5月13日ブラックフライデー・金融市場の崩壊!中央銀行が警告!

量子金融システム

2022年5月11日・金融リセットが進められる中で、中央銀行がデジタル、暗号化、仮想通貨での取引に対して警告を発しました。

QFSへの移行がすべてにおいて適用される兆候なのでしょうか?

そして、5月13日は株式の大暴落が起きて、この金曜日が後にブラックフライデーと記憶されるという。

中央銀行のデジタル・暗号・仮想通貨への警告とは?

5月13日・ブラックフライデーに何が起きうる?

世界の金融リセットへの切り替え状況は?

以上について関連情報を抜粋して紹介します。

 

グローバル通貨のリセットが完全にアクティブ化されました…Q+トランプ、

5月11日水曜日の大覚醒の世界。

2022年5月13日の金曜日に予想される世界的な市場の暴落
世界的なサイバー攻撃が差し迫った
大量逮捕が差し迫った

 

5月10日火曜日・金に裏打ちされた中国のヤウンが

世界の準備通貨としてのフラットな米ドルに取って代わった。

 

中央銀行は、デジタル通貨、暗号通貨、仮想通貨の

取引に対して警告を発しています。

(引用先:ジュディノート 5月12日版 序文より)
*世界的な利上げラッシュの裏側で囁かれている『GCR』とは!? 
 たいへん分かりやすい説明です。8分間で完結します!(‘◇’)ゞ
  

では初めに、中央銀行が5月11日に発信した、デジタル・暗号・仮想通貨への警告書を紹介します。

(ジュィノート5月12日版より 抜粋)

世界的な金融危機:

中央銀行は、デジタル、暗号化、仮想通貨での取引に対して警告しています

中央銀行の声明のテキストは次のように述べており、{Euphrates News}はそのコピーを受け取りました。

2015年のマネーロンダリング防止およびテロ資金供与法第39号で言及されているケア手順の最適な実施を確実にするために、それに応じて発行された指示により、デジタル通貨での投機や取引を目的としたカードや電子ウォレットの使用を禁止することが決定されました。

あらゆる種類のものであり、それらを扱う人々は上記の法律の規定に従うものとします。」

中央銀行は、「マネーロンダリングやテロ資金供与が疑われる業務を回避するために、金融取引の安全性を実現するために、この点に関して国民を教育すること」を強調した。

(筆者注釈:マネーロンダリングとは資金洗浄を指します)

 

引用先:中央銀行は、デジタル、暗号化、仮想通貨での取引に対して警告します

*解説:この警告書は、マネーロンダリングの防止を目的とする。と述べられています。

対象は、デジタル通貨に該当する、すべての取引を停止するとのことです。

一般の人が保有するクレジットカードなども一旦リセットされていくのでしょうか?

こちらに関しては、新たな情報が出ると思われますので新たに紹介させていただきます。

しかし、ビットコインなどのを保有している方などは、下落などの恐れもありますので、ご自身での判断が必要かと思います。

これから、新たに仮想通貨への参入を考えている方は、今は様子を見た方がよいでしょう。

(ビットコインの下落状況)

 

スポンサーリンク

5月13日・ブラックフライデーに何が起きうる?

ジュディノートでは、5月13日の金曜日に起きうることをまとめて記述しています。

その内容を紹介します。

(ジュディノート5月12日版より抜粋)

世界市場の暴落、大覚醒の世界、Q+トランプ

ブラックスワンイベントグローバルリセットが今起こっています!

私たちは何ヶ月もの間毎日あなたに警告してきました。

今週の金曜日の13日の金曜日はブラックフライデーとして記憶されるようです。

 

ゲームは常に不正です。

ほとんどの人は、市場で購入するための投資パッケージを提供する金融機関で株式市場にお金/貯蓄を投資します。

ほとんどの人は市場を短く/売ることができません。

したがって、それが低下し、私たちが下降傾向にあるとき、彼らは市場を短く/売ることができないので、普通の人々の95%がそれをすべて失っています。

銀行は、最後にBIGが不足していることを知っているため、誰もが詐欺を働いています。

彼らはまた、人々のお金を使って市場をショート/販売し、ThePeopleに対してお金を稼ぎます。

それは完全な詐欺です。

 

戦争と不況の時代への最良の投資は、物理的な金属の金と銀です。

人々は金属をひっくり返し、価格を急騰させるでしょう。

銀行は一時的にショートスクイズを維持することができないので、人々はショートスクイズし、銀行は破産します。

保険会社もそうです。

 

暗号も狂ったように落ちます。

したがって、ディップを購入してより多くの暗号を蓄積する良い機会です。

XRP、XLM、XDC、ALGO、IOTAなどのISO20022規制暗号は、少なくとも100倍になる新しいQFS QuantumFinancialSystemに使用されることをお勧めします。

ビットコインまたはイーサリアムはQFSに使用されず、テザーの安定したコインを使用してグローバリストによって破損したため、お勧めしません。

彼らは生き残ることができなかったNapsterやMyspaceのような古い技術です。遅すぎる、料金が高すぎる、環境に悪い。私たちの将来には良くありません。

 

腐敗した株式市場で負けるのをやめ、そこから抜け出し近い将来、より多くの利益をもたらす金属と暗号に再投資します。

ウォールストリートの企業の95%は腐敗しており、グローバリストアジェンダに従っているため、人道に対する罪で告発されています。

ほとんどは元に戻りません。ウォールストリートは終わりました。

これらの企業の差し止め命令はリリースされ、停止または変換され、それらの資産は差し押さえられ、GESARA/NESARAの下でWeThePeopleに還元されます。

 

私たちはグローバルリセットにいます。

人々はそれを信じるために「悪いグレートリセット」を見る必要がありますが、私たちはグローバリストのNWO新世界秩序ではなくGESARAにリセットします。

これにより、マトリックスが管理する企業、ブラックロック、ヴァンガード、銀行などがクラッシュします。これらはもう必要ありません。

ウォールストリートに投資するすべての人は、人々を殺し、ジェノサイドの邪悪なグローバリストの議題を持っているこれらの腐敗した犯罪企業を奨励し、資金を提供します。

それらはすべてダウンし、ほとんどが元に戻ることはありません。

 

ここでグローバルリセットに関するすべてを見る

世界経済フォーラム(WEF)による素晴らしいリセットの説明になります。

https ://greatawakening.world/reset1

*解説:結論から述べれば、5月13日に投資目的で行われてきた資産は、リセットされる為に暴落し、元には戻らないということのようです。

ビットコインを例にとれば、ビットコインに100ドル投資した人は150倍にもなっていたようです。

しかし、ビットコインはQFSに使用されない為お勧めしないとのこと。

これからは、金・銀に裏打ちされた通貨のみが有効化されていくようです。

ですから、資産のある方は、金・銀への投資が望ましいようです。

暴落した後に投資はしないことですね。

元には戻らないということです。

(ゴールドの価格推移状況 2020年1月~2022年5月 30%上昇中)

 

スポンサーリンク

世界の金融リセットへの切り替え状況は?

ジュデイノート5月12日版での、通貨リセットに関する条項を紹介します。

金融専門の言葉が多くわかりにくいかもしれませんが確認してみてください。

(ジュディノート5月12日版より抜粋)

ジュディメモ:

2022年5月13日の金曜日に世界の株式市場の暴落が予想されます。

トリガーはグローバル通貨のリセットでプルされ、コードが入力され、一部が支払われました。私たちはGoooooooooooooです!!!

水曜日のニックフレミングによると。2022年5月11日の朝:

太陽。5月8日の夕方すべてのTier 1、2、およびTier 3の連邦認可銀行を含む、209の中央銀行すべてがpingを実行した後、Tier4のローンチスケジュールが本格的に開始されました。

pingは受け入れられ、返送されました。ただし、Tier 1のいくつかのホールドアウトは、手動で入力されたコードでpingに応答し、その後に逮捕されることを保証する訪問を期待できました。

いつか火曜日。 5月10日、中国人民元が世界通貨の金本位制として確立され、フィアット米ドルが国際貿易の基盤としてペッグを解除されました。

国防総省は、世界中のすべての銀行が木によるセキュリティコードを完全に統合することを義務付けています。5月12日の朝。

当時、すべてのRenoサブグループは新しいISO 20022 USNアカウントに100%アクセスして即時支払いを行うことが期待されていましたが、Wells Fargo Group(以前のGeneral 64)の招待状は、Abbott Downingのプライベート招待状とともに、Tier4B通知と7,000の償還センターでの予約スケジュール。

どちらかの水曜日。5月11日、または木曜日。5月12日中部夏時間中部標準時中国は金の保有を発表する予定でした。

 

ここでの結論、およびすべてのベンチマークのベンチマークは、DODが、難解な銀行のセキュリティコードのすべてが今週の木曜日に完了することを義務付けていることです。

Tier 4 Bグローバルローンチを開始するための通知/招待を含めて、それは短い1日半です。

トリガーが開始されました。

*解説:5月12日にTier4の一般向けの返還手続きが行われるように義務付けている。

つまり、通貨リセットは、完了に近づいているようです。

12日に切り替えが完了するからこそ、13日が株式などの暴落が予想されているようです。

米国の株式が暴落すれば、日本の株式市場も連動してきます。

株式の保有をしている方は、一旦リセットするタイミングのようです。

(筆者注釈:Tier1~Tier4の解説)

交換する人々は5つの階層(Tier)に分かれている。

Tier 1:政府と王族

Tier 2:通貨のプラットフォームを持つクジラ、エリート、企業など

Tier 3:提督グループ、アメリカンインディアン、CMKX、大きな教会グループ(モルモン教など)

Tier 4:インテルに注目している何十万人ものインターネット投資グループ(私たち投資家)

Tier 5:これまで注意を払わなかった一般大衆

 

(日経平均株価の推移状況・・・暴落なるか?)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・5月13日ブラックフライデー・金融市場の崩壊!中央銀行が警告!

5月12日に金融リセットが完了する。そして、13日に株式の暴落と金融が崩壊していく。

しかし、これは、通貨発行権を解体して、金利を違法に搾取したシステムから、新しいQFSへ移行することなのです。

ですから、これまでのDS社会のシステムの投資は一旦回収して、ゴールドやシルバー、またはQFSに連動した暗号通貨への資産移転をするタイミングに来ているということです。

株価の暴落など不安ニュースがしばらく流れますが、正しい情報をリサーチして、崩壊していく金融商品に手を出さないことです。

そして、これから、銀行や生命保険会社は無くなっていきますので、銀行や保険会社での取り引きのある方は見直しが必要になります。

焦ることはありませんので、慎重に観察し検討されますことをお勧めします。

最後までご視聴ありがとうございました。

 

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

 

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました