【速報】米・第5連邦裁判所がバイデン・ワクチンを緊急停止命令!

パンデミック

11月6日・米国の第5巡回連邦控訴裁判所(ルイジアナ州ニューオーリンズ)は、11月6日にバイデン大統領の行き過ぎた、違憲ワクチン命令を緊急停止した。とエポックタイムズが報じた。

ついに、米国のワクチンの強制義務化問題がストップの動きへと変化しました。

速報で内容を紹介します。

第5巡回区連邦控訴裁判所

第5巡回区連邦控訴裁判所の印章.svg

第5巡回区控訴裁判所map.svg

第5巡回控訴裁判所の管轄

image

 

スポンサーリンク

第5巡回控訴裁判所、バイデンの違憲ワクチン命令を緊急停止の概要とは?

(2021年11月6日 マイク・アダムス氏の投稿より抜粋)
(自然ニュース)憲法違反のワクチン命令でバイデン政権を行政上の行き過ぎで訴えている19州に関する緊急訴訟を審理した後、第5巡回控訴裁判所は緊急停止を発令しました。
「請願書は、委任状に重大な法的および憲法上の問題があると信じる理由があるため、委任状は、この裁判所によるさらなる行動があるまで、ここで見ることができる」と裁判所は述べた。
労働安全衛生局(OSHA)が緊急臨時基準(ETS)として公布した委任状は、労働安全衛生法上のOSHAの権限を超えているため、破棄すべきだと請願者は述べた」とエポック·タイムズ紙は報じている。
テキサス州知事のグレッグ·アボット氏はツイッターで「まもなく緊急聴聞会が開かれるだろう」とし、この決定を祝った。 エポック·タイムズ紙(Epoch Times)では次のように追加されています。
「裁判所の行動は、バイデン氏の違法な行き過ぎを阻止するだけでなく、私たちが求めた賢明な見直しを命じるものです。
大統領は、憲法によって与えられた牽制と均衡なしに、米国民に医療手続きを課すことはないだろう」と、共和党員で請願者の一人であるルイジアナ州司法長官ジェフ·ランドリー氏は付け加えた。
*解説:アメリカのバイデン政権は、来年1月から従業員が100人以上の企業を対象に、ワクチン接種か少なくとも週に1回の検査を従業員に行うよう義務化していました。
ついに裁判所が緊急停止する命令を下したのは大きな変化でしょう。
これを機に、世界各国で流れが変わるのではないでしょうか?
期待したいですね。
11月5日にファイザー社のCEOがFBIにより、ワクチンのデーターの改ざんなどの社内密告により逮捕されたところでした。
詳しくは以下の記事参照。

ファイザーCEOアルバート・ブーラ氏

スポンサーリンク

11月7日 NHK NESW WEBも ワクチン義務化の停止を報道

11月7日AMに日本でもNHKが米国のワクチン義務化の停止命令を報道しました。

ワクチン義務化停止の流れが日本にも影響してくることでしょう。

(NHK NEWS WEBの記事を一部紹介します) 

米 南部の州 企業のワクチン接種義務化 一時的な差し止め命令

アメリカのバイデン政権が、企業に対し従業員の新型コロナウイルスワクチンの接種を義務化することについて、南部の州の裁判所は「憲法上、重大な問題がある」として一時的に差し止める命令を出しました。

アメリカのバイデン政権は、来年1月から従業員が100人以上の企業を対象に、ワクチン接種か少なくとも週に1回の検査を従業員に行うよう義務づけますが、これに対して野党・共和党の知事や司法長官がいる全米の半数を超える州が、憲法に違反するとして、差し止めなどを求める訴えを相次いで起こしています。

このうち、南部テキサス州やルイジアナ州などを管轄する裁判所は6日、義務化を一時的に差し止める命令を出しました。

理由について裁判所は「憲法上、重大な問題がある」などとしていて、バイデン政権に対して8日までに今回の命令に対する回答を求めています。

*解説:日本のメデイアもバイデン政権のワクチン義務化の停止命令を報じました。

これは、日本にも大きな変化が訪れています。

気になるTwitterの投稿がありました。

メデイアも偏向報道をしたことで、上層部などの逮捕が開始したとの投稿が出ています。

そのことが関係しているのかもしれません。

スポンサーリンク

日本で報道されない反ワクチンデモの最新情報

日本では報道されませんが、欧州、米国などの反ワクチンデモの参加規模は数十万人を超えています。

特にイギリスは百万人に達するいう情報もあります。

最新の情報を紹介ます。

(イタリア全土でも・・・)

(イギリス100万人規模のデモが5月29日・・・その後13日政府は規制を廃止)

 

(アメリカ ディズニーワールド従業員によるデモ)

*解説:世界では反ワクチンデモが相次いでおり、イギリスでは規制を廃止する事態となっています。

日本でも、一部デモはありますが海外と比べると大人しいですね。

 

世界が反ワクチン運動をする理由を紹介した記事がありますので紹介します。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・第5巡回連邦控訴裁判所が米国バイデンショットを緊急停止!

11月6日に米国裁判所で初のワクチン義務化を停止する命令の発令です。

ここから、流れが変わるような気がしますね。

もともと、Covid19は中国武漢で作られ、パンデミック(世界的流行)として世界で恐怖を煽るような偏向報道が演出されました。

そのことに関与した、ビル・ゲイツ、ファウチ博士、ニューヨーク州知事のクオモは逮捕・粛清されています。

そして、今月、大手製薬メーカーのファイザー社CEOも逮捕される事態になりました。

これは、ウイルス戦争とも言える第3次世界大戦だという声もあります。

自分の身体は自分で守るという、認識に立ち、正しい情報を識別していくしかありません。

親から授かった身体を大切にしていきたいと思います。

ご視聴ありがとうございました。

 

*さらに詳しくコロナウイルス(Covido19)に関する記事を視聴したい方は👇のパンデミックをタップして参考にしてみてください。

*パンデミック

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました