【最新】GCR2月21日0時より導入情報!ウクライナ情勢の真実!

裏ニュース

2022年2月20日のジュディノートで、GCRグローバル通貨リセットは2月22日が完了。の噂通りに進むとの投稿がありました。

2月21日0:00に世界銀行契約が終了して、同時刻に新たな量子金融システムが稼働との情報です。

金に裏打ちされたお金が流通することになります。

これで、不正な取引でのお金が停止して犯罪の撲滅へ繋がることでしょう。

 

関連する情報を抜粋して紹介します。

 

2月18日

世界銀行の契約は太平洋標準時の月曜日の深夜に終了します。

2月21日、新しいクォンタムファイナンシャルシステムは、同じ午前0時のPST月曜日に導入されます。2月21日

 

スポンサーリンク

ジュディノートGCR実行の関連情報とは?

早速、ジュディノートの関連記事を紹介します。

(ジュディノート2月20日版より 抜粋)

2022年2月22日に・・・

その同じ火曜日に、グローバル通貨リセットがグローバル中央銀行システムを引き継ぎ、209カ国が互いに1:1で取引される金/資産担保通貨を保有することになります。

その同じ火曜日グローバル通貨リセットの要であるイラクは、ディナールの新しい国際レートを発表するでしょう。

イラク財務省は、「ディナールに対するドルの為替レートは固定されており、変更することはできません」と発表しましたhttps ://search4dinar.wordpress.com/2022/02/18/the-iraqi-ministry-of-finance -ドルの為替レートは、ディナールに対して固定されており、変更することはできません/

その同じ火曜日のTier4B(私たち、インターネットグループ)は、世界中に特別に設置された償還センターで償還/交換の予定を設定する方法の確認メールを受け取り、交換が開始されます。

その同じ火曜日またはおそらく水によって。2月23日一般市民は銀行と新しい国際レートで外貨を両替できるようになります。

*解説;GCRは確実に実行されるようですね。

2月21日には切り替えが完了して、2月23日より一般市民も外貨の両替が開始されるようです。

新情報が出ましたら紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ウクライナ情勢の真実とは?

ウクライナの緊張を高めているのは、バイデン政権とNATO軍の一部である。

イルミナティ|バイデン政権は戦争を望んでいるという記述がありましたので紹介します。

(ジュディノート2月2日版 抜粋)

バイデンディープステートは戦争を望んでいます:

  • ウクライナでのハンター/ジョー・バイデンの取引を隠蔽するため。
  • 戦争はロシアがウクライナを奪取することを保証し、現大統領のウォロディミル・ゼレンスキーは解任され、調査は中止されるだろう。戦争はパンデミックとワクチンの曝露を覆い隠すでしょう。
  • 戦争はメディア、グーグル、フェイスブック、ユーチューブ、ラジオ、ソーシャルメディア全体に広がり、パニックを引き起こします。
  • モッキンバードプロジェクト:MSMの飽和状態は、ファウチとオバマにつながるオバマのクリントンに対するダーラムの調査を隠そうとします。
  • 戦争は自由の護送船団の抑圧を覆い隠すでしょう。
  • 戦争は、世界中でマネーロンダリングされたお金を失ったディープステートを覆い隠すでしょう。
  • 戦争は非常に多くの腐敗したヨーロッパ諸国と大統領とエリートと銀行のカバーを作成するでしょう
  • 残念ながら、WARは新世界秩序を崩壊させます(国連NATO)。
  • 現在、32ネイションズアライアンスホワイトハットには、すべての主要国に軍の将軍がいて、中央銀行システムとディープステートカバルが所有する腐敗した政府に接続されている国連、NATO、および彼ら自身のディープステート軍隊を拒絶する準備をしています。
  • 計画されたすべてがうまくいけば、世界の核と軍事のスタンドオフの後に世界の封鎖が続くでしょう。
  • この時期には、戒厳令につながる大きな不安、混乱、暴動、抗議が起こるでしょう。
  • これは、あらゆる国のホワイトハット軍が政府内の彼ら自身のディープステート当局者を逮捕する場所でした
  • -メディア、エリート、ディープステートミリタリー、そしてパンデミック、ワクチンバイオウェポンで共謀したすべての人々、そしてカバルディープステートと協力して自国を裏切った人々 (Davos、Rockefellers、Rothschilds、Gates、World Banks、Vatican、CCPなど)
  • 今後数ヶ月で、世界最大の地震が発生すると予想されます。
  • ディープステートがエイリアンの侵略計画に固執し、ブルービームを投影して大地震を引き起こし、エイリアンに関連する大規模な新しい考古学的発見と古代の技術を発見するふりをしても驚かないでください。これはずっと彼らの計画でした。ペンタゴン、ディープステートMSM、世界政府、バチカンがエイリアンの議題を推進しているのはそのためです。
  • 今のところ、世界中で使用されているすべての気象兵器/構造兵器に注意を払ってください:火山の爆発、干ばつ、より多くの洪水、火事、サイクロン、津波など。

次に、今行われている米軍の派遣など緊張を高めるためのニュースが出ています。

しかし、安心してくだい。

バイデン大統領は緊張を誘発して、戦争を望む動きをするということです。

バイデン大統領は、ウクライナから莫大な資金提供を受けておりそれを隠蔽したいのです。

(下の記事はバイデン勢力側からの噂話です。ジュディノート2月20日版より)

戦争と戦争の噂:

  • Defcon-2がヨーロッパ向けに宣言されました!これは、5つのステップに分割された「防御準備状態」スケールの最後から2番目のエスカレーションレベルに到達したことを意味します。これは、これまでに宣言された最高の警報レベルに対応します。これは、1962年のキューバミサイル危機の際に米国によって一度だけ発表されたものです。https://www.defconlevel.com/current-alerts.php
  • ウクライナとロシアの緊張の中で、最初の米軍がルーマニアに到着。ロシアの兵士がウクライナの近くに集まるにつれて、NATOの同盟国を強化する米軍がルーマニアに到着し、東側の側面を強化します。https://www.aljazeera.com/news/2022/2/8/first-us-troops-arrive-in-romania-amid-ukraine-russia-tensions
  • ロシアは、ウクライナを攻撃する計画はないと発表したが、ワシントンが安全保障要件を遵守しない場合は軍事的に対応する可能性があり、すべての米軍を東ヨーロッパと中央ヨーロッパから撤退させたいと述べた。さらに、プーチンが弾道ミサイルと巡航ミサイルの発射を含むロシアの戦略演習を主導することが知られるようになりました。
  • バイデン氏によると、ウクライナでの「ロシアの侵略」の脅威は非常に高いという。

*解説:ウクライナはロシア側の政権が戦争へ発展することなく決まるという事を記述しています。

惑わされないようにしましょう。

そして、この報道をどのメディアがバイデン政権側であるのか?中立であるのか?

皆様の思考を試すようにニュースを見てみたらいかがでしょうか?

(いずれ解任されるゼレンスキー現大統領)

 

(ロシアの驚異を訴える英ジョンソン首相はバイデン政権側ですね)

(ロシア プーチン大統領とベラルーシのルカチェンコ大統領は平和主義者です)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・GCR2月21日0時より導入情報!ウクライナ情勢の真実!

GCR実行の最新ニュースをお届けしました。

2月21日深夜0時開始です。

そして、ウクライナ情勢の戦争驚異を誘発したい米国、英国などの情報に惑わされないようにしましょう。

私は他の記事でも、申し上げていますが、バイデン大統領は現在の米軍の軍事政権の操り人形です。

そして、プーチン大統領はアメリカ軍事政権と連携をとって作戦を遂行しています。

安心して見守りましょう。

最後までご視聴ありがとうございました。

 

 

ウクライナ情勢を知りたい方は、下の記事をご視聴をおすすめします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました