人身売買より凶悪な悪魔崇拝がある!世界はソフト戒厳令へ移行中!

人身売買の闇

7月7日のジュディ・ノートが更新されました。

7月4日から公開された映画「サウンド・オブ・フリーダム」では、人身売買組織に囚われた子供達の救出と人身売買犯罪者の逮捕を暴露しているが、悪魔崇拝の事件には触れていないという。

他には、通貨リセットの進展、ソフト戒厳令について掲載されています。

児童性的人身売買の暴露は序章!悪魔崇拝による児童虐待がある!

通貨リセットの最新情報!RVは7月12日に期待!

ソフト戒厳令が進行中か?7月10日のイベントに期待!

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー7月7日版より 抜粋)

警戒を怠らない。
強く生きろ。
準備を整えてください。
平和を保ちましょう。
…Q

現在、27の州で軍が街頭に出ており、
まもなく軟戒厳令が適用されるという噂もある
世界的な経済破綻は地平線上にある
JFKファイルが公開された
CIAは
国防総省と国務省の協力を得てケネディ大統領を殺害した

「フリーダム作戦」

「サウンド・オブ・フリーダム」

サウンド・オブ・フリーダム | 7月4日の劇場予告編 | エンジェル スタジオ

 

少なくとも 1 か月分の食料、現金、水、必需品を手元に用意しておくことが賢明です。

(引用先:2023 年 7 月 7 日時点で GCR を通じて共和国を回復

 

 

スポンサーリンク

児童性的人身売買の暴露は序章!悪魔崇拝による児童虐待がある!

はじめに、7月4日から公開された児童性的人身売買を暴露したドキュメンタリー映画『サウンド・オブ・フリーダム』が大反響を呼んでいる。

しかし、悪魔崇拝儀式による児童虐待には触れていない。

恐ろしい悪魔崇拝儀式では犠牲になる子供達の悲劇があると言う。

その裏話を紹介します。

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー7月7日版より 抜粋)

ジュディメモ:

大ヒット映画『サウンド・オブ・フリーダム』は、ついに「神の子供たちは売り物ではない」というテーマのもと、国際的な児童性的人身売買を暴露しましたが、私たちのグローバル社会で蔓延していた悪魔の儀式による児童虐待については触れていません

信じられないかもしれませんが世界中には、児童人身売買の当事者たちが享受しようとしていた注目をまだ集めていない何千人もの子どもたちがいたのです。

悪魔の儀式を虐待する数世代にわたる家族に生まれたため、そのような子供たちが存在するということさえほとんど信じられませんでしたが、それでも彼らは幼少期を通じて毎日レイプ、拷問、殺人にさらされました。

悪魔の儀式 虐待された子供たちは文字通り希望を持っていませんでした。

彼らは(多くは出生証明書を持たずに)親と、洗練されたCIAマインドコントロール・プログラムによる児童犠牲党や小児性愛党を通じてサタンに名誉を与えた政治的に強力な友人ネットワークの支配下で生まれた。

ティム・バラードの『サウンド・オブ・フリーダム』のリリースを通じて生み出された一般大衆の意識が、ついに儀式的に虐待されている人々への理解と最終的には自由への扉を開くことになるよう、私のささやかな祈りです

ティム・バラードと『サウンド・オブ・フリーダム』映画監督アレハンドロ・モンテベルデの心温まるインタビューをご覧ください。

『サウンド・オブ・フリーダム』が独立記念日に最高の興行収入を記録 | エンターテイメント ニュース (christianpost.com)

「サウンド・オブ・フリーダム」

サウンド・オブ・フリーダム | 7月4日の劇場予告編 | エンジェル スタジオ

「サウンド・オブ・フリーダム」が独立記念日に最高の興行収入を記録 | エンターテイメント ニュース (christianpost.com)

サウンド オブ フリーダムのチケットと上映時間 | エンジェル スタジオ

5年前に撮影された「サウンド・オブ・フリーダム」は、一度ディズニーと契約を交わしたが、その後契約を破った。

複数のハリウッドスタジオもこの映画を拒否したが、エンジェルスタジオは  今年初めに世界的な配給権を取得し、現在では成功が認定されている。

(記事の概要)

エンジェル・スタジオは「サウンド・オブ・フリーダム」の全世界配給権を獲得し、2023年に劇場公開する予定だ。

「サウンド・オブ・フリーダム」は、世​​界的な性的人身売買業者から子供たちを救うために仕事を辞めた元米国政府職員ティム・バラードの実話に基づいています。

連邦捜査官のバラード(ジム・カヴィーゼル)は、児童犯罪という暗い分野で希望を失っていることに気づく。

しかし、バラードは、誘拐された7歳の少年を解放することができたとき、すぐに自分の人生の使命を明らかにします。

少年が同じく誘拐された妹を捜してほしいとバラードに頼むと、バラードは子供たちを性奴隷から救うことに人生を捧げることを決意する。

オスカー女優のミラ・ソルヴィノとエミー賞にノミネートされたビル・キャンプが共演。

「『サウンド・オブ・フリーダム』は、人身売買から子供たちを救出する一人の男の英雄的な努力の物語を伝える魅力的な映画です」とエンジェル・スタジオのCEO、ニール・ハーモンは語る。

「私たちは、この力強い映画体験を通じて、この凶悪な人権侵害を暴露し、人々に行動を起こすよう促す運動を拡大し、地域社会がこの現代の奴隷制に完全に終止符を打つことを支援することを目指しています。

この映画は、連邦捜査官から、性的人身売買の恐怖に立ち向かう非営利団体、オペレーション・アンダーグラウンド・レイルロード の創設者に至るバラードの本当の旅を描いている。

この映画は、アレハンドロ・モンテベルデ(トロントで優勝した『ベラ』と『リトル・ボーイ』)が脚本 と監督を務め、エドゥアルド・ベラステギが製作、ハイメ・ヘルナンデスが製作総指揮を務めます。)

この映画の視聴者は、子供たち二人が性労働のために捕らえられるという最悪の悪夢が現実となる、弱い立場にある家族を再会させるという使命を果たすバラードが次に何をするのかを座席の隅で見守ることになるだろう。

軽度の汚い言葉といくつかの暴力を特徴とするこの映画のシーンは、表示されていないものの、観客に忘れられない影響を与えることが示唆されています。

スタジオは、ティーンエイジャーにも世界の悪について教育されるべきであるため、ティーンエイジャーのいる家族が一緒にこの映画を鑑賞することを望んでいる。

この映画のマイアミプレミアで 、モンテベルデ監督はCPに対し、ルカ17章1-2節 でイエスが弟子たちに語った次の言葉を真剣に受け止めていると語った 。

この小さな子供たちの一人をつまずかせるよりは、石臼を首に掛けられて海に投げ込まれたほうが彼にとっては良いでしょう。」

 1月に発表された経済協力開発機構の報告書によると 、メキシコは「児童性的虐待で第1位にランクされている。まず搾取、殺人、未成年の人身売買。そして最初は児童ポルノの作成と配布でした。」 

2019年のFOXニュースの 報道で引用された、米国人身売買防止研究所の共同創設者ジェフ・ロジャース氏によると、米国は児童ポルノを含む「世界最大の性的消費国」であるとされている。 

ベラステギ氏は以前、これらのことが政府だけでなく、すべての人にとって最優先事項となるよう、政府に圧力をかけたい」とCPに語った。

「私が最も傷ついたのは、この子供たちにこのようなことをしている人たちが、あなたや私と同じ人間であり、同じものでできているということです。

これは私たちの敵である他の惑星から来た人々ではありません。これは私たちのような人々です。

それで、いつの瞬間、この人たちに何が起こったのですか?」ベラステギ氏は続けた。「彼らはある時点では夢に満ちた子供たちでした。

では、彼らが「わかるか?」と決心した瞬間に何が起こったのでしょうか?私は子供たちを傷つけるために自分の命を使うつもりです。」

国連薬物犯罪事務所は、 人身売買を 力、強制、拉致、詐欺、欺瞞、権力の濫用や弱みを握った者、あるいは支配者に支払いや便宜を与えること」を経験するあらゆる状況と定義しています。

複数のハリウッドスタジオがこの映画の製作を拒否したが、エンジェルスタジオは  今年初めに世界的な配給権を取得した。

 

(引用先:2023 年 7 月 7 日時点で GCR を通じて共和国を回復

*解説:映画『サウンド・オブ・フリーダム』の公開で児童性的人身売買の実態が暴露されつつあります。5年前に撮影されて、一度ディズニーと契約を交わしたが、その後契約が破棄されていとようです。

ディズニーランドは人身売買に関わっている噂があります。

そして、児童性虐待の闇の根源は、悪魔崇拝儀式が存在している事を示唆しています。

今後、児童性虐待、人身売買が一定の暴露がされたのちに、世界の王族、エリートが実行してきた悪魔崇拝儀式についても暴露されていくのでしょう。

映画『サウンド・オブ・フリーダム』の反響にも注目です。

 

*悪魔崇拝儀式の被害者の暴露記事はこちらです。

ウインザー城には多くの子供が誘拐されており、人間狩りでは、そのうち、90%はレイプの後、殺害されアドレノクロムを採取されて、悪魔崇拝者は全員その血液を飲んでいたという。

 

 

スポンサーリンク

通貨リセットの最新情報!RVは7月12日に期待!

つぎに通貨リセットの進展の情報です。

7月6日の時点では、Tier4Bの償還の通知を待っている状態のようです。

RVの開始にタイミングは7月12日に期待していると言う。

その概要を紹介します。

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー7月7日版より 抜粋)

世界通貨再評価:

7 月 6 日 Bruce: Tier4b (私たち、インターネット グループ) が金曜日にアポイントを設定する通知を受け取る可能性が実際にありました。7月7日夕方、午後6時半頃。

7月6日 MarkZ:まだめちゃくちゃ静かです。これは決してネガティブなことではないということで安心しました。

物事は舞台裏で動いているようです。

しかし、彼らは漏れを取り締まっています。これは良いことです。

今はこの沈黙が良いことだと思っています。

しかし、タイミングについては何の兆候もありません。

彼らが物事を静かに保つために使用している努力のおかげで、私たちは非常に近づいているようです。

ほとんどは何らかのNDAの下にあります。

私たちの「窓」は現在広く開かれており、今月の 1 日から 10 日以内に何かが起こると期待されていると聞き続けています。

現在 6 日が経過しています。

引き換え連絡先はすべて準備が整い、準備が整っています。

彼らは、いつでも頑張れると固く信じています。彼らは、今後数週間の週末は仕事をするかもしれないと考えています。

6月30日、米国連邦準備制度理事会と米国財務省は、グローバルリポジトリへの千兆ドルを返済できなかったため、すべての資産を引き渡すよう求められた。

7 月 1 日、新しい量子金融システムは、国際決済システム ISO 20022を通じて通貨取引を調整するために、世界中のコンピューターとのインターフェースを開始しました。

7月1日、法定米ドルが金/資産担保米国紙幣に移行されました。

7月2日東部時間午後5時頃、外国為替のディナールレートが公開されました。ライブ外貨コンバーターは、価値が変動していることを示しました:

1,000,000 IQD から USD – イラク ディナールから米ドルへの為替レート (xe.com)

カーン ババ:イラク ディナール 4.86 ドル 国際レート: 

https://dinardetectives.com/khan-baba- 111/

 7 月 12 日は、 NEER を使用した新しいイラク ディナール レートのリリースに指定されたバック デートでした。

デイビッド ハークネス著「NEER を使用したイラク ディナールの RV」 – 7.6.23 | ディナール年代記

(記事の概要)

(日付は 7 月 5 日で、現在はすべての中東通貨がページに掲載されています (6 月 30 日以降表示されていません) これらの通貨はすでにかなり前に設定されています。

私がFRB財務省の 事務局を訪問したところ 、2023年6月30日現在、レートはまだ1イラクディナールに対して0.1815セントです。

Nominal Effective Exchange Rate: Definition and Uses
Nominal Effective Exchange Rate (NEER) is the unadjusted weighted average value of a currency relative to other major currencies traded within an index.

(筆者注釈:名目実効為替レート (NEER) は、1 つの国の通貨を複数の外国通貨のバスケットに交換する未調整の加重平均レートです。名目為替レートは、外貨を購入するために必要な国内通貨の額です。)

中東通貨に対するイラク ディナールの NEER 計算を使用すると、IMF 事務局での今日の価値は 1 イラク ディナールが 0.1806c 米ドルに等しいことがわかります。

現在のVND バックオフィスは0.4215c 米ドル、IDR 0.6641c です。

私はまだ、米国時間の 7 月 12 日までのいつでも RV を期待しています。

7月3日、SOFR、LIBOR、そして多くの国が米国債を売却した。

7 月 4 日、量子金融システムは世界中で完全に統合されました。

2023 年 10 月までに、QFS のすべてのプロトコルが完成するはずです。

世界的な銀行危機: 考えられないことが起ころうとしていました:

https://dinarchronicles.com/2023/07/06/global-economy-insights-videos-unthinkable-about-to-happen-2nd-wave-of-banking-crisis -世界規模のメルトダウン市場の混乱/

(記事の概要)

(スティーヴン・ヴァン・メーターは、考えられないことが起ころうとしていることを示す衝撃的な新データから始まります。

ジョージ・ギャモンが銀行危機の第2波がどのように到来しているかを説明します。

グレゴリー・マナリノは世界的なメルトダウンの始まりについて語ります。

イケル・コーワンが、市場に混乱を引き起こした爆弾報道について語る。)

 

2023 年 7 月 6 日ブルース、ビッグ コール

ビッグ コール ユニバース (ibize.com)  pin123456#、

償還センターのスタッフは金曜日、土曜日のいずれかに勤務を開始する予定でした。

または7月7日、8日、9日の午後6時半頃。

Tier 4B に金曜日の 6:30 頃に通知される可能性が実際にありました。

夜に予約を開始し、土曜日に予約を開始します。7 月 8 日

新しいイラクディナールレートが外国為替で取引されました。それは先週のForexで生放送されました。夜ですが、米国にいる私たちはまだそれを見ることができません。

GESARA の発表は先週の土曜日に南米に対して行われました。特にブラジルとコロンビアでは。

(引用先:2023 年 7 月 7 日時点で GCR を通じて共和国を回復

*解説:読者の皆様もRVがいつ始まるか期待していることと思います。

少しづつですが確実に進展はしています。

イラクディナールのレートも設定され、為替市場でも1ドル=4.81IQDで公開されています。

金融市場との関連もあるため、もうしばらく見守りましょう。

ホワイトハットは、銀行口座の凍結など混乱が起きないような調整をしているようです。

7月12日のRVの動向も注目していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

ソフト戒厳令が進行中か?7月10日のイベントに期待!

最後に、米国内の27州での軍事配備が開始されて1ヶ月になろうとしています。

欧州でもフランスの暴動、スイス、ベルギーでも暴動が起きています。

イスラム過激派の暴動に混在して、軍が戒厳令への準備と逮捕をしているとも言われています。

その、軍事的な厳戒態勢が国民を守るための軍と警察など治安部隊のソフト戒厳令ではないかと言う内容です。

 

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー7月7日版より 抜粋)

「ソフト」戒厳令とは何ですか?

軍隊は現在、 27 以上の州の路上で活動しています

「ソフト戒厳令」の噂が間もなく

戒厳令= 軍の管轄権による統治

戦争中、あるいは文民政府が崩壊したとき、彼らは裏切り者を追うのか、それとも米国を狙うのか? 多くの人が今、軍は裏切り者を排除しなければならないことを理解しています。

憲法を守るという全軍の誓約

もし彼らが私たちの銃を奪おうとしたら、私たちの権利は内戦です!

「ソフト」戒厳令:私たちを抑圧するのではなく保護する。

 

タイムライン

フルフォードによれば、7月の第1週に軍は大量逮捕を開始した。

2023 年 7 月 7 日金曜日の合計は 7-7-7 になります。

7月10日または日曜日 7月23日が大統領就任式となる可能性がある。

世界保護計画の関係者が出席する祝賀会に出席したドナルド・J・トランプと副大統領のJFKジュニア。

日本の将軍はBENJAMINFULFORD.NETに、ロックフェラーがコントロールしたバイデンホラーショーは月曜日までに終わるだろうと語った。

2023年7月10日、トランプ氏が大統領に復帰し、JFKジュニアが副大統領に就任した。

BQQQQM ビッグイベント 2023年7月10日WWG1WGA! 

…テレグラムに掲載された国防総省文書

Med Bed の予約は月曜日から可能です。7月10日。

7 月 12 日は、 NEER 計算を使用した新しいディナール レートのリリースに指定されたバック デートでした。

火曜日 JFKジュニアによれば、7月25日はダイアナ女王の戴冠式の日だったという。

(引用先:2023 年 7 月 7 日時点で GCR を通じて共和国を回復

*解説:現在の米国の軍の配備と欧州での暴動による治安部隊の出動がソフト戒厳令と関連した動きなのかもしれません。

日本は大きな暴動は起きてないため、自衛隊の配備などは起きていません。

タイムラインでは、7月10日に大きなイベントが起きるように示唆されています。

国防省に関連する暴露なのか、破壊的な出来事になるのか注目です。

 

*米国・国防省は62億ドルの資金が不明でプリゴジンへ渡った疑惑があります。

プリゴジン宅邸の家宅捜査が報道され、武器、弾薬、変装用のカツラ、現金が描写されています。

*以下 テレグラムで投稿されているプリゴジン家宅捜査の画像

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・人身売買より凶悪な悪魔崇拝がある!世界はソフト戒厳令へ移行中!

今回のジュディ・ノートでは児童性虐待・人身売買より深い闇の悪魔崇拝の児童虐待があることが掲載されていました。

多くの国民は、王族やエリートが悪魔崇拝儀式を定期的に行い、子供の人間狩、殺人を行っていると言われても信じられないでしょう。

映画「サウンド・オブ・フリーダム」を全米で公開して反響をみて悪魔崇拝の暴露が受け入れられるようにしているのかもしれません。

そして、米国の軍事配備、欧州の暴動も国民を守るためのソフト戒厳令への入り口なのかもしれません。

7月10日のビッグイベントに期待していきましょう。

メドベッドの予約も5月頃より7月10日だと言われています。

こちらも新情報に期待したいですね。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*悪魔崇拝の関連する記事はこちらです。

 

 

 

*米国・カナダへの軍事配備の画像の記事はこちらです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました