トヨタのサイバー攻撃は世界的に広がる!サイバーパンデミック作戦とは?

パンデミック

2022年2月28日19時過ぎ、トヨタ自動車の取引先がサイバー攻撃を受けたとして3月1日全工場を停止するニュースが流れた。

世界はウクライナ戦争勃発で混乱しているさなかの出来事である。

2月28日、今後の世界的なサイバー攻撃に言及した記事も掲載された。

サイバーパンデミックの目的とタイムラインは?

ウクライナ戦争の停戦協議の行方は?

について、新たな情報を紹介します。

(ジュディノート2月28日版より)

ジュディノート 序文

世紀の嵐が始まった

カバールのSWIFT金融システムは木曜日に終了します。3月3日

偽旗作戦とグローバル通貨リセットの着信

 

 

スポンサーリンク

サイバーパンデミックの目的とタイムラインは?

2月28日のジュデイノートの投稿にて、サイバーパンデミック(パンデミック=世界的流行)についての記事がありましたので紹介しておきます。

(ジュディノート2月28日版より抜粋)

伝えられるところによると、世界的なサイバーパンデミアは、ウクライナでの出来事を背景に間もなく始まるでしょう。

(筆者注釈:この記事の投稿後数時間後に、トヨタサイバー攻撃による工場停止が発表されたのである)

一部のインサイダーは、基本的な必需品、水、ろうそく、マッチ、その他すべてを買いだめするようにアドバイスしています。

信じられないかもしれませんが、友達自身で決めてください。

個人的には、そのようなシナリオを排除するものではなく、私たちの現実に驚くことはすでに不可能です。

シュワブとゲイツが公然と警告し、サイバー戦争の模倣を行っているサイバー戦争やサイバーパンデミックの危険性は何ですか?

(筆者注釈:ビル・ゲイツとクラウス・シュワブは、世界中で罪のない何百万人もの犠牲者に限りない苦痛と死を与えている世界的大流行の犯罪共謀者として、ポーランド議会の公聴会で告発し名指しで非難しました。)

 

Covid-19パンデミック演習と同じ形式ですか?(「イベント201」と呼ばれるこれらの演習の後、パンデミックが始まりました)。

サイバーパンデミアはデジタルテクノロジーを破壊し、世界経済全体を崩壊させる可能性があります。

いわゆる「技術進歩」の美しい光を消すことができるので、たとえばインターネットや電気が何であるかを人々は忘れる必要があります。

情報は再び紙に書き留める必要があります。

 

これは、新世界秩序を確立する次の段階に進む絶好の機会だと思いますか?理想。

コロナウイルスに続く危険は、世界の大国を含む多くの国にとって、さらに深刻な経済的および地政学的なショックを脅かしています。

サイバーパンデミアは、個々のハッカーのインターネット詐欺だけではありません。

これは、いわゆるビッグリセット後に人類をさらに完全に制御することを熱望しているグローバリストの決定によって、文字通り地球の表面からデジタル技術を一掃することができる世界的な脅威です。

*解説:この投稿では、サイバーパンデミックはCovid19の後に計画されているように記述されています。

そして、その目的は、グローバーリストによる人類を完全制御であり、グローバリストの意志によりデジタル技術を一掃することができる脅威だというのである。

ウクライナ戦争のタイミングでサイバー攻撃が仕掛けられていくようである。

 

スポンサーリンク

米・バイデン大統領は新世界秩序の為の戦争を認めた!サイバー攻撃はその手段!

タイラー・ダーデン著の記事に、バイデン政権のサイバー攻撃が新世界秩序の実現のための手段であることを認めた。という投稿がありましたので紹介します。

米国政府はこれが新世界秩序を誰が支配するかを決定する戦争であることを認めた

 

ジョー・バイデン大統領は、ウクライナでの軍事作戦を維持するロシアの能力を混乱させるように設計された大規模なサイバー攻撃を実行するための米国のオプションのメニューを提示されました  、審議に精通している4人はNBCニュースに話します。

2人の米国諜報員、1人は西側諜報員、もう1人はこの問題について説明を受けたが、最終的な決定はなされていないと述べているが、米国諜報機関と軍のサイバー戦士は、これまで考えられなかった規模でアメリカのサイバー兵器の使用を提案している。

選択肢の中には、ロシア全土のインターネット接続を妨害すること、電力を遮断すること、そしてロシアの軍隊に補給する能力を妨げるために鉄道のスイッチを改ざんすることなどがあります。

それは戦争行為であり、ロシア人は必然的に本当に激しく反撃するでしょう。

そして言うまでもなく、私たちはサイバー攻撃に対して非常に脆弱です。

私たちがロシア人と行き来し始めると、最終的には核戦争の瀬戸際に追いやられるでしょう。

実際、ウラジーミル・プチンはすでに 核兵器を使用する可能性を高めています…

プーチン大統領は、モスクワ時間の午前5時45分にテレビで生放送し、次 のように述べています。歴史の中で。」

「関連するすべての決定が行われました。聞いていただければ幸いです。」

それを最初に見たとき、私は自分が読んでいるものをほとんど信じることができませんでした。

しかし、それは白黒でそこにあります。

子供でも彼の言っていることが理解できるほど簡単ですが、 これが プーチンの発言について尋ねられたときのバイデンの反応です…

記者:「プーチン大統領は、西側諸国はあなたが歴史上直面したどの結果よりも大きな結果に直面するだろうと述べた。彼は核攻撃を脅かしていますか?」

BIDEN:「わかりません。」

私をからかってるの?

実際、バイデンの精神的能力が明らかにどこまで低下したかを考えると、おそらく彼がこの段階で完全に無知であることは驚くべきことではありません。

世界の他の地域は、バイデンと彼の手先がどれほど弱く、腐敗し、完全に無能であるかを見ることができます。したがって、彼らはもはや米国を恐れていません。

そして、ロシアのウクライナ侵攻が順調に進んだ今、多くの人が、 中国が台湾に侵攻するのは時間の問題かもしれないと予想しています…

ロシアの戦車がウクライナを転覆すると、ウラジーミルプチンの危機は世界中に響き渡り、おそらく台湾海峡で最も危険なものになるでしょう。

北京が台湾を力ずくで主張しようとする試みは、今や可能性が高くなっています。

それは必ずしもプーチンのウクライナ侵攻と北京の台湾の脅威との間に直接的な関連があるからではなく、ウクライナ戦争が世界の地政学の恐ろしい方向性を示す最も不幸な兆候であるためです。独裁者は反撃しています。

そして、中国が台湾を侵略した場合、北朝鮮はそれが韓国の侵略を開始する絶好の機会であると判断するかもしれません。

ドミノが落ち始めるのはとても簡単でしょう。

既存の「世界秩序」は継ぎ目で崩壊し始めており、大きな混乱の時代が私たちの目の前にあります。

*解説:サイバー攻撃はバイデン政権も対ロシア戦略として計画しているというのである。

そして、サイバーテロが実行されていくことで、世界の警戒地域である、中国と台湾、さらには北朝鮮と韓国というところでも危機に直面すると説いています。

いずれにせよ、サイバーテロにより紛争は激化する要素を含んでいることを示唆している。

 

*新世界秩序計画・ ニュー・ワールド・オーダー人口削減計画について詳しく知りたい方は↓の記事が最適です。

 

スポンサーリンク

ウクライナ戦争の停戦協議の行方は?

ジュデイノートでは、ウクライナ戦争の行方が中国と台湾の紛争に発展しないと説いています。

その根拠を紹介します。

 

(ジュディノート2月28日版より抜粋)

ウクライナ(腐敗した政府)

ウクライナ軍の人々によると、彼ら自身の人々を爆撃します。

主流メディアは物語を報道することを拒否します。

 

スワスティカとヒトラーの敬礼の下で戦うウクライナのナチス大隊。

プーチンがウクライナの「非ナチ化」のために軍事作戦を行っていると発表したのも不思議ではありません。

ロシアのラブロフ外相は、ウクライナで「ネオナチ」政権を捨てたいと述べた。

ロシアは「ネオナチ」政権を放棄したかったのでウクライナを侵略した、と外相セルゲイ・ラブロフは金曜日に言った、クレムリンはウクライナ軍が降伏した場合に交渉の準備ができていると付け加えた。

ロシア海軍のエンジニアが北クリミア運河のダムを爆破し、ドニエプル川がクリミアに流れるのを防いだ。

オーストリア、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、イタリア、アイスランドは、ロシアの飛行機の領空への立ち入りを禁止しています。

北朝鮮は「弾道ミサイル」を発射します。

日本のデフによると、平壌は日曜日の朝に弾道ミサイルを発射したようだ。省。韓国はまた、正体不明の発射体の発射を確認し、今年の北朝鮮での8回目のテストをマークしました。

 

第三次世界大戦は起こっていません。

プーチンはウクライナを侵略していません。

プーチンは、ロシアの国境でキラー病を引き起こそうとしている、精密なストライキを備えたディープステートブラックオプバイオラボを利用しています。

 

ウクライナはマネーロンダリングの拠点であり、バイデンの犯罪家族は情報が公開されることになります。 

その悪い光学系とメディアはトランプとプーチンを戦わせようとする以外に何も愛していないので、これはトランプの下では起こり得ませんでした。

Zelensky(選出されたウクライナのトランプもこれに参加していますが、光学ダンスを行います。

プーチンはまもなく和平協定を結ぶでしょう。

私たちの惑星で何が起こっているかに注意を払っている私たちの人々は、プーチンがグローバリストの敵であり、ウクライナにおけるディープステートの存在をよく知っていることを知っています。

 

これはすべて、ネオナチが約8〜9年前の乙女広場の虐殺の後、より多くの支配権を握ったときに遡ります

そこでは、ディープステートが屋根の狙撃兵を使用して大混乱を引き起こしました。

トランプが私たちに言ったように、中国は次に台湾でキックオフするでしょう。

トランプ、プーチン、Xiは密かに協力して、ディープステートのカバールを排除しています。

 

MSMはこれをすべて誇大宣伝し、三次世界大戦が差し迫っていると人々に信じ込ませます。これは完全なフェイクニュースです。

最終的な結果は、Fauciのリークされた電子メールを介した米国と中国への攻撃としての「ウイルス」におけるCIAの役割を明らかにすることです。

これにより、CIAによるCCP、Big Pharma(大手製薬会社)および規範への資金提供が明らかになります。そうです、カバールのようなものがあります。

Xiはトランプのようなものであり、CCPの味方ではありません。

(筆者注釈:Xi=習近平主席?)

トランプが訪れたとき、Xiは紫禁城にトランプを連れてこないように言われましたが、Xiはとにかくそれをしました。

中国の人々はまもなく自由になるでしょう。 

*解説:こちらの記述では、プーチンは停戦に合意する。

驚きは、ウクライナのゼレンスキー大統領は、選出されたウクライナのトランプ(つまりメディアや各国のデープステート炙り出す作戦を仕掛けている)というのである。

さらに、中国のXi氏(習近平主席)もトランプと協力してCCP(中国共産党)の味方ではないと明言しています。

ということは、中国の台湾進攻は行われるが、目的は、破壊的な攻撃はなく、ディープステートを炙り出そうとしているようである

その後に戒厳令を敷いて、10日間の緊急放送で大量逮捕するという作戦のようです。ヽ(^。^)ノ

 

(ホワイトハットの代表者たち・・・)

金正恩政権・崩壊へのカウントダウン(2)――米中露のパワーゲームと ...

トランプ前大統領・習近平主席・プーチン大統領

 

スポンサーリンク

まとめ・・・トヨタのサイバー攻撃は世界的に広がる!サイバーパンデミック作戦とは?

ウクライナ戦争の混乱の中で、サイバー攻撃はバイデン政権とディープステート(グローバリスト)の計画であることがわかりました。

そして、サイバー攻撃は世界的に広がり、中国の台湾進攻や朝鮮半島の危機に発展していくようです。

それは、イルミナティ(ディープステート)の末端組織にいる人物の選別が目的のようです。

トランプ氏、プーチン大統領、習近平主席、さらにはウクライナのゼレンスキー大統領もシナリオを演じているということです。

 

いよいよ、サイバー攻撃や緊張状態の国家間で偽旗戦争が開始されて、戒厳令を発動の環境を作り出し、戒厳令の発動、闇の3日間のあと、EBS(緊急放送)放映中に多くの人が逮捕されていくことのようです。

そこから、新しい価値観の社会がNESARA/GESARAという法律に基づいて発足し、各国が120日以内の総選挙を経て始まっていくというのです。

1000年以上に及ぶ支配の歴史から、希望的な未来へと移行していきます。!(^^)!

 

最後までご視聴ありがとうございました。

 

ネサラ・ゲサラについて詳しく知るべき時が来ました。興味ある方は↓の記事より確認しておいてください。

 

NESARA・GESARAの基礎編はこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました