、また、ジョー・バイデン大統領、バラク・オバマ前大統領、ヒラリー・クリントン元国務長官、そして億万長者のジョージ・ソロスが陰謀に関与したと非難した。

中国人とロシア人は、「そのような不道徳で非人道的な行為をした者は誰でも罰せられなければならない」と主張している。

ロシア人は、アメリカ人が1976年に生物学的、気象操作的、地震の原因となるその他の大量破壊兵器を使用しないという条約を破ったため、今ではそのような兵器を自分たちの武器として使用する権利があると指摘しています。

MI6の責任者はこの証拠を得ると、「国連に対し、殺すための銃撃を制裁する」と約束した。

つまり、WHOや国連に勤務する職員を含む指名された職員は、現場で射殺されるということです。

 

米軍は、バイデン政権を無視して、KMが引き起こそうとしていた包括的な核戦争を回避するために、すべての軍事ユニットを代表する100人以上の将軍が乗った軍用飛行機を送ることで対応しました。

バイデンの任期は残りわずかとなり、政権は崩壊し、この計画に参加している国々の首脳は打倒されるだろう」と、消息筋は約束する。

 

*解説:ロシアがウクライナ危機により、アメリカが生物兵器研究を行っている証拠を見つけ、問いただしてもバイデン政権は答えようとしなった。

その為に、ロシアに中国も加わり、最後通告を出したといういきさつである。

そこに、イギリスの諜報機関MI6も加わり、バイデン政権を保護するWHOと国連の職員の中で犯罪が確認された人物は射殺するということに発展した。

米軍はバイデン政権を無視して、HMの最後の抵抗による反乱を抑えるために100人以上を軍用飛行機で派遣したとのことです。

まもなく、ウクライナのHMは全員逮捕されることになるようです。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ HM最後の作戦・疫病と飢饉!HM壊滅へのカウントダウンが開始!

いかがですか?

ロシアと中国がバイデン政権にHMの壊滅させるか核戦争かを通告した。

米軍はバイデンを無視して、100人規模の特殊部隊をウクライナに派遣した。

まもなく、HMが一層されるニュースが流れるであろう。

先週のWHO、世界経済フォーラム上層部の逮捕劇は、ロシアと中国による最後通告により、開始されたということなのでしょう。

表のニュースでもウクライナ兵士の降伏情報とWHOによるパンデミックの終わりとして、一連の規制とワク○ン接種の中止のニュースが流れることになりそうです。

後は、緊急放送を受け入れる準備段階になります。

読者の皆様も、いよいよ、戒厳令への備えの準備ができる方は、準備していくことをお勧めします。

会社も10日間は停止するでしょう。

6000年間の中で、最大の転換になります。

これから、始まるGESARA制度を理解して、新しい社会を創造していくことに希望が見いだせるようにしたいものです。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

*GESARA後に開示されるメドベッドについてはこちらになります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました