家賃支援給付金!よくある賃貸借契約書不備を修正する要点3つ!

給付金

家賃支援給付金の申請期限は2021年1月15日です。

筆者が特定法人の家賃3件(家賃総額980,000円)を申請して、3回の修正後に約400万円の給付を得た体験から、不備修正のポイントをまとめました。

申請がまだの方、申請したけど不備メールが来て修正中の方に!

よくある不備の中でも、多くある、

賃貸借契約書の内容不備の修正ポイントを参考にしてみください。

家賃支援給付金は11月15日(日)までに、約70万件を申請いただいており、中小企業・個人事業者の皆様のもとに約51万件の給付をしております。(引用:経済産業省HP)

約73%の方が給付を受けられています。

不備で修正中の方など、諦めずに申請してみてはどうですか?

スポンサーリンク

賃貸借契の不備と修正のポイント

家賃給付金の申請HPには、よくある不備について記載されています。よく読めばわかるのですが、慣れていない事ですので、「これくらいで、いいのかな」っと申請すると3〜5日後に、不備メールが届くということになります。

不備メールを素早く修正するポイントを紹介していきます。

契約期間に’20年3月31日と申請日が含まれていない

家賃給付金の申請条件である、20年3月31日と申請日が含まれた契約でなければなりません。

*よくある事例

特に企業間で結んだ契約書で、申請条件の期間が含まれず、1年の自動更新が記載されているものが多くあります。

契約書で当初に決めた契約期間が、有効期間を含んでいなければ、設問2は③にチェックします。

賃貸借契約書には下図のように①〜⑧項までを朱記して、PDFにして添付することになっています。⑦の期間を確実に確認してください。

引用:家賃給付金HP

契約日が ’20年3月31と申請日が含まれていない場合は・・・賃貸借契約等証明書 (様式5−3)の提出が必要です。
・賃貸人と賃借人が正式な契約期間であることに署名する。(自署であること)
・物件名が契約書と同じであること
【様式5−3】

引用:家賃給付金HP

賃貸契約書に契約者(賃貸人・賃借人)の押印、署名(フルネーム)が無い

賃貸借契約を結んでいるが、賃貸人と賃借人双方の署名(フルネーム)または記名押印がない場合、賃貸借契約書の代わりとして様式5−4「賃貸借契約等証明書(契約書等が存在しない場合)」こちらご提出ください。

【様式5−4】

引用:家賃給付金HP

賃貸借契約書の賃貸人、賃借人が異なる場合

賃貸契約書に記載された、賃貸人、賃借人が異なる場合は「賃貸借契約等証明書 様式5−1または5−2」を添付し、申請してください。(くわしくは、こちらをご確認ください。)

賃貸人が異なる場合 【様式5−1】

引用:家賃給付金HP

賃借人が異なる場合 【様式5−2】

引用:家賃給付金HP

 

スポンサーリンク

不備メールが来た場合の対応について

申請すると、即受付メールが来ます。そして、3〜5日に不備があればメールが来ます。内容をみて、家賃給付金よくある不備を参照してください。

内容がわかりにくいため、問合せ先がHPに記載されています。8:30〜19:00まで対応していただけます。(土・祝日休み)

大変交雑していますので、午前8:30に電話するのが良いです。応対品質は良好で具体的に教えていただけますよ(^○^)

*筆者も3回の修正が入り、電話して教えていただけました。

 

引用:家賃支援給付金HP

スポンサーリンク

まとめ・・家賃給付金締申請!よくある契約書不備を克服する要点をズバリ!

家賃給付金の申請で ”賃貸借契約のよくある不備”についてまとめました。一字一句相違ないことが重要になります。

1契約期間に’20年3月31日と申請日が含まれていない

2賃貸契約書に契約者(賃貸人・賃借人)の押印、署名(フルネーム)が無い

3賃貸借契約書の賃貸人、賃借人が異なる場合

この3つのポイントを克服すれば、申請の認証が早くなるでしょう!

契約書を取り交わすことは、一般的に多くありません。

そのため、契約期間や署名(フルネーム)押印がなくてもそのままになっている場合が多くあります。

家賃支援給付金の申請書の記入内容と賃貸借契約書の内容をよく確認して、追加資料5ー1〜5ー4までを作成して申請してください。




 

*賃貸契約書が1枚で物件が複数ある場合や賃貸契約書が複数ある場合の申請については下記を参照してください。

 家賃支援給付金!わかりやすい賃貸借契約が複数ある場合の申請方法!

家賃給付金!賃貸借契約の急所はココだ!期限延長特例発表も!

タイトルとURLをコピーしました