フォーチ博士の国立衛生研究所は、ビッグファーマおよびニューヨーク州の里親制度と協力して、532人の孤児および里子に対して人間の実験を行いました。
200人以上が亡くなりましたが、議会とマスメディアは注意を払わず、ニューヨーク州の里親制度がそれを覆い隠しました。
2008年、VERAは、25人の子供が治験中に死亡し、さらに55人の子供が里親に住んでいる間に一連の実験を完了した後に死亡したと報告しました。
VERAの児童保護プログラムのディレクターであるTimRossによると、532人の子供が実験に使用されました。
2009年の時点で、治験に参加した残りの417人の子供たちの29%が亡くなり、人間の実験中に痛みを伴う死を遂げた合計200人以上が亡くなりました。
*解説:感染症研究所のファうち博士は、500人以上の孤児の子供たちを使い、人体実験をしていたという。そして、200人が死亡したという。