安城市・浸水ハザードマップの活用!車で道路冠水を回避する情報!

住まい・防災

最近のゲリラ豪雨や台風の大雨による浸水被害がニュースで報じられています。昨今は台風が去ってもしばらくの期間、急な豪雨が発生します。自宅や勤務先のルートや外出必要な場合に目的地までの途中で浸水区画があり足止めされたり、渋滞してしまう。そんな事態がこれから想定されます。

そこで、既存の安城市のハザードマップの見方を知り、安城市の冠水しやすい地域・道路を知っておくだけで、急な豪雨、必要な外出でも安心して出かけられます。『安城市のハザードマップを見たけど、細かくてよくわかんない』という声も聞きます。そんな意見をお持ちの方にピッタリの情報です。

安城市のハザードマップには、水害の想定量を5段階に色分け表示、避難所の掲載、さらには地域・避難所の標高までを1枚に記載されている優れものなんです!ですから、少し細かすぎて、どこに何が記載してあるのか分かりにくいと感じてしまいます。それでは、自らの防水力を備えるための情報を紹介します。

スポンサーリンク

安城市の浸水ハザードマップで何が書いてあるの?

まず、ハザードマップとは、「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」です。

安城市の水害関係のハザードマップは3つあります。洪水ハザードマップが2つ。浸水が1つです。洪水、浸水、冠水と似たような言葉がいくつかありますので整理しておきます。それぞれの意味は以下の通りです。

洪水・・・大雨や雪解けにより、河川水量が普段より増大したり氾濫すること。

浸水・・・洪水や大雨で家屋の中に水が入ること。

冠水・・・田畑、地面に水がかぶった状態になること。(道路も水が貯まれば冠水と言います)

次に、安城市ハザードマップから危険区域をまとめてみます。

 矢作川が氾濫した場合

安城市南東側を流れる矢作川が氾濫した場合の危険区域は、藤井町、小川町、桜井町の区域と榎前町、根崎町、城ケ入町の2つの区域が危険区域です。やはり、矢作川の下流付近の西側が危険区域です。田畑の多い地区ですが、一部住宅地域もありますので、該当する方は避難場所を知っておいてください。

安城市HP

 鹿乗川、猿渡川、長田川が氾濫した場合

矢作川以外の河川での浸水被害の想定区域です。矢作川から分流する鹿乗川では西鹿乗川の上流と下流、長田川、半場川の上流が危険区域となります。過去には、矢作川の氾濫より多く氾濫している為に警戒が必要な地域です。

安城市HP

浸水マップ 過去の実績

河川が氾濫しなくても、下水の氾濫により道路が冠水してしまう事は度々発生しています。浸水マップは1997年〜2000年の浸水実績をまとめた資料です。

このマップから、河川の洪水から浸水が予測される地域とは異なり、市街地の相生町、城南町の追田雨水幹線、大東町、桜町の大山田第一、第二幹線の市街地でも冠水しています。河川から離れた市街地でも集中豪雨により雨水が下水の排水能力を超えて冠水することを知りましょう。

安城市HP

洪水、浸水ハザードマップの効果的な活用は?

安城市のハザードマップはPDF形式でHPに掲載されています。プリントして、A2またはA3サイズくらいに拡大して掲示しておくと良いです。スマフォでは小さくて見づらいです。安城市役所に行けば無料配布されていまので受領しておくと便利です。そして、家族の方々と共有しておけば、避難時の二次災害を回避する備にもなります。^ – ^

浸水ハザードマップ避難場所は54ヵ所あり、マップの一番下に表示されてます。順に施設名、所在地、電話番号、施設の階数、地図上位置、標高が記載されています。

安城市ハザードマップ

スポンサーリンク

河川の氾濫の危険を想定して、避難先、避難ルートまで決めておく!

【河川の氾濫の危機には早い避難】・・・(50年に一度か?)

自宅や勤務先が、河川の洪水危険区域の方は気象庁並びに愛知県、安城市の避難勧告に従い、早めの避難を推奨します。

避難先を知るだけでなく、避難ルートを決めておくと良いですね。

スポンサーリンク

集中豪雨で河川の氾濫以外の危険区域はどこ

河川の氾濫以外の危険区域はどこ

安城市浸水マップによれば、安城市の中心市街地の大東町、桜町、相生町、城南町が水路の氾濫による冠水が想定されています。この地域は南北に約2km〜3kmの距離であるため豪雨のあとは接近しない配慮が必要ですね。

自動車での冠水区域を回避するルートはどこか?

安城市は南北に長い地形をしており、標高は18m〜7mとなっています。北側に行くほど標高も高くなる傾向です。河川は北側(猿渡川)、西側(長田川、半場川)、東側に(鹿乗川、矢作川)が流れています。

車の移動は東西方向(豊橋・岡崎⇄名古屋方面)の交通量が多い地域です。

1.安城市南地域と東地域の河に近い区域が冠水が予測されます。

2.集中豪雨後での危険区域は、水路の氾濫による冠水危険地域である、大東町、桜町、相生町、南城町の中心地。

【冠水を避けるルートのすすめ】

①安城市東側にある矢作川、鹿乗川付近の藤井町、桜井町、小川町あたりは要注意です。

②南側地区の榎前町、根崎町、城ケ入町も注意が必要です。市街へ行くなら、西側の高棚町を経由すると安全でしょう。

③集中豪雨で水路の氾濫で冠水が予測される中心地、大東町から城南町は幅の広い主要幹線を走ることをおすすめします。

もし・走行中に冠水道路に遭遇したら!

自動車が冠水した道路を走行できるかの判断は、車のマフラーに水が進入するかどうか?が目安になります。地面よ20cm付近にあるマフラーに水が入るとエンジンは停止してしまいます。ですから、走行中に冠水した道路に遭遇した時は、進入せず離れる行動をしてください。

スポンサーリンク

安城市 洪水・浸水ハザードマップ活用と予防の”まとめ”

安城市の地形・河川の分布、そして水路の氾濫実績から見えてきた、冠水しやすい地域がはっきりしましたね。^o^

安城市ハザードマップには、洪水予測量、標高、避難施設の階数、標高など濃厚な情報が記載されています。自宅に掲示すると良いです。少し細かくて見にくいところをまとめてみました。自宅の危険度は如何でしたか?

危険地域の方は、避難勧告がでたら早いタイミングで避難の決断です。そのためには、避難時の非常持ち出し品をまとめておきましょう。また、火災保険など、まさかの備えについても見直しておきましょう。

危険度が少ない地域の方は、豪雨時の対処として冠水実績のある河川、水路氾濫した市街地に近づく時は、標高の高い場所のルートを探しておくと良いですね。

冠水や浸水被害は、台風や台風後の豪雨による河川の氾濫、水路の氾濫でおきます。過去の災害地域、標高、河川位置を知ることでこの後の予測がしやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました