疾病対策予防センターCDCの発表!全米で毎週15千人が死亡する!

パンデミック

12月17日のマイク・アダムスの投稿によると、アメリカ疾病予防センターCDCは、これからクリスマスまでに毎週15,000人が命を落とすという記事を投稿した。

その記事では、その死亡者はワ○チンによる死亡をCovid19で死亡したと偽りの報告をするというものである。

その予測とは?何人が死亡すると言うのか?

死亡するメカニズムとは?

オミクロン株にワ○チンは有効化?

その概要を紹介します。

疾病対策予防センター(Centers for Disease Control and Prevention: CDC)

 

image

アメリカ疫病管理予防センターCDCは、クリスマスまでに毎週1万5000人のアメリカ人が死亡すると警告したが、実際にはワクチンによる死亡が加速している。独立した医師が私たちに話してくれたように。

引用先:アメリカ疫病管理予防センターCDCは、クリスマスまでに毎週1万5000人のアメリカ人が死亡すると警告したが、実際にはワクチンによる死亡が加速している。

スポンサーリンク

CDCの予測とは!全米で毎月6万人が死亡する

(2021年12月17日 マイク・アダムス 記事より抜粋)

 

(自然ニュース)大量ワクチンの死滅が加速していることを確認する驚くべき発展の中で、CDCは現在、クリスマスまでに毎週15,600人のアメリカ人が死亡し、2022年前半まで死亡が続いていることを公然と認めています。(出典: UKDailyMail(CDCを引用)

 

CDCは、これらは「コロナ」による死亡だと主張していますが、もちろん実際にはワクチンによる死亡です。
コロナワクチンは人々に毒性スパイクタンパク質やmRNA命令を注入してスパイクタンパク質ナノ粒子を製造する。
これらの粒子は病気であり、広範囲にわたる血管、神経学、生殖障害を引き起こす。 これらのワクチンの副作用は、ワクチンがパンデミックであるという単純な理由から、コロナの「症状」と同じです。
したがって、ワクチンを注射すると、人々は「投与」される。 一度死んだら、ワクチンの代わりにコロナで死んだという。

 

Natural Newsは、米国の病院に縛られているCDCの早期警報システムが、予防接種を受けた人々の間で大量死の波の先端を示す赤旗を大量に投じていることを知りました。
CDCはパニック状態でプロパガンダマシンを始動させ、CDCのニュースを扱ったUKデイリーメールを含む世界の管理メディアに取り上げられた発表を発表し、間もなく大量死の予測を「卑劣」と表現した。
デイリーメールDaily Mailから、アメリカでオミクロンの「最大の流行」の1つが「完全予防接種済み」の中で起こったという衝撃的な事実が分かる。

 

英国は木曜日、史上最大の78,610件を記録し、そのうち1万件がオミクロンであることが確認されるなど、オミクロンの「潮流」が米国沿岸に向かっているのではないかと懸念されている。

 

これまで米国で発生したオミクロン変種の最大の一つは、ニューヨーク·イタカのコーネル大学で発生したものと推定され、先週930件のほとんどが変種と推定される。

 

コーネル大学で確認されたオミクロンの症例は全て予防接種を受けた人の中にあり、中には数回接種ブースターも受けた人もいます。

 

私たちの知る限りでは、予防接種を受けていないアメリカ人がオミクロンで死亡した事例は一つもないことを理解してください。

 

むしろ、オミクロン変異体(そしてそれ以前のデルタ)は予防接種を受けているようだ。
予防接種を受けた人がワクチン注射とブースター注射を打って免疫システムを破壊したか

 

*解説:この記事では、アメリカで毎週15,000人がコロナではなくワクチンにより死亡すると説明しています。

しかし、死亡原因はコロナCovid19で死んだとカウントされる解説しています。

驚きは、予防接種を受けていない人は一人も死んでいない!ということです。

 

スポンサーリンク

死亡のメカニズムとは?ワクチンによる免疫力の低下である

死亡に至るメカニズムも解説されています。

(2021年12月17日 マイク・アダムス 記事より抜粋)

 

CDCによると、クリスマスまでにアメリカで毎週1万5600人が死亡するという。
1)免疫系が破壊され、非常に軽度の菌株であるオミクロンと衝突する。
2)季節性インフルエンザのような単純な感染症に対して身体が高炎症反応を起こすワクチンによる抗体依存性増強効果。

 

CDCは、冬の間、毎月6万人以上のアメリカ人が死亡すると予測しています。
つまり、春までに、これらのワクチンによって約20万人以上のアメリカ人が死亡すると予測できます。
これは日光不足と野外活動(封鎖と隔離によってさらに悪化した)により、冬に常に発生する全国的なビタミンD欠乏によりさらに悪化している。

 

すでに40万人近くのアメリカ人がワクチンで亡くなっており、4月までに60万人を超えるだろう。

 

パンデミックアナリストのスティーブ·カーシュ氏が正確に指摘したように、非常に控えめな見積もりを使っても、コロナワクチンはすでに少なくとも38万8000人のアメリカ人を殺しています。
冬の間に毎月6万人以上が死亡しており、2021年/2022年の冬の終わりまでに60万人以上のアメリカ人がコロナワクチンで死亡していると保守的に推定できます。

 

これは、米国の死傷者数に換算すると10回以上のベトナム戦争に相当します。
9月11日の悲劇は200件ほどです
 
それはワクチンをホロコーストの範疇に入れる

 

しかしバイデンは、たとえデータがワクチン接種を受けた人が死にかけていることを明確に示していても、ワクチン接種を受けた人は誰でもコロナから安全だと偽って主張し続けています。

 

実際、Kirshや他のアナリストは、これらの数字に非常に保守的です。
恐らく今、アメリカではワクチンによる死者が100万人に近づいており、2022年春までに死者総数はほぼ100万人を超えるでしょう。 ジャブはワクチンではなく過疎兵器です。

 

世界的にワクチンの総死亡者は2022年半ばまでに1000万人を超え、第2次世界大戦中にナチス政権によって殺害されたユダヤ人の数は小さく見えるだろう。

 

しかし、私たちは皆、ワクチン接種が効かなくても、接種を続けるように言われています。 実際、彼らが働かないという事実は、なぜブースターショットを撮る必要があるのかという正当性です。

 

*解説:なんとワ○チンによる死亡者数は第二次世界大戦の死亡者数8000万人が小さく感じる1000万人を超えていくというのである。

アメリカでは、まもなく100万人を超えるという。

恐ろしい事が起きています。

気づいた人から、ワ○チンから身を守りましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

オミクロン株にワ○チンは有効なのか?

(2021年12月17日 マイク・アダムス 記事より抜粋)

 

爆弾の新しい研究によると、ワクチンはオミクロンに対して事実上役に立たない

 

同時に、ニューヨークポスト紙が取材したコロンビア大学の新しい研究によると、オミクロン株はほぼ完全にコロナワクチンに耐性がある。
これは事実上、コロナワクチンは全く役に立たず、全く保護されていないことを意味しています。
しかし、彼らはワクチンを接種した人々の免疫システムを破壊し、起こり得る他の全ての感染(一般的なインフルエンザを含む)に対して脆弱になっている。

 

NYポストから:

 

コロンビア大学の最近の研究によると、オミクロンはワクチンに対して「顕著な耐性」を持っており、ブースターはそれほど役に立たないかもしれないという。
オミクロンの拡散と新型コロナウイルス感染症の全国的な増加に伴い、国にとって悪いニュースとなる。

 

科学者たちは水曜日に発表された研究で、この変種の「広範囲な」突然変異がワクチンを「非常に危険にさらす」可能性があり、さらには中和する可能性もあると懸念を表明しています。

 

研究論文の著者らは「この(COVID-19)が現在の抗体に対する汎抵抗性と一つや二つの変異に過ぎないと考えるのも無理はない」とし、現在のコロナワクチンの抗体がすべて自然ウイルス適応によって予告なしに旧式になる可能性があると警告した。

 

言い換えれば、コロナワクチンを接種した人は皆、何の利益も得られなかったが、その過程で大きなリスクを冒し、免疫システムを破壊したのだ。
さらに、免疫系の抗がん成分(細胞核の染色体修復メカニズムを含む)の抑制により、がんは通常の10倍の割合で成長する。

 

結論から言うと、いわゆる「ワクチン」は本当に過疎死ワクチンです。
そして、私や独立した医師や科学者が長い間警告してきたように、過疎化が加速しています。

 

*解説:CDCの発表は衝撃的なものです。
ワクチンはオミクロンの抗体にならないだけでなく、ワクチンは発癌の危険性を10倍高めるというのである。
この内容をCDCが説いているということを知るべきですね。
スポンサーリンク

まとめ・・・ 疾病対策予防センターCDCの発表!全米で毎週15千人が死亡する!

いかがでしょうか?

この内容を公表しているところが、CDC疾病対策予防センターであることです。

これは、一つの真実の公表です。

こらは、ただ事では無いかも知れない。と思われる方は情報を拡散してみてください。

今からでも遅くありません。

神様から授かった身体を守るべき時です。

第3次世界大戦のウイルス戦争は始まっています。

Covid19は危険。

ワクチンを打てば安心!

という集団妄想はイルミナティ(DS)の作戦なのです。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

関連記事は👇をタップしてご視聴してみてください。

ジェイコブ・ロスチャイルドが語る・真実はもう重要ではない

ニュー・ワールド・オーダー人口削減計画とは?致死率30%の恐怖!

 

タイトルとURLをコピーしました