家賃支援給付金延長!支払い実績かんたん入力! 3ヶ月分添付可!

給付金

家賃支援給付金の申請が延長になりました。申請期限を来年1月15日までとしていた。「やむを得ず、必要な書類を揃えることができない場合」は申請期限を1月末までとする。(梶山弘志経産相が12月8日の閣議後記者会見で明らかにした。)

申請は、まだ間に合います。

そこで、家賃支援給付金の申請を4件・物件を6件と申請してきた筆者が、支援支払い実績の直近3ヶ月の添付を楽にする方法を説明します。

スポンサーリンク

支払い実績のかんたん申請方法

支払い実績で認められている書類は

支配実績で認められている書類は?

・銀行通帳(WEB通帳含む)

・銀行取引明細書

・賃貸人の領収書

・その他 支払いを証明できる書面

引用:家賃支援給付金 申請ページ

支払い実績のかんたん添付の方法

契約中の物件1件づつ通帳の写しのコピーの添付が必要と記載してあります。そして、申請日から直近の1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と添付するように申請ページが作成されています。

しかし、3ヶ月分をまとめて、1つのPDFとして添付して受理されました!

1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月のファイル添付は、同じ3ヶ月分を添付して受理されました!

・実際に添付した通帳の写しがこちらです 👇

同じPDFを1月前、2月前、3ヶ月前3ヶ所に物件2件に同じPDFを添付し受理されました。以下がそのファイル内の通帳コピー3ページです。

スポンサーリンク

まとめ・・・家賃支援給付金延長!支払い実績証明3ヶ月添付書のかんたん入力法!

いかがでしたか?初めての方、修正でってまどっている方。

支払い実績、3ヶ月分をまとめて1つのPDFに読み込みして、ファイル添付してみてください。

これで、かなり、”かんたん”になります。(^O^☆♪




タイトルとURLをコピーしました