米大統領選!14日の選挙人投票後 『異変』が相次ぐ!その背景は?

国際

12月14日アメリカ大統領選では、各州の選抜された選挙人が投票をした。

大手メディアは、バイデン候補がイ選挙人538人中デン氏が306票、トランプ氏が232票の獲得により、大統領当選を確実なものにしたと報じている。

この結果を受けてバイデン氏は地元デラウェア州で演説。「人々の意志が勝利した」と宣言した。

その投票後に各地で異変が起きている。その異変とは?その異変の背後にある意図は何か?

14日から16日までの起きた異変について速報などをまとめました。

スポンサーリンク

選挙人投票後の異変の数々!

激戦州で共和党の選挙人が投票

トランプ氏顧問弁護士のジュリアーニ氏は、

「歴史的で比類のない-PAペンシルバニア、GAジョージア、MIミシガン、WIウイスコンシン、AZアリゾナ、NVネバダ、およびNMニューメキシコの84票はすべて、共和党の選挙人に投票してもらいました@realDonaldTrump。それは保存します。

彼自身の選挙人との詐欺を是正する権利」である。と発言しました。

 

ホワイトハウスの上級顧問スティーブンミラー氏は、

選挙の不正が確定すると「代替選挙人」が正規の選挙人にとって代わるとの見解です。

有効票538票のうち、84票について、共和党は選挙に違法性があったとして代理選挙人として投票をしたということです。

開票日の2021年1月6日までに、選挙の違法性が証明されると代替選挙人投票が有効になるということです。

ハンターバイデン氏の税務スキャンダルニュースが流れる

バイデン氏の息子である、ハンターバイ氏のスキャンダルをCNN初め、米国メディアが報道し始めてきた。米メディアによると、検察当局はハンター氏と中国などの外国政府とのビジネス上の取引における税務問題について捜査しているという。トランプ氏は選挙期間中、「ハンター氏が外国政府から利益を受けている」などと繰り返し非難してきた。

なぜ、これまで、ハンター氏のスキャンダルを放送しなかった米メディアが最近、報道し始めたのか?

まだ、推測の話ですが・・・スキャンダルの多いハンター氏を理由に、バイデン大統領候補から副大統領候補である、カマラ・ハリス氏へ民主党が政権リレーを画策する意図があるのではないか?と言いう声も聞かれ始めています。

ジョージア州で15日・大量の不正票が公表される・ミシガン州で14日ドミニオン投票機が68%にエラーを検証する

選挙人投票が終わってから、

・15日ジョージア州で大量の不正票が見つかるという投稿が出た。

 

・14日ミシガン州でもドミニオン投票機を司法チームが検証して、68%がエラーとなる事実を検証したと発表される。

 

これは、選挙人投票が終わった為、不正を知る人たちが情報をリークしてきたものではないでしょうか?

これからも、新たな事実が出る可能性がありますね。

スポンサーリンク

選挙人投票後のバイデン氏の人気は?

なんと・・・選挙人投票306人を獲得確実と言われたバイデン氏の演説ライブ配信の視聴者が7000人弱という記事が出ています。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・14日の選挙人投票以降異変が相次ぐ!その背景は?

日々、目まぐるしく変化する米大統領選の動きです。

新たに、14日の選挙人投票日より異変が続出しています。

その動きを、まとめてみました。

世界は情報テクノロジーにより繋がっています。もし、トランプ陣営の主張する選挙に問題があったとしたら・・・。

日本のマスコミが伝えないニュースが正かったとしたら・・・。あなた自身の目で確かめてみませんか?

アメリカでは、今回の大統領選は1776年の独立戦争に匹敵する戦いと主張する人が多くいます。

人と意見が対立する時に、不正・暴力で解決する社会と互いの意見を主張し、多数決で決める民主主義とどちらを希望しますか?

私は迷わずに、民主主義です。多数決後は勝者・敗者がともに相手を理解して協力する社会を応援します。

しかし、勝者が独占して敗者を認めない共産主義的な社会に浸かってしまう人がいるという現実があります。

これからも、大統領選の速報をわかりやすくまとめていきますのでよろしくお願いします。( ^ω^ )




タイトルとURLをコピーしました