プーチンはTwitter筆頭株主イーロン・マスク氏をDSと暴露!

トランプ大統領

4月6日Twitter社は、電気自動車メーカーのテスラ社CEOのイーロン・マスク氏を同社の取締役にしたと発表。

同日のREAL RAW NEWSでは、プーチン大統領は、トランプ前大統領との電話会談の中で、イーロン・マスク氏を「トロイの木馬」と言い、さらに「彼を粉砕します」と言った。

注釈:トロイの木馬=正体を偽って潜入し、破壊工作を行う者のたとえ。

つまり、プーチン大統領はイーロン・マスク氏がロシアのウクライナへの作戦を妨げたという。

3月16日にイーロン・マスク氏がTwitterでプーチンに戦いを申し入れた内容とは?

プーチン大統領のイーロン・マスク氏への疑いとは何か?

トランプ大統領への警告とは?

 

関連する記事からの概要を紹介します。

 

 

 

イーロン・マスクCEO

 

スポンサーリンク

イーロン・マスク氏がTwitterでプーチンに戦いを申し入れた内容とは?

3月16日にイーロン・マスク氏はTwitterでプーチン大統領への過激な投稿をした。

ウクライナからのインターネット環境の改善の要請を受けて、イーロン・マスク氏は「私はウラジーミル・プーチンに決闘を申し込む。懸けるのはウクライナだ!」

「彼が恐れるなら私は左手だけで相手をしてもいい。私は左利きじゃないけどな」

その経緯を紹介します。

(日テレニュース「打倒プーチン」イーロン・マスク氏が提供 ウクライナの戦い支える「スターリンク」とは より抜粋)

「世界長者番付」で初めてトップとなったイーロン・マスク氏は、今、ウクライナの生命線を支えています。マスク氏が提供する通信システム「スターリンク」とは…。

◇ 先月14日、電気自動車・テスラCEOのイーロン・マスク氏は、次のような内容をツイートしました。

イーロン・マスク氏のツイッターより 「私はウラジーミル・プーチンに決闘を申し込む。懸けるのはウクライナだ!」

 

さらに、プーチン大統領を次のように挑発しました。

イーロン・マスク氏のツイッターより 「彼が恐れるなら私は左手だけで相手をしてもいい。私は左利きじゃないけどな」

 

マスク氏は、フォーブスが発表したことしの世界長者番付で、初の首位になりました。

その資産は、2190億ドル(日本円で約27兆円)でした。

 

ツイッター社の取締役への起用も明らかになりました。

“世界一の大富豪”のマスク氏も、通信システム「スターリンク」でウクライナの戦いを支えています。

 

支援のきっかけとなったのは、ウクライナ側からの次のようなツイートでした。

ウクライナ・フェドロフ副首相のツイッターより 「ウクライナにスターリンクでのインターネットを提供してください」

そのわずか10時間後、マスク氏は自身のツイッターで次のように発表しました。

イーロン・マスク氏のツイッターより 「ウクライナで“スターリンク”のサービスを開始した」 「打倒プーチン」を掲げ

スターリンクを提供したマスク氏に対し、ウクライナの空中偵察部隊「Aerorozvidka」は「イーロンありがとう。ウクライナに栄光あれ」と述べる動画をツイッターに公開しました。

*解説:記事によると3月16日に打倒プーチンとのメッセージをイーロン・マスク氏がツイートしています。世界のメディアは、ウクライナ戦争はロシアの侵略であるという報道一色です。

インターネット障害をウクライナ政府がマスク氏に要請し、これを受託したことからのメッセージのようです。

マスク氏は世界のヒーロー的な役割をしているという感覚になってのツイートのようです。

次に、プーチン大統領がトランプ前大統領に電話で話した、マスク氏の疑いについての記事を紹介します。

 

スポンサーリンク

プーチン大統領のイーロン・マスク氏への疑いとは何か?

RRN・4月6日版にて、プーチン大統領からトランプ大統領との電話の中で、プーチン大統領がウクライナへの軍事作戦の中で判明したいくつかの、イーロン・マスク氏への疑いの事実があると話しています。

その内容を抜粋して紹介します。

 

イーロン・マスク氏がTwitter役員になることを称賛する

(以下 RRN 4月6日版より抜粋)

ビッグテックの検閲に反対していると主張するビリオネアのイーロン・マスクがツイッターの公開株の10%を購入し、物議を醸しているソーシャルメディアプラットフォームの取締役会で切望された席を獲得したとき、月曜日の保守的な専門家は雷鳴の歓声を上げました。

彼らは、マスクの買収はトランプ大統領のツイッターアカウントの復活の前兆であると主張している。

 

プーチン大統領のマスク氏への疑惑の事実とは?

(以下 RRN 4月6日版より抜粋)

「要するに、プーチンはマスクを、柵の両側で遊んでいるように見える不明確な忠誠を持った疑わしい道徳の男と呼んだ。

プーチン大統領は、マスクはトランプを捕らえようとしている「トロイの木馬」だと述べた。

これの一部は、マスクが、ウクライナ全土でほぼ明白な視界で活動していたバイデン家、生物兵器研究所、および児童売買リングとの関係について知らされた後でも、ウォロディミル・ゼレンスキーを公然と支援してきたためです。

プーチン大統領は、マスクが慈悲深い人道主義者を装って、彼の「特別軍事作戦」を妨害し、多くの勇敢なロシア兵の不必要な死を引き起こしたゼレンスキー軍のハードウェアを密かに与えたことを証明する確固たる事実を持っていると述べた。

3月中旬、マスクのSpaceXは、ウクライナに大量のStarlink衛星インターネットキットを寄贈しました。

ウラジーミルプチンがウクライナの主要ISPであるUkrtelecomを妨害した場合でも、その地域の民間人がインターネットアクセスを失うことはないようです。

プーチンによれば、SpaceXはこれらの貨物に高度な通信妨害装置をバンドルし、ゼレンスキーの「武器への呼びかけ」に応えたウクライナ軍と外国の準軍組織の両方に広く配布されました。

 

さらに、プーチン氏は、ロシアのアルマズ・アンティ防衛公社のエンジニアが、捕獲された電子機器を解剖し、回路がSpaceXに属する独自の技術であると判断したと述べた。

「彼らは衛星やロケット船以上のものを作っているようだ」とプーチンはトランプに言った。

 

プーチン大統領はさらに、この装置はウクライナから小児性愛者や外国のバイオラボを排除するという彼の使命を妨げたが、止めなかったと述べた。

しかし、彼は、マスクの「違法な兵器」がドローンを破壊し、UAVがウクライナの都市ウマニ近くの生物兵器研究所を攻撃したと主張した。

マスクの装備で武装した「テロリスト」は、ドローンの周波数を捕らえ、ロシアの車両の護送船団の中で爆発させ、23人のロシアの兵士が死亡した。

*解説:プーチン大統領によると、マスク氏はウクライナでの生物兵器研究所があることの事実を知りながら、ウクライナ政府に大量のStarlink衛星インターネットキットを寄贈した。

ウクライナ軍の兵器を捕獲して分解したところ、回路がSpaceXに属する独自の技術であることが判明した。

そして、そのマスク氏のスペースXの違法な兵器によりロシア兵が犠牲となった。

これらの事実を主張したようです。

これが、事実なら、イーロン・マスク氏はトランプ氏との親密な関係を装いながら、何かの企てを考えているのかも知れません。

今は、半々のようですね。( ;∀;)

(マスク氏がTwitterに、トランプ前大統領のアカウントを復活を実現したイメージ動画が拡散中・・・怪しさも感じますね)

 

スポンサーリンク

プーチン大統領がトランプ前大統領へ出した警告とは?

RRNでの記事でプーチン大統領は、トランプ前大統領に出し警告の部分を紹介します。

(以下 RRN 4月6日版より抜粋)

トランプ大統領と毎日連絡を取り、トランプとプーチンの会話に精通しているマー・アー・ラゴの情報筋は火曜日にリアル・ロー・ニュースに、プーチンがスペースXのCEOとの連絡を形成することを暗黙のうちに思いとどまらせたと語った。

「トランプ大統領、私たちがこの欺瞞を知り、現場で機器を見つけたとき、私たちはウクライナ中のこれらの汚い小児性愛者と生物兵器植物についてあなたに与えたのと同じ証拠をイーロンマスクに送りました。

そして彼は何をしますか?彼は私に拳闘を挑む。

それは面白いですが、私は彼を粉砕します」とプーチンはトランプに語った。

プーチンのコメントは、マスクによる3月16日のツイートに言及しています。

(電話でプーチン大統領の話を聞いたトランプ前大統領の反応は?)

「会話中、トランプはあまり話さなかったが、彼は熱心に耳を傾け、情報を注意深く検討すると述べた。

プーチンの最後の言葉は、マスクの干渉がなければ、すべてのロシア軍は今までにウクライナを離れていたかもしれないということだった」と私たちの情報筋は述べた。

*解説:プーチン大統領の警告とは、マスク氏への接近に警戒するように。というのが警告であり、それを聞いたトランプ前大統領は、注意深く検討すると答えたという。

イーロン・マスク氏はトランプ前大統領と交流も報道されています。

しかし、トランプ前大統領は人の命の尊さを知り大切にします。

プーチン大統領の言うように、スペースX の技術が軍事兵器にすでに採用されていたとしたら、これはトランプ前大統領としても許せないと思います。

マスク氏の技術を狙っての、軍事産業DSからの接近はマスク氏にあったということはあり得ることだとは思います。

マスク氏はやはりDS側なのでしょうか?

今後に注目ですね。

(トランプ前大統領はマスク氏の正体を見抜いていることでしょう)

多くの人が騙されています・・・

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ プーチンはTwitter筆頭株主イーロン・マスク氏をDSと暴露!

イーロン・マスク氏がTwitter社の役員になることが発表されると同時に、保守派層からの、トランプ大統領の凍結されたアカウント復活への期待が高まっています。

イーロン・マスク氏に期待するトランプファンも多いことでしょう。

さあ、イーロン・マスク氏はプーチン大統領の言うように、DSなのでしょうか?

それとも、トランプ前大統領とは繋がる光側なのでしょうか?

ここらは、私の妄想です。

プーチン大統領も、トランプ前大統領も平和主義者であり、犠牲者を出す選択はしないと思います。

結論は、イーロン・マスク氏はDSである。

なぜなら、マスク氏が光側なら、生物兵器・人身売買に関与しているウクライナ政権、兵器産業への参入などしないと断定できます。

失われた尊い犠牲者や家族の悲しみを考えたらできません。

皆様はどのように感じますか?

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

ウクライナ関連の記事は↓から視聴願います。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました