ゲサラGESARA・イースター復活祭(4月17日)の週末に発表!

ネサラゲサラ

4月13日・世界はウクライナ戦争、イスラエルとシリア・ロシア同盟との紛争、中国はCovid19感染によるロックダウンなど危機的状況が拡大している。

4月17日のイースター(復活祭)から、ゲサラGESARAの発表の可能性を示唆する情報がジュデイノート、ブログで紹介されています。

GESARAに関する最新情報を紹介します。

 

(4月9日時点での情報の記事です)

 

スポンサーリンク

ネサラ・ゲサラ|NESARA/GESARAは4月17日発表の噂とは?

まず、ジュデイノート4月13日版に紹介された内容では、イースターの週末にNESARA/GESARAが発表されるのでは?という記述が出ていますので紹介します。

(ジュディノート 4月13日版 序文より引用)

れです。皆さん!
恐怖のイベント、大規模なサイバー攻撃、壊滅的な金融イベントのインバウンド(到着)。
すべてが削除されます。 データをバックアップします。
Signalアプリをダウンロードします。
7つの大統領メッセージが地球上のすべての電話に送信され、その後、電話は無効になります。
シグナルアプリのみ。 軍事衛星に接続された状態で動作します。
…whiplash347火曜日 2022年4月12日


テスラ·フリー·エナジー、量子電話(Quantum Phones)、量子インターネット(Quantum Internet)、メドベッド(Med Bed)、6,000台のテスラ·キューズ(TeslaCures)、オーディン·プロジェクト(Odin)、フリー·スピーチ(FreeSpeech Incoming)

準備して。 2〜3週間分の食料、燃料、現金、商品を保管します。
グローバル通貨のリセット:
火曜日2022年4月12日ブルースのビッグコール:Thebigcall.net 667-770-1866ピン#123456
リードバンクの担当者は、償還センターは本日と明日水曜日4月13日に閉鎖されると述べました。
金曜日の午後2時から3時に予定されている財務電話会議。午後は木曜日4月14日午前10時に移動しました。
Tier4B通知が木曜日にリリースされる可能性がありました。
4月14日午後にaptsを設定します。金曜日から 4月15日と土曜16日。
マヌチンは、地球の歴史の中で最大の富の移転はイースターの週末に行われると述べました。
(筆者注釈:マヌチンとは何を指すのでしょうか?トランプ政権時代の財務長官 スティーブン・ムニューシン氏なのか?)
つまり、GESARAとNESARAはこのイースターの週末に発表される可能性があります。
NESARAの下では、支払われた税金、住宅に支払われた利子、および支払われた自動車ローンは、銀行口座への直接預金によって返済されます。
銀行は、それは構造化された支払いではないと言っていました。
財務省のマザーロードアクセスカードを受け取ります。これは、残高を確認するためだけのものであり、銀行はアクセスできません。
プロジェクトを運営するために、セカンダリ・アカウントが設定されます。
これらのアカウントには、半年ごとに支払うように配置された金銭の年率(例8%)があります。
彼らは私たちが30〜40分で私たちの予定に出入りすることを望んでいます。
世界中の中央銀行が撤退の途上にありました。
ロスチャイルド銀行を廃止した22か国と、今後7日間で自国の銀行を閉鎖する過程にある14か国がありました。
4月13、14、15日水曜日〜木曜日〜金曜日債券保有者は流動性について通知を受けていました。
火曜日2022年4月12日MarkZ:債券の人々はまだ支払われておらず、今晩までに金銭を受け取ることを望んでいます。
彼らは流動性に関する書面による合意を持っています。償還センターのスタッフは今週後半にフルタイムで働くということでした。
日曜日5月1日世界通貨の210カ国の金/資産担保通貨へのリセットが発表される予定でした。
もしそうなら、5月2日までに、一般の人々が新しい国際レートで通貨を交換できるようになります。
*解説:今回のGESARA予告は、4月17日から発表されると記述されています。
噂される今週末はどうなるのでしょうか?
アメリカの一部の情報ではGESARAが起こり始めているとの投稿も出ています。
後ほど、ジュデイノート以外での内容も紹介します。
次に、4月17日前後の数字的な根拠についての内容が掲載されていますので、そちらから紹介します。
スポンサーリンク

4月14日からの恐怖のイベントとは?

ジュデイノートでは4月14日からの7日間の恐怖のイベントについて掲載されています。
こちらは、過去の出来事の日付けに意味があるようです。
(以下 ジュディノート4月13日版より 抜粋)
次の7日間の可能性のある恐怖イベントのスケジュール
警告:今日の火曜日4月12日の後、ニューヨーク地下鉄の殺人事件は、ディープステートCIAマインドコントロール爆撃、または少なくとも1つの偽旗作戦によって引き起こされた疑いがあり、世界中の大規模なサイバー攻撃を含む複数の場所で、複数のシナリオでさらに混乱がエスカレートすると予想されました。準備して。

 

金曜日 4月15日1912年4月15日にタイタニック号が沈没してから110周年(1年後、JPモルガンは連邦連邦準備制度を結成し、中央銀行の形成に反対したライバルの億万長者であるジェイコ・ブアスター、イジドー・ストラウス、ベンジャミン・グッゲンハイムがタイタニックで死ぬことを保証する事で彼の脅威を殺したとされています。)。
土曜日。 4月16日:トランプの公式紙GEORGEは、1861年にエイブラハム・リンカーンが南北戦争を開始するために軍隊を呼びかけた日である4月16日を強調していました。
また、バイデンが日本の指導者との記者会見で失敗すると予想された日でもありました。 VKのSpotifyリストの曲名は「4月16日」です。
4月17日ピッグス湾事件のキューバ侵攻61周年。 1961年4月17日、CIAの訓練を受けた約1,500人のキューバ人亡命者が、3日目までに侵入を鎮圧したフィデル・カストロを倒そうとして、キューバへの悲惨なピッグス湾侵攻を開始しました。
これは、10日間の闇の前の3日間の開示でしょうか?
月曜日4月18日1983年4月18日、レバノンのベイルートにある米国大使館爆破事件の39周年。爆風により、63人が死亡し、そのうち17人はアメリカ人でした。
火曜日 4月19日愛国者の日は偽旗作戦の可能性がありました。 (レキシントン&コンコード)

 

4月20日1871年英国法の150周年–これはグローバル通貨のリセットで取り消されました。
1871年の法律により、コロンビア特別区が設立され、米国市民は、特定の国際銀行家およびヨーロッパと英国の貴族が所有する企業であるUSIncにすべての税金を支払うことを余儀なくされました。
*解説:4月15日から20日の間は、通貨発行権に関する事件が集中していることを指しているようです。
数字的な意味の関連をどうとらえるかだと思います。
偶然か必然なのか?
必然と考えると、4月15日から20日の間はイベントが起きる可能性は高いのかもしれません。
歴史は聖書の予言書に関連して起きるとも言われています。
イエスの死去の3日後の復活祭がイースターです。
スポンサーリンク

関連するブログの情報は?

アメリカでGESARAがは始まっている!など直近の情報を一部紹介させていただきます。

(みんなが知るべき情報gooブログ・

ゲサラGESARAいまアメリカ全土で公式に起こっています!ゲサラ関連情報一覧!)

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ゲサラGESAEA・イースター復活祭(4月17日)の週末に発表!

3月17日イースターの週末に大きなことが起きるような兆しですね。

アメリカは、3月18日に感染症研究の第一人者のファウチ博士の第一回軍事裁判が予定されています。

また、オバマ元大統領の要請判定のニュースがCNNで流れました。

これは、軍事コードでは、反逆罪などの罪を認めたことを示しています。

(CNN) 米国のバラク・オバマ元大統領(60)は13日、新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたことを明らかにした。

そろそろ、アメリカ国内でのGESARAの発表は可能性が高いと言えます。
しかし、緊急放送の開始に向けての世界的な戒厳令を出すタイミングについては、まだ、早いような気もします。
第三次世界大戦へ発展するような、状況へはまだ達していないような気もします。(筆者の判断)
ポイントは英国エリザベス女王死去のニュースが流れるか?
週末に注目です。

*GESARA関連記事は↓から選択してご視聴してください。

 

 

その他、ネサラ・ゲサラ関連記事はこちらです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました