GESARA公表日は4月24日か?中国人民元の通貨リセットが完了!

ネサラゲサラ

4月21日ジュディノートで新たな情報が紹介されました。

その中で、3つのトピックが注目です。

1つ目は、GESARAカウントダウンのメッセージです。

2つ目は、現在、金に裏打ちされた通貨リセットが行われていますが、中国の人民元の通貨リセットが完了した。そして、人民元は今後ドルに替わる世界通貨になるというのです。

3つ目は、闇の10日間の発表はバイデン大統領辞任のニュースがトリガーになると言われていましたが、そのタイミングを示唆する記事も投稿されていました。

今回はその2つにフォーカスして紹介します。

(ジュデイノート 4月21日版の序文より抜粋)

 

軍事法、緊急放送システム
がアクティブ化さ
れるQ34Qクリアランス

パトリオット、私の仲間のアメリカ人、

次の数日の間にあなたは間違いなく、私たちが私たちに危害を加え、最後に残っている輝く光の避難所を破壊したい邪悪な暴君から私たちの偉大な国[自由の国]を取り戻していることに気付くでしょう。

引用元:2022年4月21日現在、GCRを介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

GESARAカウントダウン・メッセージ4月21日

メッセージの全文を紹介します。

(以下 ジュデイノート4月21日版より抜粋)

POTUS(大統領)の命令により、一時的な軍事統制の状態が実行され、特殊作戦が実行されます。

身柄引き渡しや特別なオペレーターの必要性を防ぐために、米国の範囲内にいくつかを保持するために誤ったリークが行われています。

(筆者注釈:誤ったリークとはDSによる偽情報を指します)

この国のすべての男性、女性、そして子供たちの安全と幸福は完全に尽きていますので、ご安心ください。

しかし、長い間放送されてきた堕落した邪悪な物語に多くの人が堕ちてしまったため、残念ながら国内の雰囲気は分断されてしまいます。

この間、緊急放送システム[EMS]を開始し、すべての市民に[偽のニュースを回避する]ダイレクトメッセージを提供するよう努めます。

この時期に私たちに危害を加えたいと考えている組織や人々は、迅速な怒りに直面します。(筆者注釈:怒り=逮捕を意味すると思います)

特定の法律は、これらの作戦を処理および実施するために必要な権限を私たちの偉大な軍隊に提供するために事前に解除されています。

*解説:大統領命令により、軍隊の配備をしてEBS緊急放送が開始を意味する内容です。

そして、偽の情報を回避するために、Signalアプリをダウンロードせよという情報が流れています。

 

GESARAのトリガーについての記事はこちらです。

 

スポンサーリンク

中国人民元が通貨リセット完了!ドルに替わる世界通貨へ!

中国元のGCR完了のニュースについては、ジュディメモとグローバル通貨リセットの項に詳しく記述がありましたので抜粋します。

(以下 ジュデイノート4月21日版より抜粋)

ジュディメモ:

4月20日グローバル通貨リセット償還委員会の責任者であるチャーリーワード博士は、ウェルズファーゴ銀行が共和国の資金へのアクセスに関する連邦準備制度のコードを受け取ったことを知らされたと発表しました。

世界は現在、中国が中部標準時午前12時1分(4月20日水曜日深夜EDT )以降に北京で金の保有を発表することを期待しています。

これにより、中国人民元は、SDR(特別引出権)として知られるIMFの世界準備通貨のバスケットに完全にアクセスできるようになり、

世界で最も影響力のある世界通貨としての米ドルに取って代わります。

この微妙なプレスリリースは、国連パリ協定で具体化されたゴールドスタンダードを自動的に呼び出します。

これは同時に批准され、USNの世界的な通貨の再定義/共和国の通貨の再評価のための最終的な開示プロトコルを開始することが期待されていました。

 

グローバル通貨のリセット

2022年4月20日金に裏打ちされた中国人民元が最も影響力のある世界通貨として米ドルに取って代わり、210カ国の通貨の世界通貨リセットが発表されました。

4月20日 金/資産担保USNは、水曜日のいつか取引のためにオンラインになると予想されていました。

5月1日 RodriquezとSt.GermaineTrustsは、今週、Back WallofSunでリリースされる予定 です。

4月20日、債券保有者の金銭はEU、中東、ドバイを通過し、西に向かっていた。

4月20日、すべてのRenoサブグループリーダーは、新たに更新されたUSNアカウントに100%アクセスして、即時支払いができると期待していました。

チャーリー・ウォードによれば、これには提督のグループが含まれます。

5月1日 QFSQuantumFinancialSystem)が世界中の通貨でアクティブになり、法の支配、高利貸しおよびカルテルの犯罪的な裏口行為の終了をもたらし、QFSは金銭の動きと善悪を追跡しますそれに加えて、加害者がすぐに逮捕されることを保証します。

5月1日 銀行が開いた後、一般の人々は新しい国際レートで通貨を交換することができました。

*解説:4月20日に中国元の通貨リセットが完了したとのことです。そして、210カ国のリセットも完了したと記述されています。

まもなく、一般の人にもわかる様になるでしょう。

 

スポンサーリンク

闇の10日間の発表の日が暗号的に記述?4月24日・日曜日か?

4月20日にGCRが完了。次に興味あるのは闇の10日間と言われるEBS緊急放送開始がいつなのか?である。

その日を特定するようなヒントとなるような記述を見つけましたので紹介しておきます。

これは、筆者の推測なので確定という情報でないことをご理解願います。

(以下 ジュデイノート4月21日版より抜粋)

ブルースによれば、マスメディアは、リアルニュースの出来事を含む10日間の開示を開始するように命じられました(もはや10日間の闇とは呼ばれていません)。

木曜日。4月21日、エリザベス女王は2年間死亡したと情報筋は述べているが、死亡したと宣言されると予想されていた。

この発表は、英国の銀行と商取引の10日間の追悼と閉鎖を開始するものでした。

*解説:まず、10日間の闇の開示を示唆することをメディアは命じられていた。ということを念頭に置いて次の記事を読んでいただきたいのです。

つまり、闇の10日間の開示をメディアは何らかの方法で伝えなければならないということです。

クラッシュはバイデンの時計で発生する必要があります。

バイデンとマクロンは同時に行きます。

フランス大統領選挙は日曜日です。

したがって、フランス大統領選挙の前に今週クラッシュが発生します。

 

女王はいつ死ぬのですか?彼女は木曜日にヘリコプターに乗っています。3日間の言論統制。英連邦諸国を悼む10日間。

サンデーバイデンはマクロンと一緒に連れ出されます。それから10日が始まります。

SEC会議が分析されます。ダーク[10]。

私たちはオンラインに戻り、規制が暗闇の中で起こったため、すべての暗号通貨がクラッシュします。

そして、闇が晴れるとフェニックスが灰から立ち上がる!

*解説:サンデーバイデン!つまり日曜日に開始される!ことを示唆していると解読できませんか?

そして、フランスのマクロン大統領も同時に何かが起きる!つまり、マクロン落選なのでしょうか?

そして、英国・エリザベス女王が21日木曜日にヘリコプターに乗っている。これは、何かの暗号のようです。

バイデン・マクロン・エリザベスに注目です。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・GESARA公表日は4月24日か?中国人民元の通貨リセットが完了!

4月24日・日曜日に注目です。

世界の情勢は、ロシアの核戦争、燃料、食糧危機、そして、株式の暴落情報が出てきています。

Covid19やワクチ○接種の関係の情報の錯乱などが増長してきています。

世界的な戒厳令が発動される様相になってきています。

バイデン・マクロン・エリザベスに関連する情報を意識すると、早く、EBS開始を読み取ることができると思います。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

これからの社会の基本はGESAR法になります。

NESARA/GESARAについての基本事項は↓の記事が参考になります。

 

 

関連記事として、QFSについては↓の記事をご視聴願います。

記事の中の日付は過去のものですが、起こる内容には相違ありません。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました