GCRは開始された!闇の10日間は今を指す・トランプの戦略とは?

トランプ大統領

11月12日のジュディノートによりGCR・RVが開始されたこと、EBSが間もなく10カ国語で放送されるとの投稿がありました。

そして驚きは、10日間の闇は始まっていると!

Qチームの2020年大統領選挙は、意図的な敗戦でありその背景が暴露された!

その背景とは?

今回は11月12日のジュディノートを解説します。

ライト
 
残り時間:11:11:21…Q
 
「私の気持ちはロンドン時間の午後11時から12時です。 これはロンドンとプール11ポストに建てられています。 全てはロンドンから始まります。 ロンドン橋」…むち打ち347(Whipplash347)
 
トランプの行政命令#13848(選挙への外国からの干渉の場合に制裁を課す)は本日11月11日木曜日に終了します。 わが軍が銀行の貪欲で亡くなった軍人の家族に復讐する日は何という日だろう。

 

スポンサーリンク

11月11日 EBSの準備は整った!

ジュデイノートによると、11月11日がトランプの行政命令#13848(選挙への外国からの干渉の場合に制裁を課す)の期限だあるという。
そして、EBS世界緊急放送の準備が整ったと宣言しています。
その内容を紹介します。
(ジュディノート11月12日版 抜粋)
ジュディノート: 軍隊だけが唯一の方法だった。 10カ国がマスメディアを世界的に引き継いだ後、緊急放送システムを支配することになる。
放送は多くの言語で行われるだろう。 準備は万端整っていた。

 

むち打ち347:電話が切れる前に、大統領からのメッセージ7通信が届きます。 QはSignal Appをダウンロードするように言った。 以前はCIAによって使用され、高度に暗号化された軍用アプリでした。 TURKSATロケットがヨーロッパ、アフリカ、中東、アジア向けのテレビ/ラジオの軍事衛星であるように、軍事衛星が打ち上げられた。

 

EBSはプロジェクトオーディンを通じてマスメディアを引き継いでいました。
なぜならMSMはあなたの敵であり全てについて嘘をついてきたから 、彼らはみんなを敵に回します。
彼らはMOSSAD/CIAによって管理されていた。 それはまるでタコの腕のようだった。 彼らは皆同じ頭を抱えている。
これは共和党対民主党、自由党対労働党、フォックス対CNNではなかった。 善対悪でした。 彼らは私たちにわざとこれをした。 私たちは皆ペーパークリップ作戦の副産物であるモッキングバード作戦の下で暮らしてきました。

 

イーロン(Elon)は今月末までに新しい量子インターネット(Quantum Internet)を導入すると述べた。
規制も今月末までだという。 三峡ダムとビッグファーマ・ラボはブラックスワンイベントを開始し、他のイベントをトリガーします。RV、富の移転、自由、6000の治療法などです。

 

このイベントは世界を永遠に変える。 これでスターリンクが表示されました。 あなたは長江と洪水に沿って地震を見たことがある。 あなたは世界中でBTC採掘の押収を見たことがある。 何も止められない。
*解説:11月11日、軍隊の力によりここまでたどり着いた。
そして、EBSは10カ国の言語で放送されるという。この後に中国三峡ダムの崩壊と共に始まるという意味でしょうか?
ここまで来たら、待つしかありませんね。
スポンサーリンク

GCR グローバル通貨リセット

GCRについても、11月10日午後9時30分にGCRの整理が完了したとの投稿になっています。
詳しく紹介します。
(ジュディノート11月12日版 抜粋)
グローバル通貨のリセット:
ブルース木曜日の夜11月11日:11月10日水曜日午後9時30分現在、GCRの整理が完了しました。 11月11日木曜日にジンバブエの債券を含む2000人の債券保有者が支払われた。
債券保有者からの支払いは月末まで続くだろう。
償還センターは11月12日金曜日に1日12時間を過ごす準備ができていた。
債券保有者は11月11日金曜日までに資金にアクセスできるだろう。
私たちは週末までに行く可能性があった。 債券保有者が11月12日金曜日から11月14日日曜日までの間に予約をするよう通知を受けることができます。
B.2021年11月11日(木)ビッグコール、ブルース: Thebigcall.net712-770-4016ピン123456#
量子金融システムは、ホワイトハット、グレイハット、ブラックハットのいずれであるかを判断できます。 ホワイトハットだけが金融システムに関与するだろう。
米東部標準時10日午後9時30分、GCRの整理が完了した
本日、11月11日木曜日に2000人の債券保有者が支払われました。 それはジンバブエ債券を含む。 債券保有者からの支払いは月末まで続くだろう。
債券保有者は11月11日金曜日までに基金にアクセスできるだろう.
債券は香港やシンガポール、チューリッヒ、マイアミ、リノから支払われていた。
Tier1、Tier2、およびTier3の銀行はすべて、新しい米国財務省債券を受け取りました。
信用組合は11月11日木曜日午後7時までに新しい米国財務省証券を受け取った。
*解説:11月10日にGCRは完了したとのことです。
Tier1から段階的にTier3までの米国財務省債券を受け取った。
いよいよ、世界も金に裏打ちされた通貨への切り替えとBIベーシックインカムの開始に期待したいですね。
スポンサーリンク

人身売買の被害者の暴露の情報・・・バイデン&オバマに強姦された!

国際児童性売買組織の項では、当時13歳のころに、バイデン、オバマなどの著名人に強姦されたという内容が暴露されています。
(ジュデイノート 11月12日版 抜粋)
国際児童性売買組織
被害者:「バイデン&オバマは私を強姦した」:強力なエリート、セレブ、悪魔の性的虐待リング:https://www.redvoicemedia.com/2021/11/victim-biden-obama-raped-me-powerful-elites-celebs-demonic-sex-abuse-ring/
アリーカーターは、彼女の生物学的母親は定期的に権威者と一緒に寝て、すぐに自分の子供を始めたと言います。
13歳のとき、彼女は地元の警察署長、ハリウッドのパワープレーヤー、ジョントラボルタ、ビヨンセなどの有名人、バラクオバマ、ジョーバイデンなどの政治家に人身売買されていました。
彼女は選挙前に前進したが、無視された。シチューとのこのインタビューで、彼女は悪魔の物語全体を語っています。
*解説:少しづつ隠されてきた人身売買の実態が証言され始めました。
帰らぬ犠牲となった子供たちも多いことでしょう。
残念な歴史が現実に起きていたことを受け止めなければならないようです。
スポンサーリンク

2020年米・大統領選挙からの作戦の背景

2020年Qチームの作戦の背景が掲載されていましたので紹介します。
 (ジュデイノート 11月12日版 抜粋)
背景:
「どうやって始まったの? 軍事情報機関は16年前に米国を滅ぼそうとしたディープステートはアメリカを滅ぼそうとしていた。オバマ8年ヒラリー8年 ホワイトハットには、この作戦全体にわたって大統領の役割に忠実な人が必要でした。
軍は特定の入学を承認した後、トランプをRNC(共和党)に紹介した。 ちょっと考えてみてください軍隊はトランプを選びました。
2016年の選挙はヒラリーに有利に操作された。 メディアは複雑です。 投票機の詐欺的なアルゴリズムは、彼女に憧れの勝利をもたらすほど成功しなかった。
その瞬間から、彼らにとってすべてが崩れた。 トランプは2020年の選挙も不正に行うことを知っていた。 彼が故意に負けたと本当に思う人はいますか。
彼は2016年に何とか彼らを追い抜き、2020年に再びそれをやった。彼は彼らに勝利を与えた。そして、これが主な動きの一つだった。
ホワイトハットは2016年に公正な投票を行うために選挙を支配した。 だからヒラリーが負けた時、彼らはショックを受けたのだ。 それで彼らが彼らの足跡を隠さなかった。彼らは彼女が負けるとは思ってもみなかった。
オバマは2016年の選挙中、FISAの裁判所を使ってトランプ選挙運動をひそかにスパイした。 それは史上最悪の決定だった。 彼は今後4年間トランプの行動指針を与えることで文字通り全てのことに門戸を開いた.
FISAは始まりです。 米軍は何でも持っている。 だから「何も起こらなかった」ように思えるのです。実際、多くのことが起こりましたが。 すべてが闇の中にあり、見えないスペクトルの中にあった。
これらの人々は全ての犯罪を免れるようだが、そうではない。
トランプと軍隊は暗闇の中でこの犯罪者の網を取り除いている。 最高レベルの腐敗は抑制されている。
私たちは彼らが法廷で法律の全範囲を有罪とするために犯罪を完遂することを許さなければならなかった.
選挙はわなだった。 トランプは戦わずに走った。
選択的監視(監視)システムは、米国サイバー司令部、宇宙軍、サイバーグループのシャドウウォリアーズによって設置されます。 もうすぐ実数が分かります。
この作戦のすべての部分は戦略的に計画されている。 全てがきれいになるわけではないが、それから逃れることはできない。
だからこそ、議会は就任前からトランプを排除するためにできる限りのことをしたが、成功しなかったのだ。 偶然ではない。 彼は触れない。 世間の目から消えたように見えるかもしれないが、実際はこのようなことが起こるべきだった。
トランプは姿を消し、バイデンが国を完全に支配したと国民は考えているので、軍隊は権力掌握を発表でき、すぐにそれが起こるだろう。
10日間の闇の物語はフィクションではなく、見た目よりもずっと現実的です。
マスコミは依然として闇の中にいた。 彼らは軍隊が次の一歩を踏み出すのを防ごうとしているだけだ。 すべてのテレビは偽物であり、法的効力はない。
この間、敵は暗闇に放置され、露骨な嘘と絶望が全て説明されている。
彼らはパニックに陥り、肉眼で見ることができる。 一部では、ホワイトハットの情報詰め込み計画のおかげで、敵を混乱させることができた。
敵はトランプ政権を弱体化させようとしているが、成功しているのだろうか。 あなたは自分で全てを見る。
ウィリアム·バー(トランプを裏切ったとされる元米司法長官)が裏で活動している愛国者であることを忘れてはならない。
反対を主張する人は皆嘘をついている。 ダラムは暗闇で働くもう一人の愛国者です。 彼は何百人もの愛国者と共にアメリカの腐敗した犯罪組織などを破壊するために陰で働いています 。
簡単に言えば、悪いものより良いものが多い。 影の戦争が真っ最中だ。
暗闇から光へ。 私たちは、どんなに可哀想に思えても、タイムラインで起こっていることを修正し、人類を救うために多くの仕事をしています。
*解説:この背景の記述を読むと、トランプが選挙に計画的に負けて姿を消したのである。
そして、戒厳令を発動して軍事政権下の中で偽バイデンやカマラハリスに政権を演じさせたのである。
バー司法長官は愛国者として戦っているというのである。(@_@)
軍事政権下では、軍事裁判で評決が決まるため、速やかに裁判を勧められるのである。
10日間の闇とは比喩であり、マスメディアやメディアを中心に見ている人にとって、カバルにとっては、今が闇ということを語っているのではないでしょうか?
今、EBSが遅れているというのは、カバル・イルミナティに賛同する、下部組織が残っているということなのでしょう。
その下部組織の逮捕に区切りがついた時が、EBSのタイミングなのでしょう。
皆さんはどのように考えられますでしょうか?
いづれにせよ、正しい情報を判断する洞察力を高めていきませんか?
知らないことを知る!
そこから始めませんか?
スポンサーリンク

まとめ・・・GCR・RVは開始された!EBSは10カ国語で間もなく放送開始か?

いったい、いつにトランプ大統領が復職するのか?

EBS世界緊急放送はいつ?またデマ?

GESARA発動は?と言った感じを抱いている方も多いことでしょう。

今回のQチームの作戦は、人類が数万年にも及び高次元のネガティブな生命体により、支配されてきた歴史が終焉する。という大イベントなのです。

今回のジュディノートの投稿を解読すると、トランプ大統領は意図的に選挙に負けて軍事政権を敷いた。

そこで、軍事裁判により反逆者たちを上層部から順番に裁判にかけている。

あの、バー司法長官が裏で正義のために戦っいているのです。

驚きの作戦ではないでしょうか?

Qチームは戦争や内乱が起きないように導いているようです。

ロシアのプーチン大統領・中国の習近平主席なども同じように自国を中心にカバル勢力の残党を排除しているのです。

したがって、世界的な戒厳令が起きるような事態になるか、各地の水面下の反逆者の排除が進むまで、表向きの一斉のEBS世界緊急放送には、時間を要するのではないでしょうか?

長くても、数か月の間には始まるのではないでしょうか?

心と知識の準備を始めておきませんか?

これまで、正しかったとされることがひっくり返ることがたくさんあるでしょう。

大丈夫です。

大切なのは、「人からされていやなことは他人にしない、人からされて嬉しかったことは他人にする」

これだけで良いのではないでしょうか?

お金や利権、権力を気にしない人生が始まるのですから・・・(‘◇’)ゞ

 

最後までご視聴ありがとうございました。

 

関連記事は👇のネサラゲサラをタップして、新時代に備えてください。!(^^)!

ネサラゲサラ

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました