JFKジュニア氏は既に米国副大統領!GESARAの最新の進展!

ネサラゲサラ

3月21日と22日のジュディノートにてJFKジュニア氏が2019年より副大統領であった!との投稿がありました。

驚きです!

そして、22日のジュディノートではGESARA実行後のロシア、中国、米国の動きと、SWIFT脱退後の変更とは?

オイルマネーとドルの取引の最新情報など、いくつも最新情報が紹介されていました。

関連部分を抜粋して紹介していきます。

 

Qすべてあります。
チェックメイト!!!
…JFケネディジュニア、復元された共和国の副社長

米国がこれまでに経験した絶対的な最高の経済から、ほぼ50年間で最高のインフレに至るまで、世界で1年強でどのように進むのでしょうか。2つの言葉:ジョー・バイデン。
…ドナルド・トランプ大統領

ジュディノート3月22日版 序文より

 

 

スポンサーリンク

ジョージ(JFKジュニア)は2019年7月4日より米国副社長

3月21日版のジュディノートでの投稿です。

本当のニュースの項で記載されていました。

これは、どういう意味かは不明です。

紹介します。

(ジュディノート3月21日版より抜粋)

 

太陽のための本当のニュース。2022年3月20日:

米国は、トランプが彼の権限を軍に引き渡した2020年11月の選挙以来、戒厳令の下で機能してきました。

軍は2020年の大統領選挙の透かし入りの公式投票用紙を数え、トランプが80%以上の差で勝利したと判断しました。

国防総省の下の米軍は米国を支配しており、バイデンに答えるのではなく、大統領としてのトランプに答えます。

ジョージ(JFK Jr)は、 2019年7月4日から米国の副社長を務めています。

この直後、ペンスがAF2を離れ、Sam239として戻って以来、GEORGEの公式WHページがTwitterなどに掲載されました。

ジョージは昨年、AF1に乗ってスイスのダボスに飛んだ。

(筆者注釈:AF1=エアフォース1の大統領専用機、ちなみに副大統領専用機はエアフォース2がある)

彼はCovFefeの休憩を取り、それを投稿しました。

彼はジョージの公式ホワイトハウスのツイッターページに毎日POTUSスケジュールをアップロードしていました。

彼は1367が描かれたパニッシャーの写真を持っています。

あなたはそれが痛みが来るQ1367パニッシャーのシンボルであることがわかります。1 + 3 + 6 + 7 = 17.

Platform2020これで終わりです。嵐。デブリーフィング。

 

銀行、貸付機関、IRS、社会保障はすべてシステムがダウンしていると報告していますが、それは本当にGCR、NESARAの実装ですか?

*解説:記述でははっきりと2019年7月4日よりジョージは米国・副大統領を務めています。と書かれています。

このころは、大統領3年目の年です。この頃にペンス副大統領が病気になったという情報はなかったと思います。

1776年7月4日はアメリカ独立記念日です。

何かの暗号でしょうか?

2019年は1776年より243年目です。

今は謎です。

そして、AF1(エアフォース1)に乗ってスイスに行ったのは、間違いなくトランプ大統領が帯同したはずです。

2020年1月21日にトランプ大統領はダボス会議に参加しています。

この時に、DSへの宣戦布告をしたのでしょうか?

 

スイス・ダボスでの世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)が二十一日始まった。トランプ米大統領は演説で、米経済が「過去になかったほど活気づいている」と好調さを強調。米国の大型減税などを念頭に「各国は米国の例にならうべきだ」と自賛し、米中貿易協議の部分合意など「米国第一主義」で取り組んだ三年間の実績を並べた。トランプ氏のダボス会議での演説は二〇一八年以来、二年ぶり。

 

 

 

21日、スイスで開かれたダボス会議で演説するトランプ米大統領=AP・共同

21日、スイスで開かれたダボス会議で演説するトランプ米大統領=AP・共同

*JFKジュニア氏に関する記事は↓を参照願います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

GESARA発動後の進展関連情報とは?

 

3月22日のジュディノートにGESARA進展の情報が掲載されいました。

関連部分を抜粋して紹介します。

 

グローバル通貨リセット最近の履歴:

土曜日に。3月12日世界中の銀行は、古いカバルが所有するSWIFTグローバル金融システムから新しいクォンタム金融システムに切り替えられました。

火曜日に。3月15日デルタフォースはバージニアの複合施設で腐敗したCIAから緊急放送システムを押収しましたデルタフォースがディープステートの拠点を掌握–本当の生のニュース

3月16日の朝米国のオイルマネーはもうありませんでした。

予定を立てるのに  10日、交換するのに30日かかるはずです。

償還センターの人々は、以前に合意した契約レートで私たちが持っていた通貨を償還して交換するように訓練されましたが、銀行はより低いストリートレートを持っています

現在、 100を超える国々、米ドルとオイルマネーの支配を取り下げて終わらせるために「プロジェクトサンドマン」と呼ばれる世界的な合意を展開しています。

「プロジェクトサンドマン」は、100以上の国の合意を説明しています。これは、トリガーされると、これらの国が同時にドルを投棄し、米国が50年間の法定通貨の偽造と物質的な豊富さを犠牲にして享受できるようにした「オイルマネー」ステータスを放棄することを意味します。

他のみんな。この決定がトリガーされると、ドルとすべてのドル建て資産は文字通り一晩でほぼゼロに急落します。https://miamistandard.news/2022/03/17/100-nations-have-global-agreement-now-being-deployed-called-project-sandman-to-drop-and-end-dominance-of-us-ドルとオイルマネー/

フレミング:「ロシアと中国が、国際通貨基金が要求する堅実で検証済みの資産を備えた、金で裏付けられた資産担保証券であると宣言したので、米国をはじめとするすべての国がこれに続くでしょう。」

金曜日現在。 3月18日午後6時(東部標準時)に、フィアット米ドルは国際貿易で使用されなくなりました。

オカラのエド:金曜日の取引終了時。

3月18日

法定通貨およびその他の通貨の取引が停止されました。

すべてのクレジットカードと条件は、QFSシステムでは機能しません。

これらの債務はゼロにする必要があります。

私たちが知っているように、IRSは死んでいます。これは免税イベントです。

これは、2015年に209か国によって署名された私的条約であり、公共記録の一部ではありません。

すべてのRCセンターに公認会計士または政府関係者がおり、これは非課税のイベントであることを通知または書面で通知します。

*解説:SWIFTからQFSへの切り替えが進行しているようです。

米ドルとオイルマネーを連動させることから100以上の国が同意している、 プロジェクトサンドマンも始動しているようです。

クレジットカードがQFSでは使えないというところが気になりますが、

この切り替えは免税イベントとある様にこれまでの税制が根本的に廃止されるようです。

(米国内では銀行ローンの停止などが起き始めています)

 

スポンサーリンク

デジタル通貨について

デジタル通貨についての記述もありますので記載しておきます。

 

Goldilocks:新しい世界予備の暗号通貨が入ってきます!– Powered By Ripple XRP  https://youtu.be/tmcdsH-p_yI

今日、ロシアは金に裏打ちされた経済の中で市場を開拓しています。明日、モスクワのズベルバンクは、新しい暗号ルーブルでロシアへのサービスを開始します。

これは、多くの国で初めてSwiftシステムから切り離され、金に裏打ちされたデジタル経済システムに参入することになります。

各国の銀行システム間で取引するために、金で裏付けされた安定したコインがすでに優先されています

これは、新しいデジタル資産担保金融システムを完全に実装した最初の国です。

他の国々が彼らの国民と政府により多くの購買力を与えることの利点を目撃し始めるとき、他の国々は同じ道をたどり始めるでしょう。

実際、それはすでにデジタル資産に裏打ちされたシステムの内部で始まっています。

 

ペトロユアンの支払い設定は、最近サウジアラビアのペトロダラーの石油に取って代わりました。

そして、中国はすでにデジタルの世界でかなり進んでいます。

この時点で、中国とロシアが、私たちの世界の東ヨーロッパ諸国を変革する金に裏打ちされたデジタルバンキングシステムに移行していることは周知の事実です。

新しい暗号通貨の安定したコインを金で支援する国をさらに探してください。

デジタル世界経済の統一を先導する恒星と波紋に注目してください。

これは、彼らの経済が世界の残りの部分を引き継ぐという意味ではありません。彼らは、先見の明のある段階から国際的な段階に移行するデジタル経済に足を踏み入れた最初のものにすぎません。

歴史は今日書かれていて、地球上のすべての生きている人間の精神に刻まれています。私たちの世界経済は、ヨーロッパの国とアジアの国が主導する新しい道を歩んでいます。

このようなグローバルな意識の変化には、世界全体を変革する能力があります。XLMとXRPは、ほこりが落ちたときに世界をまとめるのに重要な役割を果たします。

なぜリップルはとても価値があるのですか?XRPは多くの要因からその価値を取得します。これが主なものです。Rippleには、あらゆる機関と連携する能力があり、世界中のあらゆる通貨や資産と迅速かつ費用効果の高い方法で交換する能力があります。

新しい世界の準備通貨が進行中であり、誰でも自分のコンピューターにログオンして、ボタンを押すだけでこの新しい形式の通貨を取引することができます。 

人類の運命は今や人々に戻ってきており、私たちは一丸となって世界を一から変えることに参加できるようになります。

今日始まったばかりのことを止めることはできません。Goldilocks

*解説:デジタル通貨への変更はロシアと中国が先行しているとのこと。

日本もこれから、一気にデジタル通貨へ移行する流れが起きるのでしょう。

関心をもってデジタル通貨の情報を取り入れていくべきですね。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・JFKジュニア氏は既に米国副大統領!GESARAの最新の進展!

3月21日以降大きな動きが加速しているようです。

JFKジュニア氏は2019年7月4日より副大統領に就任していたという。

その背景や動きは謎のままですが、2020年1月21日スイスにトランプ大統領と共に行っていた。ということが驚きです。

これまでのQ作戦の真実であることを感じさせることです。

そして、ロシアを皮切りに中国、アメリカとGESARA実行の動きが現れています。もちろん日本も準備が進められていることでしょう。

2020年の安倍総理の退陣から、日本もトランプ大統領とジョージ(JFKジュに)氏によりコントロールされています。

これから起きる変化は驚きの連続かと思いますが、受け止めて、歴史の事実を自分自身の思考で転換させていくことが求められるでしょう。

人間は肉体の存在ではない。

意識という普遍的なエネルギー体である。

惑星地球は異色の生命体が交流し、相互的な成長をする過程を体験し、学ぶ場所だということに気付いていくこと。

気付いた人から、行動していくことになります。

アセンションという次元上昇に相応する内的な変化を楽しみませんか?

大切な人とともに・・・(^^)/~~~

ご視聴ありがとうございました。m(__)m

タイトルとURLをコピーしました