世界緊急放送9月11日開始か?偽大統領バイデン辞任後に始まる!

トランプ大統領

8月15日に米軍のアフガン撤退後に、タリバン政権が樹立され、バイデン大統領の撤退政策に非難が殺到しています。

8月20日と21日投稿のジュディノートで、これから起きうる通貨リセット(GCR)・大量逮捕・トランプ大統領の復帰について記されています。

最新の情報を紹介していきます。

 

image

 

スポンサーリンク

通貨リセットGCRの切り替え開始の情報

何人かの情報筋は、Tier4Bは8月23日に任命を通知されて、8月24日から午後から取引所は開始する予定とのことである。

(8月20日付け ジュディノート 抜粋)
彼らがティア4B(米国、インターネットグループ)の開始日を繰り上げた逮捕を増やしていると言いました。
彼の消息筋によると、Tier4Bは8月23日に任命を通知され、取引所は8月24日午後から始まる。
8月13日金曜日から、デジタルゴールドベースのUSNとスターリンク量子衛星通信システムが全世界で完全に活性化された。
先週、Dubi1の流動性を契約的に統制した債券が支払われた。 複数の債券保有者が使用可能な資金で流動化した。
8月15日日曜日、国防総省のホワイトハットは、グローバル通貨リセットを活性化し、207カ国を1対1で金資産対応通貨に切り替えた。 イラクのデジタル金支援ディナール通貨が復活した。
8月19日、フレミング軍事情報連絡報告書: イラク主権国家は今や一つの通貨を持つ定住国家だった。 クウェートは債務と協定を世界裁判所と解決した。
国際通貨基金(IMF)と協力し、クウェート·ディナール国際金利は3.85ドルで、ロケット船のようにまっすぐに発射され、まもなく全世界に発表される。
イラクのディナール国際RVレートは19.80ドルでした。
ここアメリカでは(フランスのマクロンがそうしたように)偽のバイデン政権が辞任するのを待っているのでしょうか?
(8月21日付け ジュディノート 抜粋)
8月18日水曜日は、イラクのIQD交換が(一種の)実行可能になったTier4Bの最後の瞬間だった。
IMFの議定書によると、米国は最初の通知から72時間以内にこの国の通貨変動を認めることができたため、「一種の」が最善の説明だった。
8月18日水曜日、イラクの国内金利3.85ドルで、クウェート·ディナールの金利(FOREX)でNDAなしで複数のIQD取引が行われた。 これらの「テスト交換」は一般向けではなかった。
金に裏打ちされた米ドル紙幣は、現在の(切り下げられた)フィアットドルの3倍の価値があるだろう。
イラクとクウェートは1つの主権国家、1つの通貨として合併した。
クウェート・ディナール」は吸収され、金の裏付けのあるイラク・ディナールが国の通貨として引き継がれた。

*解説:アメリカではドルに変わる新しい通貨への切り替えの準備が進行しているとのことである。

8月24日にも取引所で運用開始となっている。

タイミングは、偽バイデン大統領の辞任を待っているのか?とのことから、順番はバイデン辞任がポイントのようですね。

驚きの情報は、イラク、クウェートはRV(通貨リセット)を導入に合意し実行されたようである。

*参考 Tier4Bについて

Tierとは、データセンターの品質を、付帯設備の冗長性などにより評価・格付けする基準のこと。

Tierとは、データセンターの品質を、付帯設備の冗長性などにより評価・格付けする基準。Tier1からTier4まで4段階の評価レベルがあり、数値が大きいものほど品質が高いことを表す。

評価の基準として、供給される電力経路、自家発電機の運転時間、電源容量やUPSの有無、空調設備の状況などがある。

 

スポンサーリンク

大量逮捕が開始されている・・・世界で200万人以上におよぶ

ジュデイノートでは、大量逮捕の対象をビッグテックに範囲を広げて開始したとの情報もあります。

そして、それは世界中で200万人に及ぶとのことである。

(8月20日付け ジュディノート 抜粋)

ディープステート逮捕:

議会の休暇中に8月6日から7日にかけて、議会の人々に対する逮捕が始まった。

8月11日、ビッグテックの人々に対する逮捕が始まった。 同盟は世界中で200万人以上を逮捕した.

*解説:8月15日を過ぎたあたりから、これまでのメディアの報道が変化してきています。

アメリカでヒラリー逮捕のコメントがメデイアで流されたり、日本でもワクチンが危険であるかのような報道がされ始めています。

ビッグテックやメディア関係者への逮捕が進んでいるのでしょうか?

日本でも、ヘリコプターの飛行が目立つとのSNS投稿も出ていますね。

日本も大量逮捕が行われたのでしょうか?

雨が異常に続く、今年の8月の日本は異常です。

逮捕と関連があるのでしょうか・・・。

(ビッグテックへの逮捕が関係していた?)

 

(ワクチン危険とハワイの弁護士が集団訴訟)

 

(8月18日 東京上空ヘリ多い・・・SNS)

 

スポンサーリンク

トランプ大統領の復帰はいつ?

トランプ大統領のアメリカでの人気は高い状態が続いています。

21日に行われた、アラバマ州のラリーには、5万人以上の人がトランプ氏の演説を視聴しました。

ランブルでのネット視聴者も16万人を超えていました。

アラバマ・ラリーでの概要を少しだけ紹介します。

アラバマ・ラリーでのトランプ演説

ラリー開始をまつ人は何万人いるのでしょうか?6万人以上か?

トランプ氏のスピーチのポイントは?

<アフガニスタン撤退のバイデン批判と大統領選挙不正の実態であった・・・スピーチ抜粋 >

バイデンのアフガン撤退について“これは私が見た中で最大の屈辱だ

「起こる必要のないことだった。これは撤退ではない、これは完全な降伏だった」

ホワイトハウスに弱点があるからこうなってしまったのだ」

「誰も我々に手を出そうとはしなかったが、このピエロ(バイデン大統領)が、全ての取引を不正に操作し、我々を利用しようとしている。

これは消えないし、長い間続くだろう。これは我が国の評判に大きな汚点を残すものだ」と述べた。

「ジョー・バイデンは、軍が民間人より先に退去することを許したこと、850億ドル相当の洗練された軍事機器をアメリカに持ち帰らず、タリバン(とロシアと中国がコピーできるように)に渡すことを許したことについて、アメリカに謝罪しなければならない!

 

不正な選挙をするとどうなるかを目の当たりにしている。このようなことが起こるのです。私たちの国は、破壊する権利を持たない人々によって破壊されている

「つい最近、ウィスコンシン州の選挙管理委員会は、20万人以上の有権者を名簿から削除したことを認めた。ちなみに、これは私が勝利するために必要な数の10倍にあたりる」

 

ネバダ州では最近、17の郡のうち15の郡で有権者よりも票数が多いことが判明した」

 

「この業界で最も尊敬されている人物の一人であるキャプテン・セス・ケシェルが、人口増加、有権者の履歴、有権者登録データに基づいて、全50州の最近の傾向を分析したところ、800万票以上の過剰なバイデン票を発見した…しかも彼の推定はまだ保守的である」

 

 

*解説:アラバマ州は共和党支持の多い州です。

雨による開始延長がありましたが、6万人以上の人がいました。

この群衆の数はすごい数です。

トランプ氏の人気を証明しています。

スピーチでは、大半がアフガニスタンでの米軍撤退の手順のミスをした(民間人を脱出させ、軍用機器を撤収し、軍が撤退する手順を踏まなかった)バイデン大統領の批判でした。

完全にタリバン政権はバイデン大統領を恐れていなかったようです。

 

トランプ大統領の復帰説8月22日の可能性は?

アメリカのメデイア、FOXニュースがトランプ大統領の復帰の日にちを8月22日と報道しました。

それが、真実なのでしょうか?

8月22日現在のところ他のメデイアでは発表はありません。

アラバマ・ラリーでのトランプ氏スピーチでも語られませんでした。

ジュデイノートでは・・・(8月21日より抜粋)

8月21日土曜日のトランプの集会後,事態はメディアにピークに達するかもしれない
複数の消息筋によると、Tier4B(米国、インターネットグループ)は8月23日に通知され、取引所は8月24日午後から始まる。

 逮捕と軍事裁判が真っ最中だ。

ソロス、ゲーツ、ファウシ、ザッカーバーグ、ジャック·ドーシー、オバマ、バイデンズ、そして残りはみな大逆罪でGITMOに入ることになる。–トランプは誓います。

「私たちはあなたが思っている以上に早く国を奪還します! 今まで見たことのないものを見るようになるだろう。

トランプ氏は新しいアメリカ共和国の大統領として復帰する。

この新しいアメリカ共和国では、私たち国民は全ての権力を持っています。 連邦所得税はありません。

貨幣制度は金本位制に戻る。 GESARAが実施され、全ての人の借金が取り消されます!

 

<リンウッド弁護士は9月11日よりビッグテックの不買運動を開始すると話す>

リン.ウッド:

まもなく食糧配給が始まると予想されます。

今から9月11日までの間に食料、水、その他の必需品を買いだめしてください。

私たちは9月11日に暴君たちと取引をやめる。

これは9月11日の1日限りのストライクではない。

これは暴君を屈服させるまで続ける覚悟が必要なストライキだ。

勇気と犠牲が必要です。 

 

(ジュデイノート 8月20日 意味深な記事が・・・・)

 トランプは第19代大統領に復帰する。 新しいVPを選択します。

そうすれば、何か大きなことが起こるでしょう。

メラニアがロシア女王なのでトランプは王になるだろう。

アナスタシア·ロマノフの孫娘。

JFKJRには新しいVPがいる。

マイケル·フリン将軍は可能性が非常に高い。

7つのトランペット7つの大統領夫人を地球上の全ての人の電話につなげる。(Eを覚えておいてください。O13818年)彼はすべてを掌握しました。

7つの王国です。

*解説:一連の情報を元に観点付けて考察してみました。

リンウッド弁護士が9月11日にビッグテックとの取引をやめる不買運動を宣言しています。

ということは、それまでに世界緊急放送の10日間が終了していることになります。

さらに、9月11日の10日前の9月1日までに、世界緊急放送を流すだけの出来事が必要になります。

それは・・・20日にアリゾナ選挙再集計が上院に提出されました。

その不正によりバイデン辞任。

暫定で軍事政権への移行がされるわけです。暫定大統領はフリン将軍です。

トランプ氏はネサラ・ゲサラへの移行を推進する可能性が高いでしょう。

なぜなら、ネサラ・ゲサラ世界207カ国に及ぶ経済・政治システムの大転換になります。その世界のリーダーはトランプ氏が重要な役割を担うからです。 

20年前の2001年9.11の事件のあと、2001年10月から米軍はアフガニスタンに侵攻しました。

ビン・ラディン率いるアルカイダが9.11の首謀者とされたからです。タリバンはアルカイダを保護していたという理由からです。

9.11から20年のけじめ。

2021年9月11日には大きな意味があるのではないでしょうか?

つまり、バイデン辞任が8月22日から28日の間に起きる。

そして、新政権は軍事政権のフリン将軍

ネサラ法発動後120日後の総選挙のあとにトランプ大統領が就任する。

副大統領がJFKジュニア氏の登場です。

この可能性が高いのではないかと推測します。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・世界緊急放送9月11日開始か?偽バイデン辞任のあとに始まる!

いかがでしたか?

20年前の2001年9月11日は、アメリカにとって忘れられない日です。

ブッシュ政権で貿易センターは破壊されました。

自由主義であるはずのアメリカを独裁者に売国した政権の犯罪でした。

その日から20年後の9月11日特別な日であるはずです。

そして、8月15日米軍の撤退によりアフガニスタンをタリバン政権に軍事制圧された。

売国奴の偽大統領バイデンが逆にアフガニスタンという国を奪われることになる失態を犯した。

同時に8月20日に2020年大統領選で外国を介入させ、サイバー操作や数々の卑劣な不正投票をした事実が上院議会に提示された。

独裁者(イルミナティの支配者)の支配政治に終止符を打つタイミングでは無いでしょうか?

このあと、8月22日から9月11日に向けて、世界的な大きな出来事が起きうる可能性高いのではないでしょうか?

 

聖書、ヨハネの黙示録にある7つのラッパ。

ネサラゲサラ後の世界の国はどうなるのでしょうか?

7つの共和国に分けるのでしょうか?

メラニア夫人ロシアのアナスタシア·ロマノフの孫娘とは驚きです。

これからの、動きに注目ですね。

最後までご視聴ありがとうございました。

 

世界緊急放送やネサラゲサラについて、更に知見を深めておくと、読者の皆様にとって、これかの人生がプラスになると信じています。

まだ、ご視聴してなければ下のカテゴリーをクリックしてみて見てください。

*世界緊急放送はこちら 👇

世界緊急放送

世界緊急放送

 

 

*ネサラゲサラについてはこちら👇

ネサラゲサラ

タイトルとURLをコピーしました