6月4日QFS情報の2週間の沈黙とまもなく偽バイデン大統領を削除!

GCR量子金融システム

6月4日のジュディ・ノートによると、軍はカナダの偽の首相と米国の偽大統領を議会とともに削除するという。

ついに、偽のバイデン大統領の解任と新大統領の就任となるようである。

また、GCRグローバル通貨リセットに関するQFS情報と大量逮捕に関する情報が2週間の封鎖。

つまり、GCRと大量逮捕が大詰に来たようです。

GCRの最新情報とは?

偽バイデン大統領の解任が近いという情報とは?

関連情報を合わせて紹介します。

 

米国とカナダは、ディープステートの占領された作戦でした。

間もなく、軍はカナダの偽の首相と偽の米国大統領を、

カナダ議会と米国議会とともに削除します。

これは、新共和国の自由に向けた大きな一歩です。

ジュディメモ:

インテルに関する限り、すべてが死に物狂いで沈黙しています。

明らかに、6月中旬まで、世界通貨のリセットや

大量逮捕については何も聞かれません。

とても暑い。

(引用先:2022年6月4日現在、GCRを介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

GCRの最新情報とは?一般市民への切り替えは6月16日か?

まず、グローバル通貨リセットに関する4日時点の最新情報を紹介しておきます。

2週間QFS情報はないとのことですので、今回の切り替えに注目です。

 

(以下 ジュディ・ノート6月4日版より 抜粋)

グローバル通貨のリセット:

先週グローバル金融システム償還委員会の委員長であるチャーリー・ウォードは、DOJとDODの両方から、2週間はQFSの沈黙があると言われました。

ジュディメモ:私は簡単に間違っている可能性がありますが、量子金融システムで起こっていることについての沈黙が先週の月に始まったと解釈します

5月30日(それはそうしました)そしてその沈黙は13日月曜日まで続くでしょう

6月13日。金曜日 6月3日チャーリーウォード: https ://www.bitchute.com/video/Tja9pc4V2Xm3/

金曜日 6月3日朝MarkZ:

リノの情報源は固く口を閉ざし、情報はまったく発表されていませんでした。

CMKXとProsperityPackageホルダーは、6月5日(日)から6月6日までの配達を期待していました。

 

ドイツ債は木曜日に清算されました。

(筆者挿入)

 

6月2日、GCR償還委員会の責任者であるチャーリーワードによると、人々は支払いを受けていました。

これは先週のワードの声明に沿っており、グローバル通貨リセット基金は6月の初め頃に利用可能になるというものでした。

 

水曜日のブルースによると。

6月1日ヨーロッパの債券保有者は、口座の金銭について通知を受け、一部は流動性を受け取りました。米国の債券保有者は電子メールで通知され、金曜日の東部標準時午後5時から資金にアクセスできます。

6月3日。Tier 4 A、B(私たち、インターネットグループ)は、週末、または月曜日の正午(タイムゾーンによる)に電子メールで通知を受ける可能性があります。

6月6日。一般市民のスタートはおそらく水曜日頃でしょう。

または木曜日。6月15日、16日。

金/資産担保証券に参加するには、銀行はバーゼルIIIに準拠している必要があり、国の通貨は月曜日の正午までに金/資産担保証券である必要がありました。6月6日

金で裏打ちされた中国人民元は、世界の準備通貨としてフィアット米ドルに取って代わりました。

木曜日。5月11日Qとトランプに従ってグローバル通貨リセットがアクティブ化されました

数日後、GCRのキングピンであるイラクディナールが国際制裁のリストから削除され、イラクはいつでもディナールを再評価できると言われました。

ワードによると、金曜日に。5月20日、GCRトークンが発行され、特定の適格銀行が新しい金融システムで流動性を与えられました

。月曜日_ 5月30日ソブリンゴールドボンドが稼働しました。

(引用先:2022年6月4日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:グローバル通貨リセットは、6月15日水曜日または16日木曜日に一般の人が両替できるようです。

そして、ドイツ銀行が解体されてドイツ国債の生産が始まったようです。

これから、16日までの沈黙の間に切り替えと、反対する勢力の大量逮捕が始まるようです。

(実際には、すでに開始されておりほぼ、終了の段階と思われます)

 

 

スポンサーリンク

偽バイデン大統領の解任が近い情報とは?

続きまして、偽バイデン大統領と偽カナダのトルドー首相の解任に関する情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート6月4日版より 抜粋)

間もなく、同盟軍は、カナダ議会と米国議会とともに、カナダの偽の首相と偽の米国大統領を解任するでしょう。

水曜日に。6月1日ホワイトハウスの副首席補佐官マイケル・バクスターが、2020年の不正選挙に関係した容疑で逮捕されました。

 

すべての裁判所が腐敗したため、国際法曹協会は解散されようとしていました。

(筆者注釈:国際法曹協会とは、世界各国の弁護士団体が加盟する国際組織。国際弁護士会、国際弁護士協会との訳もある。)

Fauciは、2022年の秋にリリースされるDoomsdayVirusセットの彼の作成を説明するビデオに巻き込まれました。

 

ジョー・バイデン、ホワイトハット・インテルの没落:

数日前、ジョー・バイデンはロシアの政権交代を呼びかけ、プーチンを政権から外すようロシアの軍の将軍に事実上懇願した。

しかし、それは起こっていません。

代わりに起こっていることは、アメリカの諜報コミュニティの「将軍」が現在ジョー・バイデンに反対しているということです。

昨日、ワシントンポストとCNNは、これらすべてを確認する行動を起こし、ハンターバイデンの「地獄からのラップトップ」の詳細を明らかにした爆弾の物語を実行しました。

本質的に、CIAはワシントンポストにバイデン犯罪家族の暴露を開始するように命じました。

これはすべて、バイデンの権力からの撤退に備えて行われています。

 

「LaptopFromHell」: 2週間前、ニューヨークタイムズはラップトップが存在し、合法であることを確認しました。

また、ハンターと彼のビジネスパートナーであるデボンアーチャーとの通信を含む、以前に報告されたいくつかの側面を確認しました。

ウクライナのエネルギー大手ブリスマに乗り込みます。

今日、ワシントンポストとCNNは、ラップトップのコンテンツの詳細を確認し、CNNは猛烈な勢いで活動しており、ハンターに対する連邦政府の調査が「過熱している」と報告しています。

(筆者挿入: CNN、NYタイムズが報じたようだ。)

 

*解説:CIAにより、ハンター・バイデンのパソコンから押収されたメールによる、ハンターとウクライナの反逆罪となる証拠が合法であると認定されたようです。

そして、その合法さについて、CNNやワシントンポスト、ニューヨークタイム社へ報道するように指示されたとのこと。

つまり、偽バイデン大統領は、ハンターのパソコンの証拠により解任への転落を遂げるようです。

そして、カナダのトルドー首相も、議会も閉鎖されていくようです。

アメリカは、中間選挙10月8日を前にして、新たな共和国としての選挙に突入していくことになるようです。

 

(バイデン大統領への皮肉を込めたツイートです。そこにはSPの姿がなく、カバンを自ら持ち運ぶ偽、バイデン大統領が描写されている)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・6月4日QFS情報の2週間の沈黙とまもなく偽バイデン大統領を削除!

GCRグローバル通貨リセットも大詰のようです。

ドイツ銀行が閉鎖し、国債が生産されているようです。

6月16日が一般の人の両替開始とのことです。

そして、カナダと米国の政権が解任されて、新政権となるようです。

米国はトランプ大統領が全面的に出てくるようです、カナダのトルドー首相の後の動きは未定でした。

軍事政権に移行する可能性が高いようです。

6月にいよいよ、大きな動きが出てきそうです。

米国は、来週のメディアの放送と世論の動向に注目ですね。

日本は米国の変化に合わせての動きになるのではないでしょうか?

参議院選挙までを行い、自民、公明党、維新の会の惨敗になるのでしょうか?

その後に、日本も軍事政権になるのでしょうか?

そして、120以内に総選挙に突入する流れになるのでしょうか?

国民の意識次第で流れが変化していくのでしょう。

 

*EBS世界緊急放送・10日間の闇の備え方の記事は、こちらを参照願います。

 

タイトルとURLをコピーしました