バイデン・支持率20%と急落!トランプ前大統領9月までに戻る!

GCR量子金融システム

5月30日のジュディ・ノートにて、今後の展開について記述されました。

5月11日グローバル通貨リセットの発動。

5月17日のアメリカ共和国の復活。

残るは、世界的な戒厳令発動の情勢を待つのみとなったようです。

25日の北朝鮮のミサイル発射実験に、日、韓、米による非難の声明を出す中、ロシアもミサイル実験を行った。

そして、バイデン政権の支持率が20%と危機的状態を報告している。

グロバール通貨リセット情報。

アメリカ共和国の復活。

バイデン政権の危機。

トランプ前大統領が9月までに戻るとツイート。

関連情報を集約して紹介します。

 

JFKジュニアは生きていますか?
エルビスは生きていますか?
彼らは両方とも共和国を回復するのを助けるために

愛国者として秘密裏に働いていましたか?

引用先:2022年5月30日現在、GCRを介して共和国を復元

 

(北朝鮮のミサイル実験に抗議する、日、韓、米の外相)

 

スポンサーリンク

グロバール通貨リセット情報

まず、グローバル通貨リセットは5月11日に発動されて、6月1日のTier4Bへの交換を待つのみとなったようです。

昨日からの大きな進展はないとのこと。

(以下 ジュディ・ノート5月30日版より抜粋)

グローバル通貨リセットの更新:前回のレポートから大きな変更はありません。

チャーリーウォードによると、金曜日に。5月20日、トークンが発行され、銀行は新しい金融システムで流動性を与えられました。資金はどこかで一般の人々に利用可能になるでしょう資金は、5月下旬から6月上旬にかけて

木曜。5月26日ブルース:複数の情報筋が、債券保有者とTier4Bの通知が月曜日の夜に行われる可能性があることを確認しています。5月30日、火曜日にメールでお知らせします。

5月31日の朝、による口座流動性。6月1日。

ブルース:水曜日の時点で。5月25日1:00ESTグローバル通貨リセットの209か国すべてがクォンタム金融システムに接続されていると考えられ、今週末の時点でTier 3銀行の大部分はバーゼル3に準拠しており、一部の国はまだ資産担保証券ではありませんでした。

金曜日 5月27日MarkZ:数は週末に予想され、償還センターの担当者は水曜日頃にTier4B交換/償還を開始することを期待しています。2022年6月1日。

 

金に裏打ちされた中国人民元は、世界の準備通貨としてのフィアット米ドルに取って代わりました。

木曜日。5月11日Qとトランプに従ってグローバル通貨リセットがアクティブ化されました。

 

GCRのキングピン–イラクディナール–は国際制裁のリストから削除され、イラクはいつでもディナールを再評価できると言われています。

 

ジュディリマインダー:誰も、つまり絶対に誰も、償還/交換の予定を設定するためにTier 4B(私たちインターネットグループ)に通知するためにコードが入力される正確な日時を知りません。それは、軍事量子コンピューターの計算から、そして人々の安全への懸念に基づいて決定されるでしょう。計画を信頼します。

*解説:こちらは大きな変化はなく、6月1日よりTeir4B=一般の両替の実行が開始される予定とのことです。

順調に行くことを期待したいですね。

 

スポンサーリンク

アメリカ共和国の復活

アメリカ共和国復活の式典では、34州が参加して、10州の民主党の知事の州が参加しないという内容です。

 

復元された共和国の更新:

火曜日。2022年5月17日午前11:00ESTに、34の米国州の憲法制定会議がワシントンDCで開催されました。

そこでは、US Incが正式に死亡したと宣言され、米国共和国は元の憲法に概説されている原則に復元されました。

10人の民主党の知事は彼らの州を復元された共和国に参加させないことを決定しました(つまり、彼らはディープステートに忠実であり続けました)が、ハワイはハワイ王国の国民国家としての元の主権国家に誇らしげに戻ります。

残りの5つの州の状況は不明でした。

*解説:アメリカ共和国の内容は、ジュディ・ノートでも更新が継続されています。

今後、民主党10州の参加が増えるとよいですね。

これも、現在の米国内の情勢の現実のようです。

情報では、この式典にはトランプ前大統領も参加して噂も出ています。情報が出次第紹介していきます。

(5月17日 アメリカ共和国・復興式典 トランプ大統領参加か?)

 

スポンサーリンク

バイデン政権の危機

ホワイトハットの新たな投稿として、バイデン大統領の支持率低下が一斉に記述されています。

いよいよ、解任が近いのかもしれません。

(以下 ジュディ・ノート5月30日版より 抜粋)

ホワイトハットインテル:

政府とジョー・バイデンの政策に反対して上昇している米国市民の実際の数は80%に達しています。

これらはトランプ支持者であるだけでなく、転向したバイデン支持者、ファウチ、経済、偽のパンデミックおよび不信に関連する他の情報源を通じて偽のナレーションに気づき始めている4000万人の未登録の有権者です。

CNNは偽物48%だと言う人

バイデンの承認率は20%です。

マイクロチップの不足は、あなたが理解できる以上のものです。

これは、自動車会社、電話会社、コンピューター、スマートTV、スマートアプライアンス、政府の兵器システムに影響を及ぼします。

これらはすべて、生産が停止しつつあります。

 

世界中の貨物船が停泊しています。何百万もの企業がチップ不足のために注文をキャンセルしています。つまり、生産を完了できず、次のプロジェクトをキャンセルする必要があります。

レイオフが始まります。他の国でのワクチンの義務化により、労働者、運転手、配達員が失われ、貨物船がバックアップされ、倉庫の保管場所がいっぱいになっています。

それはすべて、レッドオクトーバー=痛み、痛み、痛みにつながります–羊は目覚めています。

カトリックシステムの90%がバチカンの支配から脱却し、それがディープステートマネーロンダリングマシンシステムになると、世界は驚かれることでしょう。

大覚醒は世界中の多くの指導者の耳に触れており、彼らは悪を見ています。

多くの計画が実施されています。

米国からの波紋は、海を越えてEUに、そして世界を駆け巡ります。

いつの日か、文化と知識への大きな敬意が友達の岐路に立つでしょう

本物の54の聖書が解放され、バチカンの堕落と聖書の誤った解釈が明らかになるでしょう。(ジュディノート:バチカンの下の150マイルのトンネルで54のバージョンの聖書が見つかりました)。

最初の大量検閲は、聖書がカトリック教会によって印刷され、発送されたときに起こりました。

聖書は、人々が恐れ、キリストが何を分かち合っているかについての真の知識を決して知らないように再建されました。

あなたは本当にバチカンが聖書を変えないと思いましたか?

これは、テレビの前の時代のCNNマインドコントロールの一形態でした。

本、特に最初から最後まで編集された聖なる本です。

*解説:バイデン大統領の支持率はロイター通信社でも36%です。(下に記載)

ホワイトハット情報では20%。この数字は危機的な状況であると言えます。

そして、上海のロックダウンが波及して、今後、半導体不足により、世界中の工場の停止が断続的に続くようです。

本物の聖書がバチカンの地下図書館で発見されたとのデクラス情報も出ています。

その内容は、まだ、明かされていません。しかし、初めから検閲されていたようです。

今後、暴露されてくるでしょう。

(筆者注釈:5月25日時点のロイター支持率36%)

 

スポンサーリンク

トランプ前大統領のツイート・ 9月までにJFKJr.、JFK Sr.、Dwight・Eisenhower(ドワイト・アイゼンハワー)と戻る!

5月30日に、トランプ前大統領のツイートが複数ありました。

その中で、9月までに戻るというメッセージがありましたので紹介します。

 

(翻訳:9月までにJFKJr.、JFK Sr.、DwightEisenhowerと一緒に戻ってきます。真実が語られます!)

解説:これは驚きです。これまで、復活を明言することはありませんでした。

いよいよ、アメリカは11月8日に中間選挙があります。

その前に、戻るということのようです。

(5月28日トランプ・ラリー・ワイオミングでスーピーチするトランプ氏)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・バイデン・支持率20%と急落!トランプ前大統領9月までに戻る!

5月30日が終わり、世界の動きはスピードまして動き出しています。

大きな話題は5月17日のアメリカ共和国の復活式典が行われた事でしょう。

それと、グローバル通貨リセットが6月1日にTeir4Bまで進むことです。

金融機関は大きな切り替えをすることになります。

そして、今回の注目は、バイデン大統領の支持率が20%ということを掲載したということです。

今後、バイデン大統領不支持のニュースが激増していくのではないでしょうか?

日本も各地で大量逮捕が行われて、スターリンクシステムへのマスメディアのサーバーの切り替えが行われているようです。

そして、6月に入ると、QFSへの切り替えを隠すように、多くのイベントが行われるようです。

Twitterへのトランプ前大統領の9月までに戻る。というメッセージに期待ですね。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

(バイデン大統領・カバンを自分で持ち歩く姿が・・・)

 

*核戦争危機の記事はこちらです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました